2011年11月30日

明日の予定

12月1日 2200−2330(延長あり)

ニコ生

出演 池田信夫 片山さつき 土居丈朗 小幡績  

Posted by sobata2005 at 08:16Comments(8)clip!

2011年11月29日

イベント

今日は夜イベント。

非常に盛り上がっていたが、私は、消灯10時なので、途中で失礼をする。

夜は疲れるんだよね、翌日。しかし、12月1日にはこんなイベントが。寝ちゃったらどうしよう。

ikedanob: RT @takero_doi: 12/1(木)22時〜ニコ生トークセッション「もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら」に出演予定。池田信夫氏@ikedanob・片山さつき氏@katayama_s・小幡績氏@sobata2005とともに…  
Posted by sobata2005 at 22:00Comments(5)clip!

2011年11月28日

今週のメディア

朝日ニュースター 「ニュース解説 眼」 

月−金(毎日) 2300−2310
再放送
月〜金 朝 7:00〜7:10 (NEWS MORNING内)
昼 0:00〜0:10
午後 4:00〜4:10
他にも再放送の時間があるようです。  
Posted by sobata2005 at 07:12Comments(6)clip!

ドイツ国債 入札不調の意味するもの

Posted by sobata2005 at 07:07Comments(5)clip!

2011年11月27日

ジャパンカップ 反省

予想は当たったが、残念なのはジャガーメイルである。

コメントも頂き、感謝だが、天皇賞では本命にした。実は、ここでも、と思っていたが、前走があまりの惨敗だった(しかも展開は向いていた)ので、切ってしまった。あそこまで人気がないなら、買うべきだった。

馬券はともかく、反省点は、ジャパンカップは底力が問われるレース、と言う考え方にぴったりのレースだったのに(それはハイペースでなくとも実現した)、その考えをそのまま適用すれば(さすがに前走負けすぎだからこないか、と言う邪念が働かなければ)、よかったからだ。

日本馬で底力のタイプは、

ブエナ
ジョーダン(天皇賞で証明された)
ジャガー
オウケン(書いたとおり、しかし、往年の力はない)

一方、強そうだが、それがないのは

ローズ
エイシン
トゥザグローリー
ペルーサ

ということで、簡単に考えればよかった。

もう一つの教訓は、須田鷹雄氏も言っているように、人気の外国馬は切れ、ということだ。これはわかっているのだから、貫くべきだった。

その二つが反省点。

さて、今後への個別の備忘メモは

ウインは、いいところがあったが、いいところ、と勝つのは別物なので、もう一度試金石

ジャガーもペルーサも当てにならないタイプなので、いつどうなるかわからん

トゥザは、中山ならあり得る

ブエナは、次は勝つとは限らない

といったところか。

オルフェーブルがどこまで人気になるか。今回のウインは物差しとしては使いにくいので、そこが馬券的には、おもしろいが難しいところだろう。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(8)clip!

2011年11月26日

ジャパンカップ

ジャパンカップは、意外と予想がしやすい。日本馬に関しては、人気通りに決まることが多からだ。カツラギエースレガシーワールド、マーベラスクラウンでびっくりしたこともあったが、最近は日本馬が来る場合は荒れない。

なぜか。それは実力通り決まるレースだからである。その理由は2つ。1つは、東京2400というコースは、ダービーコースだが、日本ではもっとも実力が発揮されるコースの1つだ。したがって、紛れは少ない。

もう一つの理由は、外国馬、とりわけ外国騎手が多数参戦するため、いつもの仲間内の牽制仕合のちょい差しレースにはならないからだ。ホーリックス、オグリキャップのたたき合いは壮絶だったが、ああいうレースがジャパンカップらしいレース。今年もそうなることを期待したいが、問題は、逃げ馬がわかりにくいこと。極端なスローになると、この議論の前提は崩れる。その場合は、特殊なスピード馬場を考えなければならず、紛れがある。今年の天皇賞はシルポートのおかげで、ジャパンカップのようなレースになった。トーセンジョーダンが勝てたのも、普通の東京2000なら直線切れ味勝負で、ジョーダンには向かないのだが、底力を振り絞るレースになり、彼がスピードが足りないにもかかわらず、コースレコードで快勝した。

