2015年06月30日

プエルトリコ 破産

ギリシャよりも衝撃的だ

実質的に意味がある。

ギリシャは単なるゲームが、無駄に負けを大きくした首相がいただけのことだから。  

Posted by sobata2005 at 13:23Comments(5)clip!

ギリシャ危機とメディア

昨日は、ギリシャ危機に関して、出演、コメントなどの依頼が10近くあった。

どのような見方をされてますか。と聞かれる。

私は、ギリシャ危機はギリシャにとっては大変だが、世界どころか欧州にも影響はない。

株価などの資産バブルはこれまでの上昇の反動で調整するかもしれないが、実体経済、金融システムへの影響はない。

日本? まったく影響ない。株価は今まで上がりすぎていたのが下がっただけ。売りごろ。円も同じ。

と説明すると、みな、一様にがっかりしていた。

メディアは何を望んでいるのだろうか。

  
Posted by sobata2005 at 07:05Comments(8)clip!

2015年06月29日

ギリシャがどうなっても世界には影響がない

残念ながら、ギリシャ問題はギリシャに取ってだけの問題だ。

だからこそ、欧州は妥協する姿勢を見せず、ギリシャの、いやチプラス首相の赤子の泣き叫ぶような脅しに屈する理由は全くないのだ。  
Posted by sobata2005 at 20:06Comments(5)clip!

本日のメディア ホウドウキョク

フジテレビ系 マルチディバイスニュースch ホウドウキョク

29日 月曜日 2000ー 明日のコンパス ギリシャ問題です   
Posted by sobata2005 at 19:22Comments(0)clip!

日本の財政問題とギリシャ破綻

転機の日本経済 Newsweekの連載の第二回です。  
Posted by sobata2005 at 19:20Comments(2)clip!

ユーロは理論的には下落しないはずだが

Posted by sobata2005 at 17:34Comments(8)clip!

衆議院は解散するべき

ギリシャ危機という重要な時に、些末な問題で申し訳ないが、衆議院を解散すべきではないか。

高々、消費税率の引き上げ延期のために、解散したわけだから、その選挙ではまったく争点にならなかった(しなかった)、安全保障の方針の大きな変化は、はるかに重要な、国民に問うべき問題については、解散して、選挙で問うべきではないか。

それが、憲法改正を論点にするか、現憲法の枠内での集団的自衛権などの方針変更という論点にするかは、政権に選択肢がある。

ギリシャの国民投票は、何をやっても無駄な抵抗であるが、こちらの総選挙は、国民の意見が二分されており、本当に分岐点であるから、行う価値のある国民投票であり、総選挙に値するのではないか。  
Posted by sobata2005 at 08:16Comments(10)clip!

ギリシャの余計な危機

アゴラに投稿しました。  
Posted by sobata2005 at 06:42Comments(1)clip!

小さな事件の積み重ねが危機に

ギリシャの問題は、本当は小さな問題だ。ギリシャがごね得に失敗しただけだ。

中国の株価の下落も、当然、バブルの崩壊であり、中国国内の出来事であり、単独ならば、それほど影響はなかったかもしれない。

しかし、前者は、愚かなプレーヤーが一人いたことにより、余計な中波乱となった。後者は、前者の事件と同じタイミング、日本の株価が膨れるだけ膨らんだタイミングであり、これらが重なったことにより、事前に想定されたよりも大きな波状効果を持つかもしれない。

これは余計な事件だ。  
Posted by sobata2005 at 06:36Comments(1)clip!

ギリシャの選択肢

結論は2年前から変わっていない。

ただひたすら財政再建をするのみだ。

それ以外に打開策はない。

この半年は、欧州からのお慰みを貰うための駆け引きだったが、選挙に勝って、首相になることにだけ成功し、後は何も得られなかったのが、現政権であり、その政権を選んだ国民である。

ユーロから離脱したら、ギリシャは終わる。政府だけでなく、経済も終わる。したがって、ユーロ離脱はできない。

単にデフォルトして、破綻してから、欧州の言うことを聞くか、その直前に言うことを聞くか。

現在の選択肢は、その二つだ。  
Posted by sobata2005 at 04:34Comments(3)clip!

