市川海老蔵市川海老蔵

今日は久々に歌舞伎に!秋の大歌舞伎です。席が結構よかったので堪能しちゃいました。けど長いのよねー、5時間!けど金額は約1万5千円、韓流チケと比べたらマジに安いと思うわよ(笑)日本の伝統と比べるな!だけど韓流チケの高さに思うものでー。って私は今回のチケは頂き物なのであまり言えないけど、客観的にね。

で、海老ちゃん、海老様、いやー拍手!今日の演目は源平布引滝と枕獅子。海老様は源平布引滝にご出演。この演目は見たかったのですわ。あの襖の上にのる(襖と襖を平行にたてて、その上にもう1枚襖をのせ、その上にのる)のよねー。そして周りは手を離して海老様だけになって降りるというもの。いやーすごい!!!綺麗で美しく凛々しかったですよ。

場所は新橋演舞場、私あそこに行くときはセコイので、ペットボトルは演舞場近所で100円で買い(だって中は高いし!)、そこでタメたぶん?モナカに小倉アイスをはさんだアイスを幕間に食べるのが好き(笑)歌舞伎を見る時いつも思うのはあの衣装の美しさ、色合いが絶妙、この色を組み合わせるのねとか模様が斬新で面白くて好きです。イヤホンガイドで説明を聞くのも好きです。細かい部分を説明してくれるので素人の私には必須です。

そして今回艶ぽい海老ちゃんを見て私が思った事は!「さすが海老蔵、海老ちゃん、どうぞどうぞいくらでも遊んでくださいませ。芸のこやしだわ、遊んで艶だしちゃって!」でした(笑)

夜の部だったら海老ちゃんと亀ちゃんだったのにね(亀治郎、大河ドラマの人ね!)だったのよねー。けど周りの会話で驚いたわー。昼の部で約5時間、夜の部も見る方もいて、それを見て新幹線で帰るのだそうです。参った!!どの世界にもパワルフな方は多いのね!(笑)