2014年12月31日

大晦日ゼミ

今日は大晦日だが、ゼミを行った。

充実していた。

このように来年は、久しぶりに常に全力で頑張らねば、と決意した。

あまり、決意することはないのだが、自己嫌悪にも飽きたので、という決意だから、普通の決意と違って、逃げの決意だ。

来年は、自己嫌悪から走り出して逃げ続ける年にすることにした。

良いお年を。  

Posted by sobata2005 at 22:18Comments(1)clip!

2014年12月30日

オトナカレッジ 生放送 まもなく始まります

生放送です。

道路は空いてますね。  
Posted by sobata2005 at 20:47Comments(12)clip!

そういえば 今日 オトナカレッジ あります

本日 2100-2154 文化放送 オトナカレッジ

生放送です。

中身は、ええええと。。。。 開けてのお楽しみ、福袋ですね。 僕にとっても。  
Posted by sobata2005 at 12:28Comments(1)clip!

2014年12月29日

今年一年

振り返る余裕がいつもないが、というより振り返るということ自体が好きでないからか、考えたこともなかったが、今年の明るいニュースって何かありましたか? と聞かれて、返答に窮した。

世の中的には、どうなんだろう。

個人的にではなく、世の中をあまり上手く思い出せず、まったく思いつかなかった。

いったい何があっただろう?  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(3)clip!

2014年12月28日

有馬記念 パドック

テレビで見る限りは、エピファネイヤが断然良く見えたが。。。。  
Posted by sobata2005 at 15:05Comments(2)clip!

上海馬券王の有馬記念

待望の予想がアップされた。遅いじゃないか、今日は。

前口上は、いつもにもまして、コンパクトで切れがあり、素晴らしい。と思うのは、やはり馬券の運命を最近ともにしつつあるからか。

私の方は、かんべえ師匠に頼まれたと言って、ウイニング競馬を録画していたら、妻に、なんでこんなの録る必要があるの、かんべえさんにあげるの、なんで、この女の人のことばっかりやっているの、寿退社でいちいちとりあげないといけないの、競馬が好きなの、この子が好きなの、問い詰められた。

確かに、有馬の追い切りを見せて欲しかった。吉沢さんの追い切りの評価が聞きたかった。しかし、ワイドで最後の出演をぶち当てるとは,植田もやるな。ちなみに、有馬はジャスタウェイだった。ジャスタウェイは美女に人気があるな。JCでも、なんとかっていうアジア一の美女が Just a way~ と発音良かったな。美女は強い男が好きなのか。俺らは捨て子の弱い部分に愛を感じるが。

しかし。上海馬券王の予想は、なんか普通だね。自分と考えが似ているからか。似たもの同士傷をなめあっているということか。ヴィルシーナ。くさいと思うよ、俺も。

有馬なんかばかばかしい。

黒田かんべえもばかばかしい。

かんべえさんのだじゃれも馬鹿馬鹿しい。

俺は別の黒田でいそがしいんだ。

ピケティよりも黒田だよ、世の中を動かすのは。

格差なんてくそ食らえ。

レースが終わったら、ものすごい格差つくんだぞ。ほぼ全員が底辺になるんだぞ。それに毎週もまれてんだぞ。俺らは。てやんでえ。


来年も黒田かなあ。
  
Posted by sobata2005 at 07:16Comments(5)clip!

2014年12月27日

有馬記念

有馬記念は、JRAが生み出したイノベーションで、これほど成功した馬券レースはない。やはりJRAはさすがというべきで、世界で唯一、馬券産業が活気をなんとか維持している地域であることは、JRAによるところが大きい。

一方で、これを支えているのは、ギャンブル大好きであり、ギャンブルに対する寛容度のもっとも高い日本国民である。

一般に思われているのとは異なり、日本人はギャンブル好き、リスク大好きな人々であり、インテリが宝くじを買ったり、馬券が広く話題になったり、庶民のデート先として競馬場が選ばれる国は、ほかにはない。

英国やフランスの競馬は社交場だという人々もいるが、彼らは、馬券を買っているのではなく、所有馬を走らせているのであり、友人の馬を応援に行っているだけであり、ついでに馬券も買うが、それこそお遊びというか、余興であり、世界が違う。


今年の有馬記念は、JRAはさらに力を入れているようで、メディアの宣伝も華やか、かつ多岐にわたっており、日経新聞の連載も力が入っている。株や増えたボーナスで潤った人々を取り込む戦略としては素晴らしい。

