2010年03月16日

評価は常に相対

今日も昨日に続き、吉野家で、ご飯とおしんこの昼食を取ろうと吉野家のドアに手を掛けると、背後から、ランチ始めました、という女性の声が。

昨日もランチの客引きをしていた店だ。女性は別人なようなそうでないような。

気を取り直して、吉野家のドアを開け、いらっしゃいませ!の声を聞いて、なぜか慌ててドアを閉めて、この和食の店へ向かう。

階段を下りて地下だ。

迷ったが、面倒なので、すしを頼む。

すしランチと吉野家のご飯とおしんこ、どちらが身体によいのだろうか?

すしは、米国では、ヘルシーだから人気がある。彼らは、日本人の食事はすべてすしだと思っている。米国在住中は、ほかにまともな和食がないので、すしを日本にいるときよりも多く食べることになるのは、一般的だが、最初は、寿司ばかり食って身体に悪い気がしていた。

だって、野菜はないし、コレステロールも高い。そもそも、おいしい、ぜいたくなものは身体に悪いのだ。貧乏な方が健康になる。痛風は帝王病だし。

しかし、米国に行くと、この常識が180度変わる。

すしほど健康的なものはない。調理に油を使わない。カロリーが低い。どうせ野菜は食べない。食べてもドレッシングまみれのサラダか、ポテトだ。ポテトが野菜だというもの、アメリカの常識、日本では、根菜類、穀物に近い主食の炭水化物の扱いだ。

評価は常に相対なのだ。

日本の経営者もコンサルタントも、もちろん経済学者も。そして投資家も。



この記事へのコメント
私はお寿司を健康的と考えてる派だったのですが(ジャンクフードが好きなもので。。)、
こないだ行ったお寿司屋さんで「お寿司のお酢は砂糖が沢山入ってるからよくない。」と言われました。。
むむむ。。
Posted by みえ at 2010年03月17日 21:39
おいしいものを食べないで長生きするか
食べて早く死ぬか

たとえば
ご飯と菜っ葉の味噌汁だけで100歳まで生きるのと
肉や魚の焼肉など食べて60歳で死ぬのと
どちらがいいか

タバコを我慢するのと
我慢しないで肺がんで死ぬの
どちらがいいか

そもそも人間はいつかは必ず死ぬ
健康に気をつけるのはなんのためか
Posted by kekeke at 2010年03月18日 10:26
この数年のアノマリーを信じた群衆が国際的経済の短期見越しに失敗した大手売り方を締め上げている。しかしこれも踏み上げを終えてしまえば一旦の調整は避けることのできない波動であるのは確かだ。今年はズレて4月半ばからの相場作りに励むが良かろう。
Posted by チルチル at 2010年03月19日 01:11