2022年11月01日

シロちゃんは、お姉ちゃんに抱かれ・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
シロちゃんは、甘えています。シロちゃんは、お姉ちゃんに抱かれている写真です。余り、抱かれるのは嫌なので、嫌々な写真みたいでした。 のらこっこ ランキングバナー

2022年10月10日

シロちゃんと遊んで・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
P1000055 P1000003 いつもシロちゃんと遊んでいるので、こういう写真を撮りました。いつもシロちゃんは、寝てばかりいるので、今日は、お姉ちゃんと沢山遊びましたね。 のらこっこ ランキングバナー

2022年09月06日

シロちゃんの1日はこんなこと・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
シロちゃんは、外で遊んでいます。 暑い夏の日、シロちゃんは裏のブロックの上でのんびりとしていました。




シロちゃん。 シロちゃんはみんなから、なでられて楽しいようでした。 のらこっこ ランキングバナー

2022年08月08日

シロちゃんとミミちゃん・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
シロちゃん" シロちゃんとミミちゃん





シロちゃんとミミちゃんです。左側のシロちゃんの写真は、いつも机の上に上がって、みんなと一緒に遊んでいました。右の写真は、シロちゃんとミミちゃんがお姉ちゃん達がお仕事をしていると、いつも「遊んで!」と見ていました。 のらこっこ ランキングバナー

2022年07月04日

最後の食事とは知らずに、シロちゃんとミミちゃんは・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
ミミちゃんとシロちゃん。 最後の食事とは知らずに、シロちゃんとミミちゃんは大好きなシーチキン(マグロ味)を一緒に食べました。ミミちゃんは、昔から甘しょっぱいものが好きで、それがたったて、右の頬に穴が開いてしまいました。ミミちゃんに「お口がくさいねぇ」と聞くと甘えた声でニャ〜ニャ〜!と鳴いているのが印象的でした。それでもミミちゃんは、お姉ちゃんが大好きでしたね。 のらこっこ ランキングバナー

2022年06月09日

シロちゃんは外で何かを見た・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
シロちゃんは外で一杯遊びました。 シロちゃんは、お店の厨房から帰ってきました。「ニャ〜!ニャ〜!」と鳴き声が聞こえるので外を見てみると、シロちゃんが鳴いていました。少し網戸を開けてあげると、おなかを伸ばして甘えていました。


シロちゃんはぐっすりさんです。 外から帰ってきたらシロちゃんは、ぐっすりと寝てしまいました。疲れたのでしょうかね?それとも何か怖いものを見たのでしょうか? のらこっこ ランキングバナー

2022年05月01日

シロちゃんの可愛さ・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
シロちゃんは、鼻を上に向けて。 シロちゃんは、ちょこんと。 シロちゃんは、鼻を上に向けて寝ている姿は可愛いですね。ちょこんと見ているシロちゃんも可愛いですね。 のらこっこ ランキングバナー

2022年04月01日

ミミちゃんがメインです・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
2007.05.01みみちゃん22007.05.01みみちゃん12007.10.30ミミ22008.03.24ミミちゃんとシロちゃん
今日は、ミミちゃんがメインののらこっこです。ミミちゃんがソファーでゆっくりしているところやシロちゃんと一緒に寝ているところです。また、ミミちゃんの一日の生活を撮っているところです。
のらこっこ ランキングバナー

2022年03月01日

シロちゃんとミミちゃんとグンちゃんと・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
シロちゃんです。ミミちゃんは、こっちを見ています。 左がシロちゃん、右がミミちゃんです。2匹ともかわいいペットでしたね。ミミちゃんがお母さんでシロちゃんとぐんちゃんという2匹がミミちゃんの子だったのですが、グンちゃんは生後一ヶ月でミミちゃんの後を追いかけ、道路で車にひかれて死んでしまいました。ので、ミミちゃんはシロちゃんを大事に育ててくれましたね。 のらこっこ ランキングバナー

2022年02月01日

シロちゃんはいつもこの場所で・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
今日のシロちゃんです。 いつもシロちゃんは、お姉ちゃんのお仕事をこの場所で見ていました。私が何かを言うと、いつも「にゃ〜にゃ〜」と鳴いていました。 のらこっこ ランキングバナー
soba_kikuchi at 00:30|この記事のURLComments(0)

2021年12月01日

ミミちゃんとシロちゃん、一緒に並んで・・・。5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
ミミちゃんとシロちゃん ミミちゃんとシロちゃんが並んで写っている写真です。この頃は、とても仲のいい親子でしたよ。 のらこっこ ランキングバナー

