2010年07月12日

有権者が求めているのは第三極ではない

まず、今回の選挙結果は、みんなの党が勝ったのではなく、自民党が改選第一党になったことがすべてだ。

よく、民意は第三極を求めていると解説されるが、それは誤りだ。

都市部で、みんなの党が票を得ているのは、この第三極に政権に加わってもらいたいとは思っていない。民主党のマニフェストが非現実的というなら、みんなの党は、少なくともそれと同様に非現実的だ。

自民は問題外、民主に期待したが期待はずれ、となると、入れるところがないから、消去法でみんなの党、というのが都市部での流れだ。

しかし、有権者が本当に期待しているのは、いわゆる二大政党では少数意見が反映されないから第三極ということではない。第三極とは本来そういう意味だ。

現在有権者が求めているのは、ごく普通の、まあまあ信頼できる責任感のある普通の政権与党だ。それが自民党でも民主党でも実現できないから、イライラしているだけで、求めているのは、第三極ではなく、第一極、信頼できる政権政党、政府なのだ。

第三極は、二大政党が機能しすぎて、中道の多数派の意見だけになってしまうことに対する危機感から生まれるものであって、国民の誰の意見も反映できない、誰から見てもだめな政党が二つあるときに、三つ目が欲しいはずはない。まともな政党がまず一つ欲しいだけなのだ。




この記事へのコメント
ご指摘のように自民党は第一党になりました。
しかし、みんなの党への票は消去法的な選択だという意見には違和感があります。
少なくとも、みんなの党の政策が非現実的だという具体的な理由を挙げていただきたいです。
消費税増税の前に、無駄な歳出を徹底的に洗い出すというのは当然の主張だと思います。
やることをやらずに、増税やむなし、という政策を受け入れれば、
いずれ10%は15%に、といった具合に引き上げられていくのは明らかです。

ワイドショー的な事業仕分けが取り上げられ、十分に歳出カットをしたかの印象を与え、
財政が大変だから消費税の増税をお願いしたいというのは、いかに民主党幹部が財務省役人に
踊らされているかの証です(あるいは一部では協力し合っているのかもしれません)。
Posted by NK at 2010年07月13日 01:24
>まともな政党がまず一つ欲しいだけなのだ。

まったくその通り。
Posted by yamatake at 2010年07月13日 01:38
5
第三極という言葉の意味を、僕もきちんと知らなかったのですが、この記事で、その言葉の意味するところを知ることが出来ました。

きちんと政治について、これまで勉強する機会がなかったので、こうしてブログに書いてくれると、非常に有難いです。

あたかも、家に居ながらにして、大学院の講義を受けることが出来ているようです。
Posted by のっぽ187 at 2010年07月13日 13:57
2大政党制は信仰にすぎず
「小選挙区制」が政治を安定させるという事は全くの誤解です。

小沢前幹事長が、細川連立政権時代に導入した「小選挙区制」
これこそが日本の政治を劣化させ不安定にしています。

第三極の存在は、このバカげた現状を変革する希望です。
Posted by SST-α at 2010年07月13日 20:56
1
都市部のインテリと言ってもいろいろでしょう。繰り返しますがみんなの党に入れた私は消去法ではなくみんなの党に政権をとって欲しいと思っています。また2005年の選挙においても政治家どうしの権力闘争は民意とはほとんど関係がありません。人がモノを買うとき会社の内部政治に興味がないのと同じです。それに信念のための権力闘争もある。また小泉政権に改革する気がなかったというのは単純に間違っていると思います
Posted by 通りすがり at 2010年07月15日 02:49