したがって、今年のジャパンカップは、展開は気になるが、スローにはならないという前提で、天皇賞の結果を重視したい。なぜなら、今年の天皇賞では底力が問われ、ジャパンカップのようなレースを一度やってしまったようなものだからだ。

したがって、本命はトーセンジョーダン。問題は激走の反動だけだが、調教師の言葉を信じれば前走以上。ここも期待したい。

相手は、同厩舎のトゥザグローリー。天皇賞は休み明けで8分の出来でも、力のあるところを見せた。こちらにも期待したい。

ペルーサは、休み明け激走の反動と展開が向いた分で、人気になっているので、切りたい。ジャパンカップは後ろからずとん、では勝てず、先行で力でねじ伏せるタイプが強いと思う。エイシンフラッシュも人気になっているが、先行して粘った力を評価されているが、休み明けの反動と、結局好走と勝ちきるのとは違うということで、やや人気がかぶっていることもあり切りたい。

ウインバリアシオンも、後ろから行き過ぎだし、強いいつでも二番手、というのはどこまで強いかわからず、やや人気でもあり、これも切る。

本当はオーケンブルースリが一番向いているレースなのだが、調子が戻っても全盛期にはやや及ばないとみて、切る。

ヴィクトワールはここまで人気がないなら抑えておく必要があるかもしれないが、休み明けではきついだろう。

そしてブエナビスタ。ここは本命でいいはずだが、一番人気のブエナは買うな、の原則で、本命にはしない。二番人気以下に落ちるようなら、本命にしてもいい。ウオッカと一緒で、大レース、厳しいレースほど力を発揮するタイプで、ここが彼女にとっては、最後の国内GIを勝つチャンスだ。馬券としては人気次第だが、外せない。

外国馬は、やはり、凱旋門賞の圧勝、欧州ではスピード馬場が得意と言うことで、デインドリームも外せないだろう。ブエナとどちらが一番人気になるかだが、二番人気の方を本命にするのが馬券的には妥当だろう。スピード決着といっても2分24秒台。何かが合わないことはあり得る。しかし、本当なら単勝2倍ぐらいでもいいはずで、このオッズなら本命にするべきだろう。

シャレータも、日本馬場適性は高そうだが、デインとはかなり差があり、その間にどの日本馬も入れないことはありうるが、頭では買いにくい。押さえは必要。

ということで、馬券は、ジョーダン、グローリー、ブエナ、デインのボックス。押さえるなら、これにシャレータを加えたボックス。





  
Posted by sobata2005 at 09:11Comments(9)clip!

ジャパンカップ 前哨戦

前哨戦ではないが、馬券的には、土曜日の京阪杯から。

ロードカナロアとジョーカプチーノが抜けている。この二頭の馬連でいいが、ジョーカプチーノは当てにならないタイプ。したがって、オッズ次第だが、今は3倍。3倍を切るなら止めた方がいいし、馬単の表裏を買った方がオッズ的に得かもしれない。

難しいレースを当てに行くより、こういうレースで1点で3倍程度に増やす方が、いいかもしれない。

ということでとりあえず。  
Posted by sobata2005 at 08:45Comments(2)clip!

2011年11月25日

補足 金融市場の終焉

昨日のエントリーを補足すると、最後は、すべてのものが下落する、ということだ。

それは、投資総量が落ちると言うこと。

だから、安全資産であろうと何だろうと下落する。

ドイツ国債が不人気でも、英国債が人気なら、まだその日は来ない。

リスクの高い国債も、ドイツも英国も米国も下落した日。その日が、金融市場の終焉の始まりだ。

終焉というのは、長かった金融市場優先主義の経済における金融市場が終わるという意味で、金融市場はなくならない。

ただ、もっと地味で堅実で、実体経済の補助という原点に帰る日が来る、ということだ。  
Posted by sobata2005 at 12:46Comments(9)clip!

