2012年12月31日

両親と紅白について語る

それが、元旦の仕事。

きっと、今年も、若い人向きで、ぜんぜんわからん、と言うだろう。

しかし、私の両親はともに84歳。そりゃいくら高齢化社会でも、ほとんどの日本人がそれよりは若い。

しかし、この両親にさえ、80歳の維新の代表は、もうろく爺と言われていた。  

Posted by sobata2005 at 22:59Comments(1)clip!

今年の反省

今年は様々な中毒症になった。

体調の変化は、様々なところに現れており、7月に、日韓中の学生36名を引率して京都に行って、夜行バスで高熱を出し、その後、3週間、声がまったくでなくなり、エグゼクティブの授業も筆談で行った。

9月には、アトピーになってしまい、マレーシア、シンガポール出張中は、汗まみれ、冷房攻撃で悪化した。

そこでアジトを木が六本しかないところから、林の中に移した。

それはいいのだが、今度は中毒症を発症した。

ヘッドフォン中毒だ。

今年のMBAの授業、ファイナンスは、すべての授業を愛をテーマに行い、大成功に終わったのだが、当初は、その授業をヘッドフォンでPerfumeを聴きながら行おうとしたのだが、秘書に止められた。

学校の事務のスタッフにもとてもお世話になり、ジムのスタッフにもお世話になったが、きゃりーのライブにみなを誘ったが、誰も一緒に行ってくれなかった。

やはり、頼りになるのは最後は妻で、きゃりーは五歳児が好きな歌と言って批判的だが、ソウルには一緒に行ってくれた。

先ほど、NHKのPerfumeの海外ツアードキュメンタリーを見て、また泣いてしまった。

Perfumeをヘッドフォンで聴かないと、何もできない。

大晦日というのに、黒い猫が、夜の9時にまた新しいヘッドフォン(中古)を届けてくれる。

林の中で聴こう。

来年は、外界とネットだけでつながることとし、林の中で、ヘッドフォンとPerfumeに囲まれた生活を送ることにする。

紅白を見たら、明日の朝は1時に起きて、それを実践しよう。

****

皆様

来年もよろしくお願いします。

  
Posted by sobata2005 at 17:37Comments(1)clip!

2012年12月29日

麻生財務大臣

そうか。金融も担当していたんだ。

NHKの夜のニュースでのインタビューを見る。

大越さんも遠慮するんだなあ。

間違っているんだから反論したほうがいい。気を使いすぎだ。

これをみると、安倍首相は、ここ数年新しく勉強したことを政策で実現しようという、ある意味真摯な姿勢で、アベノミクスを打ち出していることがわかる。

麻生大臣は、首相だったときの自分の思い込みから何も変わっていない。

自称、経済の麻生だから。

そうはいっても、安倍、麻生を見ていると、民主党政権に比べて、野田前首相以外の民主党と言ったほうが良いが、圧倒的に安心感がある。

この差が、選挙結果、ということだろう。  
Posted by sobata2005 at 01:12Comments(17)clip!

2012年12月27日

国債下落

ついに。

0.8%台へ。

12月7日以降下落を続けているのだが、いよいよ始まったか。  
Posted by sobata2005 at 13:51Comments(10)clip!

2012年12月26日

今日のメディア

テレビ朝日 スーパーJ チャンネル  1700前後 ヴィデオ出演  
Posted by sobata2005 at 10:40Comments(11)clip!

2012年12月25日

円安、株高は反転するか

Posted by sobata2005 at 16:03Comments(6)clip!

2012年12月22日

四位騎手の処分について

こういうことだ。

四位洋文騎手、油断騎乗で30日間の騎乗停止
[中央競馬] 2012年12月22日(土)15時51分
注目数:1人コメント数:0件
 阪神5レースで、ブリュネットの四位洋文騎手は、決勝線手前での御法について、2012年12月23日から2013年1月21日まで騎乗停止となった。

【補足説明】
 四位洋文騎手は、阪神5レースでブリュネットに騎乗したところ、決勝線手前で7完歩ほど追う動作を緩め3着(2着との着差はハナ差)となった。
 四位騎手本人から事情聴取を行うとともに、パトロール映像を精査した結果、この行為は騎手としての注意義務を著しく怠った油断騎乗であると認め、騎乗停止30日としたとのこと。

(JRA発表による)

提供:ラジオNIKKEI

私の意見は以下のとおり。

レースを見ましたが、大差がついた後、2歳牝馬なので、無理をさせず、流した、ということで、抜かれると思っていなかった感じですね。 うーーん。スポーツとしては1着だけが意味があり、2着と3着の違いは勝手にこっちがギャンブルしているだけなので。。。。 もちろん、もう少し追って2着を確保したほうが良かったのですが、私は四位はそれほど悪くないと思います。  
Posted by sobata2005 at 18:18Comments(17)clip!

