2017年04月30日

私事

今日、海辺の家の住人の許可が下りたので、海辺で頭を丸めた。

昨年のJCでの約束を履行したものともいえるが、本人としては、有馬で彼が日本最強と認め、大阪杯以降、永遠に彼を本命にすると決めたのに、今回少し色気が出て、やはり名前が好きでないという理由だけで、本命をダイヤモンドにしたことを反省し、色気が出た雑念を取り払うためである。

しかし、キタサンブラックという名前はシュールだな。むしろ好きかも。  

Posted by sobata2005 at 21:56Comments(5)clip!

打倒上海馬券王

憎き宿敵、どんぐり競争のライバル上海馬券王がなかなか天皇賞を予想をアップしないので、いらいらしながら、吉野家の豚スタミナ定食にマヨネーズ付!と銘打っているのにもイラつきながら、そのキャベツの千切りをそのまま食べていた。サラダのマヨネーズをよく外国人が追加しているが、あれは30円取られる。俺はマヨネーズ使わないから、30円無駄に使ったことになる。しかも、マヨネーズを売りにしているメニューでマヨネーズを残していいのか。ゼミ生のために持って帰るか。しかし、要冷蔵ではないか。これから海辺の家に行くのに大丈夫か。。。。

葛藤していると、やっと彼の天皇賞の記事がアップされた。

許せない。

あれだけ引っ張っておいて、なにやら14歳の若造のことをひたすら書いている。おれだって、その大局、youtubeで見たぞ。だけどな。先週はもっと重要なNHK杯戦の桐山清澄九段の惜敗があったんだぞ。あれをテレビで見ていて、俺がどれだけ涙したんだと思っているんだ。駒を持つ手がいちいち震えながら、相手の駒を取っても握った手からそれが零れ落ちそうになりながら、渾身の力で盤にめり込むかのように打ちつける、そして、それがしかし力任せでなく、非常に美しく強いのを見なかったのか。

俺が、そのエントリーを書こうと思ったのだが、エネルギー不足の不調で書けなかったからといって、ひふみんの陰に隠れて健気に奮闘している桐山を、といっても三月のライオンじゃないぞ、清澄のほうだぞ、九段を元棋聖を無視していいのか。

まあ、飯島七段も誠実な棋士で、負けて彼がどれだけ屈辱を感じるかを想像すると若干応援の手も鈍るが、やはり桐山九段に勝って欲しかった。

この無念が上海の若造にはわからんと見える。それとも、こちらが老いを恐れているだけなのか。君はまだ十分若さを保っているのか。

天皇賞の予想のほうも、俺の本命馬券を全否定しやがって。データはそうだ、君も須田もそういう。内枠。ラブラドライトだ。データなんかくそくらえ。強い馬が勝つんだ。オルフェーヴル、ゴールドシップがちゃんと勝っていればデータ一変、それ以外の波乱は、本当に強い馬がいなかっただけだ。

ということで、今日は打倒上海馬券王といいたいところだが、老いて知ることは、争うことの無意味さよ。戦争だけでなく、ライバルなんて意味がない。すべては自分との闘い、いやそれも闘いでなく、自分をも消し去ること。

仙人に近づけるように、今日も修行しなくてはいけない。

穏やかな一日と、素晴らしい天皇賞をすべての人に、祈りたい。
  
Posted by sobata2005 at 08:38Comments(14)clip!

2017年04月29日

天皇賞

キタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎打ち。

そんなこと誰もが知っている、と言われるだろうが、この二頭の馬連は、現時点では2.6倍。

あり得ない。

馬券は、馬連一点。

もちろん、明日のレース直前になれば下がっているだろうが、2倍を超えていれば、賭けられるだけ賭けたい。1.8倍でも買いだ。

少額でギャンブルしたい場合には、二頭を1,2着に固定した三連単。3着候補は、人気の中では、シャケトラ。勢いも成長力もあり、良血に期待。距離も歓迎。シュヴァルグランは、先週の福永を見てしまうと、やはり買えない。ビッグアーサーでは一生買わないと思った瞬間に次は来たのだが、それでもやはり人気があるなら妙味があるとは言えない。人気薄からは、アルバートとアドマイヤデウス。