2021年11月01日

ミミちゃんとシロちゃん、一緒にお食事中!5

のらこっこ のら猫シロちゃん・ミミちゃんのペット生活
ミミちゃんとシロちゃん、一緒にお食事中! ミミちゃんとシロちゃんは、大好きなシーチキンをもぐもぐ食べていました。特にミミちゃんはマグロのシーチキンが大好きでしたね。 のらこっこ ランキングバナー
カウンター
feedburner フィードメーター - のらこっこ のら猫シロちゃんのペット生活
シロちゃん、ミミちゃんの生い立ち
ミミちゃんとシロちゃん
右がミミちゃん、左がシロちゃんです。ミミちゃんは、平成7年12月の冬に私の家に住みつきました。冬の寒い吹雪の日、二匹の黒猫(親猫)と小さい三毛猫(今のミミちゃん)が凍えそうなところを私が、エサをやったのがきっかけで、家に住みつきました。しかし、母猫は私の家に入らず、ず〜っと外にいました。平成7年の3月に家の増築をやるということで、工事をした時に、縁の下から親猫の死骸が出てきました。ミミちゃんの母親です。つまり、ミミちゃんをよろしく頼むといった感じで、親猫は私の家を住家にして逝ってしまいました。その後、ミミちゃんは、シロちゃんとグンちゃんを生みましたが、グンちゃんは平成8年の4月に店の前で交通事故で死にました。グンちゃんはとてもなつこく、毛が立っているので、軍艦みたいだねということで、「グン」という名前にしました。グンちゃんはミミちゃんが外に行ったので、うれしくてミミちゃんの後を追って交通事故にあってしまいましたが、血を吐きながら、ひとりで家に帰ってきました。もうだめでした。それからは、今の状態で、毎日ミミちゃんとシロちゃん親子共々、元気で過ごしています。そんなミミちゃんとシロちゃんの毎日の生活を日記風に書いていきたいと思います。
2009.07.19 ミミちゃんは死去しました。
2012.07.11 シロちゃんは身を隠しました。
のらこっこ管理人より
シロちゃんのお薬
シロちゃん
シロちゃんが動物病院へ行った時の状況を整理してみました。
・2012.07.11 シロちゃんは身を隠しました。


シロちゃんは、初めて動物病院へ行きました・・・。(2009.09.25)
【病気】のら猫と喧嘩による傷と腫れと痛み
【痛い部分】左手の肘と、右耳と頭に傷による、腫れと痛み
【処置】抗生物質、痛み止めの注射2本と10日分の飲み薬(内訳:抗生物質と痛み止めの粉薬)

シロちゃんのウンチに血が混ざり、動物病院へ・・・。(2009.10.21)
【病気】2009.10.17よりウンチに血が混ざる
【痛い部分】特になし
【処置】止血剤の錠剤2個とプロフェンダースポット1本首の後ろに垂らす。10日分の飲み薬、1日2回飲ませる(内訳:止血剤、抗生物質、整腸剤の混ぜた粉薬)

シロちゃんは、動物病院へ行きました・・・。(2012.04.11)
【病気】歳による、関節炎
【痛い部分】手や足がビッコを引いて歩く。
【処置】血液検査実施と結果はOK、栄養剤の点滴(100〜150ml)、抗生物質と痛め止めの注射、飲み薬は8日分(注射器による抗生物質と痛め止め)

・2012.04.26
薬もらって来た。(抗生物質と痛め止めの粉薬8日分)

・2012.05.03
薬もらって来た。(抗生物質と痛め止めの粉薬8日分)

シロちゃんに点滴を、動物病院へ行き・・・。(2012.05.09)
【病気】ペットフードを食べないので、衰弱のため
【痛い部分】衰弱しているよう。
【処置】栄養剤の点滴(100〜150ml)、抗生物質と痛め止めの注射、飲み薬は8日分(注射器による抗生物質と痛め止め)

・2012.05.20
薬もらって来た。(抗生物質と痛め止めの粉薬8日分)

シロちゃんのお薬をもらいに、動物病院へ・・・。(2012.05.30)
薬もらって来た。(抗生物質と痛め止めの粉薬8日分)

シロちゃんは、点滴をしに動物病院へ行きました・・・。(2012.06.09)
体重2.65kg,体温38.6℃
【病気】ペットフードを食べないので、衰弱のため
【痛い部分】衰弱しているよう。
【処置】栄養剤の点滴(100〜150ml)、抗生物質と痛め止めの注射、飲み薬は8日分(注射器による抗生物質と痛め止め)

シロちゃんは、今月2回目の動物病院へ行って来ました・・・。(2012.06.22)
体重2.35kg,体温38.1℃
【病気】ペットフードを食べないので、衰弱のため
【痛い部分】衰弱しているよう。
【処置】栄養剤と消化器系の点滴(100ml)

シロちゃんのお薬を2週間分もらってきました・・・。(2012.06.27)
お薬を2週間分もらってきました。
薬の内容:抗生物質と痛め止めの粉薬と注射器

シロちゃんの最後のペット生活の楽しみなのかも・・・。(2012.07.02)

シロちゃんの体は、だんだん衰弱しているように見えます・・・。(2012.07.03)