しかし、今年、まれにみる一流馬の勢揃いとなったのは、その一環だとは思いたくない。

阪神Cのところでも書いたが、この厳寒期、シーズンオフに、目標レースを終え、ピークを過ぎた馬たちを走らせるのは、リスクも高く、翌年以降のレースにもよくないし、繁殖や種馬にとっては事故の可能性もあり、リスクが高いだけであり、馬のことを考えていたら出さないはずだ。また、繁殖や種馬としての価値も、中山の2500というトリッキーなコースを勝ったところで、運が良かっただけのことであり、今年は年度代表馬というタイトルがかかっているというが、生産の世界はシビアでそんなものは関係なく、関係者が年度代表馬となってうれしいだけで、馬は関係ないから、全く意味がない。

今年の有馬は最悪だ。


今年は、冷静な馬券予想は止めて、競馬の筋論だけで予想をしようと思う。

実力馬勢揃いで、格から行くと、ジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、エピファネイヤ、ゴールドシップという超一流馬に対し、実績では引けを取らないが、いまいち華やかさのないフェノーメノ、格から行くと足りないが、昨年オルフェーヴルに二着で、今年の天皇賞も二着のウインバリアシオン。 この馬たちの争いだと思う。

しかし、まず、凱旋門に出走した馬がここに出ているのはおかしい。長距離輸送、海外競馬、関係者も含めた大きなプレッシャー。その中で10月頭にピークに持っていた馬に、12月末におつりがあるはずがない。もしおつりがあるなら、そんな心構えで凱旋門を使うな、ということだ。

ジャスタウェイは懸命に立て直して、ということのようだが、距離もコースも不適で、凱旋門の後は引退すべきだった。種馬の価値も、ここで勝っても上がらないし、負ければ下がる。経済合理性もない。2億円あるいは7000万円がほしいだけ、年度代表馬がほしいだけか。しかし、調子は絶好調のようで、勝つかもしれない。一流馬の決着となったタマモクロス、オグリキャップの対決も、タマモクロスは、天皇賞、JC,有馬と秋三戦ときっちり決めた中での出走なので意義が大きかった。それまでは、天皇賞ぶっつけというは考えられなかった。それと、JCがまだローテーションとして根付いていなかったこともある。しかし、ジャスタウェイは違う。JCも有馬も使う意味が見いだせない。オルフェーヴルの有馬ももちろんそうだが、あれはファンのために走らされたのであって、ファンが悪かった。

一方、ゴールドシップは、何をしに凱旋門に行ったかわからないレースをして帰ってきたが、だから出るのだろうが、やる気がないなら、凱旋門など行かずに、当初からここだけを狙うべきだ。コースもすべて彼のためのようなレース。それを見込んで現時点一番人気だが、もっともこのレースに向く珍しい一流馬だろう。

ジェンティルのような超一流牝馬はこのレースに出るべきでなく、実際、彼女もいままで出たことがない。前走に不満が残ってもう一丁、引退するから来シーズンの調整は考えなくていいから、ということもあるだろうが、一流牝馬が引退レースとすべき舞台ではない。ついでに、メイショウマンボもヴィルシーナもさっさと母体づくりに専念させるべきだ。

エピファネイヤはやっとはじけたが、福永のnetkeibaのコラムとパドックを見れば、そして、スミヨンということを考えれば、予想はできたはずで、個人的には反省しているが、彼にとっては、このレースも勝って、幸運なことに超一流馬が中途半端に多数出てきているので、王者の地位を確立するには絶好のレースとなった。彼のためのレースともいえるが、前走でプロの予想者は全員、彼を本命にする勢いだが、そこが馬券的には落とし穴か。川田とスミヨンの違いをどう考えるか。技術云々ではなく、欧米人の馬との関係、彼らは、主従関係を確立しているので、精神的に容易に抑え込むことができる。日本人は優しいので馬の気持ちを大切にし、優しく彼の気分を優先させる。馬優先主義と、このやさしさとは違うのであって、馬文化という意味では、あるいは貴族文化、植民地文化の欧州とは永遠に埋められない差がある。

ということで、明日の有馬は、フェノーメノ。

蛯名に乗ってほしかったが、仕方がない。彼にとっては、復活のチャンスがやってきたのであって、中山がベストとは言えないが、実績は一応あり、スタミナ勝負になれば。枠も良い。田辺ジョッキーは素晴らしい腕の持ち主で、福島出身のイケメン騎手として、ここで一花を期待したい。

そして、ウインバリアシオン。中山2500とは、まさにこの馬のためのレースで、彼はステイゴールド産駒かと勘違いしてしまうほどだ。彼にとっては、ここしかないので、一発を期待したい。足元の不安が不安だが、それはほかの馬も同じだが、馬券のためでなく、彼のために無事を祈りたい。

明日は、カネのためではなく、馬の生産者のため、馬のため、目先ではなく、大きな発展を願って、この二頭を応援したい。





  
Posted by sobata2005 at 07:41Comments(9)clip!