馬券は以上。

***

スポーツとしての競馬をあえて語れば、二頭はどちらも強い。甲乙つけがたい。予想は不可能である。あえていうなら、好みと外枠が嫌われて若干人気を落としているサトノダイヤモンドを本命としたい。二頭とも成長しており、他の馬では追いつけない。

キタサンブラックはまたもや内枠に恵まれ、理想的な競馬ができるだろう。死角があるとすれば前走2000メートルを使ったことだが、そんなことを苦にするような馬ではないだろう。勝っても2着でも凱旋門を目指して欲しい。

サトノダイヤモンドは、前走完勝で、さらによくなっているだろうから、外枠も苦にしないだろう。ルメールがうまく乗るはずだし、京都の3200なら、データ的には内枠有利とはいえ、穴は内枠からだが、外の一流馬を消す理由にはならない。

マックイーンがライスシャワーに交わされていくのを見て、悲痛な叫びを上げたのが思い出されるが、ライスシャワーが軽視されていただけで、あの二頭は強かったのだ。

今年も二頭の一騎打ちで、二頭ともに凱旋門を目指すことになることを期待する。  
Posted by sobata2005 at 09:35Comments(14)clip!

青葉賞

まずは、青葉賞。

これは良血アドミラブルを見るレース。勝って、ダービーのダークホースとして名乗りを上げるのを見たい。

  
Posted by sobata2005 at 09:07Comments(3)clip!

2017年04月26日

世界的株高

欧州企業も米国企業も好決算が相次ぎ、また米国は不動産、消費者信頼感指数など多くの指標がポジティブかつポジティブサプライズで、世界的に株価上昇。トランプの減税案は、owner operated companiesは15% へ減税という案だ、とWSJが報じているが、これはまだ織り込まれておらず、正式発表(トランプがそういっても正式なのかどうか分からないが)でさらに株価上昇という可能性がある。

いよいよか。  
Posted by sobata2005 at 05:40Comments(74)clip!

2017年04月24日

マクロン大統領

よく考えるとあり得ない。信じられない。

普通に考えると、反ル・ペンでまとまって、マクロンに決まる、という予想になるだろうが、そして、だから、今の世界的な金融市場のポジティブな反応は、決選投票後に再度盛り上がると予想されるから、今日の流れに乗って、リスクオンが加速するだろう。

まあ、確かにそうなのだが、ちょっとひっかかるのは、フランスという国を考えると、ル・ペンは悪夢だが、悪夢のシナリオとして想像しうるシナリオ、マクロンという金持ちエリートで米国投資銀行出身者を、フランスの既存の権威、貴族たちに反抗する庶民が支持する、という方が圧倒的に想像できなかったシナリオだ。

本当にマクロンになる、と思ったら、アンチマクロンのムードは膨張するのではないか。

2週間は警戒が必要だし、その後も、つまりル・ペンを大統領から排除しても、油断はできない。  
Posted by sobata2005 at 09:19Comments(13)clip!

今日のテレビ出演 日経CNBC

24日 1330- 日経CNBC 昼エクスプレス

4/24(月)〜28(金) 13:30頃〜 プレミアウィーク「黒田日銀 4年間の評価と課題」

任期満了まであと1年となった黒田東彦総裁の評価と課題は?専門家にズバリ聞きます。

4/24(月) 「株価」  慶応大学大学院 准教授 小幡 績
4/25(火) 「為替」 JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長 佐々木 融
4/26(水) 「金利」 野村証券 チーフ金利ストラテジスト 松沢 中
4/27(木) 「物価」 ソニーフィナンシャルホールディングス チーフエコノミスト 菅野 雅明
4/28(金) 「ポスト黒田」 日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 今 晶  
Posted by sobata2005 at 08:32Comments(0)clip!

個人投資家に贈る、「後悔」との付き合い方

News Picks ひねくれ投資日記 第9回 

掲載されました。

心苦しいのですが、会員制サイトです。

誰でも読める方法を考えてはいるのですが、現時点では、すみません。  
Posted by sobata2005 at 06:06Comments(3)clip!

