2017年03月30日

新・経済発展理論体系(1)これまでの成長論は誤り

幻冬舎plusに掲載されました。

経済政策大全第16回

新・経済発展理論体系(1)これまでの成長論は誤り  

Posted by sobata2005 at 07:39Comments(31)clip!

2017年03月28日

東芝は悪くない

転機の日本経済 ニューズウィーク日本版に掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 16:31Comments(7)clip!

2017年03月27日

美人投票というリスク

小幡績のひねくれ投資日記 第五回

美人投票というリスク

掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 07:54Comments(14)clip!

2017年03月26日

出演情報 オトナカレッジ 

告知遅れてすみません。

3月26日より3週連続で出演します。

日曜日朝6時5分からです。

今週は

トランプ大統領本格始動で世界情勢はどうなる?

ポッドキャストでもどうぞ。

  
Posted by sobata2005 at 07:43Comments(1)clip!

森友問題

ついに向こうが追い込まれたか。  
Posted by sobata2005 at 07:37Comments(3)clip!

2017年03月24日

今週の競馬 高松宮杯

思わず、高松宮杯と書いてしまったが、今は記念でGI。昔は、通称「宮杯」。中京の2000Mの初夏の数少ない重賞。ローカル重賞という雰囲気満載のレースで宝塚を諦めてこちら、という馬も多かった。

いまだにそのイメージが抜けないどころか、むしろそれが強まっている。

年を取った。

今の高松宮記念は言わずもがな、スプリント王者決定戦。ただ、今年は王者不在で大混戦。予想は難しい。

混戦のときほど、実力を軸に予想したい。レッドファルクス。

この馬は香港で大敗していなければ(出走していなければ)文句なく、王者としてこのレースを迎えただろう。芝のスプリントに転じて香港を度外視すれば底を見せていない。単勝。

マーチSは、アスカノロマンが断然格上で、好きな馬でもあるが、ここは新鋭に期待してロンドンタウン。単なる直感だ。

土曜日は、毎日杯。シンザン記念のときにこのブログに書いたアルアイン。奇しくもそのときに触れたフィエロが日曜日の宮記念に出ている。フィエロの代わりにアルアインに期待。サトノアーサーが現時点では人気も実力も一枚以上上かもしれないが、実力差の方が少ないと見て、一騎打ちを期待しつつ、アルアインを本命。

日経賞は、それこそゴールドアクターが断然で、コースもぴったり。だが、ここはあえて4歳馬レインボーラインに期待したい。

この週末は新しい王者、新鋭スターの誕生を期待したい。  
Posted by sobata2005 at 18:30Comments(10)clip!

クレタ島の理事長と2つのパラドックス

クレタ島の理事長は、こういった。

「我々はいつもうそをついている。」

議場はどよめいた。

議員たちは、自分たちが追求していることの結末は、追求していたことが無駄であることを示すことにほかならないというパラドックスに陥っていたことに気づいたからだ。

テレビを見ていたコドモはいった。

「うそつきを呼んでうそをつかせるのはなんのため?」

オトナは答えた。

「パンとサーカス。ギリシャ、ローマ、現代と人間は進歩してきて、すべてはサーカスになったのだよ。」

  
Posted by sobata2005 at 07:46Comments(9)clip!

2017年03月23日

どの市場がリーダーか

ドル円はさらに下落して110円台半ば。ユーロに対しても同じ。

原油の下落はいち早く始まっており、リスクオフのセンチメントは先にここに現れていた。

ダウよりも日経平均の落ち方が大きいが、為替要因というよりも、センチメントに敏感ということだろう。

米国株価ももう少し下がるはずだ、という見方もある。

一番理屈に近いのは通常は債券市場。

直近、これからもそうではないか。
  
Posted by sobata2005 at 03:50Comments(8)clip!

2017年03月22日

経済発展とは何か(2)それはギャンブルに他ならない

幻冬舎 plus 経済政策大全

経済発展とは何か(2)それはギャンブルに他ならない
掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 06:05Comments(12)clip!

やっと

ついに、というよりは、やっと、と言ったほうが良いだろう。

米国株価は暴落、ドル円も暴落で、ダウは237ドル安、日経平均先物も夜間で350円安で19000円割れ。ドル円は111円の半ばまで急落。

なぜか。

今までが高すぎたのだ。

あり得ないトランプへの政策期待で上がっていたのだから、いつでも元に戻っておかしくなかった。

先週イベントが相次ぎ、イベントを無事通過したところで、みながほっとした所を狙って仕掛けた面もあるだろう。ただ、基本、多くの投資家が手仕舞い、売り時だと思っていたはずだから、仕掛けがあれば逆らわず、素早く売って手仕舞う。

それだけのことだ。

今日、日経平均が夜間の安値から戻す動きをしたら、それは危険な香り。警戒が必要だろう。  
Posted by sobata2005 at 05:09Comments(3)clip!

