2015年03月28日

高松宮記念 日経賞

高松宮は、絶対的な本命がいない大混戦のレース。ここは、人気と1200の適性で選んでみたい。

スプリンターとマイラーは決定的に異なり、私がもっとも日本競馬を愛していた頃は、ニホンピロウィナーが最優秀スプリンターと言われていたが、当時は全体的なレベル、層の薄さ、とりわけ、クラシックディスタンス重視で短距離路線が充実していなかったことから、スプリンターとマイラーの区別がなかった。しかし、この二つは決定的に異なり、1200と1600は別物と考えた方が良い。

底力のレースになれば、普通は、距離の限界とは伸ばす方にあり、クラシックディスタンスに強い馬が、マイルを勝つことはあるが、スプリンターが底力の必要な阪神や東京のマイルを、レベルの高いレースにおいて勝つことは難しいはずだ。

しかし、マイラーであっても1200のレースを勝ってしまうことがあり、1200のスペシャリストと見なされていた馬が1600のレースを勝ってしまうことも最近起こることが多いことだ。私の大好きだったヤマニンゼファーは、スプリンターと思われていたが、東京マイルGIの安田を勝ち、天皇賞まで勝ってしまった。専門化が進んだ現代でもロードカナロアがマイルGIを勝った。これはどういうことか。

理由は2つあって、ヤマニンゼファーの場合は、純粋なスプリンターではなかったということだ。彼はスピード、スタミナに優れたマイラーで、スピードの絶対値で1200戦を勝ち続け、タフなマイラーの底力で東京の2000もぎりぎりこなしてしまったということだ。もちろん、東京2000は直線は長いがあまりに軽い馬場で、スタミナが必要と言うより、集中力の問題だということもあった。京都のマイルも同様で、軽い馬場でスタミナは要求されないので、スピードだけで押し切ったり、4コーナーからの切れ味だけで勝ててしまうのだ。だからマイルチャンピオンシップはマイルチャンピオンを決めないレースなのだ。

一方、ロードカナロアは、やはりスプリンターで、マイラーのレベル低下、あるいは2000から降りてきた馬たちのレベルが低かったことが大きいが、しかし、それでも集中力に優れた、タフで、精神的に落ち着いたスプリンターならマイルを乗り切ることもあり得るということだった。

さて、今回の1200は絶対的な王者がおらず、レベルの低い戦いで、だからこそ、強いマイラーが勝つこともあり得るが、人々が思っている以上に1200のレースは特別で、マイラーにとっては別世界であり、1600や1400から1200への短縮は対応が予想以上に難しい。2400と1600違いの方がごまかしが効く部分が多くあり、現代の強い馬はスピード能力で2400のレースも勝っているので、1600も2400もスピード的には本質的には同じ能力を試されており、要は、リラックスしつつ集中力もある、とい精神力が問われているのだ。一方、1200のスピードは絶対的なスピードで、人間でも400Mの専門ランナーが100Mで勝てる可能性はほとんどない。

そこで、ここは1200のスペシャリスト、真のスプリンターから。

ということで、エアロヴェロシティとストレイトガール、ハクサンムーン。現在人気のダイワマッジョーレ、ミッキーアイルは切りたい。

難しいのはコパノリチャードで、マイラーなのかスプリンターなのかよく分からない馬だ。もしかしたらヤマニンゼファーなのかもしれず、明日も注目したい。

高松の方はごちゃごちゃ書いたが、日経賞はフェノーメノ。理屈抜きで強い馬から。相手もウインバリアシオン。  
Posted by sobata2005 at 11:04Comments(11)clip!

2015年03月27日

今晩の出演 朝まで生テレビ 

これからです。日が変わって明日ですが。

27日 深夜 1:25 (25:25) - 4:25  テレビ朝日 朝まで生テレビ

ピケティなどです。  
Posted by sobata2005 at 22:12Comments(8)clip!

ジュヒョウ

明日は愛馬ジュヒョウが重賞に出走。盟友は阪神競馬場に応援に行くようだが、私は寝ているかも。

枠順は、有力二頭に挟まれて、まさに血統的には、両馬をミックスしたような馬で、なんとか、ワンツースリーとならないか。

ステイゴールドにエルコンドルパサー。

ともかく無事を祈っている。  
Posted by sobata2005 at 16:50Comments(2)clip!

大塚家具 社長側信認

現経営陣の取締役原案が可決された。

これで創業者は身を引くべきだが、引かないだろう。

ただ、社員も徐々に社長を支持し、日常業務をきちんと全力でやるしかないし、そうなっていくだろう。

いずれにせよ、大塚家具の価値は激減。宣伝効果があったとも言えるが、ここからは、現社長に頑張ってもらうしかない。

全力で応援したい。  
Posted by sobata2005 at 13:26Comments(4)clip!

