2015年07月28日

明日のテレビ出演

29日水曜日 深夜 24:41−25:11 TBS  上田晋也のニッポンの過去問 
1988 バブルの時代

  

Posted by sobata2005 at 20:47Comments(31)clip!

2015年07月27日

連載「転機の日本経済」最終回

ニューズウィークの集中連載も最終回です。

日本経済の真の課題 後半(最終回)  
Posted by sobata2005 at 19:43Comments(20)clip!

上海株 暴落

8年ぶりの暴落。

高々 中国の実体経済が弱そうだ、というだけで売りが売りを呼ぶ展開。

やはり、長期的なセンチメントが弱っている。

今後も弱いだろう。  
Posted by sobata2005 at 18:46Comments(3)clip!

2015年07月25日

世界資産市場

日本の株式市場はのんきだから、危機感がないが、世界的には変調ムード。

ダウは年間の上昇率がマイナスに転じた。

それよりも何よりも、商品市況の下落が激しい。原油だけでなく、金、そしてプラチナなどは惨憺たる有様だ。

新興国通貨も下落しており、これは中国経済のの減速を背景にヘッジファンド系が仕掛けている模様。

ただ、仕掛けるということは勝算があってのことなので、世界的にはムードは負の方向ということだ。

日本以外の市場に注目。  
Posted by sobata2005 at 21:27Comments(26)clip!

2015年07月22日

日本経済の真の課題

転機の日本経済 ニューズウィーク連載 最終回の前半です。  
Posted by sobata2005 at 13:33Comments(69)clip!

東芝

東芝の問題は深刻だが、しかし、巷の議論、とりわけネットの議論は行きすぎている。

いわゆるかつての新興企業は厳しく罰せられ、伝統的大企業には甘い、という批判だが、それは違う。

オリンパスを始め、日本の当局の罰則、課徴金が米国に比べて極めて甘いという事実はある。

この理由は3つ。

第一に、米国は世界でも例外的に懲罰的課徴金が可能であること。

第二に、日本は基本的に甘めであること。

第三に、多くの国々での犯罪、利益操作に関して、直接私腹を肥やしたり、一族企業へ資金を流出させる、というようなものがほとんどで、実際のキャッシュの流出がない、ということだ。

日本特有の犯罪とも言える。

法律違反であることは間違いないが、オリンパスの場合も含め、自己利害というのも些細なプライドや見栄のためである、という問題。そして、会計の数字に対する厳格さがなく、それが投資家に影響を与えることの重要性の認識が薄い。これが日本の特徴だ。

実際のキャッシュアウトフローが伴わない、という点が、厳罰にならない理由である。

しかし、それなら何のために、こんな犯罪を犯すのか。

それがまた日本的なところで、今回は、個人的に一人の社長の見栄に基づくというのが私の判断である。

そして、そういうくだらない社長は存在するに決まっているし、そのいうことを喜んで聞く太鼓持ちの部下もいれば、しぶしぶ従うサイレントな部下もいるのは当然だ。

こんなものは、監査法人が見抜けなかったのが悪い、という問題に尽きるのであり、このような事件を防止するために、監査法人は存在するのだ。

ただ、監査法人の問題であり、単純な問題だ。  
Posted by sobata2005 at 11:05Comments(18)clip!

2015年07月16日

新国立 見直しへ

当たり前だ。

個人的には、前の国立を壊さずに使うのがベストだったと思うが、まあ、あの醜い物体よりはましなものとなり、街との調和が図られることを期待する。

そもそも、あの物体が独創的だ、とか、インパクトがあるとか、デザインをよしとする人々はどうかしている。ほとんどすべてが団塊世代以上の方々だが、世代に寄らず、建築とは、建築物だけで成り立つのではない、という考えの人々は、ほとんど支持しない。

資源、環境、街並み、という問題であり、カネの問題ではないのだ。
  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(33)clip!

