裏・珍獣

無職となってしまったリアル「マダオ」逆ベジタリアンことドミ肉が送る 汗と汁と血のドラマである!

2010年初頭にハマった物・・・・・・というかアニメ

 JCにロリコンのおっさんキモイと罵られ、はやく辞めろよって
言われる度にチンコ起ちます
こんばんわ<(_ _)>今日も平常運転のドミニクです。
いやぁ〜ロリコンにとって「キモイ」とか「しね」って言われるのは
褒め言葉以外の何物でも無いですねw今流行りはアメピグですw

さて、本日は2010年の前半にハマったアニメをご紹介しますゲソ
そうwそれはとっても大人気の「侵略イカ娘」でゲソ
これのお陰で、月曜の深夜が待ち遠しい状態にw
可愛い可愛いイカちゃんwその触手にメロメロでげそ
そんでもってもう一つは「ガンダムユニコーン」
もうねw設定やら何やらやばすぎw俺の大好きな時代背景で
「ジェガン」が出てくるんだもんw戦艦もクラップ級だのZZで
母艦を勤めたネェルアーガマとかwんでもって、登場人物の
ヒロインにあのミネバ様がw大きくなられて・・・・・・マジプリンス
この辺以上の年代になると、殆んどがジオン派なので必然的に
ミネバ「様」と呼称するようになりますw一年戦争の時にあんな
ちっちゃかった赤ん坊が、Zの時に幼女になっていてさらに
美少女となって帰ってくるwwwセシリー(F91)みたいなビッチ
プリンスとは全然格が違うwもし姫様の格付けを付けるなら

ミネバ様>ディアナ様>>>>セシリー(ビッチ)>シャクティ(笑)

まぁこんな感じかな?いやぁ〜しかし本当にミネバ様は美しい
間違っても手の届かない美しさだねあれは。
次いでディアナ様、しかし素敵なんだけどいかんせん男の好みが
悪すぎるwあの髭野郎ウィルwゲイムwwwどー見たって
ホモ夫の髭だぞwもっとマシなの選べw月にはいなかったからか?w
3番目にヴィギナギナという如何わしい名前のMS操縦した
セシリーだねwよく考えるとこの4人の中で唯一MS操縦できるなw
んで最後になったお姫様は屑中の屑、シャクティカリン様www
お前の行き当たりばったりの所為で何百・・・・・・いや、何千人
死んでるんだよwww黙ってウッソの帰りをカサレリアで待ってれば
いいものをw密航なんてするからメンドクサイ事になんだよw
後半部分の「愛は光の果てに」なんてもろシャクティの所為で
死ななくていい人が死んでんじゃねぇーかw

 しかし、こうしてお姫様を挙げてみるとUCにVにターンAにF91
どれも作品としては良作ばかりだね!F91は映画だけど
TV版とか無いから映画にするのは一番難しいだろうね
小説とか読んでないから、シーブック達があのあとどうなるのかは
知らないけどw変なTVシリーズ(00)やるならF91のTV版見たいゲソ
んで、VとターンAは意外に泣きアニメなんだよね〜。
前半のシュラク隊のマヘリアさんの機体に泣きながら駆けつける
シーンとか、ジュンコさんが溶けちゃうところとか、母が大地に
帰る話とか、ファラさんが最後死ぬときにメッツェの事を最後まで
覚えていたのに感動wあと最終回前のリーホースjr特攻とかね。
でもね〜まぁ泣けるけどちょっとVガンダムに言いたい事がある

『人死にすぎw』

死にゃぁ〜泣くと思ってるんだからwそら泣くさっ!
オデロが死んだ時なんか号泣だよw
「エリシャ!戦闘中に立たない!」
ガシャン(SE)
「オデロが、オデロが死んじゃった」ってオデロに貰ったくじらの
お守り握りながら泣いてるのみたらそらぁ泣かないやつは
サイコパスかなんかでしょ絶対。

 それに対してターンA様は極力人が死なないwまぁ極力なので
死ぬ人は出るんだけどね?それでもやっぱ泣き所がちょっと違って
まず、序盤にディアナカウンターが降りてきたときにハイム公が
亡くなります。それを知った時のソシエ嬢が号泣。
うずくまりながら泣いてるの見て俺号泣。・゚・(ノД`)・゚・。
ディアナとキエルが入れ替わって、最初に実家を訪れた時に
ハイム公の前で涙したディアナ様に俺涙(´Д⊂ヽ
ギャバンに求婚されてたソシエ嬢が、もらったドレスを着て
「私綺麗〜」って言ってた時俺号泣。・゚・(ノД`)・゚・。
宇宙行って、ティアナ様に入れ替わったキエルがハリーに
「ディアナ様の盾になって頂きたい」
「その代わりに愛するというのは貧しいでしょうか」
って言われてそれでもいいと受け入れてキスしたキエルに
俺涙(TдT)超純情・・・・・・
んでもって、極めつけは最度地球に下りてきたときに
姫様を失ったディアナカウンターの旗艦に複葉機に乗って
コレンナンダーがディアナをつれて来たとき
もうねwww超号泣っすよwwwまじでw
みんなお姫様の事好きすぎて兵隊になってんのに
建国宣言しといて、お姫様ウィルゲムで月に行っちゃうんだもん
その間すげ〜長かったんだぜ〜その待ってる期間考えたら
そら、みんなして「イヤッホーゥ」って感じになるじゃんw
超感動っすよwww待ちに待ったお姫様のお帰りだから
『帰還』だけでこれだけ泣けるとは思わなかったwww

