タイレストラン巡り隊

2010年05月16日

2010年5月16日(日)
DSC00572













久々にBlogを書く材料が出来ました。
毎年恒例の”タイフェスティバル”@代々木公園へ行ってきました。
何時もは、タイ好きな仲間とワイワイと盛り上がるのですが・・・
皆さん、昨日飲みすぎたということで・・誰もいませんでしたが
一人でも、”Neko Jumpのコンサートを満喫し、タイ料理を満喫してきました。
DSC00562













今年は、”Montee”さんも出店、店長も頑張ってました。
DSC00556













"Montee"のメニューは、4品でしたが・・
゛サイクロックウンセン”はちょっと変わり種で誘われました。
ちょっと酸っぱいサイクロックとウンセンの組み合わせには驚きました。
順番待ちで、焼き上げるのを面がくしていましてが、皮が破裂する事があり
苦労して焼いていました。ご苦労様です。隣は”ネームコームヤーン”
DSC00593DSC00592







実際の女性を人形に見立てた、人形劇も喝采を浴びていました。
ちょっと眼には、人形をあやつているのかと・・勘違いしそうでした。
DSC00595













今年のタイフェスは、”しの乃”さんしかお会いできず残念でした。
最近、色々な会に顔を出さないので・・・仕方ないかな。
明日から「モンゴル」へ2泊3日の出張に行ってきます。




so1ogawa at 18:35コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月14日

ラオス、タイ、カンボジアの出張から帰ってきました。
P2112292
料理の情報を早く!!!と言うことで、
カンボジアの最終日のランチに出かけた、
「クメール・タイ レストラン」の料理を紹介します。

通訳のセイハさん紹介のお店です。
一般的なカンボジア料理を注文ました。

見た目は、タイ料理とあまり変わらないようですが・・・

<ディップと野菜>               <トートマンプラー>
P2112301P2112306










<アーモック>                  <野菜の煮込み>
P2112304P2112311










<野菜の煮込み/レモングラス味>
P2112318 アーモックは、タイのホーモックに似た料理です。味付けは中途半端と言ったらよいのでしょうか?
タイの香辛料やハーブの効いた味付けに慣れていると
味が無いのかな?と思うくらいです。
見た目は良く似ているのですが、味付けが異なることに驚きます。
レモングラスで味付けされた、空芯菜のスープが一番でした。

〜おまけ〜

宿泊していたSunway Hotelの隣にワットプノンがあります。
ここの像に乗ると縁起が良くなるということで・・・乗りました。
朝のラッシュ時にワットプノンを一周(20分)15US$という価格でした。
1人でも、2人でも同じ値段ということなので、2人で乗っています。
P2112277












so1ogawa at 22:32コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月27日

2009年12月27日(日)

昨日の夕方、バンコクから帰ってきました。
今年のクリスマスも、ビエンチャンで仕事をして終わりました。
(昨年は、カトマンズで装置の再稼働祝賀会をしていました。)
家族の大顰蹙を買いながらも・・・止むを得ず。

今回の宿は、メコン川を一望できるランサンホテルにしてみました。
改装したとの情報で取ったのですが・・一部のみでした。
エアコンも全く効かない、インターネットは故障中という状況で1泊45US$
PC241185


さて、ビエンチャン→バンコク行き(TG575便)は乗り継ぎが悪いです。
VET(21:50)→BKK(22:55)着ということで、ANAの23:55発に乗れません。
無理すれば取れない事も無いらしいのですが、遅れたら怖いです。
従って、バンコク市内で1泊して翌日の朝便での帰国となりました。

ビエンチャンを出発するまでたっぷり時間があるので、
大体、マッサージを2時間してもらってから夕食をとり
それから空港に向かうというのが最近のパターンです。
ビエンチャンの市街から、空港まで10-15分程度です。

ここが何時も立ち寄る、ビエンチャンの中華料理店です。
PC251243


定番でお勧めなのが、空芯採いためです。(少し油ポイです。)
PC251236


今回は蒸したティラピアも頂きました。泥臭くなく美味しかったですね。
PC251232


そして、モヤシの炒め物がいっぱいの焼そばです。
PC251237


他にも焼餃子をたっぷりといただき、スペアリブにスープ付き
ビールをたっぷり飲んで満腹状態となったら空港へ向かいました。
お支払いは、22US$(5人)ということで文句なしですね。

26日は土用ということで、6:30にホテルから車で空港へ向かいましたが
7:00頃には到着し、余裕たっぷりの帰国となりました。




so1ogawa at 23:01コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月24日

2009年12月23日(水)

