2018年10月11日

米国市場 落ち着く

米国市場は、米国消費物価指数の先月の数字がマイルドな上昇であったことを材料に落ち着いた。

これは物価が理由というよりは、みなが動揺していたときに何か安心材料がほしかったところへ、ちょうどよい材料が出てきたので、全員でとりあえず飛びついた、ということだろう。

物価上昇がマイルドなら利上げ懸念が緩和される、というロジックだが、これはそう思いたい、という願望に過ぎない。そして、多くの投資家はそれをわかった上で、今日は(日本では今晩は)とりあえず落ち着く、ということなので、さらにポジションを落とすタイミングをはかっているところだろう。

日本市場も明日あるいは今晩の先物夜間で、戻すようなら、ポジションの落としどころを探るべきと考える。

この記事へのコメント
ここからは買い戻しと戻り売りの交錯、
TOPXのRSI12はほぼほぼ底だろう。
Posted by jiro at 2018年10月11日 23:38
また下げて戻しちゃいましたね。
ドル円も追従。
うーん

訳もなく下がったんだから訳もなく上がることもある、
なんて具合にはいきませんかやっぱり
Posted by カバ at 2018年10月11日 23:59
[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、自身の経済・貿易政策が中国経済に悪影響を与えたとし、さらに多くの措置を講じることも可能との認識を示した。
フォックスニュースのインタビューで語った。中国の人々はあまりにも長い間、豊かな生活を送り続けたとも指摘した。
Posted by             at 2018年10月12日 05:01
[ヌサドゥア(インドネシア) 11日 ロイター] - 麻生太郎財務相は11日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席しているインドネシアのバリ島で会見し、世界的な株安と為替変動を受けて「世界経済が堅調に推移していることに変わりはない」との見方を示し、市場の動向を緊張感を持って注視すると述べた。
Posted by             at 2018年10月12日 05:05
[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米連邦住宅抵当貸付公社(フレディマック)によると、11日終了週の30年固定住宅ローン金利は平均で4.90%と、前週の4.71%から上昇し、7年半ぶりの高水準となった。
米10年債<US10YT=RR>利回りが2011年5月以来の高水準を付けたことを反映した。
Posted by             at 2018年10月12日 05:06
米国経済はもうだめだろう。

世界経済は中国問題が核心だ。中国経済はすでに日本化してしまった。長期停滞が続いている。株式市場は世界一悪い。世界の需要を支えていたのは米国より圧倒的に中国の過剰投資だった。
Posted by 星野 at 2018年10月12日 05:07
[ワシントン 11日 ロイター] - ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は今週、有力上院議員らに、日本と欧州連合(EU)、英国、フィリピンと通商交渉に入る意向を伝えていたことが、関係筋の話で分かった。政権が正式な通知を行う時期は示さなかったという。
Posted by             at 2018年10月12日 05:08
「謝ったら死ぬ病」という現代の社会病理
あるいはこの国の「裸の王様」について
http://bunshun.jp/articles/-/9293

>何より肝心のアベノミクスも、いまやこれを評価して推進しようというまともな経済学者は本当にひとりもいなくなりました。本当に、ひとりも賛同者がいないと言える状況です。

>安倍政権が概ね支持されているのは経済が回っていてそこそこ好況だからで、この前提が崩れたらどうしようもないことぐらい分かっていると思うのですが、そろそろ身近な人が、安倍ちゃんに「大将、そろそろ服着ませんか?」とやんわり言ってあげられないものかと思ったりもするんですけどね。

まともなヒトが身近にいると思う不思議。
てか、服着る必要ありますか?
Posted by さい at 2018年10月12日 05:17
[11日 ロイター] -
シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード

 ドル建て12月 22525 -55 22770 22945 22275 <NKZ8>

 円建て12月限 22485 -95 22715 22905 22240 <NIYZ8>

(暫定値)
Posted by             at 2018年10月12日 05:35