2006年04月

2006年04月30日

http://www.thai-spot.com/restaurant/shoukai/shokai_038.htm

ThaiSpot恒例のオフ会(第5回)報告です。

今回は、上野の不忍池が見下ろせる絶景のお店です。
タイスキを中心としたお店ですが、メニューも豊富です。
不忍池通りから入って直ぐ右側ですよ。

不忍池キンナリーいらっしゃいませ。








今回のオフ会のメニューは、チムチュム(タイスキ)を中心に7品でした。
ガイヤーンに続いて、カノムチーが出てきました。
素麺に野菜を乗せ、タレを掛けていただきました。
今回は、ブログコンテストで1位になった、ソムチャイさんがいらしたので、
食べ方を教わったり、料理の仕方等色々なお話伺え、大変参考になりました。

【料 理】
1.チムチュム
2.ソタタムクン
3.ガイヤーン
4.カノムチー(チェンマイラーメン)
5.ヤムウンセン
6.ホイトー
7.カボチャココナツ
【飲み物】
最初の一本(タイビール・シンハー)
生ビール、サワー類飲み放題 でした。


ソムタムチェンマイラーメンチェンマイラーメン(完成)








ティムチュム(タイスキ)ホイトーカボチャココナツ







◇ ThaiSpotブログコンテスト表彰式
  「タイ万華鏡」を書かれている、ソムチャイさんおめでとうございます。
  湯河原からわざわざお越し下さりありがとうございました。
  タイ料理にも詳しく(当たり前ですね)、毎回参加いただきたいですね。
  ブログ投稿の裏話などたくさん話題を提供いただきました。
  美味しい食べ方の説明も丁寧にしていただきとても勉強になりました。
◇ また、サイトオープン記念でタイ往復航空券が当選した井上さんも参加下さいました。
  お土産話たくさんありがとうございました。
◇ 最後は、何時も恒例の”ビンゴ大会”
  今回も、サイトオーナーのご好意で、色々なお土産を頂きました。

ブログコンテスト表彰式4月度 オフ会の様子恒例 ビンゴゲーム








◇ タイフェスティバル2006 5月13日−14日
  タイスポットのメンバーは、5月13日(土曜)12:30頃集合です。
  ブースは設けていませんが、皆でイベントを楽しみませんか?

so1ogawa at 12:13コメント(1)トラックバック(3)ThaiSpotThaiSpot 

2006年04月18日

タイのソーセージ
タイ料理教室の先生をされている方に薦められ
チャオタイで買い物をしてみました。

原型の写真を載せられると良かったのですが・・
家族で、どうやって食べるの?なんだかんだと
切り刻んで、生姜を添えて食べてしまいました。

タイの風味だ、唐辛子が辛いなどなど・・・
結局すぐになくなりました。美味しかったようです。
タイのソーセージ(豚肉と牛肉)でした。

さすがMayさんのお勧めですね。

so1ogawa at 22:51コメント(1)トラックバック(2)ThaiSpotThaiSpot 

2006年04月17日

若葉町レポートの続きです。

チャオタイ(伊勢佐木町店)へお邪魔しました。

今回は、タイスポットで知り合ったMayさんに選んでいただきました。

1品目 ホーヌンガイ(北地方の鶏の汁なしカレー)
2品目 (黄色のカレー)は、ヤムガイホアプリー
    (北地方のバナナの花と鶏のカレー)
3品目 タムクン(北地方のスパイスを使った海老の叩きサラダ)
4品目 (北地方の鶏とスパイスのカレー)
5品目 (イサーン地方の発酵した揚げ魚)
    + もち米

どれも通常のメニューにはない料理です。タイから来ている人たちが集う
この地域の、お母さんのお店ならではのスペシャルです。(笑顔が素敵なお母さんです。)
こんな料理食べたいんですて、お願いすると快く作ってもらえます。


   ホーヌンガイ            ヤムガイホアプリー          タムクン 
田舎風カレーチェンマイのカレー海老のたたき







汁なしカレーと黄色のカレー美味です。そしてタムクン・・最初は海老の風味と甘みが
あり美味しいと感じたその後に・・辛い!! こんな後から来る辛さは久々でした。


北地方の鶏とスパイスのカレー イサーン地方の発酵した揚げ魚 
鶏のスープ魚の燻製像のインテリア







鶏のカレーもとても美味しです。発酵した揚げ魚は外がカリカリしていて、
身はしんなりという感じで、もち米と一緒に食べるととても美味しかったです。
メニューにはないけど、タイの人たちにはおなじみの一品をいただけてとてもラッキーでした。



so1ogawa at 22:29コメント(0)トラックバック(0)ThaiSpotThaiSpot 

2006年04月16日

ThaiSpotの関係で・・若葉町のタイレストラン街へ

ようやく重たいお尻が上がりました。
まずは、若葉町のタイレストラン事情をお伝えします。

◆最近話題を取っているのは、タイ王国ラーメン「イヤムプシャナー
「ミャオ」、「シャム」、「チャオタイ」、「アユタヤ」等の老舗から
更に奥へと進むと、イヤムプシャナーがあります。
なるほど、評判をとっている感じが伝わってきました。(次回来店予定)

◆なくなったお店「タイタウン」「クアダラ」「サバーイサバーイ」
名前が変わったお店「バンコクハウス⇒ナムチャイ」(ミャオの上です。)
かなり前に、ナムチャイに変わってましたが、確認しました。
「タイタウン」は看板が残っていましたが、貸し店舗の表示あり。
「クアダラ」「サバーイサバーイ」は完全に閉店してました。何もなし。

◆「サラタイ」「横浜ドリーム」「バイクラパオー」も相変わらずです。
??「ムアンタイ」が寂れてた感じでしたが?開いてるのかな・・・?

ニューサラタイミャオ&ナムチャイ



so1ogawa at 18:13コメント(1)トラックバック(2)ThaiSpotThaiSpot 

2006年04月04日

歓迎会に行って来ました。
九州の料理に、芋焼酎!!
もつ鍋を肴に、美味しくいただきました。

http://r.gnavi.co.jp/a583300/

びーどろもぐら黒瀬







<焼いも焼酎 黒瀬>
インターネットの折込より。
ふつう、いも焼酎の芋は蒸してから仕込みます。でも、この「黒瀬」はバーナーで焼い
てから仕込むのです。ほんとに焼きいも焼酎にしてしまったのです。おそらく、
黒瀬のみの独自のやり方だと思います。「焼きいも」にした効果は充分に焼酎に現れています。
香ばしい香りが魅力。味わいも芳醇。

<もぐら 土竜>
今、話題の革命焼酎!和紙のラベルが印象的な個性派焼酎。
造ったままの手を加えない無濾過仕立て。
名水七窪の自然湧き水を使い古式にもとづく木桶蒸留を行った。
五臓六腑にしみわたる限定商品!

----裏ラベルより-----
まるまる太った良質の黄金千貫が手に入りましたので、この芋の地力を最大限に引き出すことこそ、蔵の勤めと感じ
これを生かすため、名水・七窪の自然湧水を使い、そして、無濾過の 土竜(もぐら) 芋焼酎を造りました
芋はよろこんでくれたでしょうか 今回、芋を見た時、もぐらを思い出したので、土竜(もぐら)と命名しました
インパクトのある芋焼酎です、一度試してみる価値はありますよ

黒瀬:ほど良い芋の香りと、柔らかな芋の甘みがあり美味しいです。




so1ogawa at 23:05コメント(6)トラックバック(2)最近の焼酎事情最近の焼酎事情 
Profile
訪問者数

あし@
天気予報

-天気予報コム-
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