マクロン ル・ペン 決選投票へ

出口調査によると、この二者が決選投票へ進む見込み。

調査に夜が、マクロン23%、ル・ペン21%程度の模様。

フィヨン、メラションは19%程度。

ただし、これはあくまで出口調査。

ユーロは急進。  
Posted by sobata2005 at 05:26Comments(0)clip!

2017年04月22日

明日の競馬 マイラーズC

まず、フローラSは、フローレスマジックとホウオウパフュームの一騎打ちを見るレース。私は、名前からいってホウオウの方を応援せざるを得ない。

一方、マイラーズは少頭数のギャンブルレース。どの馬が勝ってもおかしくない。

本命はプロディガルサン。田辺の方が好みだが、前々走、大幅体重増での好走で、前走も着順ほど負けていない。ギャンブル的にもチャンス。

もう一頭、穴っぽいのはダッシングブレイズ。不幸なレースから立ち直り、5歳にして成長しているよう。期待したい。

後は、休み明けで無視されているが、昨年の覇者クルーガー。高野師が休み明けでも調子がよいと言うなら。先週の挽回も。ただ騎手のほうは先週から連勝を。

実力馬ではやはりイスラボニータ。どこへ行っても勝てない、という嫌な流れを払拭したいところ。その流れになってしまったのがフィエロ。大好きな馬だが、ここは軽視。

スピネル二頭は、人気が上回っているということで、ギャンブル的には切りたい。  
Posted by sobata2005 at 06:27Comments(7)clip!

今日の競馬 福島牝馬S

難しいレースだが、一番好きなウキヨノカゼと大穴だがペイシャフェリス。

どちらも距離が長いと思われそうだが、ウキヨノカゼは全く問題なく、ペイシャフェリスは展開が向くのでなんとかなる可能性はある。ウキヨノカゼはむしろその展開が問題で福島でどうか。両者が共に好走することは展開的にあり得ず、人気がないので、今回は後者本命。

普通はクインズミラーグロを軸には本命にするところで、福島の武というのも珍しいが、人気次第。

後は、体重を増やして好走してきた、クロコスミアとロッカフラベイビー。名前が嫌だが、侮れない。

オアシスSはベストマッチョ。  
Posted by sobata2005 at 06:06Comments(4)clip!

2017年04月18日

日本銀行 審議委員

次期委員についての報道が出ている。

これが真実だとすると、官邸の意向だけが反映されていると思われる。

なぜなら、リフレ派というのはもはや日銀執行部よりではない。黒田総裁をはじめ、日銀執行部は少しずつ出口を目指しているからで、とりわけリフレ派、量的緩和拡大論者とはかなり遠いところにある。

決して、執行部に近いわけではなく、執行部案に、逆サイドから反対する可能性すら理論的にはある。ただし、政治的な意味では、緩和拡大論者が執行部案にあえて反対することはないだろう。

そして、実際のところ、審議委員はそれほど重要でない。

最大の問題は、こうなると、黒田氏の後任は黒田氏ではなくなることだ。黒田氏はもはや緩和拡大論者ではないからだ。

それが唯一最大の不安だ。  
Posted by sobata2005 at 16:38Comments(37)clip!

経済衰退理論 1

幻冬舎Plus 経済政策大全第22回

経済衰退理論 1

掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 12:28Comments(15)clip!

2017年04月15日

皐月賞

難解な皐月賞。

桜花賞馬に比べて、皐月賞馬はいまひとつ。本当に強い馬は、皐月、ダービーと勝って、三冠を目指すか、天皇賞にするか、今なら凱旋門か、というところだが、混戦の皐月賞を勝った馬は、ほかの馬に比べて本当に強いかどうかわからず、また古馬になってもあまり活躍できない馬もいる。