阪神C

有馬が難しすぎるので、とりあえず、まずこちらを。

出走馬が揃いすぎているのが気に入らない。

この厳寒の時期に、そもそも競馬をやることに反対だが、それに出てくる一流馬はもっと悪い。

もちろん、馬は自分の意志で出てくるわけではなく、金に目のくらんだ人々が出してくるのだ。

サラブレッドは、我々の欲望に振り回される哀れな動物たちであり、自分自身も大きな罪悪感を感じるが、その中でも一抹の良心、いや競馬の筋は通すべきであり、馬優先主義で行かないといけない。

競馬とは資本の論理が貫かれているから、金に翻弄させるのは、むしろ競馬の筋として正しいのだが、金に目がくらむとは、短期的な金に目がくらむのがよくない。

競馬のリターンは、ほとんどが生産からなりたつ。したがって、牡ならば種馬になること、牝馬なら繁殖牝馬として偉大な母になることが最大目標だ。

したがって、一流馬が小銭稼ぎに、厳寒のレースに出ることは経済合理性がなく、悲運のテンポイントはもちろん、シャダイソフィアに対する善哉の涙を息子たちは忘れたのか。

よって、ハクサンムーン、コバノリチャード、ミッキーアイルがこのレースに出てくる時点で気に入らない。ほかにレースがないといえばそれまでだが、それでも出すべきではない。コバノはダートが全く合わなかったとは、出す前にわかるはずで、このような使い方はあり得ない。ミッキーアイルは信頼する音無先生で、ほかに使うところがない、ということだし、始動が遅れたから、まだ今シーズン三戦目であるから、悪くはないが、無事を祈りたい。

一方、二流馬としては、ここで稼がないと、自分の運命がどんどん悪くなっていくので、勝負どころだ。

ここが絶好なのは、サンカルロ。ここしかない。展開も絶好だ。

あとはダイワマッジョーレ、リアルインパクトあたり。

ホエールキャプチャは走らずに引退するべきだ。  
Posted by sobata2005 at 07:01Comments(5)clip!

2014年12月26日

STAP細胞を大きくしたのは誰か

メディアである。

あるいは、なぜか、一研究者を宣伝に使おうとした研究機関である。

これは、単なる1研究者(あるいは1研究グループ)のインチキ研究である。

その不正を学会で学会として、処罰すれば、それで終わりだ。

彼女が研究者として退場させられて、それで終わりだ。

日本の評判のロスや、社会エネルギーもロスもなかった。

何でもない、単なる不正研究の1つに過ぎないモノを大騒ぎして、大きな社会問題にしてしまっただけだ。

1研究者も、研究者としては抹殺されたかもしれないが、人間として死ぬことはなかった。

彼にも責任はあるだろうが、殺したのは我々だ。

今年、最悪の事件だ。

NHKもこの記者会見をわざわざ放映することはない。

我々の堕落が、この事件を大きくしてしまったのだ。

  
Posted by sobata2005 at 10:14Comments(16)clip!

オトナカレッジ

文化放送 26日 金曜日 もう今日ですが。

オトナカレッジあります。 21時から。

よろしくお願いします。  
Posted by sobata2005 at 00:12Comments(1)clip!

2014年12月25日

渡辺 舞

訳あって、今一押しの女優だ。

競馬好きというのも素晴らしい。

応援します。

来年1月から まっしろ 出演です。  
Posted by sobata2005 at 08:53Comments(6)clip!

2014年12月24日

オトナカレッジ 講演会 2015年1月26日

開催されることになりました。

抽選になるようです。  
Posted by sobata2005 at 12:06Comments(4)clip!

2014年12月23日

12月25日 サイン会

終了後、サイン会があるそうです。小黒さんだけではなく、僕もやるそうで。意味わかりませんが。  
Posted by sobata2005 at 19:36Comments(3)clip!

公開討論会のお知らせ 12月25日

19時からです

小黒一正氏、小幡績氏、城繁幸氏公開討論会  〜2015年、財政、経済、雇用はどうなる !?〜
『財政危機の深層』(NHK出版新書) 刊行記念


  
Posted by sobata2005 at 19:34Comments(2)clip!

