62歳で定年後始めた爺の生甲斐企業のそば屋です。 2018年4月に75歳になりました。 13年目から「そばんち」は若手弟子の宮内店長に任せて、私は山南町の手打ちそば「木琴」を立ちあげて取り組んでいます。 亭主はそば屋のほかにチャリダー、釣師、リフォーマー、等などの顔を持っています。又、宮城県角田市にの家があり年に何回か管理のために行っています。

タグ:蕎麦栽培