2011年11月24日

事件 世界金融市場

ちょっとした事件だ。

ついに、欧州は、ドイツ国債が下落。これはもっとも危険な現象で、ついに終わりが来たか。

つまり、投資がrelative,相対的にどちらを選ぶか、リスク選好度をどうするか、ということで、イタリア債からドイツ債にシフトしたリスク回避行動は、バブル崩壊の第一ステージ。第二ステージは、投資総量が落ちる。

ドイツ国債の下落とは、その売りであるから、投資総量が落ちたのか、米国債や日本国債に行ったのか、あるいはそのほかの資産に向かったのか。

米国株は大幅下落、特に銀行株が下落、そして何より、米国債のCDSが上昇。

総量が落ち込んでいることが明白になってきた。

米国銀行株は、その流れでは、一番下落するはず。総量が落ちて、真っ先に困るところだからだ。米国債が下落したら終わりだ。

第二ステージから第三ステージに移行するかを見極めるのが重要だ。それは実体の投資も目に見えて落ちたとき。失業率などに注目だ。  
Posted by sobata2005 at 06:07Comments(6)clip!

2011年11月23日

愛を他人は理解できない

不思議な話。

いつもの仕事場に始発でついた。正確に言うと、そのビルの手前のエスカレーターまでついた。

少女が、暗い中、紙を片手に、きょろきょろしている。そして、案内板を見つけると駆け寄り、紙と案内板を見比べている。

彼女は、僕の仕事場のビルを探していた。しかも、同じフロア。

ある講演に行きたいらしい。

そして、その講演は自由席で、一列目の真ん中に座りたいという。そのために、始発で来たと。

しかし、そこまで気合いの入っているのは彼女だけで、ビルが一般にも開放された7時になっても、待っているのは彼女だけ。

そこで、担当者とおぼしき人に聞いてみた。

講演に来たんですけど。

9時から受け付け開始です。

それはわかっているんですけど、いい席で聞きたくて。

開場前に並んでいただくことになります。

並びたいんですけど。

まだ、早いんで。そのうち列ができると思うんで、列が出来たら並んでください。

いや、だから、その列の一番に並ぶために一番に来たんですけど。

担当者は、不思議そうな顔をし、まあそのうち列が出来るんで、という。


こっちの気持ちがわからないのが不思議だ。

いやそういうものなのかもしれない。

愛は理解されない。

しかし、人はほとんど愛のために生きている。

衣食住、最低限満たされた後は。

いや衣食住も、自己愛だし。

いや衣よりも愛かな。

ともかく。

愛を理解することが人生の目的だ。

ビジネスも、これからは愛が目的となるだろう。

一番大事なものだから、一番儲かる。はずだ。

やっぱり、他人の愛も理解した方がいいと思うよ。

彼に誰かそう伝えておいて。  
Posted by sobata2005 at 07:30Comments(8)clip!

好奇心

好きな女性は? と聞かれると、

「好奇心のある人。」 

といつも答える。

昨日は、教授会の後、帰宅し、妻と夕食をとった。

妻は、料理が好きで、料理番組を鉛筆でメモを取りながら見るのが好きだ。

昨日は、その中から、パスタを作ったようだ。

食卓に乗ったパスタは、見た目が食欲をそそらないものだった。

「今日のレシピは?」

と聞いた。

「昨日テレビでやっていたやつ。私があまり好きじゃない、ほら、例の先生のレシピ。」

「なんでそんなのをつくるの?」

「あまりにおいしそうでないので、とても興味が沸いたの。」

こういう好奇心は好きだが、歓迎しない。

  
Posted by sobata2005 at 07:00Comments(6)clip!

2011年11月22日

株式市場

昨日の日本時間朝から、グローベックスが下落していた通り、大幅下落となった。

ダウは一時300ドルを超える下落。

まあコメントする必要もないが、徐々に追い込まれてきたか。  
Posted by sobata2005 at 03:34Comments(7)clip!

2011年11月21日

銀行

自分のメイン口座のある銀行の近くの支店に行った。

細かいトラブル続き、応接の態度、方針、すべてにおいて非常に不快な思いをしたが、彼女たちに罪はないのだろう。日本の銀行はこういうものなのかもしれない。

しかし、だとすると、絶望的だ。

世の中の人のほとんどすべてが銀行を嫌いなのが、実感できたが、そうだとすると、銀行はこれからどうしたらいいのだろう。  
Posted by sobata2005 at 15:42Comments(8)clip!

