2014年03月31日

明日のメディア BS11 Inside OUT

BS11 2100-2154 Inside Out 生放送です。消費税。  

Posted by sobata2005 at 22:03Comments(0)clip!

本日のメディア アゴラチャンネル 生放送 日銀の金融政策

Posted by sobata2005 at 07:14Comments(10)clip!

2014年03月30日

実験経済学

実験的に、家庭内不和となった。

三食コンビニ飯となった。

いい機会なので、実験的に、普段食べないコンビニ弁当を食べてみた。

大手チェーンではダントツに美味しいと言われ、私も贔屓にしているチェーンだ。

おかずたっぷり幕の内。

やみつきチャーハン。

壮絶に不味い。

特にチャーハン。

気持ち悪くなった。

やけくそで、こちらはPBではなく、大手メーカーのポテトチップス。

坦々麺味。

究極の不味さだった。


家庭内不和は解消せざるを得なくなった。

一応、実験成功。  
Posted by sobata2005 at 09:47Comments(4)clip!

2014年03月29日

高松宮記念

GIだが、ロードカナロア引退後、抜けたGI級はおらず、実力拮抗と見て、穴狙いをしてみたい。

ストレイトガールは、底力もあり、ここを狙ってきた藤原厩舎なら、信頼できるが、オッズが関係なければ本命でも、断然一番人気ならギャンブルとしては消し。

ハクサンムーンも実力馬で、過去にも惨敗後の圧勝の実績があり、勝ってもおかしくないが、二番人気ならこれも消し。

コバノリチャードは、前走圧勝で、今回も一番人気でおかしくないが、なぜか三番人気。人気の中では妙味があるのはこれだが、今回は徹底した穴狙いということで消し。

狙いはサンカルロ。阪神1400のように思われているが、中京の長い直線、逃げ先行に有力馬が揃い、雨も降りそうと条件は揃った。最初で最後のGIのチャンスをものにできるか。これが本命。

そして、マジンプロスパー。ピークを過ぎた可能性もあるが、前走までとは馬の状態が違いそうで、一発あるか。

最後に、ガルボ。マイル路線からの参戦組ではこれを狙いたい。

リアルインパクトも狙いたいところだが、意外と人気になっており、それならむしろ人気のないレッドスパーダか。

明日はギャンブルレースと割り切ってみたい。

さて。

  
Posted by sobata2005 at 17:45Comments(4)clip!

駆け込み需要とコンビニエンスストア

彼らまで便乗するとは思わなかった私が阿呆だった。

最高の駆け込み製品。

前例もありあり。

煙草税引き上げのときの煙草。

近くのコンビにでは、マイルドセブン50カートン、4月1日から23万円、今なら22万円!!

と巨大な看板がレジのところに。

すごいね。

もっとも合理的だけど。

予想できる想定外だった。  
Posted by sobata2005 at 14:23Comments(5)clip!

羽生 世界三冠

というニュースのタイトルを見て。


渡辺に負けたはずだが。

そうか、囲碁みたいに世界選手権が出来たんだ。

と思ってしまった土曜日の朝。

おはようございます。  
Posted by sobata2005 at 07:09Comments(2)clip!

日経賞

これは注目のレース。

ウインバリアシオンかフェノーメノか。

ジャガーメイルにも注目だが、今回は勝つまではないか。

しかし、なぜこれが土曜日なのか。  
Posted by sobata2005 at 05:02Comments(6)clip!

2014年03月28日

謝恩会

今日は謝恩会。

本当に教師になってよかったと思う瞬間だ。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(0)clip!

2014年03月27日

日本株式市場

今日は危ない。

普通は下げなので、そちら方向で勝負してもいいが、大きく動く可能性のある日だ。

要警戒。  
Posted by sobata2005 at 07:13Comments(17)clip!

2014年03月26日

遠征

今日は西へ遠征。

非常に幸福だった。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(0)clip!

2014年03月25日

今日のメディア オトナカレッジ

本日 2100-2154 文化放送 オトナカレッジ

最終回です。  
Posted by sobata2005 at 20:01Comments(4)clip!