NH953便でバンコクにやってきました。
定刻通りにE3ゲートに到着したんですが・・・
イミグレーションを抜けたら5時でした。

最近は結構並ぶんですよね。

この後BKK事務所に寄る予定だったんですが、遅すぎるということで
直接レストランへ向かいました。

◇ムーサップパッドナムルイャプ(豚の挽肉を炒めた料理)
PC231154

タイの人たちは、付け合わせの唐辛子や、小タマネギ、マナオを混ぜて
いただくということですが・・・そこまでは勇気がでませんでした。

◇ムーディアーパッドゲラプラオ(豚トロ炒め物)
 豚トロの唐辛子炒めです。・・・激辛でした。
PC231158

◇ヤム・パクブンファーデェン
 パクブンファーデェンの天ぷらに辛口の海鮮ソースを掛けていただきます。
◇海鮮スープ
PC231160

◇エノキの炒め物
PC231163


今回も美味しいお店を紹介してくれてのは、メーティラ姉妹でした。
4人で5品+ビールでなんと、775TBです。 ・・・びっくり

そして、食後に近くのラーメン屋さん(山小屋)で、”北海道アイス”
こちらは、なんと4人分で300TBもしたので、二度びっくりでした。

PC231169


明日はビエンチャンに行ってきます。

so1ogawa at 00:19コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月18日

ピサヌロークの滞在も、3回(合計24泊)です。
定宿は、TOPLAND HOTEL ちょっと古いのですが、客室数が多いことと
ショッピングセンターが併設され散るので、便利なことより定宿となっています。

他にも数件結構立派なホテルがあるので、別な機会に利用してみたいですね。

さて、朝食事情ですが、タイ風の朝食と、コンチネンタル風の洋食が混ざった感じです。

だいたい、朝はクイッッティオ、ジョークとサラダが中心になってしまいます。
クイッティオの麺は、米麺と中華麺が適当に入れ替わって出されます。
ジョークも、白粥だけの時もあれば、スープを入れる時もあります。
その日その日の並べられている物と、気分で選択することになります。
ある朝のクイッティオジョーク&サラダ








朝食は日本とは違いしっかりととるようにしています。
なぜ? ・・・ お昼が食べられなかったり、量が少ないなど
日本のランチタイムみたいな訳には行かないことが多々あるためです。
連休中に学外の食堂で、野菜炒めとライスを注文したら・・・こんなでした。
昼食はこれだけ?














食べられるんだから・・・文句は言ってられませんが、
30バーツも取るなら、スープくらい付けてほしかった。
食べるのはちょっと怖いかもしれないけど。

ちなみに、夕食は隣のショッポングモールで、弁当を買っていただくこともあります。
もちろん、SINGHAビール6本(169TB)付きで飲み放題気分です。
夕食だけなら、22TB (65円)だけど、日本から持ち込んだ”みそスープ”等つけて、
総額191TB+α(560円)です。・・毎日このパターンはしていません。
ある日の夕食(1)SINGHA x 6

so1ogawa at 22:13コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月12日

7月9日(その2)

第1部の慰労会の途中で、メンバーの交代、
BKKから来るメンバーと、BKKに戻るメンバーが入れ替わりました。
(ピサヌローク⇔バンコク間は、朝夕1便が往復しています。)

第2部は、Dr.NIPPONの誕生日のお祝いです。
本当は8日が誕生日なので、1日遅れでのお祝いです。

ナレスアン大学のスタッフは、サプライズが大好きということで、
本人には、誕生日のお祝いのことを全く伝えていません。

第2部の乾杯が終わると、大学で問題が起きている至急戻れととの電話!!
主役を残し、バタバタと数人が立ち去った後にケーキを持って再登場・・・?

サプライズが大成功したところで・・・誕生日をみんなでお祝いしました。
Happy Birthday Dr. NIPPON















もう1つ盛り上がっていたのが・・・携帯用の虫よけです。
ミンさんとチャオさんに、ベープとアースの携帯用蚊取をプレゼントすることに?
なんとなく、大きな勘違いをしている気もしましたが・・・
BlogPaint
















この後、タイマッサージに行き、全身が痛くなったのでした。


so1ogawa at 18:10コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月08日

2009年7月7日(火)天気:晴→一時雨

タイは「アーサラハ・プチャー」の日という祝日です。
明日は「カオパンサー」の日で、祝日です。

仏教の祝日らしいのですが・・説明を聞いてもよくわかりませんでした。
今日と明日は、お酒の販売も制限されていているそうです。

日本から、先生として来てくださった方々と会食に出かけたのですが・・
ビールの飲めるお店を探すのには、ちょっと苦労しました。
(タイの先生に探していただきました。)

我々の要望を聞いてくれたのは、タイでも数少なくなった
水上レストランの1軒,Faa Thaiさんでした。
Faa Thai(水上レストラン)