ギリシャ 銀行封鎖

月曜日に銀行は開かない。

これでも国民投票をするのだろうが、1週間経済は持たないのではないか。

国民投票の決定が自らを追い込むことになったが、どうするか。  
Posted by sobata2005 at 03:49Comments(3)clip!

2015年06月28日

宝塚記念 パラダイスS

宝塚記念は、デニムとラブリーがパドックでとても良く見えたが、そんなコメントが吹き飛ぶようなスタート。

父が、あんなに先に入れられて、長く待たされて馬が大丈夫なの、と私に聞き、ああ前回入らなかったから、そういう決まりなので、でも、、、と言ったら、立ち上がり、まずい、と思ったがゲートは切られず、あれシップのためにスタートをやり直す?まさか? と思った瞬間、シップはさらに高く立ち上がり、その瞬間にゲートは切られた。

まさに最悪の瞬間。ゲートが開いても、シップはしばらくゲートにつかまるようなかっこうのまま。このときが永遠に続くのか、と思ったくらい、そのままだった。

結果は、ここで終わり。

何も言うことはない、というわけにはいかない。これがシップだ、というのはおかしい。やはり、日本文化における、人間と馬の関係、主従関係、これをはっきりさせない日本は馬文化においては、永遠に欧州に追いつけないだろう。

パラダイスステークス。

狙いのカオスモスは体重大幅減で、まずいなと。レースはよく走ったが、ゴール手前で何か、一度止まるような仕草。鞍上がうちの馬を気にしたのか、何かあったのか。あれがなくても2着だったとは思うが、少し変だった。


こんなものだと思うか、今日は競馬ではない、と思うか。
  
Posted by sobata2005 at 18:03Comments(6)clip!

パラダイスS

パラダイスSといえば、私にとっては、グリンモリー。

パドックで見たときには、これほど入れ込んでいる馬はいないかというくらい、6月だったが、汗が腹からしたたり落ちていた。

周回中はずっとつる首で、こんなに入れ込んでいて走るのだろうか、という疑問はあったが、馬体は素晴らしかった。つる首で歩き続けるのも、何か気合いというよりは才能が溢れんばかりな印象で、ものすごいオーラを感じた。マルゼンスキーは生で見たことはないのだが、もっともマルゼンスキーに似た馬ではないかと思った。母系も大好きな血統で、当時、もっとも好きな馬となった。

レースは圧勝。

当時は1600だったが、1番人気のホクトヘリオスを抑え、マティリアルなど、今見ると懐かしい馬が多数出ている。

ホクトヘリオスは、大好きな馬だったが、血統がパーソナリティにボールドリックという当時は少数派の血統であったが、Hail to Reasonの2×4で、流行の先駆けだったし、swapsにround tableという、素晴らしい血脈を集めたものだった。

ちなみに、この下でマルゼンスキーをつけたホクトビーナスを祖母に持つショーストームは今日がデビュー戦だ。

今日のパラダイスSにも注目したい。  
Posted by sobata2005 at 06:24Comments(2)clip!

2015年06月27日

ギリシャ 7月5日に国民投票へ

救済策について。

これはニュース。  
Posted by sobata2005 at 07:20Comments(9)clip!

2015年06月26日

ロイヤルアスコットと宝塚記念

ロイヤルアスコットを満喫したかんべえ氏を羨ましがっている場合ではないので、日本のまじギャンブラーとしてイギリスでふぬけギャンブラーになったかんべえ氏に負けない予想をしよう。

普通に考えれば、ゴールドシップで何もないレース。気まぐれだが、阪神コースとの相性は良く宝塚記念は、天皇賞の凡走を吹き飛ばす圧勝で二連覇している。条件的には負の要素がない。しかも、相手がラキシスだけでは、これまでのライバル達よりは、やはり、いくらラキシスが好調と言っても、相対的には力関係も楽なレースとなったとみるべきだろう。

だか、それでも負けてしまうのがゴールドシップ。相手が強い弱いは関係なく、京都や東京の高速馬場が合わないのかと思いきや、前走の京都は圧勝で、要は、よくわからない馬なのである。抜群の相性を見せる横山典も必ず、今日はまじめにはしってくれましたね、ちゃんと走ってくれれば、といつも条件付きだ。