2015年03月26日

米国株 暴落

ダウは300ドル近い下げ。ナスダックはそれを上回り2%以上の下げ、1年ぶりの下げ幅だ。

米国耐久財受注統計が悪かったことがきっかけだが、これまで上げてきたテクノロジー株の売り時と言うことでもある。ただし、米国債も下落しており、ダブル安であり、センチメントは悪い。

原油は反発しており、これは中期的に底打ちした可能性もあるが、よく分からない。

日本株は、今日は権利付き最終日で、配当、優待狙いの個人を狙い撃ちにする取引で、個別にも乱高下すると思うが、さらにマクロも大幅下落後に乱高下しそうで、荒れた相場になるだろう。

日本は明日以降も警戒が必要。  
Posted by sobata2005 at 05:42Comments(5)clip!

2015年03月25日

明日のテレビ モーニングバード

26日 木曜日 0800- テレビ朝日 モーニングバード 玉川徹のそもそも総研 

GPIFです。ヴィデオ出演です  
Posted by sobata2005 at 19:38Comments(3)clip!

今週のテレビ出演 朝まで生テレビ

27日 金曜日 深夜 1:25ー4:25  テレビ朝日 朝まで生テレビ

「激論!ピケティ旋風と日本の格差」  
Posted by sobata2005 at 15:55Comments(13)clip!

アジアインフラ投資銀行(AIIB)

これは、現在の、いや、ここ10年で最大の外交問題だ。

世界秩序は分岐点にある。

覇権を失いつつある米国が、中国とのG2体制に拒否をする中、英国が抜け駆けし、それに怒りつつも、それを口実に、即座に後に続く欧州各国。

世界は覇権交代期にある。

覇権が交代するときには、旧覇権グループから抜け駆けして、新覇権国の上昇のおこぼれに与る人々が、一番得をする。それを求めて殺到するから、覇権交代は実現する。この抜け駆けがなければ、覇権交代は実現しない。

理想的には、英国もその他欧州も抜け駆けしないことがベスト戦略であったのだが、もう仕方がない。ドイツなどは既にメルケルが訪中を毎年行うなど、経済外交で完全に抜け駆けを長年果たしており、流れはもともと止まらなかったのだから、いよいよきたのだ。

米国からすれば、オバマという近年まれに見るリーダーシップのない大統領であったことが不運だったということだ。演説とリーダーシップは違うと言うことを米国民はもう一度知ることになった。さらに、リーダーシップとは、外交上のものではなく(もともと米国は世界有数の外交下手だ)、国内、議会が誰も言うことを聞かない、ということにある。リーダーシップとは足下の仲間達の結束にあると言うことを思い知ったであろう。

日本の安倍政権も内輪の結束が固いことが、成功要因のすべてだ。

日本も、この流れに遅れるわけには行かなくなった。

残念だが、一刻も早くこの流れに乗るべきである。
  
Posted by sobata2005 at 05:32Comments(7)clip!

2015年03月24日

最後のオトナカレッジ

まもなく始まります。  
Posted by sobata2005 at 20:31Comments(2)clip!

2015年03月21日

阪神大賞典 スプリングS

スプリングSは、リアルスティール。彼がどこまで強いか見てみたい。

ダノンプラチナも休み明けでも絶好調のようだが、二歳と三歳の戦績では信頼度が異なることと、距離、展開、コース適性から二強というなら、リアルスティールの方が断然信頼感はある。ただし、現在のような人気なら、逆張りをしてもいいかもしれない。オッズ次第。

さて、問題は阪神大賞典。というより、ゴールドシップ。

オルフェーヴルもそうだが、ステイゴールド産駒らしい危うさが魅力だが、人生を賭ける、いやお金を賭けるとなると、ただの厄介者だ。

冷徹なギャンブラーなら、このような馬には一切関わらないのが賢明で、絶対買わない、というのが筋だろう。しかし、強いので、くるときはくる。インテリギャンブラーなら、ゴールドシップが出てくるレースは買わない、というのが洗練された、運命の気まぐれから自由になる方法だ。

ギャンブルも恋愛も、気まぐれな動物には関わらないのが賢明だ。

もちろん、私は、気まぐれを愛する人生を、恋愛を、そして競馬を選ぶ。

ここはゴールドシップを嫌ってみたい。勝つ気のありすぎる岩田とは合わない気がする。

当初はラブリーデイと思ったが、前走は展開に恵まれたとみて、絶好調のようだが、スズカとともに軽視。実績から行くとラストインパクト。素直に行くならこれか。

ただし、ゴールドシップ以外は実力は横一線。それなら人気のないところを狙ってみたい。

デニムアンドルビーとカレンミロティック。この二頭に注目したい。

人生も恋愛もそして経営も、すべてギャンブルだ。

選ばないことには始まらない。
  
Posted by sobata2005 at 10:40Comments(8)clip!

