塩原温泉フィールド情報
2020/08/29  掲載写真撮影日:8月29日
《塩原自然研究路 晩夏の大沼公園》
塩原温泉郷まだまだ「涼」を求めて、高原山麓の森へ!
久しぶりに終日大沼公園で過ごしました。
同じ日でも、訪れた時間によって森の佇まいは変わります。
森の一期一会・・・
塩原温泉郷で過ごす「晩夏の森時間」を堪能していただきたい。

塩原自然研究路は終日、心地良い風が吹き抜けます。
朝の心地よい風。日中の日差しは強いですが、汗を乾かしてくれる涼しい風です。
夕方、西日は強いですが、森の木陰に吹く風は、一日の終りを告げる涼しい風に感じます。
同じ森で一日を過ごすと、どことなく季節の移ろいを既に感じてしまいます。贅沢な一日でした。

2DSCN6541

早朝・・・大沼からみる新湯富士。久しぶりに逆さ富士をみることができました。

◆大沼エリアの散策路では、「中央木橋」を中心とした場所が、
一部通行止めとなっております。大沼エリアを大きく周回はできます。(約45分)
現地の案内板等の指示に従ってください。

(クリック)⇒  http://blog.livedoor.jp/so_visitor-blog/archives/52051289.html

《フィールドフォト① 大沼公園 ヨシ沼》
46DSCN676144DSCN6737
高原山麓から吹いてくる風は涼しく、その風に揺れるよしの葉の音が響きわたります。
ヨシ沼周回散策路からみる高原山麓と、散策路からみる湿原エリア。

《塩原温泉フィールド情報》
印刷をして、自然散策に利活用ください。
20200829134525062_0001

アケボノソウ2ミミカキグサ(食虫植物)3
探してみてください。
写真左:「アケボノソウ」の花。今年も元気に開花してくれました。この花の蜜標は本当に美しい。
写真右:ミミカキグサの花。ヨシ沼で観察できます。すごく小さな花で、食虫植物です。
カンボク(果実)2オオカメノキ(ムシカリ)(果実)2
季節の移ろいを感じることのできる森の色彩。
写真左:カンボクの果実。写真右:オオカメノキ(ムシカリ)の果実。

《フィールドフォト② 大沼公園 大沼》
24DSCN670025DSCN6718
大沼の周回散策路では、森の木陰が本当に気持ち良いです。
たくさんのトンボが飛んでいました。これも季節の移ろいを感じます。
高原山麓や男鹿山系の標高の高いところから大沼公園に降りてきたのでしょう。


お問い合わせは「塩原温泉ビジターセンター」
電話:0287-32-3050