September 20, 2010

アレルギー用醤油の徹底比較



 胡麻むらさき 500ml

胡麻むらさき 500ml

価格:367円(税込、送料別)

 アレルギー用の醤油の中では、一番おいしかったように思います。味にうるさい夫は、普通の醤油よりおいしいんではないか?と言っていました。
ごまアレルギーがない方におすすめです。

我が家は刺身醤油がわりとして、使っていました。  
 ◎
無添加・大豆原料除去食品白菊しょうゆ【純米しょうゆ】

白菊しょうゆ【純米しょうゆ】

価格:1,200円(税込、送料別)

 人気が高く在庫数がいつも少なめの商品でした。クセがなく、普通のお醤油とたいして変わりません。
お米アレルギーがない方であれば、おすすめだと思います。

我が家は刺身醤油がわりとして、使っていました。 
 ◎
医師の指導の下で作られた醤油です◎【大高醤油】 キヌア醤油 300ml

【大高醤油】 キヌア醤油 300ml

価格:571円(税込、送料別)

色も味も薄く、しょっぱいです。でも、ヒエやアワ、キビの醤油よりも普通の醤油に近いと思います。
医師の指導の下、作られたとあってこれを使うと大豆アレルギーの娘には、大丈夫でした。

 我が家では、薄口しょうゆの代わりとして煮物や、汁ものに愛用していました。
常温だとあっという間にカビてしまいますので、保存はくれぐれも冷蔵庫で・・・。 
 ◎

  
大豆小麦を使用せず、米を主原料としたしょうゆ風調味料です。◎【大高醤油】 米しょうゆ 500ml

【大高醤油】 米しょうゆ 500ml

価格:704円(税込、送料別)

 回転食を必要とする方に。

米、粟、キビ、ひえの醤油と種類がたくさんあるのは、『回転食』を必要としている方のためです。
味は普通の醤油と比べると、色・味も薄く、種類によって味に差はあまりありません。
アレルギーやアトピーの食事療法として、同じ穀物を続けて摂らず、今日は米のご飯+米の味噌+米の醤油、明日はひえのご飯+ひえの味噌+ひえの醤油・・・という風に食材を日ごとに回転して使います。
〇 
あわを主原料としたしょうゆ風調味料です。◎【大高醤油】 あわしょうゆ500ml

【大高醤油】 あわしょうゆ500ml

価格:767円(税込、送料別)

 同上 〇
ひえを主原料としたしょうゆ風調味料です。◎【大高醤油】 ひえしょうゆ500ml

【大高醤油】 ひえしょうゆ500ml

価格:820円(税込、送料別)

 同上 〇
きびを主原料としたしょうゆ風調味料です。◎【大高醤油】 きびしょうゆ500ml

【大高醤油】 きびしょうゆ500ml

価格:778円(税込、送料別)

 同上 〇
アレルゲン特定原材料25品目不使用◎【辻安全食品】 さしすせそ

【辻安全食品】 さしすせそ

価格:980円(税込、送料別)

 アレルギー25品目に対応しているので、他のアレルギーを持つ方にも安心です。 〇
 わたしは魚の臭みを感じてしまいあまり好きにはなれませんでした。
魚醤が好きな方や、ナンプラーのように炒め物の味付けに使う場合にいいかもしれません。 
雑穀も、魚も使用していないめんつゆです◎【辻安全食品】 うまい料亭のつゆ

【辻安全食品】 うまい料亭のつゆ

価格:790円(税込、送料別)

 容量が少ない上に、少々値段が高いように思いますが、実際にめんつゆとして使う場合には、希釈倍数が高いので、もったいないとは思いませんでした。
夏場のそうめんのつけつゆ作りに重宝しました。
 ◎
   


soapsuds at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アレルギー用食品