2017年03月20日

リスク=変動でない

小幡績のひねくれ投資日記第四回

休日ですが、掲載されました。

  
Posted by sobata2005 at 07:26Comments(11)clip!

2017年03月18日

今週の作品 志賀直哉「暗夜行路」

人生に行き詰る度に、この小説を読んできた。

高校生のときも、奥多摩に入山自殺しかかったときも、この本だけを持って外に出た。

ただ、今は、いつも行き詰っているので、毎回これを読んでいては、それだけで人生が終わってしまうし、読みきる力もない。

そこで代わりに「城の崎にて」。

この小説がきっかけで大学に入学した後、城崎温泉に行き、余部鉄橋と天橋立を見た。

一方、私の尾道のイメージは、謙作の缶詰によって形成されてしまい、一度も行ったことがない。

いつか尾道に部屋を借りてみたい。

  
Posted by sobata2005 at 07:33Comments(31)clip!

2017年03月17日

月曜日の競馬 フラワーカップ

まさに桜花賞最終切符の争い。

その意味ではファンディーナは必勝体制。桜花賞で人気になるまでは行かないが、ここは是非とも勝ってほしい。

ただし、圧倒的で見るレースとも言えず、ディーパワンサも侮れない。二頭の争い。  
Posted by sobata2005 at 20:00Comments(4)clip!

日曜日の競馬 阪神大賞典 

サトノダイヤモンドを見るレース。シュヴァルグランがどこまで迫れるか。

スプリングSの方は、サトノアレス、モンドキャンノが人気だろうが、朝日杯はハイペースの追い込み。展開に恵まれた面もあると見て、別の候補を。

名前だけでアウトライアーズ。他人(馬)のような気がしないが、ほかに仲間がいるのか。田辺にも期待。  
Posted by sobata2005 at 19:30Comments(7)clip!

明日の競馬 若葉S

ファルコンSの方が重賞だが、あまり冴えないメンバー。

一応予想だけしておく。

ボンセルヴィーソ本命。穴はコウソクストレート。

若葉Sも皐月賞への最終切符を狙うメンバーで冴えないが、師匠がダービーでウイナーズサークル本命にしていたのを思い出して、サンライズノヴァ。サンダーガルチに音無という大好きなものが二つも入っているし。松若も応援している。


  
Posted by sobata2005 at 19:00Comments(4)clip!

2017年03月16日

経済発展とは何か

<経済政策大全>第14回
経済発展とは何か(1)経済拡大ではない

掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 12:27Comments(13)clip!

驚く価値もないこと

ノーベル経済学賞を取った後は、その後の評判は気にしなくなるのか。

いくつかのところで報道されているが、

ノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツ米コロンビア大学教授は14日夕、経済財政諮問会議に出席し、政府・日銀が保有する国債を無効にすることを提言した、

とのことだ。

政府債務が「瞬時に減少」、「不安和らぐ」と、スティグリッツ氏は述べた、

そうだが、どうかしてしまったようだ。

まあ、これは驚く価値もない。米国で信用されず、相手にされなくなると、途上国に来てどさ回りで稼ぐのは、古くから世界中のアイドル歌手がやってきたことだ。

問題は、アイドル歌手にカネを使ってしまうのは、個人の自由だが(また武道館と東京ドームにやってくるアイドルもいるようだが)、政策は国全体をおかしくしてしまうので迷惑な話だ。

これは呼ぶ方や話を聞く方が悪く、それを受け入れてしまう政治家は、経済学はわからないから、それでよしとする周りの人々が悪い。

これもいまさら驚くべきことではないが。

だから、こんなくだらないニュースに市場は全く反応しないし、取り上げているブログもここぐらいなものだ。

ちなみに、日銀保有の国債が瞬時に消えると、統合政府の内部消却で連結決算と考えれば問題ない、というのは、今後も日銀が民間銀行から買い入れ、かつ政府も国債を発行し続ける、という状況では完全な誤りだ。

政府がデフォルトして、国債の発行をやめれば、そのときはそうなるだろう。

しかし、日銀の国債を消去して、その後、政府が国債を発行しようとすれば、それは誰も買わない。民間の既発国債の保有者は日銀入札に殺到して、すべての国債を売却しようとするだろう。名実ともに、日銀引き受けした手段がなくなり、ハイパーインフレになる暇すらなく、物物交換の世界、米ドル使用の世界に移動することになるだろう。