大学の終わり

終わりだ。

中教審とやらの答申が出た。

そもそも、中央教育審議会とは、名前からして終わっている。今に始まったことではないが。

脱「知識偏重」を目指すそうである。

大学入試 多面的に評価 という見出しもある。

強引に答申を出したのが、某大学の元塾長ということだが、いかにもである。

某大学は、ある企業が、学歴を排除して、ブライドにして面接をしたところ、その大学の採用割合が(次の面接までの突破比率が)倍増したそうである。倍増とは文字通りどころか、4倍になったそうだ。

面接に強いのである。

大学は企業採用とは違う。

学問をするところだ。

知識もなければ終わる。

では入試で何を問うのか。

思考力。それは素晴らしい。

しかし、今の枠組みでも、いや、今の枠組みこそ、センター試験で基礎知識を問い、東大などの有力大学では、二次試験で思考力を問うている。

今の学力試験がなかったら、日本の入試制度の唯一の良いところがなくなる。

学力以外に何を問う必要があるのか。

知識以外の学力は極めて重要だ。だから、きちんと問うている。

センター試験も、あれだけの大規模な試験ながら、なかなか良い問題を出している。

問題は、入試問題を改善することで済むのだ。

本当に日本は崩壊してしまう。

大学の終わりが日本の終わりをもたらす。

終わりだ。  
Posted by sobata2005 at 08:17Comments(9)clip!

2014年12月22日

明日のテレビ出演 BS日テレ 深層NEWS

23日 火曜日 2200−2300 BS日テレ 深層ニュース

 点検!日本経済のいま 2015年景気どうなる?
【ゲスト】小幡績(慶応義塾大学大学院・准教授)
     片岡剛士(三菱UFJリサーチ&コンサルティング・主任研究員)  
Posted by sobata2005 at 21:47Comments(1)clip!

2014年12月21日

プンプン

上海馬券王とブログでなんか対話みたいなことして、そのせいか何か、とにかく絶不調。人のせいにしているところが、絶不調極まりない。

かんべえ先生も、俺のこと無視するし、キャプテンの前に、俺だって推奨していたジャン。アイムオマワリ。

名前間違えたから? 名前なんかどうでもいいじゃん。

しかも、このイベント呼ばれてないし。

ま、忘年会は一切いかないのを誇りにしているし。え?辛気臭いお前が呼ばれていないだけ? 断り続けたから呼ばれなくなっただけさ。仕事も終わっとらんし。

しかし、そもそも、この本の企画にも呼ばれなかったし、そもそも連載にも加えてくれなかったし。

馬券予想が当たらないからか? 黒田日銀の予想でもしてっろって、別の変なコラム書かされて。

退屈なら、女子のことでも書けばって、バーナンキはなぜか女子を後継指名してくれたし。

でも、どうせ女子なら、牝馬の方がいいわい。上海にも負けないくらい牝馬好きだぞ、俺は。

あああああああ、きいいいいい、という気も起きない。

宇多田でも聞いて寝るか。

Ultra Blue.


  
Posted by sobata2005 at 19:42Comments(11)clip!

絶不調

上海馬券王のかつての鬱が私に乗り移ったようである。

絶好調の彼に比べ、私はすべて絶不調。

かつての彼の鬱が私に乗り移ったか。

先日、風呂で、きぃいいいいいーーー!

と叫んでしまっている自分を見て、さらに落ち込んだ。  
Posted by sobata2005 at 08:34Comments(6)clip!

上海馬券王

絶好調だ

予想ではなく、コラムがである。

今までで最高だ。

描写内容も競馬に直結しており、今までで一番無理がない。

仕事が忙しい方がプライベートも好調とはよくいうが、上海馬券王の恋愛事情というものも一度聞いてみたい。

しかし、印の軽い4番手の馬だけの話をするとは、予想とは無関係なのだが。。。。  
Posted by sobata2005 at 08:32Comments(6)clip!

2014年12月20日

日銀 原油緩和

黒田氏が本気でリフレ政策をするならば、国債や株ではなく、原油を買ったらよい。

これこそ、異次元介入だが、物価を上げたい、下げているのは原油、それなら円安進行による全面的な所得の流出ではなく、原因を元から絶って、原油を買いまくればよい。

株式市場への影響があるのではないか、という日経CNBCの直井氏の鋭い質問に、黒田氏は、「国債を買えば、国債価格が上がるのだから、当然株を買えば株価に影響はある」と述べた。

株価買い支えを明言したのだから、そして、株価が目標ではなく、物価目標、下落の原因は原油だから、原油を買いまくったらよい。

日銀、異次元緩和、量的。質的、実物的緩和だ。  
Posted by sobata2005 at 08:31Comments(12)clip!