2015年07月15日

ギリシャと中国

やはりギリシャ問題は、何もない。

いまのところ、極めて合理的に、結局、淡々と、あるべき方向に戻っていっている。

膨大な無駄なコストをかけて。

人材、資金の流出で、大きなダメージのギリシャ。

ほとんど無傷のEU。

ユーロ離脱は120%あり得ない。

一番損をしたのはドイツか。

問題は、中国株。

こちらはこのままでは終わらないと思う。  
Posted by sobata2005 at 18:20Comments(12)clip!

日銀政策決定会合の死

誰も関心がない。

黒田氏の記者会見も、唯一の見所は、中国のなりふり構わない株価支持政策を、何ら特殊だとも言えない、他の国でも行われている、と発言したところぐらいか。

私が記者あるいは投資家なら、ここを徹底的に叩くところだ。

これは、まずい。

しかし、それでも株価は動かない。

それよりも上海株が下落したことの方が重要だ。

今週のイエレン議会証言やECBドラギの会見は、どうだろうか。

中央銀行の死なのか。

注目だ。  
Posted by sobata2005 at 18:18Comments(4)clip!

2015年07月14日

浅川和宏講演会

素晴らしかった。

しかし、自分がくだらなかった。

せっかく絶好のアフターの機会だったのに、くだらない学校のことを話していた。俺のせいだ。

グローバルイノベーション理論と小幡キャバクラ理論との共通性、融合的発展について議論するべきだった。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(1)clip!

2015年07月13日

財政再建はなぜ必要か──日本がギリシャにならないために。

連載「転機の日本経済」(4) です。

Newsweekです。  
Posted by sobata2005 at 23:33Comments(28)clip!

ギリシャの謎

欧州も支援で合意した。

ギリシャがEU案を受け入れたからで、この結末は100%合理的。逆に言えば、これ以外ない。

不可解なのは、それならば、なぜ国民投票をしたのか、ということだが、これはギリシャの国内政治の専門家に聞かなければ分からない。

素人のナイーブな考えでは、チプラスは単に国民から非難されるだけだと思うのだが、財務相を追い出すための戦略だったのか。それとも、状況を混沌とさせて、結局、自分が選挙などで追い出されずに済ませてしまう戦略なのか。

ドイツが、結局口約束で、国内では総論は改革だが、金だけ貰って、個別政策の実現は国民の反対でできないことにして、結局、逃げ切るのでは、という疑念を持つのももっともだが、非難の矛先は今や世界的にドイツなので、これもギリシャの、あるいはフランスの、あるいは米国の勝利と言うべきか。

今後も、政治的には予断を許さないが、経済的には何もない。

もともとユーロ離脱はあり得ないし、ギリシャが混乱しようとも欧州経済ですら関係ないし、何もない。

ただ、ギリシャがこの混乱で、人もカネも企業もビジネスモデルも、そして信頼も未来も失っただけだ。

問題は、中国で、このまま済むわけではないと思う。  
Posted by sobata2005 at 18:36Comments(8)clip!

任天堂 岩田氏 死去

ショックだ。

本当にショックだ。

直接面識はないのだが、いろんな意味でショックだ。

ただただご冥福をお祈りしたい。

  
Posted by sobata2005 at 09:31Comments(7)clip!

2015年07月12日

穏やかな日曜日

なぜか、心が急に穏やかになった。

親友のおかげだ。

運にも友にも恵まれた人生を感謝しなければいけない。

**

win5は ソロルを外してwin4. 直前まで買うか迷っていたので。

本来は悔しいはずだが、なぜか、心穏やかだ。

外れてこれほど穏やかであったことも、人生であまりなかった。


何か、小さなことが、すべて感じよく過ぎていった日曜日だった。

これをきっかけにしなければ、親友にも運命にも申し訳ない。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(1)clip!