まあ、一部のノーベル賞経済学者だけしかそんなことは言わないから、現実に考えることは意味がないのだが。

ちなみに、これに比べれば、シムズ教授の提言ははるかにましだ。彼は、日本の状況を知らないだけで、我々にとっては、世間知らずの誠実な学者に過ぎないからだ。彼の提言を実行しようとする人は(世間を知っていれば)いないが、理論的に、この提言に触発されて、金融政策のあり方、考え方を議論するにはよい機会である。あくまで、学問の世界での提言であり、政策提言ではないのだ。

それを新聞社などが政策提言と勘違いしたので騒ぎが大きくなったのだ。

シムズの提言は学問の世界に限られた思考実験。

スティグリッツは官邸という居酒屋での与太話。

だから、何も驚くことはないのだ。  
Posted by sobata2005 at 11:00Comments(12)clip!

米国FOMC もっとも驚くべきこと 

FOMCで利上げが決定された、

これは当然だが、為替は大幅円高となった。

なぜか。

理由は、利上げ年内4回を示唆する可能性ありと思われていたのだが、従来の年3回の示唆にとどまったから、という理由だ。

驚きだ。

市場というのは、なぜ事実をあえて曲げて解釈するのか。

仮説1 都合が良いから。

市場が乱高下したほうが取引チャンスが増えて都合が良い

仮説2 あほだから。

どちらなのだろうか。  
Posted by sobata2005 at 06:56Comments(9)clip!

2017年03月15日

森友問題の本質

安倍首相も稲田大臣も関係ない。財務省でもない。本質は大阪問題だ。  
Posted by sobata2005 at 20:40Comments(3)clip!

東芝はセカンドベストを尽くしている

東芝の経営が混迷を極めている、など東芝を徹底的に批判する報道や記事が多いが、今、東芝はベストを尽くしており、やっと、やるべきことをやり始めたのであり、今は批判したり非難すべき局面ではない。

WHとのかかわりを可能な範囲で減らし、WHの損失、とりわけ今後の損失、米国の原子力事業業界全体の損失から、東芝本体をどれだけ遮断できるか、ということにかかっている。チャプター11はもちろん選択肢であり、WHを切り離せるならもちろんそうするのが現状ではベスト、制約条件の多い中でのベスト、セカンドベストである。

半導体事業については、100%売却が現状ではもっとも合理的で、新会社に移り、東芝という名前は失うが、元東芝の社員たちが、新しい資本の下で、ベストな事業を展開するのが望ましい。だから、これも選択肢に入ってきた、というのは正しい方向だ。

混迷を極めている、不信が強まる、などという局面ではないし、実際にそうではない。混迷の極みから、一歩ずつ這い上がり、前に進み始めている。

上場廃止は止むを得ないかもしれないし、それが避けられればその方がよいが、それはまったく本質ではない。マーケットでファイナンスすることはあり得ないし(相対だ)、時価よりも簿価の世界であり、さらに事業自体がどうなるか、という局面なので、上場は二次的な問題である。

思考して言葉を使うべきだ。ムードだけで議論すべきでない。  
Posted by sobata2005 at 06:20Comments(13)clip!

2017年03月13日

イノベーション論とは経済成長論である

幻冬舎plus <経済政策大全>第13回
イノベーション論とは経済成長論である

掲載されました。


  
Posted by sobata2005 at 19:26Comments(20)clip!

ひねくれ投資日記 我々が勝つチャンスはあるのか

Posted by sobata2005 at 06:17Comments(8)clip!

2017年03月12日

今週の作品 芥川龍之介 蜜柑

教科書にも載っている作品だが、芥川龍之介の最高傑作の一つだと思う。

地獄変が間違いなく芥川の最重要作品ではあるのだが、このなんでもない作品。こういう作品に芥川のもうひとつの素晴らしさがあると思う。

大都市に疲れたときには蜜柑。  
Posted by sobata2005 at 07:00Comments(5)clip!

