2017年11月24日

羽生王手

羽生の手が今日は三度震えた。

羽生棋聖が、渡辺竜王に挑戦しているが、今日、新潟で雪と落雷の中勝利し、三勝一敗とし、王手をかけた。

本当に嬉しい。渡辺を倒して欲しい。

中村太地に王座を奪われたが、驚いたのは、必勝の将棋を負けがない局面、中村は千日手が精一杯の局面でなんと投了して負け。

名人戦で佐藤天彦に、まだ難しい場面で投了して、敗着は投了と言われたこともあった。

菅井にもいいところなく、王位を奪われた。

終盤にミスが多くなった羽生。信じられないが、是非タイトルを奪還して欲しい。

あと一局だ。

この記事へのコメント
3勝から4連敗くらったことがある羽生。小学生名人の頃こら見てた。それが今は中年か。

勝敗を分けるのは何処なのか?
高段者になるほど詰み筋が見えるのが早い。ウォーズ3切れやクエスト2切れで言うと八段以上の詰まし方は鮮やかだ。
米長「将棋というのは最善手だけ指してれば勝てるゲームなんですね」
その通りなんだが....最近の傾向として将棋アプリに影響された棋士の勝率が良くなってきてる。
投資に最善手というのがあるか分からないが、投資アプリがあるとして小幡先生は、どんなアルゴリズムを考えるのかな?
Posted by あ at 2017年11月24日 21:25
それにしても羽生さんの昨日の寄せ方は見事だったみたいですね。渡辺さんに今回は防衛してもらって棋王戦で三浦さんとガチンコ対決を望みます。完全なるヒールを求める残酷な野次馬ですm(_ _)m
Posted by りもせい at 2017年11月25日 12:48