2011年11月20日

新著 発売予定

Posted by sobata2005 at 08:25Comments(4)clip!

2011年11月19日

マイルチャンピオンシップ

というと、ニホンピロウィナー、ニッポーテイオー、サッカーボーイが印象的だが、近年は荒れることが多い。しかも、今年は不良馬場に加えて、海外有力馬二頭の取捨もあり、日本馬では超一流かどうか今回が試金石の馬が一番人気になっており、馬券的には難しいレースだ。

海外二頭、イモータルヴァース、サプレザを軸に、相手は、重馬場得意で、マイルで再度注目の、ダノンヨーヨーとシルポート。

この4頭のボックスを中心に、グランプリボス、リアルインパクトの三歳二頭。押さえは、重得意のエイシンアポロン、盲点となっているミッキードリーム。

これらの中から、うまく買いたいところ。リディルは過剰人気と重適性から切りたい。

福島記念も、重適性が問われるが、ダントツ人気のアドマイヤコスモスはここが試金石なので、切りたい。

本命は、マゼラン。重は鬼だ。それに、サンライズベガ、セイクリットバレーの実力馬。この三頭で勝負。

  
Posted by sobata2005 at 18:17Comments(11)clip!

夢十夜

変な夢を見た。

私は、なぜか、芸能人対抗ラグビー大会に出ることになり、そこには怖い人たちもたくさん来るので、行きたくないが、出ないといけない。

そして、そこに向かうのには、私のパートナーがトレーラーのようなものを運転して一緒に行かないといけないのだが、そのトレーラーが怖い人々の車に激突して、そして、その車は、なぜかF1のレーシングカーで、すぐに大破してしまい、逃げるために、近くにあった自転車に乗る。

しかし、自転車はうまくギアが入らず、こげない。

そこで目が覚めた。

だからどうということもない。  
Posted by sobata2005 at 07:01Comments(2)clip!

2011年11月18日

授業

大学のキャンパスとは違う場所で授業をした。

授業と言っても、有名になったサンデル教授のように、学生、受講生とダイナミックなディスカッションのスタイルなので、楽しくもあり、難しくもある。

それを行う場所は重要で、今日はすばらしい「場」で行えた。

よかった。  
Posted by sobata2005 at 23:00Comments(5)clip!

2011年11月17日

国会版「ムダ洗い出し」

無駄な議論ばかりしている。  
Posted by sobata2005 at 22:10Comments(14)clip!

株式市場

いちいち反応していても仕方ないが、今朝のダウの下げはおかしかった。

日本は、下げた後、上昇。

まあ、実体ともセンチメントとも関係ないので、静観する以外ない。

動くとすれば動くべき時は、もうすぐ来るだろう。  
Posted by sobata2005 at 20:09Comments(4)clip!

2011年11月16日

アレルギー

絶対アレルギーになっては行けない場所がアレルギーになってしまった。

ある場所に一日中いたら、苦しくなってしまった。。。。。

どうしよう。。。。  
Posted by sobata2005 at 23:00Comments(4)clip!

2011年11月15日

欧州危機の本質とは何か ギリシャでもイタリアでもない

Posted by sobata2005 at 17:20Comments(11)clip!

2011年11月14日

TPP 米国 中国 大局的な戦略

Posted by sobata2005 at 06:20Comments(34)clip!