矢野顕子と宇多田ヒカル

妻が食事のときに言った。

矢野顕子さんの歌には凄く惹かれるの。

先日、NHKでsongsを見たのだ。

しかし、そのときにテレビに流れていたのは、今度米国行きを決めた、ハーフのシンガーのライブだった。彼女の日本名は苗字であって、ファーストネームではない。

妻がぽつりと言った。

彼女には魅力を感じないの。

そうなのだ。

私もそう思っていた。

彼女の歌に多くの人は感動するというが、人それぞれだが、何か来るものがない。

2週間ほど前、彼女の別の番組(朝のNHK)でのライブを見て、その後、洞窟で宇多田を聴いて、まったくそう思っていた。

矢野顕子や宇多田ヒカルと比べるのは酷かもしれない。

彼女は、他の多くのシンガーよりは、素晴らしいからだ。

しかし、詞も歌もぴんと来ない。

彼女自身もそういう限界を感じて、米国留学するのかもしれないな、と思った。

矢野顕子や宇多田は、真の本物だ。

やはり、本物の本物たる感触。これは何物にも代え難い。

本物を感じる。


僕らはそのために生きているのだと思った。

歌も愛も。


***

その後、僕は、ずっと宇多田を聴いている。

特に Flavor of Life を繰り返し。

宇多田の中でも、彼女の本物、魂が現れているのは、Heart stationの頃の歌だと感じる。

宇多田の歌を聴きながら、思索にふけることができる幸せを噛みしめながら。

洞窟で。

ケインズとラムゼーとナイトと青井と。

考えている。  
Posted by sobata2005 at 06:20Comments(4)clip!

2014年03月24日

いまさらタレブ

タレブは全く読んでいなかったのだが、今更、読んでいる。

先を越された、というところと、まったくわかっていないな、という思いとがある。

ブラックスワン。しかし、読みにくい本というか、こういう書き方をしている以上、何も生まれてこないだろう。

まぐれのまぐれで色気が出すぎたか。

しかし、ブラックスワンは大ヒット。

米国人はこういうのが好きなのか。  
Posted by sobata2005 at 21:00Comments(3)clip!

2014年03月23日

今週のメディア

日経ヴェリタス 今週号

リフレ・反リフレ 黒田金融政策 有識者分析

3月24日(月)19:00〜21:54 日本テレビ 有吉ゼミ

川合氏の株の部分です。  
Posted by sobata2005 at 21:05Comments(0)clip!

阪神大賞典とスプリングS

ゴールドシップとアジアエクスプレス。

この二頭がしっかり勝ち切って、次のGIでも勝つのを見るための準備レース。

馬場適性から言っても、この二頭だ。

ゴールドシップの敗因は、体調と馬場。好調で阪神なら負けない。京都や東京では分からない。

アジアエクスプレス向きの中山の馬場。力で好位から押し切るレースを期待する。


  
Posted by sobata2005 at 08:10Comments(1)clip!

2014年03月22日

学生と会食

交換留学でうちのMBAに来ている韓国人学生夫妻とランチ。

有意義だった。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(0)clip!

2014年03月21日

彼岸

父と妻と新しいお寺に行った。

父と母の墓というか仏壇を見た。

複雑な気持ちだ。

墓という制度は続くのだろうか。  
Posted by sobata2005 at 19:30Comments(3)clip!

2014年03月20日

FOMCで暴落

イエレンの記者会見で、現在 ダウは大幅下落中。ドルが急伸し、ユーロ、円は大幅安、したがって、ダウは暴落でも日経平均先物は下げず。

今更何を、という感じだが、要警戒だ。もちろん、短期の仕掛けの要素が強く、明日以降は斑点の可能性もあるが、上がりすぎていたので、流れが変わる可能性もある。

今回は要注意だ。  
Posted by sobata2005 at 04:13Comments(7)clip!

2014年03月19日

明日のメディア あさラジ!

明日 20日 木曜日 朝 630ごろから730ごろ 

ニッポン放送 高嶋ひでたけのあさラジ!

  
Posted by sobata2005 at 10:49Comments(6)clip!

