September 04, 2006

From Ma(Scotland), From Ly(Netherlands)

皆様、お久しぶりです!!更新をサボっている間に、大好きな夏も終わってしまいましたね〜。

手紙のほうは、順調に届いているのですが、お返事は順調ではないです・・・。最近、プラベで色々ありまして、I was not in a writing mood...! というわけで、ブログも、手紙もさぼりぎみでした。手紙書き始めても、集中力が続かなくて、字はぐちゃぐちゃだし、言いたいことはまとまらないし、書き出しても、途中で嫌になってしまって!皆さんもそんな時、あります?

そんなとき、ポロリンの場合は、Emailで、最近調子悪いから・・・とか、忙しくって・・・など理由をつけて、お手紙遅くなるけど待っててねとお願いします。Emailってホント便利

さて、本日届いた小包が2通あります。帰ってきたら、ポストにギュウギュウに詰めてありました。まずはスコットランドのMaより。

Ma FBMa AD







沢山のFBと、3シートのアドレスラベル!もちろん私の住所ですよ!先週、マンションの更新をしたばかり。これを機に引っ越そうかとも思ったのですが、今の住居とどまって良かったと思える贈り物でした。こんなに貰って、住所がすぐ変わったら使えませんからね・・・!

Maは最近、アドレスラベルを作る新しいソフトを買ったそうです。すごくかわいく出来てます。うらやまし〜。私もほしいな〜。どこで購入できるのか知っている方、教えてください!

そして、お次はオランダのLyです。

Ly LipLy Letter

 

 

 

 

Ly FB

 

 

 

 

左上は、形からしてペンかと思いつつ、ラッピングから出してみたら、リップグロスでした。5種類あって、ハローキティのものです♪かわいいです♪

右上が見ての通り、お手紙です。いつものロングレター。Ly、共通のペンパルがラトビアにいるのが発覚したばかりなのですが、今回、共通のスワッパーさんがベルギーにいることが分かりました。最近、こういうの多いですね。二人とも、全く別の場所で知り合ったので、あまりの偶然にびっくりです

Lyは、いつも、手紙の最後のWrite Soon!のooの中に目玉を書いて、その下に口を書いて、顔みたいにするんです。小技がきいてますね!良かったら写真拡大してみて下さいな。



August 23, 2006

Botchan/坊ちゃん



坊ちゃんを読みました。実は日本語でも読んだことがなかったのですが、とても面白いですね!原文も読んで見たくなって、ネットで原文チェックしました。 とっても良く訳されていて、関心!やっぱプロですよね〜。この本、文章も易しくて、ユーモア満載でとても楽しかったです。ページ数も少ないし、空いた時間で3日くらいで読めちゃいました。

 「牛乳配達をしても食ってられると覚悟(かくご)をした。兄はそれから道具屋を呼んで来て、先祖代々の瓦落多(がらくた)を二束三文(にそくさんもん)に売った。」

これがどのように訳されているか・・・

"I was even prepared to get a job delivering milk, if that's what it took to get by on my own."

*get by−なんとかやっていく on my own−自分の力で

 "He called in a dealer in used goods, who bought all the junk of several generations for next to nothing"

next to nothingっていう言い方が面白いと思いました。何も無いの次→ただも同然で→二束三文に、という感じでしょうか。この表現ゲット!

"I was eating next to nothing" 「私、はほどんど食事を取っていなかったの。」

"I know next to nothing about Manga" 「漫画についてはほとんど何もしらないの。」

ね、使えますよね〜。アニメオタクのペンパル申し込みがきたら使うぞ〜(笑)

下は有名な出だしの文章ですね。 「親譲(おやゆず)りの無鉄砲(むてっぽう)で小供の時から損ばかりしている」

"Since childhood, the reckless ways I got from my old man have brought me nothing but trouble"

bring me nothing but trouble/問題以外何ももたらさない→問題ばかりもたらす→損ばかりしている

読んでみると、いろんな発見が面白いですよ〜。



soapyoga at 23:35|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)Books 

To Me(Finland)