有馬記念

いくら馬券が不調でも、有馬の予想をしないわけにはいかない。

本命は、ゴールドシップ。ライバルがいなくなり、中山で、馬場もこの時期の荒れ具合に、さらに今日雨がまとまって降ったので、良に回復するだろうが、力のいる馬場になると思われる。中山で、有力馬が切れ味で追い込むタイプなのも、自在力のあるこの馬には条件が揃いすぎた。人気でも本命。

二番手は、トレイルブレーザー。前にいけるタイプだし、馬場も向くだろう。体調が良くわからないが、その分人気がないので、この2頭。

三連単は、どうせ有馬なら、穴を狙いたいところで、やはり、ビートブラック。スローで行った行ったとなっても、淀みないペースでスタミナ勝負になっても、これらの三頭はいずれも向いていると思う。むしろ、スタミナ勝負になった方がいいだろう。

ゴールドシップ頭の三連単。

三着の押さえは、この三頭以外には、ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、そしてナカヤマナイトにルルーシュも可能性があると思うが、三連単でオッズの妙味は、ダークシャドウ。一番好きな馬でもあるが、中山実績に欠けるし、向かない点がいろいろあるが、ルーラーシップと実力は互角と思うので、三連単が5倍つくならこちら。


  
Posted by sobata2005 at 16:42Comments(18)clip!

2012年12月20日

日銀 政策決定会合

10兆円の基金の増加。これは、まさに予想通り。

物価安定の目途については、次回検討することを公表。これも、予想されたシナリオの一つ。

さすが、白川氏。

無難で的確だ。  
Posted by sobata2005 at 15:33Comments(7)clip!

アベノミクス

東洋経済オンラインに寄稿

タイトルは、編集の方のイノベーション。  
Posted by sobata2005 at 09:09Comments(13)clip!

2012年12月19日

アベノミクスへの提案: 整合的な経済政策

整合的な経済政策は?

安倍政権が誕生する(原稿執筆時点は衆議院選挙翌日である)。3分の2を取ったから、参議院が過半数なくても、かなりの政策を思い通り実現できるだろう。それならば、経済的に言って望ましい安部政権のための経済政策を考えることは意味がある。

ここでは、私が理想的、と考えるものではなく、現状を踏まえて、安倍政権が受け入れられるという制約条件(それ自体は主観的な判断結果だが)の下で、相互に整合的な政策を考えてみたい。

整合的、というのは重要で、いろんなブレーンや自分の考えを部分的につぎはぎであわせると効果が小さく、副作用だけ残ることになってしまう。

さて、日銀にプレッシャーをかけて金融緩和をさらに拡大させる、ということは制約条件として残るとすると、その場合にとるべき手段は3つ。

インフレターゲット導入は、一つの政策としてありだと思うが、公に政治のプレッシャーを受けて、というのは拙い。日銀が今までと政策は変わらないが、市場と日銀、そのほかの人々とのコミュニケーションの改善として、ターゲットを採用する、という形を取るのがよい。そのときにターゲットの水準は日銀に任せる。

第二に、日銀法改正はしない。これは波乱要因となるだけで、実利はない。米国のような雇用目標を入れたければ、実質的に日銀が一つの目標だと表明すれば済むことだし、日本においては、失業率の数字は高くないから、その必要もない。ほとんどの政策は人事で影響を与えることが出来るから、日銀法改正はせずに、総裁、副総裁人事で影響力を発揮すべきだ。

第三に、この人事であるが、あえて無難な人事をする。ベストは白川総裁を再任し、再任にもかかわらず、自民党政権になったら、白川さんは積極的になった、という市場の評価が得られれば、それこそ自民党政権の、安倍総理の評価は高まる。人を替えてやれば、新しい総裁の手柄になってしまうと考えれば、政治的には、むしろ白川再任が賢い選択だ。そこまで行かなくとも、日銀出身者、あるいは無難な人選で、日銀を安心させることにより、信頼感を醸成し、日銀に緩和をより積極的に行わせるほうがうまく行くだろう。