2011年11月13日

実家とJRA

昨日は、予期せぬ人と、twitterで議論をすることになり、とても考えさせられた。

それは競馬関係の話だったのだが、根本に愛があるかどうか、という問題であるような気が、改めて、今してきた。

私が、競馬の話をすると、競馬に興味のない人々は、ぽかんとして、スルーするか、怪訝な目つきをするか、どちらかだ。

それは仕方がない。

彼らは、僕らがどれだけ馬を人を愛しているか、知らないからなのだ。

それは、私がペットという存在に対して、理解がないのと、ちょうど対称的な状況なのだろう。

別の世界のことはわからなくていい。きりがないから。

でも、競馬の世界に関わっている人たちには、やっぱり愛を持って欲しいと思う。

そう、昨日のことを今日振り返って思った。

それは、今日、実家に行って、改めていろいろ考えたことも影響しているかもしれない。

この文章は、支離滅裂だが、あえて、書き留めておきたい。

愛。

思っていた以上に、すべてのことに対して、愛は重要で、決めてな気がする。

鈴木明子は、誰よりもスケート自体を愛しているし、

落合も解説の野村も、野球を愛している。

どこかの球団の人々とは違う。

つたないエントリーで申し訳ないが、愛というのはつたないものだと思う。

  
Posted by sobata2005 at 20:55Comments(12)clip!

2011年11月12日

エリザベス女王杯

まさに世界最強牝馬決定戦だ。

ブエナはいないが、かなり興味深いレースとなろう。

本命は、スノーフェアリー。大外、コンディション、関係ないと思う。実力のある外国馬で、馬場適性があり、本気で勝ちに来ていれば、それは迷わず買う。一方、馬場未経験はよっぽど人気がなければ押さえるが、基本は見送る。なので、ダンシングレインは無印。

スノーフェアリーは昨年のレース、今年の凱旋賞を見ても、これに逆らうことはできない。単勝。

相手は、フミノイマージン。前走の上位三頭では一番上積みがある。

アヴェンチュラ。人気でも切ることはできない。

スノー頭の、2,3着の入れ替えで、この三頭の三連単二点でいいだろう。

押さえるなら、アニメイトバイオ、イタリアンレッド。

レーヴは不要だし、水曜日も書いたように出るべきでない。無事を祈る。

ホエール以下は力不足。

アパパネはわからない。

この馬も国枝調教師もよくわからない。国枝師はマツリダゴッホを始め、休み明けを大敗させ、本番勝負の典型なので、ここは注意。

人気がないようなら(4番人気以下)買うべきだし、2番人気なら目をつぶるべきだ。3番人気なら、難しいが、買う方がいいかもしれない。






  
Posted by sobata2005 at 08:33Comments(12)clip!

2011年11月11日

葉山

出張だった。

寒かった。  
Posted by sobata2005 at 23:00Comments(4)clip!

2011年11月10日

オリンパス問題の本質

Posted by sobata2005 at 05:26Comments(3)clip!

2011年11月09日

雄と雌

水曜日だが、競馬の話を。

今週末は、エリザベス女王杯。日本では牝馬最高峰のレース、と今まで言っていたが、昨年のスノーフェアリーから評価一変、世界の牝馬最高峰のレースとなった。

これは円高もあり、日本の賞金が極めて魅力的になってきていることだ。日本の競馬も右下がりだが、世界的にはまだまだレースの賞金は断然高く、馬主にとっても騎手にとっても非常に魅力的な戦場だ。

問題は、馬にとってはどうか。固い馬場で、米国からも欧州からも遠い。JRAの施設は充実しているが、それでも、馬は好きでやってくるわけでもないし、馬場の固さは心配だ。ただ、海外有力馬が故障した例は、個人的にあまり記憶がない。しっかり鍛えられている、ということなのだろうか。あるいは血統的に日本の馬がガラスのようでも、高速馬場の直線勝負に勝てるように作られたため、壊れやすい馬ばかりになっているのだろうか。

いずれにしても罪深いが、やはり、そこは雄と雌の違いもある。

牝馬の役割は、優秀な子馬を産むこと。牡馬の役割は、優秀な子馬の種を作ること。ただし、後者は、ほんの一握りの優秀な遺伝子を持った馬だけでいいので、大多数の馬は、戦場で、選ばれないことが分かると、とことんまで戦い続け、馬主に賞金をもたらすだけの存在になる、哀しい戦士となる。