 気がついたらターンAとVを語ってるだけじゃネェ〜かw
まぁぱっと見てガノタじゃなかったら帰れって事だなw
と言う訳で、最後まとめるとなるとやっぱり今後のユニコーンに
期待ってとこかな?まぁネタバレみちゃったからラプラスの箱って
連邦憲章の事なんだけど、その後のF91とかがあるから
全然革命的な事じゃないんだなぁ〜みたいな感じなのでw
UC0090年代の雰囲気を味わえればそれで俺は大満足ですw
あと、あの年代の地球の絵も見てみたいwダブリンにコロニー
落ちるわ、チベットに隕石落ちるわで結構酷い時代だから
その辺も期待しておきましょう!では本日はこの辺でw
(予告)次は人生初となる結婚式についてのお話ですw乞うご期待

ちょw20010年てwどんだけ未来に生きてんだよw

食費を浮かせようと最近1日2食生活をしていたら栄養不足と
寝不足がたたって絶賛口内炎発動中・・・・・・これじゃぁ就職活動出来ないね
あ!こんばんわドミニクです。さて、本日は『2010年』のRKFを振り返る
その2と題しまして駆け足でその模様を振り返りたいと思います。
IMG_7532

はい、第1スティントを終え第2スティントのドライバーは里見選手から
松本康平選手にバトンタッチです。彼は2009年のRKFにも参加してもらって
いますから今回が2回目と言う事で特に紹介っていうほどのトピックは無いんですが
前回の参加の時の「長門ゆき」仕様を極端に嫌がっていたので、今回は見て解る
通り「ジャッジメントですの!」仕様にさせていただきましたwww
このカートに対しての作りこみといったら凄かったね!藤岡近辺のヤマダ電機の
プリントシールは全て俺が買い占めたもんw高崎、富岡、伊勢崎とw
いやぁ〜しかし面白いねレールガンw最初禁書知らなくてレールガンから
見始めたけど、黒子さん最高すぎるw「女は時として雌豹にならなくては
ならない時もございますの」・・・・・・ねーよw特に初春は絶対ねーよw
あ、因みにピットが隣りだった某チーム駄蕎麦さんのところは未だに「けいおん!」
仕様だったみたいで、心の中で『あぁ今ウチは放映中だからなぁ〜栃木はやっと
けいおん!が放映されてるのかぁ〜』と思っていたのは内緒ですよっ!
IMG_7676

はい、そして奇跡の1枚。痛いカート2台のショットw
本当はコレに某駄蕎麦さんが加われば本当に奇跡だったんですがw
そして、今回も給油ピットの関係で再びトップに躍り出たチーム宮沢湖
危なげない走りで無事ピットに帰ってきて第3ドライバーの斉藤祐選手に
バトンタッチです。
IMG_7819

今回初出場ながら、斉藤選手は徐々に4stカートの扱い方にも慣れ始め段々と
タイムアップし、なんとここでもトップに立っちゃいましたw初出場とは思えない
堅実な走りの影には、本コースでのスーパーカートの経験や秋ヶ瀬で培った
経験と度胸に裏打ちされているものだと思います。
IMG_8181

そして、第4ドライバーはオープニングでカツラ被ってたバカこと三宅純気選手。
ピットから出て暫くは給油ストップの関係で下位に沈んでいたのですが
トップ陣営がピットに入ってくるとなんとここでもトップになってしまったのですw
しかし、他のドライバーとタイムが若干劣る三宅選手は後方2位のチームに
追い上げられてしまいますwまぁ、コース上で抜かれてもしかた無いと思って
いましたが、なんと5コーナーで周回遅れにひっかかってスピンw
当然その間にトップ入れ替えwおぃおぃスピンはねぇ〜よ!
ピットからはテンパってるから煽るなとの指示がwしかし・・・・・・実況の
ピエールが「さきほどからゼッケン26番のパスが絶妙ですねぇ〜」と
意味の解らない褒め言葉、それを聞いた俺はサインボードエリアで
「そんな事ねぇ〜よ!あいつスピンした所為で2位だぞおい!」って
心の底から叫んでやりました。
IMG_8207

スピンが響いたのか、トータルタイムが響いたのかよくわかりませんが
ピットに帰ってきたときはもう上位ではありませんでした。
そして、第5ドライバーの影が薄い事で有名な山下忠司選手が乗り込みます
この時点での給油回数は4回、トップを狙うならもう絶対に給油はしては
いけませんが、もうこの時点で既に残りまだ1時間半以上のこってる始末w
5回給油を念頭に入れスタートw前回喫したスピンの雪辱よろしく
今年度はノーミスでなんとかつないで、無事ピットに帰ってきて第6ドライバー
北中が生んだ奇跡の無職こと俺、ドミニクが乗り、何事も無く走りきり
最終スティントは急遽トップバッターの里見乃亜選手にしめてもらいます。
IMG_9061

