2016年11月26日

ジャパンカップ

すっかり国際レースであることの意味を失ってしまったが、皮肉なことに、その結果、ある種の世界一を決めるレースとしての信頼度、価値は上がった。

日本の高速馬場という特殊なレースではあるが、その条件の下では、実力がもっとも問われるレースであることは間違いがなく、いまや日本のトップホースは世界のトップホースそのものであるから、ジャパンカップの勝ち馬は、ある条件の下では、世界最強馬であることは間違いがない。

要は、日本国内のGIでの真のGI、もっとも重要なレースという意味づけは、日本の馬が必ず勝つこと、しかし、国際レースということで賞金が破格に高いこと、それらにより、すべての実力馬の目標となったのである。

天皇賞は、モーリスなどの実力マイラーの参戦もあるという意味では、幅が広いのだが、府中の2000という改修後も、依然トリッキーなコースであること、やはり、クラシックディスタンス2400は、真の実力が問われる、ということで、日本最強馬、世界最強馬を決めるレースとしてはこれしかない。

有馬記念は、興行としては世界最高のレースであるが、年末でピークアウトしていることや、香港のレースへの志向が強まったこと、何より中山の2500というローカル競馬のようなものであることから、GIといっても、G1.5といっても良いと思う。

したがって、予想も、真に強い馬を素直に見抜けばよい。

その可能性があるのは、リアルスティール、ルージュバック、シュヴァルグランの三頭。

リアルスティールは、海外GIも勝ち、国内二番目に重要なレース、府中の天皇賞を2着しており、最有力候補だろう。鞍上は、文句なく世界一のムーア。外枠など関係ない。気性面、マイルを使いすぎたこと、などは気になるが、強い馬は強い、というところを見せてほしい。

ルージュバックは、一気に人気を落としているが、血統的にはマイラーではなく、スタミナ豊富であり、府中の長い直線がもっともあっている馬である。世界のムーアに対して、日本の戸崎。しかし、実力は十分張り合える。こちらにもチャンスがあるだろう。なんといっても、毎日王冠を勝っており、こちらは実質GI、府中の1800展開いらず、といわれるように、実力を問われるレースを圧勝してきた。むしろ天皇賞よりも価値があるかもしれない。

ただ、この二頭ともに、2000よりも2400が良いとは言えず、過去のジャパンカップを実力通り、横綱相撲で勝った馬たちとは違うだろう。

シュヴァルグランは、スタミナ豊富、底力という点では、ハーツクライでもあり、もっともこのレースに向いているといえるだろう。実績ではまだ劣っているが、成長力もあり、ここは狙いどころ。馬券を買うなら、ここから狙ってみたい。

問題は、大外で福永、というところ。考えすぎる福永にとって、大外の悪条件は、さらに考えすぎることになるか、開き直りになるか、わからないが(コラムの書き方からは嫌な予感がするが)、信頼して、馬の力は十分という点だけに絞って予想する。

キタサンブラックは、JRAが、今週の東洋経済ではないが、ここ数年の競馬ブーム再来の流れを加速するために仕組んだのでは、という邪推が生まれるほど、いつも枠に恵まれる。36回という語呂合わせも流布している。

しかし、その分、人気を持って行ってくれるのでありがたい。やはり、この馬が真の日本一ではないと考える。東京コース、しかもジャパンカップでは真価を問われることとなろう。ここを勝つ様なら、私のこれまでのキタサン嫌いは単なる節穴であるから、頭を丸めたい。

ゴールドアクターは、当初、本命にしようと思ったぐらいだが、スタミナも豊富、父もジャパンカップを勝っており(この予想は大きくはずした)、絶好のねらい目にも見える。しかし、GIは実質G1.5の有馬を勝っただけで、ここが真価を問われるレースになるだろう。こちらは勝つ可能性もあるが、人気でもあり、評価は下げた。

後の馬たちは、展開に恵まれても2着まで。

底力を搾り出すような、ホーリックスとオグリキャップのようなレースを期待する。


この記事へのコメント
いいですね。私も二強は来ないような気がしています。ご推奨の三頭にプラス、レインボーラインで勝負してみたいと思っています。

Posted by かんべえ at 2016年11月26日 13:00
リアルスティールとルージュバックは距離に問題がある。

モーリスは、マイルで絶対的な結果を出してから距離のばして天皇賞を勝った。
モーリスの次のラストランは香港マイルじゃなく、2000mの香港カップだろう。
フランケルは最後の2戦を2000mに距離をのばした。
これら超一流の馬は次元が違う。

2000mを勝てないなら、2400mはさらに難しい。



馬券の予想は、昨年2着のラストインパクトの複勝。
角居調教師は今年G1勝ちがないが、ラストインパクトも優勝は無理だろう。それでも複勝なら。

単勝で狙いたいのは、レインボーライン。

ステイゴールドが亡くなって1年10か月経とうととている。
来年2017年デビューのステイゴールド産駒は基本的にラスト世代となる。(1頭だけ2016年産の仔がいる。)
2017年はオルフェーヴルの産駒もデビューをむかえる。