2014年03月18日

今日のメディア オトナカレッジ

本日 2100-2154 文化放送 オトナカレッジ

花王をやります。
   
Posted by sobata2005 at 18:08Comments(1)clip!

米国市場と日本市場

連動が薄れている。

正確に言えば、センチメントがずれている。

昨晩は、ニューヨーク株式市場は大幅反発。今日の日本市場は追随するだろう。

ずれているというのは、反発、上昇はニューヨーク主導。世界がこれに追随する。

下落、暴落は東京主導。東京が、何かの事件、イベント、あるいは何もなくとも大幅下落し、ニューヨークは少し追随する。というか、このニュースを少し織り込む。

この結果、ニューヨークは三歩進んで二歩下がり、日本は一歩進んで大きく転ぶ。

こうして、徐々にニューヨークと東京のさが広がっていく。

原因はセンチメントと言ってもいいが、昨年の反動、現在のポジションだろう。

実は、センチメントとは現在のポジションとイベントの融合の結果なので、同じことなのだが。  
Posted by sobata2005 at 07:07Comments(5)clip!

2014年03月17日

寝ぼけた月曜日

昨日は、RIP SLYMEとPerfumeのコラボのライブ。

楽しかった。

こういう軽いイベント、ライブの方が、素直に楽しめるし、くどくないあっさり味のPerfumeが楽しめるという点で理想的かもしれない。

そして、月曜日だが、どうも寝ぼけている。

私ではない。

わが洞窟のMarantz 7 と 9だ。

どうも寝ぼけている。

ステップダウントランスに問題があるかも、ということで、通常の100V に切り替えたからかと思ったが、土曜日の午後から電源を切ったままだったので、丸二日近く寝ていたからのようだ。

徐々に目を覚ましてきたようだ。

でも、これで聴いているのは宇多田だ。

Automatic

なかなかよい。


  
Posted by sobata2005 at 10:27Comments(1)clip!

2014年03月16日

フィリーズレビュー

前回のエントリーで、スーパークリークが抜けていた、という指摘を受けた。まったく、ごもっともである。

スーパークリークは菊花賞を勝つのであるが、あれは、私が生で見た2つの菊花賞のうちの一つであった。もうひとつは、オルフェーヴルだが、スーパークリークの圧勝振りの方が印象に残っている。

私の競馬の師匠、いや人生の師匠は、私が淀に乗り込むに当たって、ヤエノムテキは距離が持たないのでは、と主張する私に対して

「小幡。他にいねえんだ。ライバルが離脱していき、上がり馬もいない。今年はキタノカチドキのときと同じだ。」

と言った。

距離適性なども考え、まさにこの類推は妥当なものであった。しかし、結果は、ヤエノムテキは惨敗。スーパークリークは圧勝。

何より忘れられないのは、高校生のときから愛読していた日刊ゲンダイで、武豊騎手のレース前のコメントが、「勝つのはボクの馬」というものだったことだ。天才も、まだ二年目。このとき、19歳でクラシックを勝ち、関西リーディングもとることになるが、私は、天才というが、何を言っているんだ、こいつは、と思い、スーパークリークは無視していた。レース後、このコメント、断言したコメントに衝撃を後から受け、武に関する最も深い印象はいまだにこのときのものだ。

一方、ヤエノムテキは、この後、距離や早熟ということで評価を下げていくのだが、天皇賞で復活する。断然人気のオグリキャップが負けたあのときの4-4のぞろ目馬券はいまだに強い印象が残っている。師匠が大好きだった、メジロアルダンの方が一着だったらもっとよかったのだが。なぜか、主戦岡部はヤエノムテキのほうに乗っていたのである。

***

さて、フィリーズレビュー。桜花賞の前哨戦だが、かつてはメジロラモーヌのように、トライアル、本番ともに三冠という馬もいたが、一時期、トライアルはトライアル専用の馬がいて、トライアルの勝ち馬は本番では無用ということになっていたが、最近、再び関係があるような年も出てきた。

特にフィリーズレビューは、早熟の短距離牝馬が最後に勝てる重賞という位置づけだったが、近年違う場合があるのは、阪神の1400はそこそこ実力判定レースとしては価値の高いレースとなっているからだろう。