2014年12月19日

朝日杯FS

不快なことがあったので、というわけではないが、やけくそ予想を。

まずは、明日の愛知杯。アイスフォーリスとサトノジュピター。どちらもかなりの穴だ。

後は、中山大障害。かつては有馬記念の前日だったはずだが、1週前になった。これは、師匠の遺言で、中山大障害未経験馬は、人気でも切れと。アポロマーベリックを中心に、バアゼルリバー、リキアイクロフネ。大穴でサンレイデュークにメイショウヨウドウ。

朝日杯は、かんべえさんは大好きなアッシュゴールドのようだが、やはり人気先行。私も大好きだが、馬券は大穴でアルマワイオリ。ずっとアイムオマワリだと思っていたが、どうでもいい。わたくしは、ユンソナはかわいい顔してエロいんだと思っていたら、インリンと間違えていた前歴もある。ユンソナはM字はしない。さらに大穴でペプチドウォヘッド。

どうにでもなれ。



  
Posted by sobata2005 at 17:38Comments(9)clip!

2015年の日銀はアウェイの戦い

Posted by sobata2005 at 06:12Comments(6)clip!

2014年12月18日

運命

占いでは、環境の変化が起こる、ということだったが。

起きなかった。

占いが外れていたのではなく、自分の力不足、努力不足だと思う。

それと。

やはり、出会いとか運命とか、あって。それに対する自分の気まぐれ的な反応があって。ささいなタイミングがあって。

それでいろんなことが起こるのだなと。

千代田線に乗りながら思った。

今日見た夢は。

海外旅行?在住? から帰ってくる飛行機の便に乗れなくなる話。荷造り、本を持って帰るのを忘れていて。

夢十夜。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(1)clip!

2014年12月17日

ダウ 危険な暴落

これはちょっと事件だ。

ダウは111ドル安。その水準よりも、一日の中で高値から360ドル安で引けている。

引け値がその日の最安値。

最悪の形の下落だ。

もはや下落は調整を超えてきたか。  
Posted by sobata2005 at 06:14Comments(8)clip!

2014年12月16日

オトナカレッジ まもなく始まります

文化放送 2100-2154 

今日は何でも質問を受けます。  
Posted by sobata2005 at 20:50Comments(3)clip!

日本社会には野党は存在しえない

選挙における最大のレッスンは、日本には野党は存在しえない、ということだ。

公明党は明示的に与党だが、かつての55年体制の社会党も、野党という名の与党であり、既存の権力の枠組みに組み込まれていた。

単に、権力を狙わない脇役に徹した与党だったのだ。

だから、今後も、野党は存在しえない。

野党になった瞬間に、その政党は終わる。

それを一番よく知っていたのは自民党だ。

民主党による政権交代が起こった時、自民党が恐れたのは、野党時代が続くことだ。自民党は与党であり、野党ではありえない。地方組織、事務組織、すべての組織が与党であることを前提に組み立てられており、野党であることに耐えられないからだ。

新生党における失敗を民主党は繰り返した。

彼らが権力を握るためには、野党になりえない自民党を野党であり続けさせることが最優先課題であり、そのためには、政策などは二の次で、与党(連合)を何が何でも維持することだけが重要だった。

しかし、それに失敗した。

選挙を繰り返せば、自民党が必ず浮上してくる。

なぜなら、自民党だけが組織的な選挙戦を戦えるからだ。

政党の中で、組織として体をなしているのは、公明党と共産党を除けば、自民党しかないからだ。

ほかの政党は、すべて、都市部の世論、という政治の素人の気まぐれのムードに依存することでしか、勝てないからだ。風がない場合には、ボランティア的な、いわゆる勝手連に依存するしかなく、個別にこれで勝利する逸材もいるが、広がりはなく、この力も一時的、その場しのぎであり、ある意味、一度勝ってしまうと、むしろこれで勝ち続けるのは難しくなる。

一部、なんらかの背景を下に、個人商店として当選を続けられる場合もあるが、それでは、政党としての広がりが持てず、組織的な勢力になりえない。だから、政権をとることはできないのだ。