それはやはり中山2000というコースのせいで、桜花賞が実力が現れる阪神1600。だから、オークスは、距離は無関係、桜花賞のそのままの順位で決まることも多い。一方、皐月賞の中山2000は、中山1800よりも始末が悪く、評価しがたい。金杯ならいいが、皐月賞は本当ならコースを変えてほしいぐらいだが、伝統には意味があるので、そうもいかないだろう。

ただ、中山2000という混戦になりやすいレースを勝つということは、底力はともかく、器用さ、勝負強さはある馬であることが多い。さて、今年はどんな馬が該当するか。

本命はファンディーナ。

ファンディーナを本命にしなければ、明日の馬券は明快だ。ファンディーナは強いかもしれないが、厳しいレース経験もなく、牡馬に揉まれて大丈夫なのか、それで単勝1倍台。馬券的にはあり得ない。

牡馬は一長一短なら人気のない馬から買えばよく、当初はファンディーナは無印、アルアイン本命で勝負という予定でいた。

しかし、改めてレースを見ると(これはよくないかもしれないが)、勝ち方が大差であるばかりでなく、落ち着きや自在性、最後の余力かつタイムを考えると、やはり圧倒的に強い可能性は十分ある。高野調教師は、音無調教師とともに、私がもっとも信頼する先生で、彼が皐月賞をオーナーの意向とはいえ使うと決断した以上、信頼したい。

ウォッカのダービーも強いと分かっていても、馬券は買うべきではなかったし、明日もそうだろう。だから、馬券としては難しくなってしまう。ただ、3歳クラシックは、馬券、オッズのことは考えず、本当に強い馬が勝つことを願いたい。

ただ、どうしても馬券予想をするなら二番手以下はオッズ次第。

その中ではアルアイン。人気もなく、一方、毎日杯は優秀なタイムで強かった。

後はスワーヴリチャード。共同通信杯は強かった。

ただ、この二頭は自分が本命にして前哨戦を勝っているため、私の確証バイアス(認知バイアス)があるかもしれない。

スプリングS組は、レベルが低いのかもしれない。ただ、サトノアレスは無視されすぎているので、馬券的には狙ってみたい。

この三頭は、血統的にも皆大物で魅力的だ。それも少しバイアスになっているかもしれないので注意。皐月賞は大物が走るわけではないからだ。

そしてファンディーナの母系もパゴなどの大物を多く輩出しており、アルアインの世界一の良血とまではいかないが、素晴らしい血統だ。

クラシックとしてみるなら、ファンディーナを応援したい。

ギャンブルしたければ、宝くじを買うよりはましなファンディーナを除いた三頭の三連単で。

  
Posted by sobata2005 at 07:42Comments(19)clip!

今日の競馬 中山大障害

今はグランドジャンプ。失礼しました。

が、師匠の教えは、大障害は大障害未経験馬はどんなに強そうに見えても切れ。

皐月、有馬の前座?の大障害は、もっとも好きなレースの一つ。今年も楽しみだ。

人気でも、オジュウチョウサン。切る理由はない。

単勝はつかないので、相手を考えると、これもアップトゥデイト。ほかに見当たらない。

師匠の教えを使えば、メイショウヒデタダはどんなにオッズがおいしく見えても買っては駄目、ということか。

いずれにしても観戦を楽しみたい。

アンタレスSもグレンツェント。切る理由が見つからない。

明日は非常に難解なので、ここで手堅く行って明日は見るだけという保守系馬券もありうるか。  
Posted by sobata2005 at 06:35Comments(2)clip!

2017年04月14日

なぜ衰退理論は存在しないのか(2)

幻冬舎Plus 経済政策大全第21回

なぜ衰退理論は存在しないのか(2)続「新・経済発展理論体系」

掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 06:27Comments(11)clip!