2015年07月11日

素晴らしきCKJ

今年も、素晴らしいCKJアジアビジネスフィールドスタディが終わった。

今年は日本開催で、ホストだっただけに、無事終わってほっとした。

ご参加いただいた企業、スタッフ、そして素晴らしき三カ国の学生達。

皆に感謝したい。  
Posted by sobata2005 at 23:30Comments(4)clip!

2015年07月10日

中国株バブルは崩壊したのか

産経デジタルに掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 06:37Comments(16)clip!

2015年07月09日

日本株急反発

まだまだ警戒が必要だと思う。

上海の反転を受けて、日本株は急反発。欧州も米国も、この流れに沿って、反発している。

しかし、このような急反発は、むしろ、センチメントがヒステリックであることを表しており、むしろ、危険を示していると思う。

また、上海も当局は強力だが、一旦傷ついた個人投資家心理は戻らない。だから、彼らは、まだまだ売ってくるはずだ。

乱高下を激しくさせながら、まだ下落すると予想する。

一番雰囲気が悪いのは、当然、上海株、しかし、その次ぎに良くないのは日本株だ。  
Posted by sobata2005 at 23:03Comments(4)clip!

中国株の底はどこか

底なしだ。

上海は3000が目処だと思うが(3400とか3300と言う人々は、願望を述べているだけだ)、バブル崩壊の時は、オーバーシュートすることを考えると、3000を大きく割ってもおかしくない。

中国政府は強力で、現在、あらゆる手段を講じている。

これが、現状では、全く効果を発揮していないように見える。

だから、むしろ逆効果、しない方がいい、という人がいるが、それは大きな間違いだ。

前述のオーバーシュートを止める効果はあり、その政策は、オーバーシュートが始まってからでは遅いので、何があっても、やれることはすぐにやった方がいいのだ。

ただ、今はバブル崩壊の勢いが上回っていて、効果がないように見えるだけだ。

一方、取引停止銘柄が多いことから、今後、まだまだ下がる可能性はあると思う。

ただし、私は中国の専門家ではないし、中国株市場は、ローカルネイティブでないとわからないところもあるので、具体的な水準は、正確には何とも言えないし、予想外の展開もあるかもしれない。

しかし、中国の専門家のようにコメントしている人々のコメントは、信用できず、一番危ないのは、手に入った情報を過大評価して、自分の思いこみを強めてしまうことだ。何が起こるか分からない、というスタンスで望むべきだ。

唯一分かっていることは、暴落の勢いは強く、予想が外れるとすれば、暴落が大きくなる方に外れる可能性しかない、ということだけだ。  
Posted by sobata2005 at 09:36Comments(6)clip!

中国バブル崩壊

Posted by sobata2005 at 07:07Comments(4)clip!

安藤忠雄氏

責めてもしょうがない。

責める方が間違っている。

彼は、住吉の長屋という素晴らしい狭小住宅を作ったが、それは住みにくく実用性はなく、インパクトを与えるという意味での建築ではない。それ以外には、優れたものはほとんどないのだから、巨大な競技場であり、街と共生するような建築を選べるはずがないからだ。

また、押し出しの強いプレゼンや、インパクトのある話に弱い日本人というもの問題がある。プレゼンの上手い人間、テレビに出てくる文化人、学者というのは概ね信用できないのだ。  
Posted by sobata2005 at 06:22Comments(11)clip!

新国立競技場の何が問題なのか

カネではない。

あんな醜く巨大なものを街の中に、オリンピックが終わったら置き捨て、都心で数少ない緑の多い落ち着いた地域を壊すことが問題なのだ。

あんなものはタダでも要らない。

美しい街を返して欲しい。  
Posted by sobata2005 at 06:19Comments(6)clip!

日経平均先物 19370

3時には、いくらで引けるか。

まあ 深夜の終値はあまり関係ないのだが、米国株がNYSEの取引停止もあって悪いままなので、最悪のムードだ。

円高は120円台で止まるかどうか。

しかし、大きく動いている割には恐怖感が小さいのは、むしろ危険か。

市場も何とか楽観ムードを維持したいと発言が多すぎて、危険な状態だ。  
Posted by sobata2005 at 02:52Comments(7)clip!