北風よりは太陽が効果的だ。

円安は、85円程度ならは妥当だが、今後、一番の波乱要因だ。国債を暴落させないためにも、悪い円安にしないように、貿易赤字の削減を図るべきで、原発再稼動は、積極的に行う。これで、強力な金融緩和とのバランスがとれ、悪い円安、海外資金逃避、国債暴落、銀行危機、という最悪のシナリオは回避でき、自民党が望む公共事業の拡大も、安定的な国債発行が実現することにより、可能となるのだ。

3分の2を取ったからこそ、冷静で適切な経済政策が可能であるし、それを望む。

そして、最も大事なことは、長期名目金利を上昇させないことであり、それだけは何があっても死守してもらいたい。

  
Posted by sobata2005 at 10:29Comments(40)clip!

2012年12月17日

今日のメディア

ラジオNIKKEI 1745-1900 FXスクウェアANNEX『M2Jプレミアムナイツ』

1800前後から 30分程度出演予定

動画配信あり

オンデマンド&ポッドキャスト配信:12/17・21:00〜  
Posted by sobata2005 at 09:42Comments(1)clip!

2012年12月14日

明日のメディア

土曜日 2100-2230 BSフジ コンパス

同時放送  ニコ生  ニコニコンパス 2030-2245  
Posted by sobata2005 at 18:10Comments(12)clip!

野口みずき

朝のニュースで駅伝への出場の話をやっていた。

大好きな野口。

ファンの声で奮起したという話。

美しい話だが、野口。

頑張って欲しいが、やはりどこかでは引退しないといけない。

駅伝のようにうまく次のライフスタイルにつながる形になることを祈りたい。  
Posted by sobata2005 at 06:43Comments(66)clip!

シャープ

シャープが新しい超高級テレビを発表した。

フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K」に対応した60型のテレビということで、価格は262万5000円の受注生産。

他のメーカーも作っているようだが、うーん。もうテレビの時代ではない、ということが前回の反省のはずなのだが。。。

違う問題意識なのだろうか。

それとも願望シナリオをまた立ててしまっているのだろうか。  
Posted by sobata2005 at 06:34Comments(3)clip!

2012年12月11日

行動ファイナンスで読む衆議院選挙

Posted by sobata2005 at 17:46Comments(19)clip!

2012年12月09日

奇跡

学会も最後のパネルディスカッションが終わり、学校の同僚と帰る。

ボタンの件を寂しそうに彼に語りながら、エレベーターに乗る。

学会にしては、珍しくとびきり綺麗な学生だろうか、女性が乗っている。

しかし、ボタンの寂しさから、そんなことはどうでもよい。

多くの学会出席者、同僚が降りる間、僕は、開くのボタンを押し続ける。

最後に、この女性にも先に下りるように勧める。

そして、自分も降りようとして、何の気なしに、エレベーターの奥の隅を見る。



そこには、茶色の革のボタンが落ちていた。


彼女は女神か。

いや、大垣さんの祈りが通じたか。

僕は、彼女よりもwin5よりも、ボタンが嬉しかった。

エレベーターを降りた僕はボタンを握り締め、すべてのものに感謝し、跪いた。  
Posted by sobata2005 at 18:36Comments(3)clip!

ショック

今朝のエントリーで触れたジャケットの袖の革製のボタンがいつのまにかちぎれて失われていることに、今気づいた。

哀しい。  
Posted by sobata2005 at 15:27Comments(1)clip!

原点回帰

学会二日目。

少女のように、着ていく服に迷った。

結局選んだのは、原点回帰。

浪人時代に、息子を哀れに思った母に何でも買っていいと言われて、伊勢丹で買ったJpressのツイードジャケット。買うものを決めた後、伊勢丹脇の金券ショップで商品券を買ってから戻って支払ったのを思い出す。そのとき、靴は、今はなきワシントン靴店で、クラークはあきらめてリーガルのデザートブーツを買ったのだったが、それは昨年底のゴムが経年劣化で溶けたために処分することになったのがさみしい。

