2016年11月29日

転換点

外部的なショックなく、自律的に、株価も為替も、ようやくトランプモーメンタムが止まった。

一時的なスピード調整なのか反転なのか、というのは、論理的にはどちらもあるが、今回はほぼ間違いなく、反転であろう。

為替の方が戻しているが、株価はそれほど下がっていない。

となると、もう少し為替が下がり、株価は大きく下がる、というのが今後の短期的な展開であろう。

これが一気に大きな転換点となるかどうかは、短期の動き次第だが、流れが変わったことは間違いなく、大きな転換点が近いうちに来ることは間違いないだろう。

この記事へのコメント
東西ドイツの壁が消滅した1989年のように、年末までご祝儀相場が続き、翌年から金利の上昇とともにゆっくりバブルが崩壊していった日本経済と今の世界経済は類似している。

低金利だから公共投資をするといっても、低金利でしか今の経済水準を維持できないのだ。金利上昇と業績悪化は並立する。債券安と株高は続かず、債券安と株安になるはずだ。
Posted by 星野 at 2016年11月29日 09:33
>もう少し為替が下がり、株価は大きく下がる
具体的にどうぞ
こんなのは予想でも何でもないでしょう

それが出来ないのなら予言めいた事は言わないほうが良いでしょうね

キタサンブラックについては?
また、サブちゃんの為には良かった!なんてごまかすのでしょうか?(笑)
頭を丸めないのなら、そんな事を書くべきではなかったし
あなたの書く事を誰も信じなくなる
すでにそうか(笑)
Posted by blue at 2016年11月29日 09:58
来年の年末の株価は13500円。
ただし安倍政権の支持率は50%を維持している。
と予想する。
Posted by おい早くツイッターのアイコン、坊主頭姿の写真にかえろ at 2016年11月29日 11:14
引用【ようやくトランプモーメンタムが止まった】
NYT:Donald Trump’s Caldron of Conflicts http://nyti.ms/2g17umd
小幡さんのお気持ちは解らないではないが、この予想は時期尚早かも知れません。
Trumpは今は未だ大統領就任に向けて政権人事を構想し模索しているに過ぎない
ので、来年の政権正式発足までは、市場もTrump自身も、そのモーメンタムは
揺れ動きつつ、マグマを貯め込む作戦かも知れません。
金目の損得勘定では最終的な勝者は、然も断突の勝者は、「Trump帝国」になる
のは間違いなかろう。
Posted by 小倉摯門 at 2016年11月29日 13:58
日本経済は米国経済次第だと再認識された相場が続いている。

トランプ政権の経済見通しに1980年代のレーガノミックスは全く参考にならない。

世界経済は1990年代の日本のように成熟し、世界の主要国の金融政策が限界に到達した現状においてトランプ政権の経済政策の行方は従来通り、長期停滞だ。
Posted by 星野 at 2016年11月29日 15:58
「私が大統領執務室の椅子に座る頃にはバブルが弾けてるといいなあ」
これが不動産屋トランプの見立てだからね
Posted by ? at 2016年11月30日 08:00