2009年01月21日

オバマ 就任式 スピーチ

オバマは優等生、エリート大統領だ。黒人大統領ではない。

オバマの演説は、素晴らしく、知的でもあり、迫力もある。選挙前半は、チェンジ一本で押し捲ったが、一定の力を持った後は、演説は複雑になった。悪く言えば、きれいごとがてんこ盛りだ。

今回の演説も、まさに、きれいごとてんこ盛り。しかし、人気アイドル、カリスマミュージシャンのコンサートのようなもので、今は、何を言っても受ける。そのまま素直に受け入れてくれるから、きれいごとであればあるほどよい。話が大きければ大きいほどよい。必要なのは、自信を持って叫ぶこと。てれやてらいは無用だ。

まさに、オバマは、これを実行。選挙後半から、彼のあの自信はどこからくるんだ、ということが一つのトピックだったようだが、それが彼のセールスポイントで、無意識であれ意識的であれ、ともかく、それをweaponとして、勝ち上がってきたのだ。

オバマは経歴から言ってもエリートで、黒人大統領という捉え方は間違っている。本命中の本命として扱ったほうが良い。

しかし、優等生的でつまらない、というのが欠点だ。だから、黒人初の大統領としての破壊力や革新性を期待しないほうがいい気がする。演説も、クリントンほどではないが、ケネディを意識したもので、国民が政府に要求するのではなく、国民みなで、自分自身の手で、コミュニティ、アメリカを作っていこう、というのは、ケネディの焼き直しだ。リンカーンを最大限利用しているが、本質は、むしろ、ケネディ的なカリスマに近いのではないか。

このギャップが、何かを起こさないことを望む。

この記事へのコメント
わざとでしょうけど、就任演説は地味でしたね。名言もなく歴史には残らさそうデス。過度に期待するなという意味でしょうかね。

次の選挙をどうするのかが気になります。時期的に経済がぶっ飛んでるタイミングになったりして。
いっそ無所属か新党でも作って出れば面白いのですが。世界はそうした変革を望んでるだろうよ。
Posted by kana at 2009年01月21日 04:19