それはあまりにひどいような気もするが、それが雄の運命かもしれず、軍事的な戦争も、ビジネスとしての戦争も、権力闘争も、おなじことだ。

そう考えると、現代においては、差別発言と言われるだろうが、女性を無理に戦場にかり出すのはいいことかどうか、難しい面もある。

牝馬は、最大でも一年に一頭しか子供を産めない。牡馬は、年間に最大で200頭以上に種付けをすることも可能である。したがって、牝馬は一頭一頭が大事で、大事に育てなければならず、戦場で戦うのは、母親としての能力を示すためであるから、とことんまで戦う必要はない。

エリザベス女王杯。日本の三歳牝馬のレーヴディソールは、そういう考え方にたてば出走するべきではない。彼女の能力は誰もが知っているから、早く母親になった方がいい。それでも出走するのは、ファンがいるから、それと馬主(あるいは人によっては調教師も)の稼ぎのためだ。そう考えるとファンも罪深い。

なぜなら、休み明けで、完調でないところで、古馬との対戦、しかも、スノーフェアリーというとてつもない破壊力をもった世界の牝馬と戦うのだ。なれないペースでも、一旦走り始めれば、馬は本能的に走るから、自分の現在のコンディションなど考えず、スノーに負けまいと一生懸命走ってしまうだろう。

だから、レーヴを今週は出してほしくない。

出てきたら、ただ無事を祈る。

他の馬も同じではあるが。
  
Posted by sobata2005 at 08:09Comments(13)clip!

2011年11月08日

オリンパス問題

今日は、オリンパスの会見があり、急遽、私の番組も収録をした。

また後ほど議論したいが、根源は、最初に損失先送りをしたことにある。一旦始めるとやめにくい。

しかし、このケースは一度チャンスがあった。それは2000年。時価会計に切り替わるときに、損失を出すチャンスが、ITバブルとともにやってきた。

あそこで一気に損失を実現していれば、こうはならなかっただろう。

また議論したい。  
Posted by sobata2005 at 23:55Comments(21)clip!

2011年11月07日

今週のメディア

月曜日 0800ー (830頃)  フジテレビ とくダネ!  パネルのみ

火曜日      TBSテレビ  ひるおび! ヴィデオ


朝日ニュースター 「ニュース解説 眼」 

月−金(毎日) 2300−2310
再放送
月〜金 朝 7:00〜7:10 (NEWS MORNING内)
昼 0:00〜0:10
午後 4:00〜4:10
他にも再放送の時間があるようです。  
Posted by sobata2005 at 20:30Comments(7)clip!

2011年11月06日

競馬というもの

一つ悲しいことがあった。

アースリヴィング。

また書けるようになったら書くが、この子供たちをずっと応援し続けたい。  
Posted by sobata2005 at 23:53Comments(1)clip!

2011年11月05日

ゼミOG/OB会

今日は、敬愛する恩師(とその奥様(も先生))のゼミのOG/OB会。

復活してから4年目。少しずつ出席者は減っているが、なんとか毎年続けたい。

復活したときは、人数も熱気もすごかったが、毎年あると思うと、今年無理しなくても、ということで出席者は減ってしまうが、それでも、淡々と毎年やれたらいいな、と思う。

先生の奥様(も先生)のスピーチに、居住まいを正せねば、と思った。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(1)clip!

2011年11月04日

G20よりもECB

G20が開幕した。そして、ギリシャの国民投票の実施表明が、先週からのEUの包括対策を台無しにするという騒ぎになり、国民投票を撤回するかどうか揺れている、と言う情報に市場は揺れている。

しかし、そんなことよりECBの総裁に新たに就任したドラギ総裁の記者会見の方が重要だ。

ギリシャは、もし、国民投票になり、救済策が振り出しに戻れば、それは、ギリシャ国債がデフォルトするものの、EUとしては、ギリシャ以外の銀行への資本注入を強化、増加するだけのことで、ギリシャという国はユーロを使いつつ破綻していくだけのことだ。

それよりも、ECBがインフレが目標の2%以下を超える3%であったにもかかわらず利下げしたこと、および、ドラギ新総裁の記者会見で様々な方針を述べており、この影響の方が大きい。

記者会見のポイントは、国債の買い入れは、一時的、限定的、金融機能の回復、金融政策の実効性を高めるため、という限定があり、国債が下落したからと言う理由で実施するわけではない、ということを再確認したことだ。

この方針はすばらしく、今後も期待したい。

またのちほどコメントしたい。  
Posted by sobata2005 at 04:14Comments(4)clip!