NYSE 取引中止

NY証券取引所は、取引を中止した。

技術的な問題だと言うことだが、一番嫌なときに、事件が重なっている。

悪意のあるものかどうかは、まだ分からない。  
Posted by sobata2005 at 02:31Comments(1)clip!

2015年07月08日

暴落開始

中国株の暴落が、日本株へのセンチメントを揺さぶる展開となり、日本株も暴落を始めた。

一昨日の東洋経済オンラインの記事に書いたように、中国株によるセンチメントが第一、日本株が上がりすぎていたことが第二であるが、本当に怖いのは、中国の個人消費が冷え込み、実体経済が大幅に減速することだ。

プラス成長でも、高成長経済の減速は、思いの外、インパクトが大きい。

こうなってくると、米国金利引き上げ先送りは、円高要因となり、日本株だけを仕掛けるには絶好の流れになるが、本当に怖いのは、円高にならないのに株が下がることで、やはり、日本株保有者にとっては、米国金利引き上げの先送りが鮮明になった方が、現時点ではいいだろう。

今晩の米国株は重要で、ここで大きく落ちるようだと、明日も日本株が暴落となり、このトレンドは短期には止まらなくなるかもしれない。こうなってみると、米国株が昨日の終盤盛り返したのはマイマスで、下げて底打ちとは成りにくく、そのシナリオは怖い。明日の日本株の15時の引け際が重要だ。そこで止まるようなら、若干の底打ちの可能性があるが、そうでないと止まりにくいだろう。  
Posted by sobata2005 at 19:34Comments(10)clip!

日経平均 大幅下落

主に中国株要因だろうが、ギリシャと重なったことで、世界のリスクテイクセンチメントが弱っているところへ、中国株という材料が重なり、また、日本株がこの2ヶ月上げすぎたことで、もっとも売りを仕掛けやすくなっているからだと思われる。

依然、ギリシャよりも中国に注目だ。  
Posted by sobata2005 at 12:41Comments(24)clip!

2015年07月07日

ギリシャと日本の類似性──量的緩和による危機の拡大

Posted by sobata2005 at 06:46Comments(17)clip!

2015年07月06日

日本の株式市場

短期的には、雇用統計と相まって、円高が進むことによる、大幅下落があるかもしれないが、乱高下したとしても、すぐに落ち着くだろう。

問題は、ギリシャのユーロ離脱となり、ユーロが一時的にせよ暴落したときに、いままでの円安仕掛けの手じまい売りが大量に出て、円高が急速に進めば、株式の方の短期買いのポジションも一気に閉じられることになり、これが、下落トレンドへの転換のきっかけになることだ。

このシナリオもあり得るが、まだ、可能性は低いと思う。

何か、もう一つ、事件が起きれば別だが。  
Posted by sobata2005 at 04:48Comments(6)clip!

ギリシャ 国民投票後

国民投票で、緊縮策受け入れNoとなる見込みだが、それでもユーロ離脱をギリシャは望まない。

チプラス自身も、離脱しないと言っている。

なぜなら、ユーロ離脱した瞬間に、ギリシャ経済は破綻するからだ。ガソリンなどの必需品が入手できなくなるだろう。そして、国民はユーロを使い続けるだろう。

問題は、EU側がユーロの使用継続を認めるかどうかで、離脱をEUの側で決定する可能性はある。

それまでに、ギリシャ側が、諦めて、緊縮策を受け入れて、もう一度、救済を求めるしかないが、それは、国民投票の後では、前よりも、一層政治的にはあり得ないだろう。

このまま、ずるずると、ただただ、ギリシャ経済は破綻の道を歩み続けることになるか。

救済を求め、緊縮受け入れに転じるきっかけを失い、完全に破綻するまで、その時はこないだろう。あるいは、ユーロ離脱して、即座に破綻が明白になり、国民にユーロに復帰したいという切望が出て、政権交代となる可能性もあるが、政治的には時間がかかるであろうから、その間に経済はめちゃくちゃになるだろう。