ピサヌロークに数軒ある水上レストランの中で、現地の方にも人気のレストランです。
タイを満喫でき、ピサヌロークらしい料理を頼んでみました。

まずは、絶対にはずれずとてもアロイ、「トートマンクン」でスタート
水上レストランと言えば、魚のフライも外せませんね。
トートーマンクン魚のフライ







ガイヤーンも定番のタイ料理です。
豚肉の薫製骨付き鶏肉のフライ







マッシュルームの炒め物とトムヤムクン・・定番過ぎかな?
ここまでは、日本人向けに辛くないタイ料理をお願いしました。
マッシュルームの炒め物トムヤムクン








ピサヌロークといえば、「空飛ぶ野菜炒め」・・・パクブンファーデンです。
パクブンファーデンカシュウナッツと野菜炒め








日本からアシスタントで来て頂いた青砥さんです。
いろいろな話題で、今日の会食を盛り上げていただきました。
ありがとうございました。

BlogPaint

so1ogawa at 01:13コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月05日

7月5日(日) 天気 雨→曇り

スコータイを回っている間中降り続いていた雨も、ようやく降り止みました。
元々気温が高いタイで、雨が降ると湿度も高くなり、日本の夏と同じです。

スコータイの見学を終えて、ランチは運転手のマナットさんに連れて行って貰いました。

麺類を食べようかと思っていたんですが・・・こんな娘に呼び止められては・・
急遽予定を変更し、カレーと焼売、中華饅頭になりました。
ゲンキョウワン、トムカーガイなどの並んでいる店内です。
ランチタイム(スコータイ)トム・カー・ガイ







タイにもカノムチープ(焼売)やサラパオ(中華饅頭)があるんですね。
店先で蒸したてが食べられるし、持ち帰ることもできるようになっています。
カノムチープ(焼売)サラパオ(中華饅頭)







トム・カー・ガイ(2)何を注文しようかと迷いながら・・
ついつい何時もなじんでいるメニューへと
軟弱な選択になってしまいました。
トム・カー・ガイの選択に、外れは無いです。
カノムチープ、サラパオと1皿づつご飯ものを頼み
4人分の支払いは・・205TBでした。
最近のタイのランチ代はこの程度ですか?

so1ogawa at 18:49コメント(0)トラックバック(0) 
7月5日(日)天気 雨

昨日の夜から降り出した雨が、日曜の午前中も続いています。
今日は、スコータイ観光に出かける予定でいたのに・・・・
しかし、限られた休日なので・・・雨の中スコータイへ行ってきました。

スコータイ遺跡公園の中心(城内地区)ワット・マハタート
城外北部地区では、ワットー・シー・チュムが見所です。
雨の中のスコータイ遺跡ワット・シー・チェム







休日だというのに、雨のため観光客もほとんどいません。
静かにたたずむ、仏像を静かに見て回りました。

城外西部 ワット・サバーン・ヒンは、スコータイ遺跡を見下ろす丘の上にあります。
急な坂道を登り切ると、2体の仏像が遺跡全体を見渡すように立っていました。
ワット・サバーン・ヒンワット・サバーン・ヒン(2)













ワット・サバーン・ヒンからの眺望・・・天気がよければ
場外東側、ワット・チャーン・ロームは、台座を32頭の像が支えています。
1頭、1頭がとてもよく作られており、像への思いが感じられました。
スコータイの全景?ワット・チャーン・ローム







雨で蒸し暑い1日でしたが、何とか一巡できました。
スコータイ博物館にも寄りましたが、写真撮影禁止でした。
1907年に発見された当時の写真が展示されており、
世界遺産として、ここまで修復したタイ政府とユネスコに感心しました。





so1ogawa at 16:43コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月04日

2週間も滞在する、ナレスアン大学を少し紹介します。

ナレスアン大学(SERT)

ナレスアン大学再生可能エネルギー研究所
左の写真は、セミナーホールです。
ここを借りて、2週間の研修会を開催しています。

ナレスアン大学は、ピサヌローク市街から、
南西に10Kmほど離れたところに
ナレスアン大学という総合大学があります。
創立から20年程の大学ということですが・・・・
3つのキャンバスに、3万人の学生が勉学に勤しんでいるそうです。
ピサヌロークのキャンパスには、22,000人の学生と、
数千人の職員がいるということです。



正門から入ると、まず大学病院が象徴的にそびえています。
我々の研修所の奥には、5,000人を収容する寄宿舎が見えています。
ナレスアン大学病院ドミトリー(寄宿舎)










セミナーホールの横には、120KWの太陽光発電システムが並んでいます。
インドネシア、タイ、カンボジア、ラオスの政府関係者向けの研修中です。
マイクログリッド設備太陽電池の学習








レッドカレー
タイに入ってから、3日連続でイベントが続き、
毎日飲んでいましたが・・・・
たまには、研修生とBig"C"に買い物に出かけ、
グリーンカレーやレッドカレーを買って食べています。
・・・?・・・・ SINGHAって書いてあるような?
やっぱり・・飲んでます。


明日は、日曜なので・・・スコータイに行ってきます。

so1ogawa at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 
Profile

おがわ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あし@
天気予報

-天気予報コム-
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