今日の競馬 中山牝馬

昨日は、予想をあげなかったレースで1番人気に注目ですべて一番人気が勝ち、ヤマカツエースは強いが過大人気で一番人気を嫌って予想したら、それも一番人気。ひねくれがすべて裏目に出た格好だ。

今日は素直に。

といっても一番強いと思う馬を予想し続けているだけなので、ひねくれているわけではない。そこがひねくれ株式投資と違うところで、競馬には真実がある。今日も真実を追い求めたい。

しかし、真実が難しい古馬の牝馬でしかもとらえどころのない中山牝馬。一方、クラシックトライアルだが、クラシックと無縁の馬が活躍するフィリーズレビュー。困った。

中山の方は、素直にいくならマジックタイム。格上でかつ調子も良い、ということで逆らう理由はないが、牝馬の引退レースというのは鬼門。

格上なら圧倒的にデニムアンドルビーだが、一昨年の有馬で引退しなかった理由がわからないし、ダートを使ったのはもっと不明。馬券的にはチャンスかもしれないが、こういう使い方をしたオーナーの馬は何があっても買いたくない。

それをいうならメイショウマンボだが、もう何も言いたくない。

パールコードは、人気は当然だが、牝馬限定戦のみで、4歳。過信はできない。

それならだめもとで、ウキヨノカゼ。1200専用かどうかわからないが、スタミナはある。むしろ中山で届くか。田辺。それと良血開花ならトーセンビクトリー。武豊で軽量の逃げ。

めずらしく馬連でマジックタイムからこの二頭へ。

フィリーズは、わからない。レーヌミノルとジェーヌエコールの2歳実績馬に、ニ連勝で前走の勝ち方の良かったカラクレナイ。どれも一長一短で、それならダートニ連勝無敗のタガノカトレア。しかしこれもなんと4番人気。見るレースとしても価値はないが、馬券予想もパス。  
Posted by sobata2005 at 06:53Comments(4)clip!

2017年03月11日

今日の競馬 金鯱賞

この時期に移って、豪華メンバーかつフルゲートとなった。

いろんな馬に惹かれるが、ここは、強い馬が勝つ、という真の競馬に基づき(願って)、実力格上の馬から。

枠、コースから人気を落としているルージュバック。実績でも断然格上、このコースも向いていそうなステファノス。近走から人気を落としているヌーヴォレコルト。調子落ちかもしれないが、目をつぶって。この三頭。

大好きなフルーキーは調子落ち?かつ大外で、5番手まで。

圧勝の可能性があるのは、前走22キロ増で好走したプロディガルサン。超良血の明け4歳。田辺とともに一皮剥けたコンビで圧倒する可能性があるが、現時点では1番人気。

馬券的には、ガルサンは必ず入れて、前述三頭の中から一頭を落とすか、軽く扱うという戦略になろう。私は本命はルージュバック。

しかし、今日は土曜日だが、明日よりも注目馬がこれ以外のレースでも多い。

阪神スプリングジャンプ、アネモネS、仁川S、すべて1番人気の馬に注目だ。強い馬が強いレースをするのを見たい。  
Posted by sobata2005 at 05:29Comments(7)clip!

2017年03月10日

イノベーションとは何か(2)利益はどこから生まれるか

<経済政策大全>第12回
イノベーションとは何か(2)利益はどこから生まれるか

掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 23:33Comments(10)clip!

WH Chater 11申請の可能性

ウェスチィングハウスの倒産の可能性がやっと報道され始めた。

これまでコメントを控えていたが、大枠で単純に考えると、それがもっとも自然だ。

複数の事業を行い、それが子会社ごとに行われていて、そのうちの一つの子会社が大きな損失を出して、それだけの理由で2兆円もの価値がある事業を抱えている本社が倒産するのであれば、子会社である意味がない。

むしろ、親会社、あるいは本体が大きな損失を出して、子会社が優良であった場合、子会社をすぐに売れば、子会社の価値は守られる。逆の場合は成り立たない、というのはおかしい。

ただし、事情は複雑で、様々な保証、いろいろあるだろうから、静観するしかない。

しかし、基本は、価値のある事業は価値が守られ、価値がなくなった事業は世の中からなくなる。その基本に忠実であるべきで、今後、価値がなくなった(マイナスとなった)事業のマイナスが拡大するのを永遠に価値のある事業の価値がなくなるまで払い続けなくてはいけない、というのはおかしい。倒産法制の存在意味がない。

経済的にも、社会全体の価値を守るという意味で、東芝の価値のある事業は守られ、また発展するべきなのだ。そのために、法制度はあり、社会も政治もあるはずだ。  
Posted by sobata2005 at 22:58Comments(2)clip!

米国雇用統計

大方の予想通り、予想を上回る雇用者増加だった。  
Posted by sobata2005 at 22:52Comments(0)clip!

イノベーションとは何か

幻冬舎plus <経済政策大全>第11回 イノベーションとは何か
掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 12:38Comments(3)clip!