一方、ユーロ離脱しようがしまいが、経済が破綻するギリシャにかかわらず、欧州経済、世界経済、日本経済は、何の影響も受けないだろう。ユーロも乱高下すると思うが、ギリシャが離脱しただけで、何も揺るがないはずだ。むしろ、ユーロの重要性を目の当たりにし、離脱したいと思うところはなくなるだろう。

単なる、政治のボタンの掛け違い、国民感情の政治的刺激による、ちょっとした動きが、一国経済を破綻させることが可能であることが歴史に刻まれることになるだけだ。

これが、唯一、日本が学ぶべきことだ。  
Posted by sobata2005 at 04:43Comments(8)clip!

ギリシャ 国民投票 速報

WSJによれば、現時点での出口調査における推計は61%がNo. 

このまま行けば、いよいよギリシャは破綻だ。  
Posted by sobata2005 at 03:57Comments(0)clip!

2015年07月05日

ユニクロに欠けているもの

ファッションに対する愛と敬意だ。

非常に良質で、出来はとても良いが、肝心なところが足りない。

ちょっとしたリブの有無や質、カッティング、ポケットの切り方。なぜ、これにフードをつけるのか。

これは、車好きの人にとっては、どんなにレクサスが良くできていても、やっぱり自分では買わない、ということと同じかもしれない。

ファッションに対する愛がない。敬意がない。

あれだけ数が出るのだから、ワイシャツにS,M,Lはない。

シャツはどうやっても、立体的な作りにならない。

そもそも下着に化繊を使うのは、愛が足りない。スポーツ下着だけで、就寝用には向かない。それは、究極的には、肌に悪い。

価格を考えれば、出来はよいのは間違いがない。

敬意があれば、ユニクロにはファッションが必要だ、いや、やはりファッションは要らない、という言葉は出てこない。要らない、要る、と言うものではなく、ファッションは自然権のように、自然に存在しているのだ。

服は部品だ、ということはあり得ない。部品というものはあり得ない。

別の言い方をすれば、魂がない、ということか。

魂のある、とても出来の悪い学生と、魂のない、出来の良い学生と。どちらが良いか。

良い悪いではない。

前者の方が伸びる余地がある、と言いたいところだが、そうでもない。いくらやっても響かない学生もいる。

それでも、前者が好きだ。

愛はあるが、非常に出来の悪い、相性の悪い妻と、愛はないが、出来の良い、センスも要領も良い、合理的な妻とどっちが幸せか。

ユニクロはこれと同じだ。


そして、後者の妻を持った方が幸せなのが現実だ。

  
Posted by sobata2005 at 07:30Comments(11)clip!

2015年07月04日

私的オーディオ

私的な話を、今回だけしよう。

偉そうに(いつものことだが)、ほとんどのアンプは音が悪い、と言ったからには、おまえは何を使っているんだ、ということになるだろう。

私のシステムも、たいしたことはないが、音は悪くはないと思う。

買う基準は、まっとうな音がするものであるが、もう一つの基準は、筋が通ったもの、ということである。

能書きはともかく、今まで、一定期間手元に置いていたものを列挙してみよう。

アンプ

山水 907limited, B-2105

(買いたかった物: B-2302,ダブルイレブン)

Goldmund Mimesis 2 Mimesis 9

(買いたかった物 Mimesis 9.2)

Marantz #7、#9 (レプリカ)

Spectral DMA-180, DMC-15SS

sound design SD05 (本ブログにより譲渡することになった。)