ってあれ?俺の写真ね〜のかよw俺・・・・・・走ってたのになぁ〜w
まぁ去年もこの時間帯の写真が薄かったので、そういう事なんだろうな〜
きっと休憩とかだと自分に言い聞かせます。
さて、5回給油にプラスドライバー交代1回の我がチームは順位を落とし
結局11位でチェッカーとなりました。
IMG_9349

まぁ5回給油の中じゃぁトップなので良しとしましょうw大事なのはレース後に
『面白かった』と思える事ですwまた出たい!と思えるような楽しいレース活動を
心がけるっていうよりも、自然とうはwおもしれぇ〜ってなるのが俺なので
また来年(2012年)も出れればいいなぁ〜と思いますw
それでは皆様今回はこれにて〜( ´Д`)ノ~バイバイ

2010年を振り返れ!今更!

IMG_5783

放置していたグリーの方も覗いてみたら、トップのネタがワールドカップネタでした・・・・・・
今熱いのは世界卓球だろうに!はいコンバンワ<(_ _)>ドミニクです。
いやぁ〜月日の経つのってアッと言う間ですね?自分のブログの最後みたら2009年とかw
今もう11年っすよ?人類が滅亡するまでぶっちゃけ後1年切っちゃってるんですよ?(マヤ調べ)
んで2010年を振り返ろうとしたらさw特別に何もないのなwしょうがないから冬の一発目
RKFの事でもだぁ〜っと語ると致します。
くれぐれもこれ、『2010年』の事なので今年の事と混同しないように気をつけてください。

さてさて、初参戦の2009年と同じくF1カート宮沢湖よりエントリーいたしまして入場行進
1番上の画像は、今年度より初参戦の斎藤祐選手。
IMG_5785

そして、その後ろ里見乃亜選手と続きバカ2人。
去年出場の松本康平選手と山下忠司選手で総勢6名体制です。
IMG_5788

こうして見ると俺の足って意外と筋肉質w2009年に引き続き松本さん宅集合だったのに
遅刻したんですが、理由はこの綺麗な足!そうwすね毛を剃ってて遅れましたw
生まれて初めてスカート履いたんですがコレあれね?女の子ってさ
寒くないの?1年中スカートでwしかもすぐ下がパンツってwパンツが大気に触れてるなんて
超無防備じゃんw大丈夫なの?wだってさwパンツに接した空気が流れて俺の肺に入る
訳でしょ?そして俺が吐いた二酸化炭素が空気中を漂ってまたパンツに触れるかもしれない
エア妊娠の可能性も・・・・・・これ以上話してると先に進まないのでスカートの考察は後でw
IMG_6043

練習走行は初参加の祐選手と乃亜選手を中心に、俺は一番最後に2周タイヤの皮むき
まぁ、ぶっちゃけ俺の場合は皮むきしなくてもズルむけだけどなっ。
さて、練習走行も終わり車検からグリッドに。この時注意しなければいけないのが他の
チームの方が記念撮影をしてる所を横切るときはタイミングを見計らって邪魔を
しないように空気を読まなければいけません。はいっ
IMG_6505

タイミングばっちし!なっ?
IMG_6665

それにしてもウチのグリッド遠いなぁ〜何せ48台出走で幻の49番グリッドだもんw
何この圧倒的引きの強さwネタ人生冥利につきるとはこの事w狙ってもできませんよ?
IMG_6744

グリッドを嘆いていてもしょうがないので最後尾からのスタート役は
FP−jrでならした腕を買われてチームに誘われたのではなく、中学の職場体験学習で
なんと当時の俺の職場、カートランド関越に職場体験に来たのをきっかけに誘った
里見乃亜選手です。
遠すぎてフレームにすら入ってないwww
IMG_6749

1コーナーに先頭が入っていき・・・・・・後続車が続く!
IMG_6755

お分かりいただけただろうか?最後尾スタートから1コーナーで既にこのポジションw
IMG_7213

順調にラップを重ね・・・・・・トップ集団がペースカーで給油をする中まったく
ペースカー無視したウチの26号車がなんとトップに立ちましたw一瞬だけどw
IMG_7242

そしてサイズの合わないメットで頑張って走って、トップに立ち一台も抜かれる事なく
無事40分のスティントを走りきりピットイン!お疲れ様でした。
さて、本日はこの辺で失礼します。続きはまた後日w最後にまた念を押しますが
くれぐれも今書いているのは1年前の『20010年』のRKFなのでお間違いなきよう
ではでは♪ヽ(・*・)ノアナルー

人は皆自由と言う名の不自由に縛られてる

 つまり皆、緊縛願望があるって事ですね?こんばんはドミニクです。
え〜っと・・・・・・こんな書き方でよかったでしたっけ?もう2年ぶりなので
文章が打てるかどうか心配ですが皆さん僕のリハビリにお付き合い
どうぞ宜しくお願いいたします。

 さて、ではなぜここ数年放置されてるこんな場末のブログを再開しようと
したかと言うと、実はここだけの話・・・・・・仕事辞めましたwそうです
いわゆる一つの無職って事ですwそして今現在も仕事を探していませんw
それなので僕個人の生存確認用としてブログを再開することと致しました。
つたない文では御座いますが、また一度どうぞ宜しくお願いします<(_ _)>
IMG_3796

バイクがあれば何処へでも!