やはり、競馬はキングオブスポーツだと思うなら、ゴールドシップの単。一方、ギャンブルだと思うなら、消しだ。

ギャンブルと捉えた場合には、前走のゴールドシップはすべてがうまくいったので(展開、騎乗)、今回は過大評価される。一方、ラキシスも、ルメールが、この馬、雨は大好き、と言っていたように、馬場が向いた分を割り引くべきだが、対抗馬がいないこともあって抜けた2番人気になっている。つまり、ゴールドシップとともにバブルとなっている。

そこで、ヌーヴォレコルト。この馬の方は、前走はふがいないレースで、弱い相手に惨敗。人気を落としたここしかない。ヴァリュー株のヌーヴォレコルトから。

気になるのは、調教後の馬体重がすでに前走を下回っていることで、体調がいまいちなら牝馬なだけに、まったくこない可能性もある。馬体重、パドックを注視。

ワンアンドオンリーもギャンブルとしては狙い目、カレンミロテックも2着候補としてはお買い得だが、ここは、かんべえ氏から学んで、英国流に、勝つ馬を探す単勝を1点で。



追伸: かんべえさん、英国に学んだのに、ワイドというのは。。。。。。  
Posted by sobata2005 at 10:53Comments(12)clip!

2015年06月25日

本日のメディア ホウドウキョク

フジテレビ系 マルチディバイスニュースch ホウドウキョク

25日 木曜日 2105ー 明日のコンパス   
Posted by sobata2005 at 18:11Comments(1)clip!

新国立競技場 

結局、微修正で、そのまま建設することになった模様だ。

懸念しているのは、2500億などの金額の問題ではなく、巨大でまったく街になじまない物体が今後100年間残り続けることだ。

あの美しい、数少ない緑の地域が失われてしまう。

しかも、金をかけて。あえて。

オリンピックに来るまともな人々は、古い国立競技場を見ることができれば、ほとんどが、こっちの方がいいと言うに決まっているだろう。

羽生名人も対局の食事休憩の時にこちらに足を伸ばしてリフレッシュすることもなくなるだろう。

僕らは、美しいものを、良いものを、自ら失っていく。

それが社会だ、とも言えるが、私は、それはくだらない社会だと思う。

こんな競技場をここにあえて建てる社会は、それほど多くないと思うからだ。  
Posted by sobata2005 at 08:03Comments(10)clip!

TPA 米国上院通過

米国議会は最後は合理的だ。

くだらないところもあるが、最後は合理的な結論となる。もちろんそうではない場合もあるが。

日本は、頻繁に合理的でない、あるいは理屈では説明できない結論になる、つまり、誰にとっても得ではない結論になることがある。

この違いはどこから来るのだろうか。  
Posted by sobata2005 at 07:23Comments(12)clip!

2015年06月24日

ギリシャ ユーロ離脱はない

最初のギリシャ危機から、これまで繰り返し述べてきたことであるが、改めて。

合理的には、ギリシャのユーロ離脱は誰にとっても得ではないから、離脱はあり得ない。

波乱要因は、ギリシャ側の政治要因だが、ユーロ離脱で最も不利益を被るのはギリシャであり、経済的にもっとも追い込まれているのはギリシャであるから、ギリシャが、不合理な行動を取るリスクは、合理的には最も小さい。

追い込まれているプレーヤーほど、ミスをする余地はないので、政治的なミスも起こりにくい。

ただし、追い込まれすぎて、合成の誤謬的な悲劇的な選択をとってしまう可能性もあるだが、やはり、ここはあり得ない。

ギリシャが最後に譲歩してきたのは、銀行からの資金流出を目の当たりにしたのが大きいだろう。すべてのプレーヤー、つまり、ここでは与党議員に、かれらが経済や金融を本当に分かっていないか、意図的に分かっていない振りをしているか、いずれにせよ、彼らにも、数字で、動かしがたい事実として破綻の危機を見せることができたのは大きいだろう。

ユーロ側も、余計なリスクは望まないので、適度なところで妥協して、ギリシャを受け入れるのは当然だ。

よって、最初から離脱が起こるはずはなく、最後まで、ギリシャが無駄な駆け引き、いや、単なるごね得を狙っていただけであり、それだけのことだ。  
Posted by sobata2005 at 05:35Comments(10)clip!