その他、買いたかったが買えなかったものは、

Counter Point SA5000

マッキントッシュ MC1000

レビンソン JC-2

など

買う気はまったくないが、価格を度外視すれば FM acoustics

スピーカー

B&W 805 signature, SS25 (買えなかったモノ:未だに唯一探しているもの emphasis )

Exclusive 2402 + Pioneer PT-R9

Quad ESL-63

手元に置いたことはないが、近年のもので興味のあるもの

Piega

Dynaudio Special 25

**

こんなラインナップを上げても仕方がないのだが、そういうことである。

新製品は全く興味ないし、21世紀に入ってからの商品にはほぼ興味がない、というか、良いものがほとんどない。

しかし、人生で出会った、もっとも音の良かったアンプは、尊敬する師匠が無期限で貸してくれた、手作りのちっちゃな真空管アンプだ。

このアンプは、100万だろうが1000万だろうが、どんなアンプよりも音がいい(と思っている)。彼が自宅で使っているアンプを除いては。  
Posted by sobata2005 at 22:50Comments(4)clip!

ユニクロでの考察

今日は、愛する人とユニクロに行ってみた。

彼女は、かなりのユニクロ通で、以前、発売日に買いに行くと言ったらたしなめられた。ユニクロは週末に値下げしたもの以外を買う人はいないと。それは相当ダメだと。

彼女に、ユニクロのことをブログに書いたら、かなりの反発があったと言うと、そういうことは言わない方がいいと言われた。

一緒にユニクロを見て、私が学んだことは、ユニクロ大絶賛の彼女にとって、ユニクロの店頭のほとんどの製品はまったく関心がない、ということだ。

ユニクロは素晴らしいが、買いであるアイテムは1%程度で、それが素晴らしいのであって、他のものは買ってはダメだし、買うわけがない、ということだ。

あまり重要でないことだが、私のユニクロ製品の不満のほとんどはトップスに対するものであり、彼女の絶賛するユニクロのほとんどはボトムスであることだ。

私がリブだダメだ、余計なところにメタルのファスナーがある、と言うのに対し、彼女は、ああそういうのはだめ。生地は毎週洗っても4年経ってもへたらない、ギャップは倍もするのにすぐダメになる、色落ちもしない、素晴らしい、と。でもトップスはダメね。と。

また、私の買い方は価格レンジもダメだ。ユニクロで高いものを買ってはダメなのだ。昔、2008年頃、5990のジーンズを買ったことがあるが、生地はものすごく良く、オールメイドインジャパンでほとんど文句ないのだが、やはり少しだけカッティングが悪く、履き心地がもう一つ。しかし、そういうことを言ってはだめで、そもそもジーンズなら最安値あるいはその次ぐらいのレンジのものが安くなったときに買うのだと。

後は、私は化繊はすべてダメなので、オール天然素材でないとだめで、そうなると、ユニクロでの選択肢は激減することも一つの理由だろう。

さて。

しかし、真のユニクロの問題は、もっと本質的なところにある。  
Posted by sobata2005 at 22:29Comments(2)clip!

オーディオアンプの価格と音

音と価格は関係ない。

100万円で悪い音のアンプもあれば、10万円で良い音のものもある。

それだけのことだ。

価格はもちろん、経済学の原則、マーケティングの鉄則、もっとも儲かる価格に設定されている。

良心的過ぎて合理的でない作り手もいるが、多くのものは、利益最大化である。

100万円のアンプを買うのはどのような人か。

3万円のアンプと比べるために持ってくるものは、どのような100万円のアンプなのか。

100万円のアンプ、という名称だけで、音が悪いことは確定である。

まあ、現在では、100万円のアンプは高いものではなくなってしまったので、500万円のセパレートアンプ、プリとパワーで1000万円、パワーをマルチなどにすればそれ以上、ということで、1000万円のアンプといわなければならないか。