2017年04月12日

東芝 決算発表 少なくとも昨日は東芝は悪くない

監査法人が意見不表明となって、非難が集中しているが、これは少し東芝に同情する余地がある。

一部の経営陣による不適切なプレッシャーというのは、会計監査とはかなり性質の異なるものであり、これまでも、いろんな企業において、このプレッシャーがなかった、このようなプレッシャーが会計の数字に影響を与えているのでは、ということを言い出せば、それらの企業はほとんど説明できないだろう。しかも、これは少数の例外的な企業ではなく、程度の差こそあれ、多くの企業で存在するはずだ。

ただ、東芝は、この2年の経緯があり、疑い出せばきりがないのではあるが、厳密に言い出せば、やはり、疑われている以上、東芝側に説明責任があるから仕方がない、ということにはなる。

ただ、本来、財務会計は、客観的な数字を調査すれば説明可能であることに意味があり、時間をかけて丁寧にやれば、専門家であればどの監査法人でも、客観的な数字を計算しうる、再現可能な検査であるべきで、すべてのメールを精査して、暗にプレッシャーがあったかどうかを調査しなくては数字が確定しない、というのは会計制度の側に問題がある。

つまり、減損というものは、あくまで見込であり、これは見方によって大きく異なり、もともと本質的に主観的なものになってしまう。その主観を争い出せばきりがない、ということだ。

裁判では、ビジネスジャッジメントルールであり、経営判断に対する判断は裁判所は行わない、ということであり、会計の世界では、古い日本の伝統では、現金実現主義で、このような主観を排除するために、実現したものだけ、現金中心で判断する、という哲学を貫いたものであった。

しかし、それでは現実的に持たないため、同時に株式市場、債券市場、金融市場のための会計、ということになり、時価主義、英米主義が中心になった。

そこで、補う考え方は保守主義で、要は固めに見積もる、ということだ。だから、減損は可能性があればそれをできるだけ取り込む、ということであり、プラスののれんはあくまで実現可能性が高いものだけ取り込むということだ。

しかし、ここで問題なのは、そこで時価があるものについては時価最優先という時価最優先主義なので、買収した場合には、その価格が時価になるから過大評価になり、それを固めに見積もりなおせば、必ず減損になる、ということだ。

だから、のれんは減損しなくてよい、あくまで、その時点時点で適正価格をのれんにかんして計算しなおす、という英米主義と、のれんを機械的に償却しておく、という保守的な日本主義とが対立する。

そのような難しい会計の哲学が背後にあることも、混乱の原因になっている。

原発事業については、東芝の明らかな経営判断ミスであるが、昨日の議論に関しては、東芝の言い分は妥当であり、あまり、ここで非難するのは妥当ではないと思われる。  
Posted by sobata2005 at 10:14Comments(18)clip!

2017年04月11日

なぜ衰退理論は存在しないのか

幻冬舎Plus 経済政策大全 第20回
なぜ衰退理論は存在しないのか(1)---続「新・経済発展理論体系」
掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 06:04Comments(34)clip!

2017年04月10日

長島昭久議員 記者会見

Posted by sobata2005 at 11:54Comments(6)clip!

なぜ売りは難しいのか

News Picks ひねくれ投資日記 第7回

なぜ売りは難しいのか  
Posted by sobata2005 at 06:51Comments(4)clip!

2017年04月09日

桜花賞 レース後

レース1週間前の池添騎手のコメント。

レーヌミノル しまいサッと伸ばしましたが、反応が速かったです。いい馬が回ってきました。<池添>  
Posted by sobata2005 at 22:05Comments(3)clip!

桜花賞 パドック

ミスエルテはまるでだめ。細すぎる。

ソウルスターリングも少し細い。

リスグラシューはまあまあ。

アドマイヤミヤビは良い。

これならミスの中では、エルテよりはパンテール。馬体がとても良い。  
Posted by sobata2005 at 15:15Comments(7)clip!