To MeやっとこさフィンランドのMeへの返事を投函しました〜。すごーーーいロングレターへのお返事なのでかなりの時間がかかってしましました。

良く行くエクセルシオールカフェのメニューを切り貼りして、裏側をデコレートしました。このスパゲティーが好きなの、これを飲んでるの等・・・。

同封したのは、キティーちゃんのステッカーシート、ポストカード、中華料理屋のカードです。時間がかかっちゃってごめんね〜。



From Ar(Belgium)

arary

 

 

 

 

ダイブ、更新をサボりました〜。明日から出張なので、その前に更新しておきます!ホテルには手紙を持参して、たまっているお返事を書こうと企んでいます。

しばらくお返事がなかったベルギーのArからお返事が到着。思ったとおり卒論で忙しかったようです。やっと卒論を提出しおわりそして今は狂ったように、溜まった手紙のお返事を書いているそうです。

Arはいつもとっても丁寧で心のこもった手紙を送ってくれて、本当にイイ子だっていうのが手紙を通して伝わってきます。文章も、封筒のデコレーションも、紙の折り方も、封筒への収め方も、全てが素敵で、全てがセンス良く収まっているんです。

今回のFB(写真右)もとてもラブリーこのFBにもしっかり、共通のパル二人のアドレスがあったので、この二人は避けてまわさなければ。世の中広いようで、こんな偶然があるなんてホントにびっくり。Arはまだ、LyとDiが私のパルだとは気づいていないようなので、今回のお返事で教えてあげます




 



August 13, 2006

Stamp*German

Germanman stampstamp german

 

 

 



ドイツのMaとスワップした切手です。カラフルなお花が綺麗。橋の風景も美しいです。右上の動物は、なんだか不明。あまりかわいくもないなぁ・・・。下もMaからのポストカードです。
Postcard



From & To Di(Latvia)

diTO Di







左がラトビアのDiからの3通目(多分)です。なんとDiとは2人も共通のパルがいることが発覚。オランダのLyとベルギーのArです。1人ならまだしも、2人も共通のパルがいるとは本当にペンパルの世界は狭いですね。

Diddleの便箋を3枚プレゼントで入ってました。この便箋、香りつきで、あまーいいい匂いがします。それから素敵な切手が数枚と、ポロリンがFBを作れるように、アドレスラベルを同封してくれました(数枚送ってくれるようにお願いしたのです)。

ところで、封筒のカエルがリアルすぎて怖いです・・・。

右はお返事。真ん中が切手です。切手を挟んで左側が多作FB、右が自作FBです。緑のFBは、オランダのLyからもらった妖精(?)のシールを真ん中に貼って作りました。

 



Stamp*Finland

Finlandinu

mm

 

 





uma






フィンランドファンの皆様!フィンランドのカワイイ切手を集めてみました。

左上の犬の写真は、最初、花束の部分が銀色でコーティングされていました。(スクラッチ式のくじみたいに)しばらくは、そういうデザインなのだと思い込んでいたのですが、ふと思い立って、10円玉でこすったら、なんとまぁ、かわいらしい花束が現れたのです!感動しました。

右上のムーミンは、今月Meの手紙に貼られてきたもの。写真では伝わらないかもしれませんが、素材が紙じゃないんです。スポンジみたいで面白いです!

右下の馬は、とっても穏やかな顔をしています。目がとっても綺麗で、優しいでしょう?フィンランドの動物切手は本当に素敵な物が多いです。

以上、お気に入りの3枚でした。まだまだUPしたい切手が山盛りなので、すこしずつ、紹介していけたらなと考えています。最近、平日は忙しくて、更新ができません〜〜!すいません・・・。



From Ma(Finland)

ma tegami今回の便箋もすっごくかわいい!前回「フィンランドにでカワイイレターセットを見つけるのはとても簡単」というような内容を手紙に書いてくれたMaですが、今回もその内容から始まりました。