2013年産駒で最も力があるのがレインボーライン。
世界のルメール騎手が乗る。1日で8勝を記録し、東京コースの勝ち方を知っている。
リーディングジョッキー争いも、戸崎、ルメールの2名に絞られた。
こちらも、たぶん、ルメール騎手が1位になるとみてる。
Posted by . at 2016年11月26日 17:18
>ここを勝つ様なら、私のこれまでのキタサン嫌いは単なる節穴であるから、頭を丸めたい。

おまえそもそも坊主頭みたいな髪型じゃねえか
そんなんじゃ罰にならん
背中に入れ墨いれろキタサンブラックの絵を!
Posted by 明日は必ずキタサンブラックが勝利する! at 2016年11月26日 17:50
小栗の2着は強烈なインパクト、しかし負けることは簡単でも
勝つことは難しい。オーナーが変わり2着でも結構なレース
だったかも知れぬ。しかし、馬単はなかったか。
その前のロッキータイガーは当てました、1点で馬連を。
ルドルフはチョイザシかな。
1着になることは難しい、豊かは競馬とは負けることである
そのような趣旨をいっていた。

話は変わるが、世界最高峰のレースは凱旋門、52キロぐらいの強い牝馬に買ってこそ、男馬は価値がある。

もちろん、ジョンヘンリーは出れない。

豊君は牝馬との重量差がディープの敗因と言い訳をしていた。
事実ではあるが、重量差を克服してこそ種馬の価値がある。

よって、日本競馬は最高峰とはいえない、フェアはおそらく
最高であるが、完璧ではない。

Posted by さいとう at 2016年11月26日 19:28
 こじはるの三連単5頭ボックス予想はすごい。「だいたい当たる〜」とレースを単純化して的中している。
 まさに1次近似。経済学の手法である。競馬と経済は兄弟である。

 ジャパンカップは、キタサン、ゴールドアクター1着固定の2着イキートス、ラストインパクトか
 サウンズオブアース、シュヴァルグランとゴールドアクターの馬連を買いたい。
Posted by めんそ at 2016年11月26日 19:32
雨が降っている。馬場がどれだけ渋るか。今日見たところ、府中のインコースはかなり荒れている。キタサンブラックが重馬場にゲロゲロに強い可能性は少しある。
Posted by けいば at 2016年11月26日 20:03
さいとうさん、ロッキータイガーのころは馬連ないよ。
Posted by ラッタッタ at 2016年11月27日 06:04
1着 16
2着 9 12 14 15 17
Posted by めんそ at 2016年11月27日 15:09
キタサンブラックが勝ったので小幡は頭を丸めるように。
かわいそうだけれど、この手の約束を反故にする のは良くない。


ソモソミ❌❌したら頭を丸めるという約束をするのが愚かなのだ。
身を以て感じてください。
Posted by けいば at 2016年11月27日 16:02
いじめについて厳しく行っていた人が5厘がりになるのはあられだが、
即頭を刈ってください。
Posted by けいば at 2016年11月27日 16:10
おまえも吉崎も知恵遅れみたいなもんだから、2度と競馬予想するな。
Posted by 明日は必ずキタサンブラックが勝利する! at 2016年11月27日 16:17
頭丸めた写真UPだね
いい加減自分の発言に責任を持ちなさい
Posted by blue at 2016年11月27日 16:49
キタサンブラックって強いんだよ、分かった?
Posted by 北島三郎 at 2016年11月27日 17:18
らったったさんへ
そうですね、短枠指定のころでした。
馬連1点であてたのでした、たしか27倍
桑島の水車鞭でぐいぐい悪い馬場を追い込んできた。
良い馬場だったらこなかったかでしょう。

キタサンはスタートが良すぎた、誰もふさがない。
面白くないレースでした。

Posted by さいとう at 2016年11月27日 19:42
ジャパンカップは時期が悪い、
まだ招待レースなのかな。
春にすべき、ちょうど、春の天皇賞のころ。
招待レースは廃止して。
春天とJPを同日開催 クラシックディスタンスとマラソン
G1を1日に2.3レースとG.G靴5レースぐらい。
あとは女性騎手のポイント制レース、これは招待で。

今のシステムは良く知らんが、外国からもネットで買える
レースにすれば2日で2千億の売り上げあるかも。
Posted by さいとう at 2016年11月27日 20:03
キタサンからの馬単3点買って的中。
あんたの記事は面白いけど参考にはしてない。
Posted by 市川馬券王 at 2016年11月28日 00:39
もう丸刈りにしたのか、男に二言はないよな?
ツイッターのアイコン、頬杖ついたアホ面の写真から丸刈りにした写真にかえろ
Posted by 明日は必ずキタサンブラックが勝利する! at 2016年11月28日 14:36
キタサンは、ネアルコ4代連続配合の馬でスピードタイプ。長距離を得意としているのは、血統以外の何かが合っていたからだろう。例えば、気性とか馬体とか。 高速馬場を得意としている。
スタミナが欠けているので、スタミナがきれるとビタ止まりしそうだが、案外ダラダラと脚を使う馬が多い。相手なりに競馬をするタイプ。
ジェティルドンナやドゥラメンテなどが同じタイプ。メイショウサムソンなどもそう。
なので、今回も内枠から競馬していたが、その恩恵はかなり大きい。外枠からスタートでタフなレースになると脆くなる。
Posted by めんそ at 2016年11月28日 17:35