IMG_3432

っと言う事でこんばんわドミニクです。
本日は松井田にある鉄道文化村に行ってきた時のレポートです。
時期は9月後半、しかしまだまだ暖かい陽気でバイクでツーリングするには
絶好の日和です。ですがここ暫く俺の休日と言ったら、オートか競馬に
連れられて行く日々だったのですが、例によって先輩の遊ぶ金が尽きてしまった
ようなので、今回は普通にツーリングをしようという事になりました。
あれ?前回の秩父も同じような動機だったはずw

 さて、行き先はと言うと前回の秩父華厳の滝が失敗に終わったので今回は
確実に所在地が分かってるテーマパークを目指します!その名は
『鉄道文化村』そう村!実際行って見て、あぁポッポタウンとか書いてあるけど
だなっとwルートもすっごく単純明快、国道17号から18号へ
ひたすら妙義山目指して走っていくと左側に『峠の釜飯』で有名な
『おぎのや』さん、その向かいに『鉄道文化村』があります。
さすがに今回は迷うこと無く一直線で到着。まぁ、途中鼻水が出すぎてしまって
オフメットのチンガードに垂れるくらい大変な思いもしたんですが。

 無職の先輩にとってはこれでもキツイ入園料500円を払い、チケットの
切符をもらい入園。取りあえず入ってすぐのトイレを使わせてもらいます。
IMG_3434

まずは最初に目に入ったメインらしき車両『あさま』号に乗車してみます。
IMG_3441

乗車して気がついたのですが、この車両に乗っているのは俺と先輩の二人だけです。
はっ!「せ、先輩!この車両盗んでヤフオクで売れば儲かるんじゃないっすか!?」
「よし、誰も居ないな?運転してもって帰ろう!」
IMG_3444

「う、うごかねぇ〜」
結局鉄ヲタへの盗品販売を諦め車内の様子をカメラでパシャリ・・・・・・すると
誰も居ないはずの車内に人影の様なものが写ってしまいました!
これが心霊写真なのでしょうか?今まで心霊写真をあまり撮った事が無いので
心配になり、知り合いの霊能力者に見てもらった所。
「これは確かに心霊写真です、生前この車両に凄い執着を持った人の様です」
また、その後にこうも言ってました。
「仕事が上手くいかず、勤めていた会社が倒産という憂き目に遭ってしまった」と
それではご覧いただきましょう、これがその心霊写真です。
IMG_3446

お解かりいただけたでしょうか?それではもう一度・・・・・・
IMG_3446

ちょw本当に2回も張るなw
さて、続いて広場に置いてある車両の紹介です。
この車両は今から30年以上も前に松井田と軽井沢を結んでいた動力車で、
今でこそあまり見かけられなくなりましたが、昔はデパートの屋上とかでも
活躍していました。ハンドルとペダル操作なので難しい操作など必要が無く
誰でも簡単に列車を運行できると言ったメリットがあった様ですが、
つづら折りのカーブが多い碓氷峠を越えるには、画像のようにハングオンをして
コーナーを抜ける技術も必要だった様です。
IMG_3450

意外と腕の筋肉あるじゃん俺w
そして今度は倉庫(車庫)内の見学です、そもそもこのような大きな車庫だけで
おなかいっぱい楽しめる俺としては、かなりの時間をここで費やしましたw
IMG_3458

見てくださいよ!ふいんき(何故かry)いいでしょ?なんだか特車2課みたいでw
かなりノスタルジックな時間を楽しめましたwまた、ここは実機を使った
電車でGO!のような物も置いてありましたが、一回1000円とかしたので
さすがにパスしましたw富豪になったらやってみたいですw
俺がこの倉庫の雰囲気に感激して、写真を撮っていた頃先輩はと言うと
飽きて何やら携帯をいじってる様子です。
嫁からメールかな?仕事を探してるのかな?それとも本日のレースの結果・・・・・・
IMG_3461

そしてお次は碓氷鉄道資料館です!
IMG_3487

 まず入り口から入ってすぐ右側に小さなゲームコーナーがありますw
まぁ、こういう所はありがちですね?そしてそのゲームコーナーには鉄御用達の
『電車でGO』が置いてありますwいやいやいや、まだまだwこれくらいは普通
むしろ想定の範囲内wでもね?その『電車でGO』でさ、平日の昼間っからさ