「始めにレターセットのことについて話したいの。この前の手紙に、フィンランドでかわいい便箋が沢山があると書いたけれど、その情報は間違いだったの。私は、プレゼントでもらったりして、ここ何年もレターセットを買うことがなかったから気づかなかったんだけど、友達のAnnuのおかげで間違いに気づいたのよ。過去数年間でレターセット事情はかなり変わったみたい。Annuは私のペンパルの一人で、彼女もステーショナリーが大好きなの。7月の終わりに彼女を訪ねた時に、ポロリンがレターセットが好きっていうことと、フィンランドではかわいいレターセットがいっぱあるよねっていうことを話したら、Annuは「NO, It's NOT!」って言い張ったの。しばらくして、二人で街を歩いた時に、ステーショナリーが売ってそうなお店を全て回ったんだけど、特別素敵なものは何も見つけられなかったの。DisneyとGeepapのものくらいしかなくて・・・。かなりショックだったんだ。悲しいけど、今のフィンランドでかわいいステーショナリーを見つけるのは難しいみたい・・・。私が8-12才くらいの頃は、女の子は皆、数人のペンパルがいて、文房具屋さんとか本屋さんにいけば、たくさんのかわいいレターセットがあったんだけど、今は皆Emailしかしないから、ステーショナリーの需要が少なくなったみたい。」

やっぱり、世界的にEmailになっちゃってるんですね〜。日本はまだかわいい便箋とかシールとか売ってる方みたいですね。MaからサンリオとGeepapのスワップをしないかというお誘いを受けたので、やってみようと思います。

ma chooma FB

 

 

 

 

上のGEISHAチョコレートはMaの働いている工場の製品です。真夏なのにチョコを送ってくれるなんて!ビニールの袋でパッケージされていたので、冷凍庫で再度固まらせてから美味しくいただきました。実はコレ、フィンランドのMeからも送ってもらったことがあるので2度目です。

右の写真はとどいたFB。左下のピンクのものはMaの自作です。右側の花柄のポイントが素敵!

to ma

さっそくお返事を書きました。Maはいつもキャラクターものは使わないので、サンリオとか興味がないのかと思っていたけど、今回、サンリオ好きだけど、ただフィンランドでは売っていないだけということが発覚したので、キティちゃんを使ってみました。

 



August 06, 2006

From Su(USA)

nunoアメリカのSuからBOXが到着。郵便局まで取りにいってきました。とっても素敵な贈り物&お手紙を紹介していきます。まず、左が手紙、ヒョウ柄と、ケアベアの布です。ハンドメイドが大好きなので、ミシンで何か作ります。ケアベア、大好きなんです〜。この前、初めてケアベアのアニメをみたんですが、とってもかわいくって、心がホンワカしました。日本でも、もっとケアベアグッズが販売されるといいのになぁ。Suはリラックマがすきなので、ケアベアの代わりに、リラックマの何かを送ってあげたいです。
pink 2pink 1







このピンクのお部屋の名前は”Pink Pororin Room”といいます。ピンクが大好きなポロリンを思って、Suがインテリアをピンクで統一してくれたんです!これは別荘の部屋なんですね。「いつでも遊びに来てね」といってくれているのに、まだ会いに行けていません(もう7年も連絡を取り合っているのに!)。絶対にいつか遊びにいきたいです!それにしても、いやぁ〜、ほんとカワイイ・・・お姫様のお部屋みたいですね。感激です!!
Care Bearpierce












お次はピアスとステッカーです。もこもこのステッカーが超かわいいです。そして、ピアスもピンクの石がついています。キュート、キュート
tane







そして、ドドーンとビックサイズのひまわりの種が2袋。さ、さすがアメリカだわ!確かに美味しいのですが、一人暮らし故、だいぶ食べ切るまで時間がかかりそうです。実家に1つ、おすそ分けして、1つは職場で仕事しながらポリポリしようかと・・・ピンクの蝶のTシャツも入っていたのですが、写真取り忘れました。今週末は、かなり感激するお手紙が沢山でした。し・あ・わ・せ






To Ci(Belgium)

swap cijisaku FB







ベルギーのCiへのスワップです。左はポストカード、ステッカー、FBを100g送ります。右は自作のスターターFBです。今日また5冊作りました。結構頑張りました〜。




Profile
ポロリンのお勧めBook
ポロリンのお勧めBook
ポロリンのお勧めBook
ポロリンのお勧めBook
ポロリンのお勧めBook
OXOX