2015年06月22日

量的緩和の功罪

連載の第1回は「量的緩和の功罪」です。

  
Posted by sobata2005 at 17:25Comments(20)clip!

転機の日本経済

Newsweekの連載が始まりました。  
Posted by sobata2005 at 17:21Comments(1)clip!

黒田総裁会見

金曜日は、日銀政策決定会合後の黒田総裁の記者会見が、いつものようにあり、いつものようにネット中継を見た。

ここにきて、論点は大きく動いた。

追加緩和について、誰も聞かなくなったのだ。

物価上昇率2%の達成については、忘却の彼方だ。

これは、実は大成功かもしれない。

黒田氏が意図的にやっているわけではないだろうが、私が個人的に考える、出口戦略の第一歩、追加緩和の期待を下げる、2%のインフレ目標は、長期的な目標として、中期的には、なし崩しにしていく、この二つが実現しつつあるからだ。

質問は、黒田総裁の国会答弁、これ以上の円安は考えにくい、という発言、そして、それを撤回したかのような弁明に関することに集中した。

黒田氏が、大蔵官僚らしいところを見せるのは、苦しいところでは、不必要に大きめの声で笑うことだ。これは、私もあるかもしれないが、非常に感じが悪い。そして、相手に見透かされてしまう。何より、不遜だ(自己反省を込めて)。

このようなときは、苦しい不必要な高笑いの後、極めて真摯に、必要最小限ではあるが、丁寧に議論して、回答する。ここで、笑いの不遜さとバランスをとっているのだが、やっぱりは笑いは必要ない。ただ、真摯に答えればいいのではないか(自己反省を込めて)。

ただ、逆に言うと、それだけ、やはり、正直でまじめだ、ということだ。笑わざるを得ないところで、きちんと正直に感情表現しているのだ。

やはり記者会見は注目だ。  
Posted by sobata2005 at 07:23Comments(2)clip!

2015年06月21日

「学力」の経済学 中室牧子

かつての勉強会の盟友、中室牧子の本がついに出版されました。

すでに絶賛されているようですが、ぜひご一読を。  
Posted by sobata2005 at 19:28Comments(1)clip!

2015年06月19日

イエレンと市場 続編

アゴラに投稿しました。  
Posted by sobata2005 at 11:47Comments(8)clip!

イエレンと市場 どちらが市場を分かっているか

逆説的だが、イエレンである。

市場は市場を分かっていない。だから、市場価格は乱高下する。

それが、中央銀行の政策と市場価格の関係を見れば、明らかである。

今回のFOMC後の記者会見でも、それが端的に示された。

市場は分かっていないのである。

***

まず、FEDがいつ利上げを始めるか、ということについては、9月だとか12月だとか年内が危うくなった、とか市場関係者はかってなことばかり言っているが、真実はただ一つ。

まだ決まっていない。

景気状況を見て、経済がこのまま改善すれば、そのときにやる。FOMCの他のメンバーもイエレンも繰り返し言っている通りだ。それ以上でもそれ以下でもない。

年内に利上げとなる、という見通しを表明している委員が多数ではあるが、それはあくまで見通しであり、景気が悪くなったり、経済の回復、とりわけ雇用の改善が急に止まったりすれば、それはまた別なのである。

それは、まさに、彼女が繰り返しっているとおりだ。彼女もチャーミングな笑顔を絶やさず、忍耐強く、かつ力強い言葉で、信念、いや単なる事実を繰り返し述べ続けており、素晴らしい。

これがわからない市場関係者は馬鹿なのか、それとも馬鹿なふりをしているのか。

どちらでもない。欲に目がくらんでいるだけなのである。
  
Posted by sobata2005 at 08:17Comments(3)clip!