大の大人が4人くらいで盛り上がってんじゃねぇ〜よw

何が「〜まで行ったのになぁ」だwいや、俺らも大人だけどさwなんでそれを
今この場所でやるんだよwわざわざレース場に来て筐体のイニシャルDやるような
もんだぞ!・・・・・・あれ?いいなそれwウチも置くかな・・・・・・w
そしてどんどん進んでいって、写真で見る碓氷峠の歴史コーナーです!
もちろん古いもの好きな俺にとってはここは天国なのですが、例によって先輩は
あまり興味を持ってない様子ですwしかしながらアプト式アプト式と、だいぶ
アプト式という言葉を刷り込まれたのかそれだけは覚えた様子ですw
続きましてNゲージコーナー、ここではNゲージの説明を省きますが
鉄道の模型を使って自由に列車を運行する遊びや、レイアウトを自由に変えられる
コーナーがあります。もちろん有料なのでやりませんでしたが、ディスプレイの
中には所狭しとジオラマ等が並び鉄道ファンには堪らない遊び場です。
そこで、そのジオラマをよくよく見てみると・・・・・・ちょw池の中から蜘蛛が
大量発生してきてる!それと自衛隊の90式が戦ってるwwwつかボトムズがw
鉄人28号もwww超カオスなジオラマwww今はどうなってるか分かりませんが
たぶんまだあのままだと思われますので、興味沸いた方ちょっと行ってみてくださいw
そして、最後に奥の方を回り露天展示されてる車両を見て帰りました。
IMG_3466

っと本日はここまでですm(_)m明日は今日うpしなかった写真をお見せします。
それではまたあした〜ノシ

                                お肉

罪を告白


 え〜こんばんわドミニクです<(_ _)>まず始めに、私が犯した罪の告白から。
近年ブログやミクシィ等で気軽に犯罪をほのめかし炎上と言うような現象が
起きています。最近で言うと、中学生が先生とラブホに行ったとか、何かを
注意されて仕返しに彼氏が車に醤油をかけた、あるいはホームレスに卵を
投げつけたなど等上げればきりがないくらいに出てきます。
そのような事で問題になったサイトは「炎上」と呼ばれ、批判のコメントが
多数寄せられます。っと言う事は・・・・・・俺も罪を告白すれば炎上するんじゃ?
では行きます、只今・・・・・・セブンイレブンでガンダムフェアをやっております。
700円以上お買い上げでクジを引けるってアレです。
その・・・・・・今日、そのクジを引いたんですけど・・・・・・

2枚引いちゃって、見てからハズレの方を中に戻しました!

今コーラショックと言うキリンのお酒を飲みながら書いていますw
とっても美味いです!ズルしてごめんなさい<(_ _)>

 さて、長い前置きは置いておいて早速本日の本題に入ります。
そうです、東京秋葉原買出しレポートです!っと言っても前回と違って今回は
借金を作ってしまったのでいつもの「アキバ女子寮」には行けず仕舞いです。
会議当日、予定通り午後4時に終わりその足で東京八重洲から徒歩で秋葉原に
向かいます。山手線で二駅の距離は歩いても全然大した事の無い距離です、
逆に神田川を渡ったりと十分に東京の街を楽しみながら秋葉原に向かいます。
ずっと山手線のガード下を歩きながら、やっと到着。そして、今回はこの
秋葉原に何しに来たかと言うとずばり康平君へのお土産を買いに来ました。
借金持ちなのにお土産を買ってあげるって所が見栄っ張りですね〜w
んで、そのお目当てのお土産とは『マウスパッド』です!実は康平君の家の
店のパソコンを何度か触らせてもらったのですが、いかんせんマウスパッドが
なかなか馴染めない!そこで俺は考えた『ここで使い勝手のいいマウスパッドを
買って来れば使う人全員喜ぶんじゃないかと!』ここまでの発想は100点。

 そして、俺は秋葉原の店を探し回った!手首を置くマットが付いてるパッドや
簡素な物、キャラデザな物。しかし、俺が探してる物は中々見つからなかった!
途中お腹が空いてしまってモスバーガーでお食事タイムを取り、その後も歩いて
またまた2周近くしてしまったwキャラクターグッズを売ってる所を探し求め
もう諦めかけてたその時!やっと見つけました・・・・・・

おっぱいマウスパッド!

いやぁ〜あったあったwしかも家族に気を使って乳首が出てない奴を選びました
女の子のキャラは全然知らないんだけど、チェリーを咥えてるチャイナ服の子で
ややエロスですwやはりいい作りをしてるだけあって値段も5000円近くと
結構しやがるwwwよーし、秋葉原まで来た甲斐があったぞ〜これで康平様の
主に家族に大うけ間違いなし!気分上場で帰りましたとさ。

 後日、居ないときにこっそりマウスパッドを交換して置きました。
そしてそれを発見したようで、お礼のメールが着てました。

あれってお土産すか?正直言っていらないっす!悪ぃですけど。

ちょwwwすげぇ苦労したのにwwwどうもオッパイはまだ刺激が強すぎた
ようで、最近彼女できたとか抜かしてる三宅にあげる事になりましたw

                              お肉

東京に会議に出かけてきました

IMG_3403

こんばんわ<(_ _)>ドミニクです。本日は9月中に行なわれたRKFの会議で
東京へ行って来たときに撮った写真の披露です。例によって東京駅⇒靖国神社
遊就館⇒本田ビルのルートで皇居周辺のお写真です、それでは行って見ましょう!
まずはスタートから、出発点の群馬藤岡駅。のどかな風景wそして・・・・・・
IMG_3410