2017年03月07日

事実と現実

事実と現実が合わない場合の可能性は2つ。

事実と認識している事実が間違っていること。事実誤認だ。

もうひとつは現実が間違っていること。

事実がまだ現れていないだけ、つまり現実化していないだけだ。

現実化されていない現実。

これがいまの相場だ。

それが私の事実認識。

間違っているかもしれない。  
Posted by sobata2005 at 22:59Comments(30)clip!

2017年03月06日

小幡績 トランプ演説に敗れる。「解釈」は事実より強し

Posted by sobata2005 at 06:22Comments(11)clip!

2017年03月05日

今週の競馬 弥生賞

昨日のチューリップ賞は、ソウルスターリングの圧勝。前哨戦ではリスクグラシューが、本番ではソウルスターリングの圧勝というシナリオで二度オッズ的に美味しい、というシナリオ予想をしたが、見事に外れ、欲をかきすぎた。二頭の差はさらに広がった感があり、須田鷹雄の見立てとは異なり、ソウルスターリングの一強か。やはり、フランケルにエクリプス賞の母。血統恐るべし。

その観点でいえば、弥生賞は、カデナとコマノインパルスで人気のない方、という戦略は、3歳クラシック戦線、迷わず、大物を狙え、というかんべえ氏の考え方が正しいか。騎手ものっている田辺で行きたいところだが、素直にカデナで行くべきか。しかし、なぜか、かんべえ氏の結論は逆でコマノ。大丈夫ですか、かんべえ先生。

ひねくれ投資家の私は、かんべえ氏が無理筋というダンビュライトから。音無師、ルメールで、ルーラーシップ。応援しない手はない。さらに、母系はよだれが出る良血。多数日本での活躍馬を出しているし(ブラックスピネル、マリアライトなど)、RivermanにRibot.大好きすぎて冷静さを失っているが、これ以上ない。ルーラーシップはこれで成功しないと先行きが案ぜられる。

大阪城Sは、教え子が経営者のグリーンファームの活躍馬マキシマムドパリを応援しつつ、予想は大穴で、しつこくデウスウルト。未練がましい愛は破滅をもたらすが、馬券人生ぐらい破滅したってかまわない。複勝。  
Posted by sobata2005 at 08:44Comments(5)clip!

2017年03月04日

今日の競馬

先週は、わけがわからないと思った土曜の両メインが当たり、自信を持って、わけがわかる合理的なレースとして予想した日曜日の両重賞が思いもよらない結果に。反省会としては、わけがわかる、と自信を持ってはいけないということ。もうひとつはネオリアリズムは相当強くなっているのか。あのぶよぶよの馬体で走るなら、次はもっと強いのか。次の予想につなげたい。

さて、今日はチューリップ賞。中山記念は馬券を買わないというルールをまげて、馬連一点勝負と行きたいぐらい固いレースだと思っていたが、買わずに不幸中の幸い。

しかし、今日のチューリップ賞こそは、本当に固いレース。リスクグラシューとソウルスターリングの馬連一点。単勝は、売れていないリスクグラシューの方で。と反省していない予想。

中山はオーシャンS。過去の一口持馬でもっとも活躍し、また思い入れも深いシルキーラグーンが二連覇したレース。あの当時はオープン特別で、彼女は結局重賞を勝てなかったが、今は重賞。

好調メラグラーナか高齢スノードラゴンか。オッズとリスク選好度次第。
  
Posted by sobata2005 at 10:26Comments(4)clip!

相場反省会

今週予想が外れた件については、もうすぐお伝えします。

お楽しみに。  
Posted by sobata2005 at 10:14Comments(3)clip!

2017年03月01日

怪しい円安株高

今日の急速なドル円の戻り、それにともなう日経平均の上昇は怪しい。

トランプの演説で いかにもドル安が進みそうなところ、それを昨日は前もって織り込んだが、今日は、その反動と捉えるか、これからのドル安日経平均安仕掛けへの仕込みと考えるか。

どちらもありうるが、前者でも、ここでドル高になれば、演説でドル高は考えにくいので、後者の展開の準備が必要だろう。

よって、様子見またはドル売り、日経売りが普通の戦略だろう。

さて。  
Posted by sobata2005 at 10:30Comments(19)clip!

<経済政策大全>第10回 緊急寄稿 経済学者に騙されている政治家たちに告ぐ

<経済政策大全>第10回 緊急寄稿
「物価水準の財政理論」を悪用している経済学者に騙されている政治家たちに告ぐ

こちらにも掲載されました。

  
Posted by sobata2005 at 00:35Comments(10)clip!