実力評価として適したレースとは何か。

底力を試すものである。

だから、東京は芝が軽すぎて、スピードだけの評価になってしまう危険性があるのだが、それを長い直線が補っている。とりわけ、安田記念やジャパンカップは、スローに流れることがなかったころは、直線での叩きあい、これでねじ伏せる馬が勝つということで、スピードと底力を備えた馬が勝ち残るのだ。ホーリックスとオグリキャップ、天皇賞のヤマニンゼファー、マイラーと呼ばれても、底力がある馬はここで好走することになった。

一方、参考にならないのが京都の芝コースだ。菊花賞の価値が落ちるのも、スローになってしまうと、直線でちょっと差す馬が勝ってしまうことになる。天皇賞のクシロキングは名手岡部の技ありだったが、それも底力が試されないレースとなってしまう可能性があるということだ。

安田記念よりもマイルチャンピオンシップは同じGIでも、価値が落ち、種馬としての価値も低くなる。

したがって、馬場は極めて重要だ。

2月だったと思うが、週間競馬ブックに書かれたJRAの馬場の改良の話は大変興味深かった。後編しか買えなかったので、どなたか前編を今から読む方法があったら教えていただけると幸いである。

私も凱旋門を勝つ馬を日本からコンスタントに出し続けるためには、底力を問うコースを作る必要がある。最重要なのは馬場だと繰り返し主張してきた。

馬場が変われば、直線チョイ差しの器用な馬だけ育てても駄目になるし、直線が広く長いコースになれば、実力が反映されたレースとなるし、また、レベルが高くなれば、直線一辺倒だけではなく、前半からハイペースで先行し、そのまま押し切るような馬、横綱相撲を取る馬が、勝利の栄光を得られるようになり、騎手のレベルも上がる。最後の要素は、ダートが日本の場合はこれに適しており、ダート競馬の発展が、日本馬が世界に通用するように、正確にいえば、世界最高の血統的背景を持ちながら、世界で勝てなかったのが、徐々に馬の実力をきちんと発揮できるようになってきたことに貢献しているといえるだろう。

地方競馬出身の騎手が優れているのは、JRAでお坊ちゃんとして育っておらず、もまれてきている、騎乗回数が多いということのほかに、騎乗スタイルが小回りダートで鍛えられてきたということも見逃せない。

中山の馬場がいつのまにか変わったことに、今週も注意が必要で、中山だからトリッキーで実力が反映されないという面がある一方、馬場的には底力が要求されるのが、中山牝馬であり、洋芝の阪神も同様だ。

さて、フィリーズレビューは、桜花賞は阪神のマイルで特に底力が要求されるが、1400でもそこそこで、アイムユアーズも早熟短距離馬で終わらず、いわんやメイショウマンボをやである。

そうなると、人気の二頭はどうか。ホウライアキコは、阪神ジュベナイルでは期待したが、僅差とはいえ、7着で失望だった。7着の印象で今回人気薄なら狙う手もあるが、なんと圧倒的一番人気。あのレースはレベルが高く、7着でもどの馬の実績よりも重いが、ここは、嫌ってみたい。なぜなら、それ以前の好走は小倉と京都の軽い馬場での逃げ切りで、底力は示されていないからだ。

ベルカントも同様で、朝日杯では飛ばしすぎての失速なので、ねらい目なのだが、底力、成長力の疑問から、今日は嫌ってみたい。

そこで、東京の重馬場を勝ってきた良血ヤマノフェアリーとなるところだが、これも二番人気で、狙いを下げる。

今日は、エスメラルディーナ。ダートと時計のかかる中山を二連勝して底を見せていないこの馬に期待したい。スピード不足の可能性もあるが、狙うなら今日しかない。

もう一頭は、ダンスアミーガ。阪神1400を勝ち上がってきたし、ミルコデムーロだし、なんといっても大好きな血統で、この下をグリーンファームで一口買いたかったほどだ。今日は、この二頭で。

穴は、須田氏も狙うリアルヴィーナス。バルジューも乗れているし、前走は超スローで度外視すれば。


中山牝馬の方は、古馬の牝馬は牡馬との対戦成績を重視ということお決まりのパターンにつきる。

狙いは、エクセラントカーヴ。しかし、一番人気。人気が下がることを前提にこれを本命。そして、アロマティコ、フーラブライド。ノーブルジュエリーの順。結構人気なので、穴を狙うならアグネスワルツ。すべて人気次第だ。


  
Posted by sobata2005 at 07:46Comments(4)clip!

