2009年07月18日

タイの朝食事情(TOPLAND HOTEL)

ピサヌロークの滞在も、3回(合計24泊)です。
定宿は、TOPLAND HOTEL ちょっと古いのですが、客室数が多いことと
ショッピングセンターが併設され散るので、便利なことより定宿となっています。

他にも数件結構立派なホテルがあるので、別な機会に利用してみたいですね。

さて、朝食事情ですが、タイ風の朝食と、コンチネンタル風の洋食が混ざった感じです。

だいたい、朝はクイッッティオ、ジョークとサラダが中心になってしまいます。
クイッティオの麺は、米麺と中華麺が適当に入れ替わって出されます。
ジョークも、白粥だけの時もあれば、スープを入れる時もあります。
その日その日の並べられている物と、気分で選択することになります。
ある朝のクイッティオジョーク&サラダ








朝食は日本とは違いしっかりととるようにしています。
なぜ? ・・・ お昼が食べられなかったり、量が少ないなど
日本のランチタイムみたいな訳には行かないことが多々あるためです。
連休中に学外の食堂で、野菜炒めとライスを注文したら・・・こんなでした。
昼食はこれだけ?














食べられるんだから・・・文句は言ってられませんが、
30バーツも取るなら、スープくらい付けてほしかった。
食べるのはちょっと怖いかもしれないけど。

ちなみに、夕食は隣のショッポングモールで、弁当を買っていただくこともあります。
もちろん、SINGHAビール6本(169TB)付きで飲み放題気分です。
夕食だけなら、22TB (65円)だけど、日本から持ち込んだ”みそスープ”等つけて、
総額191TB+α(560円)です。・・毎日このパターンはしていません。
ある日の夕食(1)SINGHA x 6

so1ogawa at 22:13コメント(0)トラックバック(0)タイレストラン巡り隊  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

おがわ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あし@
天気予報

-天気予報コム-
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