2017年04月08日

今週の一手 佐藤天彦名人 三連敗

三連敗といっても、こちらからの見た目である。

しかし、天彦名人が負ける姿はそんなに見ないのに、NHK杯戦、電王戦、そして名人戦第一局と、立て続けに負ける姿を見てしまった観戦者としては、衝撃的である。

電王戦の完敗が名人戦でも尾を引いているのか。天彦名人にはほとんどみられない平凡な失着(▲2五飛)に繋がったのか。淡々としているように見える天彦名人でも、コンピュータープログラム相手では違うのか。大変心配だし、興味深い。

さて、今週ではないのだが、NHK杯戦準決勝、佐藤康光九段対佐藤天彦名人。佐藤対決第一弾。(決勝は佐藤和俊六段)

三手目、康光九段は、なんと8六歩。角頭歩突戦法。しかも、これで快勝。凄まじい打倒天彦の執念を感じた。

羽生黄金世代の最初の羽生の最大のライバル。いまや対戦表を見ただけで、だいたい若い方が勝つと言われる中で、意地を見せた。

このところ、一時の不調を脱したかのような執念を感じる。終盤が弱いとも言われるようになっていたが、最近の康光九段は、終盤の正確さが光る。私は、康光九段を本当に尊敬している。

しかし、実は、失礼な私は、パーティで九段とは初対面なのに、

「モテ光さんですか?」

と声をかけて、同席していたかんべえ師匠をのけぞらせてしまったことがある。

ごめんなさい。

私の免状は康光名人のものなので許してください。  
Posted by sobata2005 at 16:59Comments(6)clip!

告白

小嶋陽菜と前田敦子のファンになってしまった。

アンチAKB、プロPerfumeの私にとっては、屈辱的な事実だ。

まず、前田敦子は、たまたまみたTVのバラエティ番組で、前田敦子が、ホテルの朝食バイキングで異常に大食いするという話で、再現セットで、彼女が左で豪快に食べるのを見て、参ってしまった。私は、大食いと左利きの女性を見ると冷静さを失うのであるが、ダブルで来て一巻の終わりである。

第二巻は小嶋陽菜。

もともと、彼女の「三連単はだいだい当たるぅ〜」という映像を見るたびにドギマギしてしまっていて、そんな自分を自己否定していたのだが、ミュージックステーションでハート型ウイルスを見てしまい、第二巻終了。

もともと、小嶋陽菜は、性格がさばさばしていそうなのとか、なんとなく垣間見える人間が好みではあったのだが、凱旋門賞にアイドルを送るフジテレビを、せめてホソジュンにするべきだと非難していたので、好きだとは言えなかった。

実は、ホテルで徹夜で授業の準備や原稿を書くときに、Youtubeの大島、小島、川崎の初代のハート型ウイルスをかけまくると仕事が捗るので、いつもそうしている。

早藤さん、ごめんなさい。

僕のことを嫌いにならないでください。  
Posted by sobata2005 at 14:14Comments(5)clip!

明日のラジオ オトナカレッジ

4月9日 日曜日 6時5分 文化放送 朝活版オトナカレッジ

黒田総裁、4年の検証、日銀の今後は?

ポッドキャストでも聴くことができます。
  
Posted by sobata2005 at 08:15Comments(1)clip!

桜花賞

桜花賞はチューリップ賞組が強く、マックスビューティ以来、大物路線だ。

阪神3歳牝馬、いやジュベナイルフィリーズを勝って、チューリップ賞も勝って、ここにきたソウルスターリングは文句のつけようがない。フランケルの大物が日本でも、というのは素晴らしいことだ。本命。

ただ、ほかの馬も強そうな馬が多く、筆頭はアドマイヤミヤビ。2歳でカデナなど有力牡馬に圧勝した百日草特別が素晴らしく、前走も完璧。ソウルスターリングとの一騎打ちになるか。

美浦の藤沢が2回連続阪神遠征で、栗東の友道が2回連続東京遠征、というのも珍しいが、これはソウルスターリングが桜花賞向き、アドマイヤミヤビがオークス向きということで、それに照準があるのかもしれない。

ただ、現時点では意外なほどオッズ差がついていて、ソウルスターリングの単勝は買いにくいが、三歳クラシックは、オッズに無関係に強い馬が強いレースをするのを望むので、オッズは気にしない。

リスグラシューもまだ見限れないし、本当はミスエルテにもう一頭のフランケル産駒として好走してほしいが、本命を4頭も挙げるわけにはいかないので、静かに応援したい。

ただ、何があっても勝つのはこの4頭からで、カラクレナイ、ミスパンテールは無印。

非常に興味深い見るレースだ。  
Posted by sobata2005 at 04:46Comments(6)clip!