シロちゃんをミミちゃんがあの世で呼んでいるのかも・・・。(2012.07.09)

シロちゃんは、毎日精一杯生きています・・・。(2012.07.10)

シロちゃんは、身を隠しました・・・。(2012.07.11)
ミミちゃんのお薬
ミミちゃん
ミミちゃんのお薬を、動物病院へもらいに行った日を整理してみました。その時のミミちゃんの様子や状態などがわかります。
2009.07.19 PM3:15 ミミちゃんは死去しました。

ミミちゃんは、今日が山場かもしれません・・・。(2009.07.16) 点滴、注射2本打つ

ミミちゃんに抗生物質の軟膏を塗りました・・・。(2009.07.12) テラマイシン塗始め

ミミちゃんのお薬を頂きに、動物病院へ・・・。(2009.07.03)

ミミちゃんを動物病院へ連れて行き、点滴を・・・。(2009.06.21) 右頬の皮を切る

ミミちゃんの右頬に穴が!余命短い・・・。(2009.06.11) 右頬に穴が!

ミミちゃんのお薬を動物病院へ行って・・・。(2009.05.31)

ミミちゃんのお薬を動物病院へ行って・・・。(2009.05.23)

動物病院へ行って、ミミちゃんのお薬を頂き・・・。(2009.05.13)

動物病院へ行ってミミちゃんのお薬を頂いて・・・。(2009.05.02)

動物病院からミミちゃんのお薬を・・・。(2009.04.22)

ミミちゃんはチキンナゲットが大好きで・・・。(2009.04.11)

ミミちゃんのお薬を動物病院からもらって・・・。(2009.04.02)

ミミちゃんもシロちゃんも缶詰タイプのペットフードは嫌いなようです・・・(2009.03.22)

ミミちゃんのお薬を動物病院へ行って・・・。(2009.03.13)

ミミちゃんのお薬は錠剤から粉薬へ変えました・・・。(2009.03.04)
朝一番でミミちゃんを動物病院へ・・・。(2009.02.16) 血尿、点滴と抗生物質

ミミちゃんの検査結果が出ました(2008.03.30) 血液検査の結果

今日、ミミちゃんは病院へ行きました(2008.03.29) 血液検査実施
のら猫と人間の標準年齢換算表
ペットは気をつけて飼うとこんなに長生きします
シロちゃんミミちゃん
猫年齢 人年齢
20日 1歳
100日 5歳
200日 10歳
300日 15歳
1年 18歳
2年 23歳
3年 28歳
4年 33歳
5年 38歳
6年 43歳
7年 48歳
8年 53歳
9年 58歳
10年 63歳
11年 68歳
12年 73歳
13年 78歳
14年 83歳
15年 88歳
16年 93歳
猫の種類により幾らか違いがあります
のら猫の薬の飲ませ方
猫にお薬を飲ませるというのは、大変難しいです。でも、いつかはやらなくてはいけない時が来るはずです。私のミミちゃんもお薬を飲んでいます。初めは錠剤を飲みました。しかし、錠剤は中々難しくて、ミミちゃんは中々飲んでくれませんでした。という訳で、次に粉薬をお水で溶いて注射器に入れて飲ませています。そのやり方を丁寧に書きたいと思います。ご参考になさってください。慣れると難しくありません。
【液剤】注射器などを使った場合
頭を保定し、顔を少し上にあげるようにします。1.頭を保定し、顔を少し上にあげるようにします。※猫に近づく時は、やさしく声をかけて、猫が怖がらないようにする。
注射器を犬歯の後ろに差し込んで液剤をゆっくり流し入れます。2.注射器を犬歯の後ろに差し込んで液剤をゆっくり流し入れます。※一気に、注射器を押すのではなく、少しずつ押し込む。
頭を保定したまま、少し鼻先を持ち上げるようにしておきます。3.頭を保定したまま、少し鼻先を持ち上げるようにしておきます。※注射器で液剤を押し込むと、液剤が少し垂れるので、ティッシュなどで拭く。
【錠剤】手で錠剤を飲ませる場合
片方の手で頭を保定し、もう片方の指先で口を開きます。1.片方の手で頭を保定し、もう片方の指先で口を開きます。※猫の後頭部の方から、猫の頭を押さえる。
錠剤を口の中のなるべく奥の真ん中へ入れます。2.錠剤を口の中のなるべく奥の真ん中へ入れます。※手を怪我する危険性があるので注意をする。また、どうしても出来ない時は、お口を大きく開けて、喉に投げ入れて、脱脂綿などにお水を含ませたものを猫のお口に垂らす。
口を閉じさせて鼻先を上に向け、喉をさするようにします。3.口を閉じさせて鼻先を上に向け、喉をさするようにします。※猫は錠剤(お薬)等は嫌がるので、確実に飲み込むまで喉を撫でてあげる。