2010年03月27日

ECB対IMF

別に協力すればいいと思う。

もともと、世界銀行トップは米国、IMFは欧州という暗黙の割り振りの下、IMFをワシントン共に支配してきたのだから、IMFとEUでもめることはない。

だから見かけよりも、このせめぎあいは、意味がないと思う。

むしろ、今後、英国などがどうなるかにかかっているだろう。ユーロでは規模から言って、ポルトガルは大丈夫で、スペインがポイントとなろう。

この記事へのコメント
IMFは緊縮財政を強制するせいか、あるいは=アメリカとみられるせいか、敬遠されているように感じます。今回はオランダだけが歓迎のようです。

南欧諸国に飛び火する可能性はかなりあるのではないでしょうか。
Posted by ななし at 2010年03月27日 19:19