2012年03月26日

いまさらハマチ

テレビで、米国でハマチブームと。

それは、もう20年前からだ。

最初に留学したとき、米国の友人と寿司に行くと、鉄板のお勧めは、yellow tail. これで間違いは無い。

コハダなどはだめ。いくらももちろん人気で、白身は物足りない。ウナギも穴子も人気だが、寿司という感じがしない。だから、yellow tail ハマチが一番だ。

それをいまさら。

しかし、ここに来て、本当に日本食そのものの広がりが半端なくなっているということで、ハマチの消費量も目に見えて伸びてきたのは、最近なのだろう。

ビジネスの王道はこういうところにある。

当たり前のことを大規模にやる。これが必勝パターン。誰よりも早くではないのだ。

しかし、NYのナンバーワンレストランの、フレンチ(と称する)のシェフの料理は、あまりに不味そうだった。

この記事へのコメント
今朝のモーサテ視聴、ありがとうございました。アメリカ人は基本、ブリとイナダとハマチの区別ができてないと思うんですが、あの旨さがばれてしまうと、ちょっと心配ですねえ。富山県出身者としては複雑です。
Posted by かんべえ at 2012年03月26日 08:18
『モーサテ』= 『ニュースモーニングサテライト』(MORNING SATELLITE)
   放送時間 平日 5:45 - 6:40(55分)
 経済関連の情報を的に絞り、ニューヨーク証券取引所・NASDAQから生中継で取引状況を伝えるほか、
ニューヨークからの生放送は全体の半分を占め、
市場予測などを中心に今後の動向を分析し易(やす)い
日本経済新聞のニュースをベースとした、
テレビ東京(TXN)系列(BSジャパン・日経CNBC含む) のニュース・報道番組経済に関するメディアです。

お願い:スポンサーの記述はしないで下さい。・・ かしこ

 日本では、湯川 秀樹  京都大学・大阪大学名誉教授。理論物理学者。1907年(明治40年) - 1981年(昭和56年) (父は地質学者・京大名誉教授) の日本人で初めてのノーベル賞受賞により、理論物理学ブームが大到来だった
1949年に,初めて成功を修めた配偶者間人工授精(AIH:Artificial Insemination by Husband)・非配偶者間人工授精(AID:Artificial Insemination by Donor)は、
現在では、1年あたり約1万人の新生児が人工授精または人工受精技術により生まれているとされる
 世界初の人工授精による5つ子 (パパはNHK)誕生 (1986年)
Posted by mayumi at 2012年03月26日 19:02
ニューヨークだとオイスターバーとなぜかステーキがいいと思った。
Posted by けいばの人 at 2012年03月29日 15:20