***

この組織の源泉は、地方議員だ。市町村議会議員がいて、県議会議員がいて、それぞれのスタッフがいる。彼らが、地元の核となってネットワークを持っている。ネットワークというよりも、地域社会に根付いていると言った方がいい。

民主党の地方議員もいるが、議員になるだけでは意味がない。自民党系の地方議員は、地方の名士が議員という名前に代わり、給与ももらうようになっただけのことであり、かつては選挙なしに、相続していた村長という地位を、選挙というプロセスを踏むようになっただけのことであり、選挙があってもなくても、同じなのだ。

だから、彼らはネットワークであり、組織であり、地域社会そのものである。一方、野党の地方議員は、ただの一人の議員に過ぎないのだ。

これが、日常的にも、選挙の時も、組織として動員される。だから、国会議員あるいは候補は、この組織に乗っかればいい。

逆に言うと、そういう組織がないと、トップが自らどぶ板回りをおぜん立てなしに行う。大物政治家がどぶ板回りというが、あれは、お膳立てが出来ているところを回るだけだから、効率が良い。しかし、その組織あるいはネットワーク、あるいは地域社会のつてがないと、回ること自体が大変だし、効率的という次元まで話が行かない。それでも、一度当選すれば、認知はされるし、バックグラウンドはあるから、少しずつ機能していく。

与党であることが、日本の地域社会には絶対的に必要だ。

なぜなら、地域社会では、全員与党だからだ。

メインストリームであろうがなかろうが、共同体はともに生きていく。村の生活で、野党ということはあり得ない。ナンバーワンになれないナンバーツーの家柄であり続けるだけのことだ。あるいは、ナンバーワン候補だが、それが事件でもない限り回ってこない、という役回りをし続けるだけのことであり、野党ではない。

村は一体となって、運命共同体であり、意見が多少違っても、まとまって、一体となって生きていくしかないのだ。

野党になるということは、差別されるということであり、空気が読めないということであり、いじめの対象となるということだ。


日本社会においては野党は存在しないのだ。


だから、コーポレートガバナンスも、社外取締役も、社外監査も、本質的には存在しえないのだ。

野党なしという前提で、与党の中で牽制をし、変なことが起きない仕組みを作る必要があるのだ。

オーナー一族に対する番頭制度であり、婿養子システムなのだ。

したがって、政治においても、野党に期待できないのではなく、我々は野党というものを認めていないのだ。

意味が分からないのだ。

存在意義を認識したことがないのだ。

だから、今後も、政権交代というのは、熱病にうなされたり、あるいは、大きな真の危機が起きたときに、起こるだろうし、必要とされるだろう。

それは、明治維新のような、真の危機、体制転換が起きなければいけないときにだけ起こるものであり、それこそ、1000年に一度のこと、大化の改新と明治維新だけなのだ。

戦後ですら、あれは大きな修正であって、体制転換ではなかったのだ。

したがって、一度、与党体制が確立すれば、それは長期に継続するのが、日本社会としては自然なことであり、二大政党制がなじまないだけでなく、多党連立制的なものも、欧州と異なり、持続するのは無理だ。

そして、持続するためには、地域に根付いた組織が必要であり、それは、現時点では自民党、公明党、共産党のみであり、浮動層は、気まぐれでほかに行くとしても、結局は、それらに飽きて、与党に戻ってくるのだ。共産党の方が、与党である分、ましなのだ。

ただ、金融政策をはじめ経済政策においては、行き詰れば、政治や外交や社会と異なり、細かく、日常的に転換が必要となる。これが、与党の枠組みで起こることが必要だ。

1990年代末に、金融国会と呼ばれた時期には、ある意味それが実現したのであり、小泉政権が本質的に何らかの転換を起こしたかどうか意図したかどうかはともかく、その体裁を整えて、勝利したのだ。

今後も、そのような形のマイナーな政策転換を準備しておく必要があるが、それは、本質的な意味での政権交代の形とはならないのではないか。  
Posted by sobata2005 at 06:22Comments(12)clip!

2014年12月15日

選挙結果

個人的には茫然自失、どうしていいかわからないが、全体的なコメントを。

一番の特徴は、維新が予想外に粘ったことだろう。

各メディアの情勢分析とは異なり、大きくは減らさなかった。

これは、情勢調査では態度を決めていない、とされた、いわゆる無党派、別名、政治の素人が、維新に流れた、ということだろう。

確かに、先入観ゼロで、演説と公約を表面的に見れば、維新が新しい政党であることは明らかだ。

しかし、それに対するプロの冷ややかな目というものもある。

このギャップが、現在の日本の選挙であることを改めて示したというのが、今回のレッスンだろう。

投票率が低いのは当然である。

ただし、投票率が上がればいいというものでもないと思う。選挙の結果の精度がむしろ下がると思う。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(2)clip!