夢十夜 第四夜

夢を見た。

私は、どこかへ出かけようとしている。

電車に乗った。中央線のような雰囲気だ。しかし、近くでもないが、そんな遠くに行くわけでもないはずだった。

寝てしまったようで、ふと目を覚ます。

あたりは、全く見知らぬ光景どころか、山間の風景が広がっている。

これは。しまった。寝過ごした。降りないと。

しかし、ここはどこだ。かなり遠くまで来てしまったことは確かだ。

車内の路線図を見る。まったくわからない。

周りの人たちも無関心だ。聞くことが拒まれている感じだ。

ともかく、降りる。駅についた。

もう夜になりかけている。あれ。山間の風景のときは昼だったのに。

いつのまにか、私は改札を出て、切符の券売機の上の路線図を見ている。

駅員もなぜか見当たらない。しかし、改札の外は、いきなり、車の往来が激しく、多くの人が行き交っている。

路線図を見ても、なぜかさっぱりわからない。

ここにきて、突然、私はタクシーの運転手を捕まえて聞く。ここはどこだと。

聞くなら駅員か、歩いている人にすればいいのに。わざわざ、タクシーを止めて、その中の運転手に聞いている。

しかし、運転手は嬉しそうに、ああ、そりゃだめだな。ここは岐阜。

そのとき、電車がホームに入ってくる。駅舎のはじに改札があり、その隣に踏切があるが、そのすぐ手前のホームに電車が入ってくる。

ああ、これで浜松まで戻ったらいいよ。

浜松行くんですか。そこから新幹線に乗ればいいか。

私が口にしたわけでもないのに、タクシーの運転手は、車の窓から身を乗り出して言う。

でも、浜松に着いたら11時ごろだけどね。

それでは間に合わない。新幹線がない。

明日は仕事がある。どうしよう。そうか、名古屋だから、明日の仕事はなぜ突然名古屋だったのか、自分でも驚きながら、そう頭の中でぐるぐる思考が回りながら、浜松に泊まってそこから行くか。今日は家に帰れないからいいか。

明日の仕事に間に合うかどうか、不安だが、なぜか、私は、ここがどこかわかったことに一番ほっとする。

そこで目が覚めた。

***

恐怖感で一杯だった。

不安で堪らなかった。

隣の妻を抱きしめようかと思ったが、今日に限って、なぜか寝相が悪く、私を蹴るような体制になっている。昨日、ダンスパーティでデモをして遅くなったから、起こすわけにいかず、リビングに移る。

汗をぐっしょりかいていた。

寒いリビングで、下着を換える。

寒く鳥肌が立つ。

不安がさらに高まった。

今日から、やり直そうと。

決意した。  
Posted by sobata2005 at 06:17Comments(1)clip!

パラリンピック 最悪の話

こんなバカな話があるのか。

正しいコースを滑った選手が損をするというのは?

パラリンピックもオリンピックも運営側の問題がありすぎる。

競技数も減らして、予算や宣伝も減らして、純粋に淡々と競技をしたらいい。

開会式も閉会式も全くの無駄で、個人的に見たこともないが、あれもカネの無駄遣いだ。

あのカネを運営の公正化、適正化にまわすべきだ。  
Posted by sobata2005 at 05:10Comments(0)clip!

2014年03月15日

休日

散歩した。

楽しかった。  
Posted by sobata2005 at 21:30Comments(0)clip!