今日の競馬 阪神牝馬S

阪神牝馬Sはマイルになって大物ぞろい。

素直に買うなら、ミッキークイーン、クイーンズリングの同世代一騎打ち。牡馬とのレースに実績もあり、格上で圧倒的。

しかし、穴を買いたければ、同世代のライバルだったタッチングスピーチ。ずっとぱっとしないが、この血統で早熟はないはずで、戦った相手も強い。ここまで人気がないなら。複勝でも。

本当はデニムアンドルビーも買えるのだが、やっと引退するメイショウマンボほどではないが、復帰の意味がわからず、競馬とは繁殖にあり、としての価値観からすると応援できない。馬券は別、という方はどうぞ。

アドマイヤリードは、身体の小さなステイゴールド産駒で、体重を増やしながら勝ち上がってきたのは好材料。この馬は応援したい。

ニュージーランドトロフィーは、どの馬もぱっとしないし、現在の人気どおりにこのままいくとは思えないが、現時点では人気のない外三頭。

タイセイスターリーを人気がない分、最上位に。続いてタイムトリップ。ボンセルヴィーソは最後は一番人気になると思うが、それでもこの相手なら外せない。  
Posted by sobata2005 at 04:17Comments(1)clip!

2017年04月07日

経済発展のエンジンである新結合の源泉は何か?

新・経済発展理論体系(4) 経済発展のエンジンである新結合の源泉は何か?

経済政策大全第19回 

掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 08:01Comments(19)clip!

2017年04月04日

新・経済発展理論体系(3)新理論の要:循環的拡大が断絶と発展を生む

幻冬舎 plus 経済政策大全 第18回

新・経済発展理論体系(3)新理論の要:循環的拡大が断絶と発展を生む

掲載されました。  
Posted by sobata2005 at 06:46Comments(22)clip!

2017年04月03日

個人投資家の儲け方

Posted by sobata2005 at 06:07Comments(11)clip!

2017年04月02日

新・経済発展理論体系(2)資本主義と民主主義の共通性

Posted by sobata2005 at 17:37Comments(16)clip!

2017年04月01日

明日のラジオ出演 オトナカレッジ

先週に続き、4月2日日曜朝6時5分からです。

『オランダ議会選挙から読み解く今後のヨーロッパの行方は?』

ポッドキャストでも聴けると思います。

  
Posted by sobata2005 at 22:13Comments(4)clip!

大阪杯 GI

かつてはサンケイ大阪杯。いつからか産経と漢字になり、今年からGIになって産経が外れた。

思い出のレースは、ステートジャガー本命予想をして、ミスターシービーを破ってくれたレースだが、その後、薬物使用疑惑、行方不明、という不幸な生涯を送った彼を思い出すと悲しくなってくる。鞍上の田原成貴も似たような運命をたどり、そういう事件があった時代から比べるとやはり競馬界も洗練され、発展してきたと感慨深い。さらなる高みを目指してほしい。JRAのさらなる改革に期待したい。

大阪杯のGI化は、妥当な改善で、メンバーとしても常にハイレベルだし、宮記念、天皇賞、安田、宝塚とGIがあって、2000のGIがないのは、バランスが悪い。育成、調教技術の進歩で、春の初めから馬たちが怪我のリスクを抑えながらベストコンディションで出走できるようになったのが一番大きいと思う。テンポイントが今の時代に生まれていたら、という思いもこみ上げてくる。

さて、私のことを言えば、昨年後半に比べば、今年はこれまで予想はましになっているが、これはすべてキタサンブラックに尽きる。彼を嫌ったために、昨年は彼の絶好調に連動して、予想は絶不調となった。憑き物が落ちたのは有馬記念で、ルメールとダイヤモンド、そして里見オーナーに感謝したい。武豊が珍しく恨みをぶつけたのは、サトノノブレスの献身的なまくりで、あれがなければ、キタサンブラックは再度まんまと逃げ切っていたかもしれない。

