2012年09月13日

人気

何が、誰が人気が出るか、予測は難しい。

理論はさらに難しく、直感、感覚的なものだ。

ロンドンオリンピックでさらに人気爆発と言われるNHKの報道、スポーツ担当の山岸 舞彩。

彼女が人気があるのは知っていたが、個人的には、すべての面で感覚のずれがあり、頭では人気があるのは理解できるが、どうもしっくりこない。株式投資なら、あがるのはわかっていてもなんとなく買えない、というのに似ている。

NHKのスポーツなら、圧倒的に杉浦 友紀。もはや感覚以外に説明できないが、いまいち人気爆発しない。

ここを科学するのがわれわれの仕事なのだが。。。。。

この記事へのコメント
じゃあ政治の話題で自民党総裁選

誰が自民党内で人気になって総裁になるか

消去法で安定感のある67歳 町村信孝 本命◎

石破・石原・安倍はトリック
Posted by . at 2012年09月13日 05:19
そもそも
リサイクルCMで火が付いた
パフュームも好例
Posted by ジェイ at 2012年09月13日 07:25
どうでもよい。
で、株、為替はどうなるんだ。。。
Posted by 予想屋 at 2012年09月13日 09:17
多数派同調バイアスへのリスク感覚と似ているのかも。
あまのじゃくより冷静なクリティカルなベース心理。
Posted by vol.1 at 2012年09月13日 09:41
このエントリとは直接関係ないけど。

昨今の原発や他のシビアな論争を眺めていて、”判断が情緒に依存してしまう”と色々トンデモな方向に一方的に突っ走ってしまう恐れがあると思う。
そういう判断の主観に対する依存を排し、客観的な判断を下すツールとしての各種科学の重要性を最近強く再認識する次第です。もちろん人間として情緒は必要ではあるんだけど、それを含めた複数の判断ツールをうまく使いこなして、必要によりほどよい塩梅を取る。というセンスの使い方も習得できる余地が、日本人には本来あるはずかな。 と思いましたよ。
このコメ欄、絵文字やなにやらの余計な機能があるのに今更気づいたので使ってみた。
Posted by 読者 at 2012年09月13日 18:01
追記
Amazonに
Amazon著者ページってのがあるんですが、先生の写真とかプロフィールなど掲載されてはどうでしょうか。著者近影はもとより、ツイッターとか動画とかを埋め込めるみたいですよ。
本当にされてもわしゃ知らんけども うっ・・・見てみたくて困る
Posted by 読者 at 2012年09月13日 20:27
小幡さんの言う通りにしたら株も競馬も勝ててないです、曲がりやには向かえ。です。
Posted by 曲がり神さま at 2012年09月13日 22:38
5
山岸舞彩ちゃん!?可愛いですね。閑話休題。東京五輪招致賛成派が勢力拡散急上昇らしい。ロンドン五輪閉幕直後で、人心高揚乱舞状態だろうが、沈着冷静に提言すると、2020年開催都市は、トルコのイスタンヴールを推奨したい。イスラーム圏初の五輪開催も画期的だが、欧州、アジア、アフリカ、三大陸の結節地帯に位置しており、シリア、パレスチナ和平完遂後の実質的な平和の祭典として、是非、金字塔を建立して欲しい。21世紀前半期間に、日本国内での夏期五輪招致のチャンスは一度だけ。唯一最大のカードを、再登板の東京で、使うのは得策ではない。開催エリアを色分けすると、北日本で札幌、東日本で東京、中央日本で長野にて実施済みで、空白地帯は西南日本のみ。JOCは速やかに招致を辞退して、イスタンヴール開催を全面的に援護支援すべきだ。返す刀で2028年の福岡北九州開催に名乗り挙げよう。極東アジアのほぼ中心に位置し、交通の要衝の同地域での五輪開催は、西南日本発展の起動装置に必ず成るはず。実施年の間隔を鑑みても、1988年のソウル、1998年の長野、2008年の北京、2018年の大韓民国江原道の平昌ときて、2028年が福岡北九州開催が実現すれば、丁度頃合い良く、十年間隔で極東アジア実施と成る。幸いにもトルコは近未来の経済大国にして、数少ない親日国。望外な見返りを期待しても裏切らないはず。追伸、平井理央ちゃんの寿退社は残念至極。復活再降臨を待望祈願。!?
Posted by 本屋敷龍醐 at 2012年09月14日 03:23