2011年11月03日

JBCクラシック、スプリント

今日は、大井でGIが2つ。

国際的にGIと認められたのは、JRAGIではなく、日本では地方競馬、と呼ばれる分野でのGIの方が先だった。それはJRAが厳しい出走規制を行っていたからであった。

そして、実際にも、地方競馬のGIの方がある意味、フェアな競争となっている。

その理由はいくつかあるが、そのうちの1つは、交流ということで、地元以外の馬と騎手が常に参加していること。地方競馬にとっては、客寄せ用に、JRAから馬も騎手も来てもらうことになるのだが、JRAファンが馬券でお金を落としてくれるのと同時に、賞金も名誉も持って行ってしまうことになったことも多かった。しかし、それが結果的には活力をもたらし、地方競馬のレベルアップにもつながっており、地方競馬の騎手の方がレベルが高いことを世に知らしめるのにも役に立っている。

もう一つの理由はダート戦だということだ。JRAの芝のレースは、あまりに高速決着で、直線ちょい差しが有利ということと、前述の仲間内のレースとなり、ぬるく展開するため、紛れるレースが多くなるから、実力が反映されないことが多い。そこへ行くと、ダートは力の勝負で、ごまかしがきかないため、うまく逃げ切ることも難しいし、直線だけで勝ちきることも難しく、底力が問われるレースになることが多い。よって、ダートで勝ち上がった馬の方が信頼できるのである。だから、芝馬のダート替わりよりも、ダートから芝に替わった時の方が一発があり得る。

さて、そういうことでダート戦は実力が常に反映されるから、予想はわかりやすい。過去の実績を素直に使えば良い。

まず、スプリント。素直に行けば、前走一番人気で負けて、若干オッズが今回下がった、セイクリムズン。しかし、ここは休み明けになるが、サマーウインドを狙ってみたい。

シンウインドの子供で庄野厩舎。たまらなく懐かしい。だから、ちょっと心情馬券か。

クラシックの方は、一騎打ちムードだが、一騎打ちなら、人気のない、トランセンドの方を狙ってみたい。この一騎打ちは大変興味深い。もしかしたら、国内では、JRAを含めて今年一番のレースとなるかもしれない。

注目だ。  
Posted by sobata2005 at 17:30Comments(9)clip!

2011年11月02日

TPPって何だ?

Posted by sobata2005 at 11:20Comments(15)clip!

米国株価大幅続落

二日続けて、ダウは300ドル近く下落した。これはリーマン前であれば、ブラックマンデーか、と言われかねないほどの事件だし、リーマンショック後の基準で見ても、実は、この8月以降の乱高下の上げ下げは異常だ。

今までと違うのは、リーマンショック後は、暴落、乱高下の理由は明白で違和感はないのだが、今の乱高下は、小さな理由で乱高下する。

今朝は、ギリシャの国民投票が一番大きな理由のようだが、それだけで大きく変わるかどうかわからないし、それで動揺するなら、先週半ばの上げがおかしいということになる。

これで不透明というなら、欧州は今後10年はずっと不透明だ。

実際、300ドル下げても、何の緊迫感もない。みんなわかっているのだ。

この乱高下は、自らの首を絞めていることに気づいてはいるが、止められないのだ。

ギリシャよりも、米国、グローバルトレーディング業務の方が10年後の未来は暗いだろう。  
Posted by sobata2005 at 06:12Comments(9)clip!

2011年11月01日

米国株価大幅下落

意味不明というか、意味はない。

下げる理由はない。唯一の理由は先週上げたからだ。

だから欧州危機は解決しないし、ずっとこのような乱高下、あるいはお遊びが続くだろう。

介入は、意外と、重要な事件かもしれない。今後の日本政府の動きに注目だ。ムキになって継続するようなら、日本政府の終焉は近づく。  
Posted by sobata2005 at 06:02Comments(9)clip!