秋葉原に超高額品を扱う店がある。

5000万円のシステムの音を聞いた事がある。

音は、やはり悪かった。

なぜ、音が悪いのか。

悪いのではなく、音は関係ないのである。

5000万円のシステムを買う人は、良い音のオーディオを買いに来たのではない。

もっとも高いオーディオを買いに来たのである。

だから、5000万円なのである。

アンプ同士をつなげケーブル、スピーカーとつなぐケーブルにも、数百万円のものが、良くある。

同じことだ。

ああ。

こうして一つのすばらしい産業がなくなっていく。

だから、中古のものを丁寧に入手して、一生大事に使うしかない。

哀しいオーディオ。

虚しい広告。  
Posted by sobata2005 at 13:35Comments(3)clip!

2015年07月03日

オーディオの価格

よく、3万円のアンプと100万のアンプをブラインドでテストして、3万の方が良かった、という類いのレポートが流布しているが、もし、この類いのテストが、本当だったとしても、まったく驚くには値しない。

当然起こってしかるべきだからである。

なぜか。

それは、3万円のアンプも100万円のアンプも、音が悪いのである。

どっちも悪いのだから、どっちがブラインドテストで勝っても不思議ではない。

それだけのことだ。
  
Posted by sobata2005 at 15:39Comments(13)clip!

ユニクロでの衝撃

先日、私の学校での最も重要な仕事、バスケ部の練習があった。

丸の内で勉強会に出た後、学校に着いて気づいた。

ウェアを忘れた。

仕方なく、駅のユニクロへ。

学生に借りるよりも、使い捨て感覚で、買えばいいかと。


卒倒した。

高い。

ジーンズが4990。これは関係ないが、イメージしていたスウェットパンツ。2990。

高すぎる。

すべて高い。

お値下げ品。寝間着スウェットネイビー、990円。

安いが、30年前からタイムスリップしたような商品。値下げ前にはどこにディスプレイされていたのだろう。

使い捨て、と言っても、やっぱり捨てられないから、これが残るのはしんどい。

結局、用途に合わない、長めの短パン、1490円が限定価格990円を買った。


ユニクロは、もともと高いが、スカイロケットのように高くなっている。

売れると思えない。

大丈夫だろうか。  
Posted by sobata2005 at 07:52Comments(11)clip!

雇用統計

この雇用統計で、米国利上げは先延ばし。年内も危うくなってきたと、米国のエコノミストがコメント。

ポジショントークですか?

それとも、願望?

あり得ない。

先月よりも雇用の増加の水準は若干減少したとはいえ、20万人を超えており、失業率は労働参加率が低下したことで低下だが、それにしても、5.3%。

4月5月の数字が下方修正されたのが、一番悪いニュースだが、それでも毎月20万人増は保っているので、問題ない。

これで、利上げが遠のいた、とコメントしている人々の言うことは、今後も取り合う必要はない。

誰がそういったか覚えておくべきだ。  
Posted by sobata2005 at 07:31Comments(0)clip!

2015年07月02日

ギリシャは国民投票ができるのか

できない可能性がある。

国家の機能不全、経済の混乱。公務員給与支払いの遅延。

この中で、1週間で国民投票をきちんと運営することはできないのではないか。

もともとできないことが分かった上での脅しなのか。単にチプラスはわかっていないのか。

国民投票をずるずる延期し続けるつもりなのか。

いずれにせよ、ギリシャ経済は加速的に崩壊している。  
Posted by sobata2005 at 08:04Comments(10)clip!

2015年07月01日

ギリシャ 支援延長提案

いまさら。

国民投票を呼びかける前であれば、まだ少しの譲歩の余地はあったのだが。

まさに、じたばたしているだけだ。

そして、さらに自国の経済状況を追い詰めている。

この1週間で、ギリシャはどれだけの人材、資金、信用の喪失を被ったか。これからどれだけ進むか。

抵抗すればするほど失うモノが大きくなっている。
  
Posted by sobata2005 at 06:37Comments(16)clip!