代わりに今日の靴は、米国から帰ってきて初めて奮発して買ったサントーニ。メンズ館が出来る前の伊勢丹の催事場のバーゲンだった。

それに、最初の留学時代にLLビーンの通販で買ったダウンジャケット。独身時代に、今の妻とのデート中に燃やしてしまい、なぜか父が修繕してくれたもの。昨年、その部分を妻が再度修繕してくれた。留学時は、ボストンのファイリーンズベイスメントで38ドルで買ったダウンジャケット。毎日着ていたらワンシーズンで破れ、そこにガムテープを張ってずっと着ていたが、それから買い換えたものだった。

今日の手袋も、当時のLLビーンだが、鹿皮で中の毛糸の部分が分離するようになっているのだが、日本の片思いの彼女に同じものを送ったが、Sサイズでも、二人には大きすぎた。

何かこれらのものがしっくりくる、今日は寒い朝だ。寒いが空気が引き締まっていて気持ち良い。東京よりも寒いが風がなく爽快なケンブリッジの朝を思い出した。

原点回帰。

僕は、表参道で降り、青山通りを前を向いて歩き始めた。
  
Posted by sobata2005 at 10:09Comments(2)clip!

キムヨナと雅子妃

キムヨナが復帰し、浅田を大きく上回る得点をSPで出した。

やっとライバル復帰、浅田も回復。オリンピックへ向けて、この両者の対決にワグナーの三つ巴が面白くはなってきた。経済以外でもアジアの勢いを象徴すると考えるか、フィギュアに注力する平和な国々ということか。

雅子妃の誕生日ということで報道があった。適応障害ということが記事には触れられていたが、皮肉を言えば、あんな世界に適応できるほうが異常とも言える。

ともに、平和ボケ日本の異常な世界を示しているといえるだろう。  
Posted by sobata2005 at 06:50Comments(1)clip!

浅田真央とソチ

浅田真央のフリーの演技直後のほっとした表情が印象的だった。

あれほど、ほっとした顔を見たことがない。

良かった。

しかし、一番気になったのは、ソチには日本人以外、ほとんど観客がいない。

演技にも反映するだろう。何かGPファイナルというよりは、プロテストのような審査員のためだけに滑るような雰囲気だった。

男子の6名中4名出場という異常事態も含めてフィギュア王国日本、というよりは、こんなことに盛り上がっているのはいまや日本だけなのか。

米国ではフィギュアは人気あったけどな。

ロシアも王国なのに。

フィギュア人気は、日本の平和ボケの現われのような気がしてきた。  
Posted by sobata2005 at 06:43Comments(7)clip!

2012年12月08日

行動経済学会

今日は珍しく、研究発表。学会員でなくとも参加できる。

しかし、そうはいっても、トピックは、専攻中の専攻分野。

競馬。

しかも、スライドの中にperfumeが隠されている。。。。。

ようやるわ。

俺か。

でも、大真面目。

  
Posted by sobata2005 at 09:59Comments(5)clip!

2012年12月07日

オルフェーヴル 休養へ

当然だ。

出走したら競馬を辞めようと思っていた。

凱旋門かブリダーズカップ以外目指すものはないはずだ。  
Posted by sobata2005 at 06:30Comments(3)clip!

2012年12月05日

華原朋美

どんな経緯があったにせよ、彼女が好きであろうとなかろうと、今夜の彼女の涙は美しい。
  
Posted by sobata2005 at 21:07Comments(6)clip!

破滅願望

私も太宰だから、破滅願望はあるが、最近は日本人一般に広がってきたらしい。

脱原発、維新に国を任せてみよう、など、extremely high risk no return のギャンブルを楽しんでいる。

これは破滅願望と解釈するか、破滅することに気づいていないか、破滅する姿は自分はあたかも無関係のようにエンターテイメントして楽しんでいるか、いったいどれなのか、私にはわからなくなってきた。

しかし、これはノーリターンだから、ギャンブルに値しないギャンブルで、これらの破滅を選ぶぐらいなら、冷凍人間あるいは透明人間になることを選んだほうがましだと思うのだが、はて、どうしたものか。  
Posted by sobata2005 at 10:27Comments(142)clip!

2012年12月03日

今週のメディア

本日発売 週刊ポスト アベノミクス 討論  
Posted by sobata2005 at 08:38Comments(3)clip!