2014年03月14日

小保方氏問題

ひどい。酷すぎる。

勝手に持ち上げておいて、ここまで責め立てる。

組織は自己防衛をするだけだし、メディアは勝手に持ち上げて貶める。往復ビンタだ。

これを勝手に批判する素人たちも最悪だ。

これは、専門家の世界における専門的な議論であり、すべては専門家の世界に任せるべきだ。

政府も大臣も出る幕はない。

すべては専門家の業界の審査、論争、掟に従うだけのことだ。

記者会見に応じたすべての専門家はプロフェッショナルとは言えない。

日本という社会に絶望せざるを得ない。  
Posted by sobata2005 at 22:14Comments(88)clip!

世界株式市場下落

日本が昨日の夕方下がったのは、中国の経済指標が良くないという説明。

ただ、これは、これを材料にしたい、してしまうセンチメントが投資家の間に広がっているということで、株式市場が一進一退であることを示している。今朝上がったのは昨日下がったからで、それ以外の何物でもない。

一方、昨晩から今朝にかけて米国市場が大きく下がったのは、ウクライナ情勢。いよいよロシアへ米国の経済制裁が決まるか、ということで、一本調子に下げた。

この下げ方は、取引開始直後は下がってないのに、徐々に下がり続けるという点で珍しい。

これを、ウクライナ情勢は新しいニュースではないということを示していると同時に、米国株も上がりすぎたことの調整という面があるものの、需給が本当に悪いということを示してもいる。

もう投資家は淡々と出口へ向かっている(少なくとも短期的に)ということだ。

これを事件と見るか、むしろ健全な調整と見るかは、分かれるというか、そのときの投資家たちのセンチメントと都合によるものだろう。

日経先物深夜は、円高が進んだこともあって大きく下げている。為替もダウも一本調子の下げで、この下げは、短期的であるにせよ、本物であると見る。

これは意外と重い事実だ。

転換点の可能性もある。  
Posted by sobata2005 at 05:04Comments(7)clip!

2014年03月13日

ビットコインという通貨

Posted by sobata2005 at 06:24Comments(0)clip!

2014年03月12日

ショックなこと

愛する人に愛されないことか

愛する人を失うことか

愛する力を失うことか  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(1)clip!

2014年03月11日

今日のメディア オトナカレッジ

本日 11日火曜日 2100-2154 文化放送 オトナカレッジ

今日は、JALです。

  
Posted by sobata2005 at 18:26Comments(10)clip!

2014年03月10日

今日のメディア 有吉ゼミ

3月10日(月) 日本テレビ 19:00〜20:54

本日出演です。発言は株のところだけですが。

  
Posted by sobata2005 at 14:45Comments(4)clip!

経済は本当に良いのか?

1月の経常収支は、過去最悪の赤字。

そして、昨年10-12月のGDP二次速報は一次速報から下振れして、成長率は0.7%。

これで日本経済の状態はいいと言えるのか。

短期の景気循環だけが良い状態だったはずだが、それも危うくなってきた。  
Posted by sobata2005 at 10:31Comments(2)clip!

ビットコイン

くどいようだが、理解しない人が多いので繰り返す。

マウントゴックスの事件は、ビットコインの事件そのものであり、今後繰り返されるだろうし、それはマウントゴックスの問題ではなく、ビットコインそのものの問題なのだ。  
Posted by sobata2005 at 09:14Comments(3)clip!

2014年03月09日

ヴィヨンの妻

妻が、ヴィヨンの妻がストーリーに関係する演劇を見てきて、読みたいというので、洞窟から引っ張り出してきた。

岩波文庫版だが、改めて読んでみて、それから妻に渡した。

やはり、上手い。

私小説的なものを上手く書くのは、簡単なようで、実際、簡単なのだが、だからこそ、読者に読ませるものを書くのは難しい。

彼は、やっぱり上手いなと思った。  
Posted by sobata2005 at 19:00Comments(1)clip!