2014年12月14日

本日のテレビ出演 FNN 衆院選2014

Posted by sobata2005 at 07:39Comments(10)clip!

2014年12月13日

阪神JF

あまりGIという気がしないが、一応予想を。

普通に考えてコートシャルマン。1400までの経験というのが唯一の死角だが、ハーツクライで、これまでのレースぶりから何の問題もないだろう。

前走休み明けでプラス14キロでも勝ち上がっているところが良い。

彼女一本で。

むしろ、気になるのは、今日のエイシンヒカリ。どんなレースをするか楽しみだ。  
Posted by sobata2005 at 11:28Comments(10)clip!

ダウ暴落 原油続落

ダウは315ドル安と暴落。雰囲気の悪さが現実となった。

原油はさらに下がり、58ドル台に。

これは、明らかな世界的なリスク資産市場ピークアウトではないか。

実体経済と関係なく、これまで資産市場が盛り上がりすぎたこと、ミニバブルの反動の流れになる可能性がある。

日本株は月曜日は選挙の結果を受けるから、わかりにくい流れになるだろうが、選挙が一通り終われば、下落トレンドではないか。  
Posted by sobata2005 at 08:54Comments(9)clip!

2014年12月12日

ダウ大幅下落

ダウは大幅下落で始まった。原油も安い。

雰囲気は今週ずっと悪く、昨日が単に一休みだったか。  
Posted by sobata2005 at 23:45Comments(0)clip!

2014年12月11日

暴落継続

ダウは268ドル安。為替は、チャートを見ると明らかに崩れている。

原油は60ドル。

雰囲気が悪すぎる。

雰囲気が悪すぎて、売りを仕掛けるのも怖い、ということで、すくんだ投資家たちの市場になっている。

警戒が必要だ。  
Posted by sobata2005 at 08:10Comments(12)clip!

2014年12月10日

米国ダウ 為替 大荒れ

ダウは一時230ドル近く下げた後、現在は90ドル安。昨日も100ドル安だから、かなりの下落だ。

ナスダックはプラスに転じており、乱高下、まちまちだ。

一方、為替は、それ以上の大荒れで、先日121円台後半だったのが、一気に117円台に。今は119円台に戻しているが、この荒れ方は激しい。

普通は、相場の転換点を表しており、昨日からそういう気配があったが、やはり、という感じ。

日本株も同じ流れとなろう。先物は17500円前後だが、一時17300円まであった。

転換点だと思う。  
Posted by sobata2005 at 05:02Comments(9)clip!

2014年12月09日

大人カレッジ もうすぐ 21時から

今日は、オバタノミクスです。  
Posted by sobata2005 at 20:14Comments(10)clip!

Coombs going out of business

ショックだ

Coombsは、現代入手可能な最高のモカシンを作るメーカーだったが、ついにビジネスを終了する。

靴の製造は既に止めていたので、企業体が存続しても、その靴は生産されないのではあるが、寂しい。

ラッセルモカシンなどがブームなのだから、それならばこちらこそ存続してよかったはずだ。

いいものが失われていく、というのはどの国でも同じで、いいものほど失われ、モノは良くないが、あるいは良くないからこそ残り繁栄していく企業がある。(ちなみにラッセルモカシンはいいものを作りながら残っている側だ)

こういう企業、技術、モノを残し、それをビジネスとして維持する。それこそが、本当に必要なことであり、それこそが、地方経済の成熟化である。

残念だ。  
Posted by sobata2005 at 10:42Comments(2)clip!

2014年12月08日

GDP 7−9月期 さらに下方修正

上方修正というコンセンサス予想を裏切り、さらにマイナス幅を拡大。

選挙期間中で、本来なら、アベノミクス批判が加速する材料となりそうだが、結局、今回の選挙は、政策は関係ない展開で、無関係か。

株価は、本来であれば大幅下落してもおかしくないが、週末の先物との比較でいうと下がっているが、こちらも無視されているということか。

次の期は、原油価格の下落によるGDPデフレーターの変化により、実質GDPは大幅上昇に転じると思われるが、株価は、実体経済ではなく、選挙と一緒に雰囲気だけで決まると言えるか。  
Posted by sobata2005 at 10:37Comments(8)clip!

