2012年04月29日

天皇賞

オルフェーヴル。彼と彼のスタッフを信頼すると書いた。そして今も信頼している。

大外に入ったことはもちろんマイナス材料だが、そういうことを云々すべき次元の馬ではない。出てくる以上、信頼する以外ない。池添もガッツのあるすばらしい騎手だ。信頼したい。

したがって、彼以外の馬券は買わない。

一方、彼の単を買うかというと、それは難しい。単勝は1.4倍。レース直後はオルフェーヴル不信あるいは池添不信が高まったように見えたが、やはり日本社会。みんな温かい。オルフェーヴルは、圧倒的な強さと、狂気を含んだ欠陥を持っている、これはむしろ彼のカリスマを増し、ファンを増やし、ファンの気持ちをさらに高めた。

それがこのオッズに現れている。これでは単勝は買えない。

前述と矛盾するように聞こえるが、競馬だけでなく、物事に絶対はないし、調教で順調でも、レースで一度あのようなことを起こしているオルフェーヴル自身が体で覚えていて、ほかの馬がいて、コーナーを大歓声の中走る、というのは調教とは全くの別物であるから、同じようなことが起こる可能性はある。単勝は2倍以上なら買うべきだが、これでは買えない。馬券は見送り、スポーツとして応援すべきレースだろう。

もし、馬券を買うとすれば、馬単。オルフェーヴルも抜けているが、二番手も、トーセンジョーダンが抜けている可能性が高いと思う。ウインバリアシオンが人気だが、彼は、三歳限定戦でしか実績を残しておらず、それも二着でオルフェーヴルが強すぎるだけだが、やはり二着は二着。ジャパンカップは実力の片鱗を見せたが、それも五着は五着。アンカツがギャンブラー過ぎたのは事実だが、それでも五着なのだ。

したがって、ウインバリアシオンは、今年の成績からいって、強い可能性はあるが、人気になりすぎている。したがって、オルフェーヴルーの相手はトーセンジョーダン。

穴はジャガーメイル。自分の好みもあるが、実力はあり、いつ走ってもおかしくはない。二着まではあるだろう。この馬は、もしかしたら高速馬場の長距離に向いているのかもしれない。阪神では駄目、中山もいまいち、ということかもしれず、ここは馬券的には狙い所。

オルフェーヴル頭の馬単を、この二頭へ二点。三連単はオルフェ頭で、2,3は入れ替えありで、二点。


この記事へのコメント
5
小幡さん、こんにちは。私もオルフェーヴルを信じます。相手もほとんど同じですが、ローズキングダムを狙ってみたいと思います。良いレースを期待しています。今日は福島競馬場で堪能します。また、連絡致します。小幡さん、お身体に気をつけて頑張ってください。
Posted by ごとけんです at 2012年04月29日 09:45
オルフェが強いのは確かです。ウインは先生が言われるように、そこまで強いのかと言ったら(今回は距離のこともあり)疑問符がつく馬。
2番手は血統的にトーセンジョーダン、そのあとにギュスターヴかクレスコ辺りでと考えてます。
Posted by hiroshi kita at 2012年04月29日 09:48
優勝はオルフェーヴル
スポーツとして

あえて馬券なら2、3着探し
過去5年の結果でも、メイショウドンタク、エリモエクスパイアというような訳が分からないのが入ることがある

まず、菊花賞1番人気で2着の実績があり、且つ昨秋に京都大賞典を買っているローズキングダムの複勝が狙える

オルフェーヴル→ローズキングダムの馬単1点でいいか
Posted by . at 2012年04月29日 09:53
◎オルフェーヴル
○ウィンバリアシオン
▲ジャガーメイル
△ヒルノダムール
△トーセンジョーダン
×ギュスターヴクライ
穴クレスコグランド

昨日エーシンバーリンのタイレコードが条件戦で出ましたが、超高速馬場がどう影響しますか。高速決着に向きそうな馬を上位に。内のジャガーメイルは四位騎手ですし相当不気味・・・
Posted by ciphseek at 2012年04月29日 11:31
オルフェーヴルが勝つと思いますが、全くありえそうにないヒルノダムールの連覇に賭けてみます。
Posted by タカ at 2012年04月29日 12:45
  第38回クイーンエリザベスII世C (香G1)香港・シャティン競馬場、芝2000m、
1着賞金798万香港ドル=約8778万円、出走13頭。
日本唯一の参戦馬ルーラーシップ(牡5才、栗東・角居勝彦厩舎)2度目の海外挑戦でG1初制覇を達成。
3番手追走から直線早々堂々と抜け出し、3馬身3/4馬身差の圧勝劇。通算成績16戦8勝。重賞は5勝目。
手綱を取ったウンベルト・リスポリ騎手は、「信じられない。ペースが緩かったのでいい位置に付けられた。いい競馬ができました」と会心の笑みを浮かべた。

  JRA 第19回 テレビ東京杯青葉賞(GII) 東京競馬場(晴、芝2400m :良 サラブレッド系3歳馬 17頭立て)
単勝1 番人気 直線豪快に抜け出し快勝。東京の舞台で3戦3勝でダービーへ名乗りを挙げた
◆ フェノーメノ ( 牡3 才馬名意味 ポルトガル語で超常現象、怪物・青鹿毛色)重賞初勝利。
父 ステイゴールド 母 ディラローシェ 母の父 Danehill 母の母 Sea Port
北海道平取町の追分ファーム生産、 馬主 (有)サンデーレーシング 調教師 戸田博文(美浦)
成績5戦3勝、獲得賞金は6724万6千円。騎乗騎手には蛯名正義 (43才)さん。
Posted by mayumi at 2012年04月29日 21:35
  JRA 第145回 天皇賞・春(GI)京都競馬場、天候:晴 芝3200m:良、
4歳以上の牡馬(ぼば)1着賞金1億3200万円、出走18頭。
単勝14番人気の伏兵、2番手追走から2周目の3角で先頭に立つ積極的な競馬で、後続に4馬身の差をつけた
◆ビートブラック( 牡5才馬名意味 黒を打ち負かす・ 青毛色)大金星の人馬はともにGI初制覇。         
父 ミスキャスト 母 アラームコール 母の父 ブライアンズタイム 母の母 インワンズジョイ  
産地 新冠町 生産牧場 ノースヒルズマネジメント 馬主 前田幸治 調教師 中村均(栗東)

「信じられない。自分のペースで落とさないで行こうと思い切って乗りました。」「しっかり仕上げてくれた事、馬がよく頑張ってくれた事、僕は本当にラッキーでした」。とデビュー10年目で驚きのG1初勝利で、彼にも初騎乗で栄冠へ導いた 騎手は石橋脩(28才)さん。
断然の1番人気に支持された4冠馬オルフェーヴルは遠慮がち無念の11着でしたが、
おかげ様で日本中央競馬会は29日、馬券売り上げが前年比8.7%増の192億9325万7500円だったと発表。   皆様おめでとうございます。   かしこ
Posted by mayumi at 2012年04月29日 21:37
、しかるべき時に自分の口から話す」と答えた。前日、引退方針を明らかにした本田会
Posted by トリーバーチ 財布 at 2012年10月19日 19:32