2014年03月08日

弥生賞

断然人気は、トゥザワールド。

しかし、須田鷹雄は、とりこぼしの可能性を指摘している。

弥生賞を断然人気で負けたといえば、サッカーボーイ。

これで、内山は降ろされ、NHK杯から河内に替わった。

しかし、河内でもNHKも勝てず、それでもダービーでも一番人気で、結局大惨敗。

しかし、当時は、皐月賞に出られなかったサッカーがNHK杯に出走したのはよいとして(でも私は出るべきではなかったと思う)、これらの三戦とも出る馬もいた。ダービーも24頭立て。28頭の時代よりはましだが、それでもごちゃつく。今はそういうこともない。先日、馬場の目に見えぬ改良の話が週間競馬ブックに出ていて、大変興味深かったが、プロ野球のボールとは違って、これは素晴らしいことだ。JRAも日本の競馬も進歩しているのである。しかし、馬券を考える上では、JRAの馬場は大きく変化していることに注意が必要だ。

さて、サッカーは22番枠だったが、河内は枠ではなく距離で負けたと言っていた。

結局、サッカーはGIはマイルチャンピオンを勝っただけで、4歳で(今の3歳)引退した。

しかし、同期は絢爛豪華で、皐月賞はヤエノムテキ、ダービーはサクラチヨノオー、2着は大好きだったメジロアルダン、3着は柴田人のコクサイトリプル。大きいところは取れなかったが、トウショウマリオ。もしろんそして、偉大なオグリキャップがいた。

しかし、サッカーは距離と言われ、マイルでGIを勝って引退。早熟のマイラーと思われており、晩成型のステイヤーを多数輩出することになるとは、山野浩一の血統辞典を高校生のときから肌身離さず持っていた私には驚きだった。血脈はステイゴールドを通じてオルフェーヴルにも繋がっている。ステイゴールドの大成功も予想できなかったが。

さて、ここは、それでも、やはりトゥザワールド。三連勝で底を見せていないのをやはり高く評価したい。弥生賞は、馬券を外しても、後のダービー馬を応援するレースであり、そういう馬が勝ちあがらないとクラシックは盛り上がらない。

須田氏も指摘しているように、気になるのは馬場適性で、軽い京都ばかりなのが心配だ。サッカーボーイの当時と違うのは、馬場、コース適性が重要になっていることで、それは、馬のレベルが上がっていて、条件によって逆転がすぐに起こるということだと思う。

それで、一応の相手というか逆転の可能性は、ワンアンドオンリー。人気がいまいちのようだが、他のライバルたちは、好走しただけで勝っていない。やはり、勝つことは何よりも重く2着とは価値が違うということで、これもエリートレース、しかも重めの阪神を勝って来たことを重視したい。

GIでもないのに、力が入ってしまったが、それは、上海馬券王とかんべえさんのコメントを期待しているからである。
  
Posted by sobata2005 at 05:41Comments(11)clip!

2014年03月07日

プライムニュースパーティ

鬱々としていたが、雪の中をジョギング後、出かけてみた。

いいことがあった。

若い才能と出会えた。

八木さんと話が出来た。

そして何より、師匠との縁が復活した。

明日から頑張ろう。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(3)clip!

2014年03月06日

ビットコイン、貨幣、バブル

要約版をアゴラに投稿。  
Posted by sobata2005 at 11:03Comments(9)clip!

2014年03月05日

間合い

雨の日にでも履けるように、安藤製靴のバイクブーツを買った。

思った以上に気に入った。

早めにおろしてなじませようと思っていた。予想以上に良ければ、3月末までにもう一足駆け込もうかと。

それで今日から履こうとしていた。

雨だった。

履くのをやめた。  
Posted by sobata2005 at 08:31Comments(3)clip!

2014年03月04日

本日のメディア オトナカレッジ 始まります

本日 2100-2154 文化放送 オトナカレッジ 始まります

今日はブラジルです。  
Posted by sobata2005 at 20:43Comments(0)clip!

ビットコインはねずみ講か

Posted by sobata2005 at 11:22Comments(9)clip!

ビットコインとは何か

アゴラに投稿

あまりに長いので、普通は読まない方が良い。ただ、ブログの読者には薦めたい。  
Posted by sobata2005 at 05:16Comments(3)clip!

2014年03月03日

ウクライナ

ロシアの典型的な行動パターンだ。

第二次世界停戦の終了時、攻め込んできたのも、前回のオリンピックのときも。

ロシア人とロシア文学は好きなのだが、国家としては好きではないし、これは結局、利を得られないのではないか。

  
Posted by sobata2005 at 20:30Comments(1)clip!