2015年06月12日

エプソムカップ

今週は、上海馬券王もかんべえさんも公開予想はしないので、寂しいが、淡々と予想したい。

エプソムは似たようなレベルの4頭の有力馬の争い。上昇を続ける4歳馬のエイシンヒカリ、サトノアラジンが人気だろう。個人的にはエイシンヒカリが圧勝してもおかしくないと思うが、惨敗もあり得る。よって、単に相対的に人気薄のディサイファとフルーキーで。

マーメイドSは、アースライズ、イリュミナンス、マリアライトの順。大穴でアドマイヤギャラン。  
Posted by sobata2005 at 19:11Comments(18)clip!

加賀温泉

新幹線バブルが酷いことになっている金沢を経由して、加賀温泉へ。

新幹線の視察をかねて来たが、これは酷い。これに浮かれてしまっては、金沢の素晴らしい文化が破壊される可能性もある。経済とは恐ろしいものだ。

金沢バブル、観光、ファミリービジネス、文化、社会について、近日中にメモを書きたい。


ところで、加賀温泉駅の女性駅員がとんでもなく可憐だった。必見だ。



  
Posted by sobata2005 at 19:06Comments(9)clip!

2015年06月07日

かんべえ氏の競馬予想

かんべえ氏にぼろくそに批判されたので、次はかんべえ氏の予想だけには負けないようにしたい。

  
Posted by sobata2005 at 19:12Comments(16)clip!

安田記念

上海馬券王は、ダービー的中に酔っているようだが、小幡家では、90近い母が馬連的中、父が1着3着という結果だった。

福永応援に徹した私だが、レースは、福永に期待したものと異なった。この文章をみると、どうも話が違う。

皐月賞前のコラムでは、相手を意識せず、馬の力を引き出すだけだ、と言っていたのに、今回はドゥラメンテを意識して、それを倒しに行ってはドゥラメンテに勝てるはずはない。岩田もルメールも、ドゥラメンテを意識せずにベストを尽くした結果、馬の好走となった。人間の都合、欲ではなく、馬にとってベスト、馬優先主義。これをもう一度考えて欲しい。福永がもっとも馬優先主義に近いと信じていたのだが。

結局、骨折となったが、3ヶ月ということで、復帰可能なのは何より。秋に期待したい。

さて、安田記念は、大物マイラー不在の近年、今年も不在のままの戦いだ。押し出されるように、モーリスが、新マイル王を期待されているようだが、実際、レースぶりからは、その期待が膨らむのも当然。今日も圧勝する可能性はある。

個人的には、ヴァンセンヌだが、福永というよりは、フラワーパーク。やっと大物を出したが、ディープインパクトの配合は、この子だけ。やはりディープで、スプリンター女王の母、日本最初のマイル王ニホンピロウイナーを母父という流れで、新マイル王となり、種牡馬となり、血を残してくれることを期待する。

また、過去を振り返れば、ヤマニンゼファーの的中や、バンブーメモリーの枠連代用的中(当時は馬連しかなかった。ホクトヘリオスで断然と思っていたのだが。。。)が印象に残る。このような隠れた実力馬が発掘され、その後、花開くというのが安田記念というイメージがある。モーリスもヴァンセンヌも、このパターンとも言えるが、しかし、人気に成りすぎというか、メインストリームとなっており、少し違うか。

今年は、フレッシュボイスの的中をイメージして、リアルインパクト。

もっとも格上であるにもかかわらず、また、海外好走、しかも2連続けてであるのも関わらず、人気の盲点になっており、これで。単勝。


  
Posted by sobata2005 at 08:11Comments(10)clip!

2015年06月06日

明日の講演会 秋葉原 1030−

市進教育グループ創立50周年記念講演会

あと2時間半で締め切りです。

受験、教育にご関心のある方は是非。

対象は小・中・高生の保護者様 および  中学生・高校生ご本人です。

市進は母校です。  
Posted by sobata2005 at 14:32Comments(0)clip!

2015年06月04日

明日のテレビ出演 報道ステーション

5日 金曜日 21:54 ー 23:10  テレビ朝日 報道ステーション  
Posted by sobata2005 at 21:09Comments(16)clip!