ダウと円と日経平均

トライアングルが迷走している。

これまでは、ダウが上がれば日経平均は上がる。

円が下がれば、日経平均は上がる。

単純な構図だった。

前者は世界的なリスクオンの投資家センチメントによる相関であり、後者は、同じ投資家による仕掛けと、それに追随する投資家、これに乗せられて、円安なら株高という犬にも劣る反応で株を買う人々により作り出された相関だった。

しかし、今や日本は意味不明。

ダウは、米国金融政策と世界的な投資家のリスク姿勢。円は、ドルの動きに対する受け身なので、日本は関係ない。円の金融市場における意味が希薄化したと言えるが、日本株に比べればまだましだ。

今や、世界の投資家に相手にされない日本株。あるいは食い物にされる日本株。日本の最大手投資家に振り回されているように見えるが、食い物にされているのは、この鯨二頭の方だ。  
Posted by sobata2005 at 06:22Comments(7)clip!

2015年03月20日

照ノ冨士

素晴らしかった。

彼の勝った後の表情やインタビューも素晴らしかったが、最も印象的だったのは、負けた瞬間の白鵬の表情。

画面の遠目からは、涙ぐんでいるかのように見え、呆然とした表情が浮かび上がり、アップになるとまさに想像された表情そのままだったことに、私はアッと驚いた。

まさに身体全体に、顔の表情と同じものが現れていたのだろう。

それほどの迫力のある敗戦だった。

こういう瞬間に立ち会えることは二度とないだろうという思いに、こちらも身震いした。  
Posted by sobata2005 at 18:30Comments(1)clip!

2015年03月19日

イエレン議長と黒田総裁の深遠なる差

東洋経済オンラインに寄稿しました。  
Posted by sobata2005 at 08:49Comments(9)clip!

イエレン議長 記者会見

FOMC後の、米国中央銀行FRB議長イエレンの記者会見を生中継で見た。

素晴らしかった。

信念を持って、誠実に生きている、仕事をしていることが、にじみ出ているとおいうより溢れ出ている。

人格の素晴らしさも現れていた。

ともかく素晴らしい。

利上げの時期など、どうでもいいのだ。

彼女達の判断に委ねることがベストだ、と思わせる説得力があった。

素晴らしい。

  
Posted by sobata2005 at 04:32Comments(3)clip!

2015年03月18日

黒田日銀総裁 会見

何もなかった。

これほど何もない会見も珍しいが、それだけまっとうな会見だったと言える。

記者側は、このところ勢いを増していて、前掛かりになった記者や、なじる記者も見られたが、黒田総裁の反応、発言は至極まっとう。

つまり、今は、何もする必要がないのだ。

もちろん、この金融緩和政策自体には、私も反対だが、やってしまったものは戻せない。時間は戻らないのだ。

だから、今は何もやらないのがベストだ。

しかも、黒田総裁の立場からは、今の政策自体には問題はない。日本経済も問題はない。だから、何も動く必要はないし、何を伝える必要もないのだ。

問題は、政府の財政問題のみ。国債の発行を減らすこと、残高を減らすこと、これに尽きるが、それ以外は何の問題もないのだ。

しかし、投資家たちは騒ぐだろう。

追加緩和は、あり得ない。

そして、一生あり得ない。

問題は、2015年度が終わり、2%がほど遠いとなったときに、投資家たちやメディアから攻めたれられて、黒田総裁がそれでも泰然自若としていたときに、投資家たちが勝手に暴れて、市場が荒らされることだけだ。

今の黒田総裁を建設的に責める、あるいは攻めるのは不可能だし、その必要はない。

責めるべき、攻めるべきは政府の財政政策だ。  
Posted by sobata2005 at 09:14Comments(16)clip!

2015年03月17日

オトナカレッジ まもなく

今日は「不動産とはなにか」 です。  
Posted by sobata2005 at 19:43Comments(3)clip!

スカイマーク再建

アゴラに投稿しました。  
Posted by sobata2005 at 12:01Comments(2)clip!

夢の対決

将棋界で、いや全世界で最も尊敬する羽生名人と、最も愛する行方八段の名人戦となった。

夢のようだ。

結婚してから要約実力発揮となった行方。今度こそ、実力を発揮してくれることを望む。

もしかしたら、あのNHK杯戦浮上のきっかけになったのかも。。。。


  
Posted by sobata2005 at 06:30Comments(1)clip!

2015年03月16日

ギャンブル

土曜日は父を見送った後、学校へ行き残務整理。

ふと、その合間に馬券を買ってみる。

中日新聞杯。

ディサイファ。なぜか人気がない。ここから。

相手は、須田の推すデウスウルト。

どうせなら三連も。マイネルミラノ、キンズスオブザサン、ヒットザターゲットへ。

このレースだけ買った。

気軽に買ったので当たる気がする。

恐ろしいほど当たった。

あ、予想がね。勝った額は少しだけ。

ということで、日曜日は、予想通りwin5外れた。

ギャンブルは、適切な自己認識が最も重要。  
Posted by sobata2005 at 05:59Comments(1)clip!

2015年03月15日

父帰る

昨日は父と病院へ。その後、一緒に昼食。

自宅で待っている母のところへ、一緒に向かうはずだったが、故郷から母の友人が来るというので、父が一人で帰った。

シンガポール風焼きそばがおいしかったと、父は言った。  
Posted by sobata2005 at 22:30Comments(0)clip!