2014年12月07日

幸 英明

静かな涙が美しかった。

おめでとう。

本当におめでとう。

タルマエもおめでとう。

やっと運が回ってきたね。

おめでとう。  
Posted by sobata2005 at 15:45Comments(2)clip!

1973年以降最安値 歴史的円安

日経新聞の1面トップにもなるくらいだから、いよいよ日本人すべてに円安はヤバい、日本経済にとってマイナスであることが浸透してきたか。

昨日は121円台どころか、122円もうかがう勢い。もう日本の経済はすでに衰退している。
80円から120円で、40%減価で、中国との経済規模争い、一人当たり国民所得でも大幅に劣化し、世界の成熟国の中で、一番貧しい国になりつつある。すべて円安がもたらしたものだ。

もう輸入品は買えない。

観光客が増えた、商品を買ってくれる、と喜んでいる人々は、日本の企業も土地も人材も同じようにバーゲンセールであることを考えてみてほしい。

ただの安売りをしているだけなのだ。

だから、これで喜ぶなら、タクシーと土産物を40%オフにして、あとは円の価値を守ったほうが明らかにましであることに一刻も早く気付く必要がある。

縮小し続ける日本経済を止めるために。  
Posted by sobata2005 at 12:50Comments(6)clip!

2014年12月06日

チャンピオンズS

ジュヒョウ惨敗のしょっくから立ち直れないが、愛弟子は寒い中山でより傷心していることだろう。上京した高野調教師は、もちろんそれ以上のはず。

次は、じっくりうしろから壁を作って前半リラックスさせられる騎手で、ドリームジャーニーのようなレースを見てみたい。

中山は改装が終わり、さらに柔らかい馬場になったという記事があったが、馬の無事のためにも、凱旋門のためにも望ましく、ジュヒョウも無事なのが救いだ。

さて、GIだけは予想を続けると書いたが、年末まで毎週GIで、結局毎週予想することに。読む側も書く側もご愁傷様だ。

明日は、コバノリッキー。

強い馬は強い。そのようなレースを見せてほしい。

一頭怖いのは、ワンダーアキュート。常に人気が下回る馬券的にはお買い得な馬で、今回はなぜが人気がなく、コバノリッキーをほかの有力馬が早目に負かしに行き過ぎて、ワンダーアキュートに差し切られる展開が、武豊だけにいかにもありそうで、これだけ押さえる。  
Posted by sobata2005 at 15:11Comments(5)clip!

2014年12月05日

今日のメディア BSフジ プライムニュース 橋下氏 伊藤 小幡

2014年12月5日(金) BSフジ 2000−2154

維新・橋下代表に問う
“イシンノミクス”?
野党協力の虚実と真意
橋下徹 維新の党共同代表 大阪市長(中継)
伊藤惇夫 政治アナリスト
小幡績 慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授
  
Posted by sobata2005 at 00:07Comments(16)clip!

2014年12月04日

明日のテレビ BSフジ プライムニュース

12月5日 金曜日 20時から BSフジ プライムニュース  
Posted by sobata2005 at 21:30Comments(1)clip!

言論NPO 今夜20時放送

アベノミクスは成功しているのか

Ustreamです。

討論者などはこちら。配信もこちらかな?  
Posted by sobata2005 at 12:03Comments(7)clip!

2014年12月03日

ブログ

いまだにやはりブログは面白い。twitterやFBよりも面白い。

コメントが付く。残る。そして、それが匿名性100%のコメントだから、面白い。

選挙になって、コメントが増えた。

攻撃されることが増えた。

注目されてきた、ということであり、批判されるということは、その価値があるということだ。

いつも、コメントくださる皆様。

本当にありがたいです。

今後とも、よろしくお願いします。
  
Posted by sobata2005 at 11:00Comments(17)clip!

いざ出陣

いよいよ出発します。  
Posted by sobata2005 at 10:58Comments(0)clip!

2014年12月02日

オトナカレッジ もうすぐ始まります

火曜日 21時からは 文化放送 オトナカレッジ 

ラジオでもラジコでも よろしくお願いします。  
Posted by sobata2005 at 20:32Comments(3)clip!

あの道しかない

安倍総裁、自民党の選挙スローガンは、「この道しかない」ということだが、専門家筋では、

「あの道しかない」

と言われている。

「あの道」の始まりだ。  
Posted by sobata2005 at 06:11Comments(8)clip!

2014年12月01日

スウェット

今日も妻にスウェットを買った。

馬券も当たってないのに。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(2)clip!