途中すっとばして東京駅wwwいつ来ても工事中w
IMG_3404

IMG_3405

IMG_3406

IMG_3408

IMG_3411

IMG_3412

IMG_3414

IMG_3415

IMG_3416

↑の写真見てると、江戸時代とかもこんな感じだったんだろうかと色々
思いをはせてしまう。
IMG_3418

クレーン最高w
IMG_3419

IMG_3420

裸の外人は居ませんでした。
IMG_3422

IMG_3423

IMG_3425

貴方は、もう忘れたかしら〜
IMG_3426

それにしても築40年のウチといい勝負しそうだなぁ〜
IMG_3427

神社てw不思議な街だなぁ〜東京。
IMG_3428

この様に至る所に橋や川だらけなんだよねぇ〜意外と、後坂も多くて全然
平地じゃないんだよ!田舎者のイメージだと真平らで綺麗に区画整理されてる
感じだけど、山あり川ありで隙間にびっしりと建物が並んでる感じ!
このごちゃごちゃ感が新旧入り混じって不思議な雰囲気をかもし出してるw
ん〜楽しかったなぁw歩いてるだけで観光になるんで安いもんですw
さて、明日は会議後のこれまたお決まりの秋葉原探検のレポいきま〜す!

                                肉ノシ

前を見て運転しろ!

 さてさて、本日は昨日の続き「秩父華厳の滝ツーリングツアー」のお話です。
職を失い人生に希望も持てなくなった先輩と俺が滝に身投げするべく秩父へ向かう為
いかにも行きそうな気配のするダンプカーに連れられて、やってきました皆野町。
ここまでくれば秩父なんて目と鼻の先、ついたも同然なので回り道。
途中の県道でいかにもクワガタが居そうなシュチュエーションの木を発見したので、
マシンを止め昆虫探し(当時は空前のミヤマクワガタブーム)あまりにクワガタ探しに
没頭していたためバイクを盗まれるアクシデントも。
IMG_3260

一休みしたのでここからは一気に滝を目指したいところ。
ここへ来るまでの道のりが神経を使うものだった為、とっとと滝見て飯食って
広い国道出て帰ろう・・・・・・そう思ってた時代が俺にもありました・・・・・・

 現在の場所から滝までは、直線距離にして4kmも無い場所。
しかし、その4kmの間にはひとつ山が存在していて迂回せざる得ない状況。
もう来るときに山越えは堪能したので、迂回する事について異論は無いが、
やはり男子たる者来た道を引き返す事はしたくない。
よって、このままある程度進み山を回りこむ事にする。
当時の俺の新兵器(?)携帯のGPSマップを活用し、滝までの最短ルートを検索
入念にチェックし、「大きな通りから右折」「大きな通りから右折」「目印は
キャンプ場」よし!先輩行きましょう!とっても前向きな身投げです。I Can Fly!
そしてやがて、やや大きな通りに出てからキャンプ場の看板を発見し右折。
この頃はまだ9月と言っても8月の暑さが残り、秩父盆地では半そでで十分な
くらい暖かかったのだが、さすがに標高があがって日陰があるような山道だと
ジャンバーでも寒いくらいになってしまうので、山道に入る前にしっかり
防寒装備に変更します。そして・・・・・・山道へ・・・・・・滝を目指して。

 暫く走ると、大きな鳥居(みゆき)をくぐると共に急に勾配がきつくなり
つづら折のカーブが目立ち始めてくる。『こんな道、車通れるのかよw』そう思いも
したが、意外や意外進むにつれ集落が現れ始めた。うはwこんな高い所にwww
なぜ住んでるしw不便wテラ不便wと言いつつも実際はこういう人達ってお金持ちが
多いんだろうなぁ〜っと羨ましがってみたりもするwそうこうしてるうちに
来た時と同じ位標高が高いところまで来てしまったw確かに景色はいいが・・・・・・

山の頂上に滝は無いだろ・・・・・・JK

まぁ、鳥居(みゆき)をくぐった頃から薄々感づいてはいたがやはり道を一本
間違ったようだwしかし、そのたった一本の違いだけでこうも大変な場所まで
来てしまうとはwお互い滝を逸れた事は分かっているはずだが、来てしまった物は
しょうがない。「下っていけばあるかもしれませんよ?」と言う俺の言葉が逆に
虚しい。

 そして下り、平日の昼真っからこんな山道を走っているのは俺らか林業関係者だけだ
ここまで二人ボッチだと怖さを通り越して気持ちがいい!そんな気分上場な俺は
先輩のペース配分を考えたり、走路の事を考えてあげる余裕を持ち始めた。
下りながら次は右ヘアピン、ブレーキングポイントでは若干の陥没があり、
悠々超えてから後ろの先輩を気にしてミラーで確認後、今度は振り返り視認。
『どうやらギャップは大丈夫なようだ。』そして再度前を向きコーナーに侵入、そして

突如コーナーの死角から乗用車登場!