アジト

ここ数年、港区のアジトに潜伏していたが、危機を感じ、永田町に拠点を移したが、今月から、もっと奥まった林の中に籠もることとした。

これが功を奏するか。

復活を賭けて。  
Posted by sobata2005 at 08:19Comments(1)clip!

2012年12月02日

酒井騎手

インタビューが素晴らしかった。

競馬というのは、騎手のインタビューがもっとも感動的だ。

馬を活かす競技、これに私は心を打たれる。


好みの問題だが、先週のインタビューは重要だったが、好きなレースではないし、私は感動しない。  
Posted by sobata2005 at 15:56Comments(3)clip!

ジャパンカップダート

ギャンブルとしての予想は、絶好調の上海馬券王に譲ることにして(いやしかし、同じ記事に激しく反応していたのは私も同じです、来週の学会での研究発表に大いに関係あるので。上海馬券王さんに青学まで来てもらえるかしら。航空券代出ないけど)、このレースでは、世代交代に注目したい。

ダートは、古馬の層が厚い。ゴルトブリッツは哀しい限りだが、それでも、芝よりも故障が相対的に少なく、屈腱炎にもなりにくいということなのか、寿命が長い。

トランセンドという連覇の覇者も、エスポワールという3年前の覇者も、今年出走している。

一方、今年の3歳は強いのは、ダートでも同じ、というか、より一層強く、このレースにも三頭のトップレベルの馬が出てきている。

さて、既成勢力と新興勢力、どちらが強いのだろうか。

上海馬券王先生は、既成勢力派。エスポワール、トランセンド、ワンダーキュート、そして、穴でもナムラタイタン、ニホンピロアワーズ。

私は、対抗上、新興に注目したい。筆頭はイジゲン。次に、ローマンレジェンドも4歳。残りの三歳二頭も注目だ。

シナリオとしては、どっちが強いか、ということだが、馬券上のアドバイスは、三連単などを買うのであれば、みな同じ発想で買うから、既成勢力から三頭選ぶ馬券や新興から三頭選ぶ馬券は人気になりやすく、馬券としては、うまく組み合わせたほうがいいはずだ。

選挙も、自民党と維新という、古いものと新しいもの。しかも、維新は、得体の知れない未知の魅力と恐怖の人と、かなり賞味期限を二世代前に過ぎてしまった人々の結合だ。

世代の力関係は複雑だ。



  
Posted by sobata2005 at 09:37Comments(13)clip!

2012年12月01日

今年の競馬

一年間、池江調教師への不信が募っただけだった。

有馬へのコメントは以下のとおり。

有馬記念の出否が微妙なオルフェーヴル(牡4)について、管理する池江泰寿調教師は「もう少し回復して欲しいが、(有馬記念に)出走ありきで考えています。どうするかは来週半ばにはハッキリさせたいと思います」と語った。 〜本日、中京競馬場にて

netkeibaより



体調の悪いオルフェーヴルを使うな。

ジャパンカップへの出走を聞いたときからの最悪のシナリオの連続だ。

ジェンティルドンナですら、放牧に出したのだ。オルフェーヴルは、この秋、すでに3戦。しかも、凱旋門での究極のピークの仕上げ。ピーク後に走らせるのは、徐々に仕上げていって3戦目にピーク近く、4戦目にピーク維持、というときの4戦と違う。しかも、欧州遠征。数々のプレッシャー。

何を考えているのか。

日本のファンのため? 

いや、勝つまでやめない、それで破綻していくギャンブル中毒者と一緒だ。

恥を増やし、オルフェーヴルの評判を落とし、彼を疲労させ、故障のリスクを高め、最悪のシナリオだ。

凱旋門で、あのような形で二着になったのが、最悪のシナリオの始まりで、仕方がない、という考え方は間違っている。

ああいう運命になったのなら、それを受け入れるしかない。

ああなるなら、なんとしても勝たせたかった。

しかし、負けたのだ。

そうしたら、そういう道を歩むしかない。

実力は見せたから、引退して、種馬として、世界で活躍するか。

レースで実力を見せたいのなら、ゆっくり休養して、来年の凱旋門を目指すか。

どちらかしかない。

運命を受け入れなかった、彼のせいなのだ。

もしかしたら、日本の競馬ファンのせいかもしれない。

とにかく、厳寒の中山のギャンブルレースに出走しない、ということになることを祈る。
  
Posted by sobata2005 at 18:14Comments(13)clip!