今年の大阪杯の予想を。

本命キタサンブラック。

これで負けたら、私のせいのような気もするが、有馬記念では、キタサンブラックの強さを再認識した。パドックも素晴らしく、ますます充実。一方、ゴールドアクターは昨年末からかげりが見られ、今年の敗戦もその流れどおりであり、ブラックの方はピークアウトはまだまだ先で、今年は凱旋門勝利を期待したい。サトノダイヤモンドとの二強対決を天皇賞でも凱旋門賞でも期待したい。

私のブラックに対する誤算は、大好きなジャッジアンジェルーチの影響があるとはいっても、と過少評価してしまったからで、同時にサクラバクシンオーもユタカオーはマイラーだが、母系のクリアアンバーはアンバーシャダイであるから、そのスタミナが潜って出てきたと解釈すべきだった。

これまでの反省と謝罪とともに、キタサンブラック本命。

単穴はサトノクラウン。この馬は大好きだし、底力もあり、いよいよ充実か。オッズ次第では単賞はこちらという手もあるか。大敗もあるが、快勝の可能性もある。二頭の一騎打ちのレースを見てみたい。

マカヒキは普通の一流馬で、ダービー以外では実績を出せていない。三歳国内限定戦であり、期待過剰だと思う。ただ、凱旋門は、明らかなスタミナ負けで、日本国外では通用しないと同時に、日本の軽い馬場で2000メートルで、揉まれない精神的にも楽なレースであれば、相当強い。したがって、この条件は最適ともいえるが、サトノクラウンとキタサンブラックが一騎打ちする展開になれば、タフなレースになりそうで、馬場もパンパンということはないだろうから。無印。

アンビシャスにもチャンスがあり、オッズから行けば、マカヒキよりは断然こちらだが、馬場は向いていないだろう。おさえまで。

3着などで怖いのはマルターズアポジー。馬券を買うなら複勝。
  
Posted by sobata2005 at 10:06Comments(9)clip!

一口馬主

これこそ、日本が生んだイノベーションで、今の世界における日本だけの唯一の競馬産業の勝ち残りの原動力と言えるだろう。

これは日本という素晴らしい階級のない社会における、階級社会そのものである競馬の発展という不思議な現象のなせる業で、イノベーションは外部者によって破壊される、ということで、階級を破壊したとも言えるだろう。

私は、今は教え子の経営するグリーンファームに肩入れしているが、以前はシルクホースクラブに入っており、それは早田氏の心意気に賛同したものだったが、結果的には、社台に対する対抗意識が強すぎて、自滅することになってしまった。リヴリアの火事による焼死、ナリタブライアンの早死など、不運も重なった。

早田氏が社台に対抗するため作った素晴らしい天栄は、いまや社台をさらに強くするところとなっており、ビワハイジも社台に移ってから大物を連発し、皮肉なものである。

ちなみに、シルクは福島のオーナーで養蚕業が家業だったことからその名がついており、今日はグランシルクを応援したい。明日は、昔一口を持っていた馬の息子であるモンドインテロを応援したい。

グリーンファームは、名門那須野牧場で、私もナスノタイザンには大変お世話になったが、ナスノチグサ、ナスノカオリと名牝の多い牧場である。ノーザンから良質な馬が多数入っており、サンデーの一口には手が届かないわれわれにとっては、非常に有難い存在だ。

これからも持続的に競馬業界が発展していくためには、日本の競馬界がさらなるイノベーションを起こして、名実ともに世界の中心になることを期待したい。  
Posted by sobata2005 at 09:25Comments(2)clip!

今日の競馬 ダービー卿チャレンジトロフィー

キャンベルジュニアが前走の勝ちっぷりから人気になっているが、やや過剰なので、本命党ならマイネルアウラートかグランシルクの方が馬券的にはねらい目か。

グランシルクは大好きな血統でシルクの馬だし、戸崎だし、これでもいいのだが、人気が大きく落ちているガリバルディで。

馬券よりも、スズパレードやウインドストースを懐かしみながら、ショウナンアデラの無事を祈りつつレースを眺めたい。  
Posted by sobata2005 at 08:37Comments(2)clip!