え?っと思うのも千分の1秒、さっきまで居なかったのにとか、なんでこんなところに
車が来るの?とか思うよりも先に体を動かさないと死ぬwとっさに左側ではなく右側、
ちょうど上ってくる車のインを突く様にかろうじてかわす事に成功・・・・・・超怖かったw
俺が危なくよけれたんだから、後ろの先輩はもっと危なかったんじゃなかろうか?との
心配を他所に悠々と避けられてましたってw先輩曰く「絶対ぶつかると思った」w

 ピンチの後にはチャンス有り(何の?)対向車という概念がすっかり抜け落ちていた
脳みそにしっかり先ほどの事故未遂を頭に叩き込み、十分に注意しながら下り続けると
広い湖に出ました。そこには大きな赤い橋が掛けられ、それを進むとT字路にぶつかります。
車がたくさん向かってたので俺らもそれを習うように右折してついていくと何やら見覚えの
ある地名が・・・・・・「藤岡」あ、その地名知ってる!

っていつの間にか帰ってきてるじゃん!滝どこ?

そうです、行きに登った城峰山を今度は反対側から登って超えて鬼石に来てしまったのです。
結局滝への身投げは諦め、産まれてくる子供の為にがんばって生きていく事を選択しました。
途中このままでは面白くないと、鬼石の桜公園と言う場所に行ってみました。
IMG_3262

案の定時期が時期だけに一般客は誰もおらず、閑散とした様子でした。
ここで缶コーヒーを飲みトイレを済ませ藤岡の街中に帰りましたとさ。
っと言う事で教訓。

山道では熟年不倫カップルがいる時があるから気をつけろ!

                                    お肉ですた

秩父華厳の滝ツアー

IMG_3241

え〜こんばんわドミニクですm(_)m本日のお話は9月に行われたツーリングのお話です。
でもまぁツーリングと言っても二人だけなんですけどね?それでは行ってみましょう!

 9月の1日、久しぶりに先輩から連絡が入った、内容は「休みだから遊びに行こうぜ!」
「珍しいっすね?いつも土日とかなのにw」そう聞くと意外な答えが返ってきた。

「ああ、また会社潰れたからな」

ちょwまじっすかw先輩今年子供産まれるでしょwつか、4年前にも会社潰れましたねw
一体どんな星の下の生まれなんすかw休みは休みだけど強制的な休みなんすねwww
という事で暫くは遊べるからボート行こうぜ!と言う風に、もっぱら公営ギャンブル場に
足を運んで遊んでいました。しかし、既婚者である先輩の余剰資金は底を尽き
終いには「普通にツーリング行こうぜ!」と言うようになりましたw
いやw最初にツーリング行こうって行って岡部に行ったの先輩じゃないっすかw
取りあえず行き先はどうしましょうか?そう聞くと「滝でも見に行くか」と
「あぁ〜、先輩もニートで生活苦だから身投げの下見ですね?」
滝・・・・・・この辺にあったかな?とグーグル先生に尋ねるとなんと秩父に滝があったようです。
じゃぁ、秩父くらいだったら近いんでここにしましょう!と安易に何も考えず決定し出発。
IMG_3244

ルートは藤岡から鬼石を通ってそこからひと山越えて秩父に行くルートを通ります。
ちょうど城峰山を越えるのかな?俺のマシンはどんな道でも一応行けますが
先輩のマシンは未舗装に不利な車体なので、山道は慎重に走ります。
IMG_3254

ちょうど中腹辺りまで進んだ所で『100年の森』って所があったので休憩します。
1000年じゃねぇ〜のかよw若っ!って突っ込みをしつつ、先輩は一服。
そして休憩も終わり、再びバイクを走らせるとすぐ先で第1の関門が待ち構えていました。
それは・・・・・・突然の未舗装路wいやw俺はぜんぜん余裕でガンガン行けますがw
先輩の重いマシンじゃつらいwしかし未舗装路区間はそんなに無く、すぐ先にまた
アスファルトの路面が見えているので行くしかない!超慎重に下りながら第1ステージ突破。
まぁ、突破してから分かったんですが単なる道の間違いってだけでそこ下る必要
全然なかったんですけどね?w

 暫く進むと今度は水汲み場?のような場所に出て、4駆で水を汲みに来てる人がいます。
水道代の支払いもきついなんて・・・・・・世の中の不景気を実感します。
ここまで汲みに来るガソリン代を(ry・・・・・・さぁ先に進むと今度は見晴らしのいい道路に
合流しました。まさに雲の上と言ったような感じで見渡す景色は最高で人がゴミのようです。
そしてその道路の標識をチラ見したときにちょっとヤバげな文字が見えてしまいました。

『−−−林道』

え?林道っすか?wごめんね先輩、いつの間にか林道になっちゃったwテヘッ☆
あんな糞重いZXRで林道なんて走らせるつもりじゃなかったんですよ?本当はw
まぁ、でも林道って言っても全然アスファルトだし余裕ですよねぇ〜。
なのでこの道が『林道』である事は先輩には伏せておきます。
しかし、そんな俺の心優しい気遣いをあざ笑うかのようにコーナーを抜けた先に待っていた