2014年03月02日

競馬とオーディオそして将棋

上海馬券王との共通項。

かんべえさんもオーディオをすればいいのに。そうすれば三人でperfumeみたいなのにね。

中山記念は、私が現役で一番好きな馬の一頭、ジャスタウェイが完勝。さすが横典。予想は当たったが、馬券はwin5のみなので。しかし、ジャスタウェイは私が追いかけるのをやめた毎日王冠から強くなった。私がいないほうがいいのね。表立って応援せずに、これからは陰で見ているわ。私は少し女性的なところがある。ジャスタウェイは本当に強い。毎日王冠を好走する馬は、本当に強い。天皇賞馬よりも強いかもしれない。これが私の遺言だ。

将棋はNHKトーナメントで、西川が私の大好きな石田流で惜敗。郷田も好きだが、本局は彼のスーツが印象深かった。おしゃれなのかな。羽生がいないとやはりつまらん。羽生は、わたくしにとってははにゅうではなくはぶ。

オーディオは、ピンケーブルを日立に戻したら、やはり問題が。半分替えて、モンスターケーブルの安いやつ。mimesisと違って、marantz 7はRCAコネクターがゆるゆるだからこちらでやるしかない。まあいいか。

電源は200Vに戻してみた。ウォーミングアップに少し時間をかけて、最初はヴォリュームを絞ったままで、機器もひとつずつ、順番に間をおいて電源を入れることに。これで問題一応解決。音はやはりこちらの方がちょっといい。

そして、原稿が行き詰ったので、懸案だったスピーカーケーブルを替えることにした。

10年以上前に、御茶ノ水のユニオンの仮店舗?で買ったaudio questのBedrockという、今では検索しても見つからない不思議なケーブルを使っていた。銅の単線で不思議なことに4本が2セットつながっている。だから、B&W nautilus805にバイワイヤで接続するときは、単線端末未処理でバイワイヤが出来るすぐれものだった。これをmarantz 9用に流用していた。9はスピーかー端子が極めて扱いにくく、裸線しかつながらない。そして、単線が一番接続しやすいのだ。しかし、4本のうち1本だけをつないでいたから、ちょっと嫌だったので、単線ケーブルをオヤイデで買っておいたのだが、面倒でつないでいなかったのだ。端末の被膜をむくのが面倒なので。

しかし、先日、ニッパーならぬ被膜むき専用の工具をアマゾンで買ったので、日経新聞の記事も終わったので、気晴らしにやってみることにした。

ケーブルはacoustic reviveのspc-referenceというもの。端末処理していないから、マニアとしては安いケーブルとなるが、私としてはケーブルにカネをかけるのはアホというかかっこ悪いので、もっと安いものにしたかったが、オヤイデで売り切れだったので、2割引だったこれを買った。exclusiveには太い線材の方がいいというので、これは単線としては太かったので、これにした。

ケーブルに凝るのはアホで、コストパフォーマンスもエネルギーパフォーマンスも悪いのだが、残念ながら、今回は、変更で大分音が良くなった。

すみません。どうでもいい話を延々。

ついでに、DAコンバーターはsoulnote sd2.0というものを使っているのだが、これが192とかでなくCDの44.1で受けた場合に断然音がいい。PCから入れているのだが、ソフトは、吉田苑推奨のまだ開発中のソフトWave File Playerというやつを使っている。この組み合わせは抜群に音が良い。

ああ、言いたかったのは、sd2.0は電源部が別筐体になっているのだが、電源ケーブルを義理の弟にもらったオヤイデのtsunami nigoという電線で作ったものに替えた。2つ同時に替えたので、どれが効果があったのかわからないが、スピーカーケーブルの影響は大きいようだ。

週末の休憩エントリーでした。

  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(15)clip!

2014年03月01日

ビットコインとマウントゴックス

根拠ない議論は慎みたいが、物証はないが、第一感は、自作自演か確信犯的盗難だ。

  
Posted by sobata2005 at 11:26Comments(8)clip!