砂利、砂利、砂利、そして砂利。

正直俺がびびったwアスファルトの舗装路面からいきなりこれですかwまぁ、手前の路面が
何かで掃除された跡があったから、これが放置された本来の姿なんですねw
先輩・・・・・・ごめんw
単なる砂利道ならともかく、アスファルトの路面の上に敷き詰められた砂利の脅威は凄まじく
オフ車の俺でさえ慎重に突破しました。先輩もなんとかスタンティングでw

 ある程度の難関を突破したら今度は下ります、途中採木場へ行きたくなるのを我慢したり
まだまだ全然山の中なのに、急に民家が1,2軒出てきてものすげぇびっくりしたり
最後の方になってくると、作業中の土木関係者がいて『あ、ご苦労様です』と感謝をして
あっと言う間に下って来ました。
さて、一応山は越えたみたいだが・・・・・・さっき来た道を知らないのに、ここが何処だか
知るわけが無い!でも目的地は秩父。っと言うことでちょうど通りかかったダンプカーの
後をつけて見る事にしました。え?だって先輩がついていけって言うんだもんw
長くなったので本日はここまで、明日に続きます!果たして無事に滝に身投げできるか!?

                                 お肉

家に帰るまでがレースです


 いきなりお客様に、「高橋さんアレですよね?ブログ書いてますよね?」って
言われる恐怖wもうねw言われた瞬間顔面引きつるわw俺のチンコにまつわる話が
駄々漏れかよwまぁ、書くなって話だけどね?つかチンコの話なんてしてねぇしw

 はい、っと言う事で今日は帰り道のお話をしたいと思います。
タイトルにあるように、真面目に家に帰るまで耐久レースでしたw
つかね?その日に限った事じゃないんだけどさ、レース後は途中で眠くなって
パーキングエリアで一休みしてから家路に着きたいんだけども
問題は高速道路を使って帰らないんだよwだから当然パーキングエリア無いw
レース終わって5時から山を下るので、国道17号に入るまでが大渋滞
途中眠気と寒気を取り除くべく、ローソンに寄ってカップ麺と
から揚げ君レッドで体を温めて混んでる17号にやっとの思いで合流。
しかしこれで限界、まぶたの上と下が互いに引き寄せられ思考が空へ飛んでいく
必死に目を開けてるつもりでも、実際は薄目で辛うじて隙間から見えてる状態
こんな状態で運転していていいはずが無い!無理だ無理!路肩に止めて少しでも
休憩しよう!そう思っていたのですが、17号18号の合流地点で強制的に
右車線にされました、左の路肩が遠いw自分が運転してるのかどうかわからない
感覚なのに車線変更できるはずも無く右車線をフラフラと走らされ
和田橋を通り過ぎた頃には渋滞だった車の流れが少しよくなって、後ろから
バンバン追い抜かれてしまいます。そりゃぁ、右車線を20kmペースで
走ってたら俺だって追い抜くさwもう周りのみんなに申し訳ない気持ちで一杯。

 なんとかふら付きながら旧有賀園前で左車線に移動完了、もう限界もう限界と
休める所を探すが朦朧と進んでいくだけで、既にパチンコ屋の駐車場に入る
気力すらないwもう駄目だ!こんなんじゃ本気で事故るっと思い意を決して
ハンドルを左に切り17号から脱出します!コンビにの駐車場でも何でもいい
5分!いや10分寝かせてくれ!それだけでも大分違うはずだから。

 え〜皆さんは『自己暗示』と言う物をご存知だろうか?強く自分に言い聞かせ
自分を信じ込ます、あるいは騙す。小学校の頃の「これは虐めじゃない、
みんな僕の声に気がつかないだけなんだ!」とか、中学校の時の「この反応は
絶対好きの裏返しだよなぁ」見たいな感じですw皆さんにも思い当たる節が
ありますよね!?いや絶対あるはず!いや、あれ!まぁ、話は逸れましたが
何を言いたいかと言うとね?口に含む瞬間までコーヒーだと思って飲んだ物が
コーラだったらびっくりしますよね?ガタイのいい女だと思って一緒に
ベットに入ったらチンコついてたらびっくりしますよね?ってかむしろ
一粒で二度美味しいですか?

 コンビニの駐車場に入ってるつもりが・・・・・・民家に入ってました☆

☆じゃねぇ〜よw誰ん家だよここw家の人でてきちゃったじゃねぇ〜かw
もうねw俺がびっくりだわw「あ、すいません」って言って転回して裏路地に
おかげで目が少し覚めましたwまぁ結果的には眠気を飛ばす事に成功してるので
良しとしましょうか。その後暫く細い道を通って、左手を抓りながらなんとか
いつもの工場こと松本板金に到着。工場には松本さんと康平がいたので何も
言わずリザルトを手渡し一言「寝る」そう言って奥の方でマットを敷き
軽く1時間ほど寝ましたwそれからは、寒さに耐え切れず起きてマシンの整備や
掃除などをして帰りました。もちろん家では1人で祝杯を挙げてました。
なんつ〜かその・・・・・・トラックの運転手さんとか毎日お疲れ様です<(_ _)>

                                 お肉
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