2020年01月04日

金杯

今日、ようやく東京大賞典のヴィデオを見た。ゴールドドリームはパドックが酷く、いくらなんでも硬すぎると思ったし、ルメールの先行策も結果的にはプラスではなかったから敗戦も納得だ。しかし、オメガパフュームは本当に大井の馬場が合うのだなと。また、フジテレビの競馬中継も、この大井の中継のように、競馬の本質を中継してほしい。いつもの何十倍もよかった。さすが内田博。

さて、中山金杯はトリオンフ。一番強い馬の一頭と思っている。大阪杯や宝塚でも期待したい。

正月から単勝で大きく勝負したい。

京都金杯は、ソーグリッタリングが大外になってしまったので、サウンドキアラ。そしてダイアトニック。こちらは自信がないので、馬券は見送り。

この記事へのコメント
今年で終了の京都をやる。京都の特徴は、最内の2番手辺りがやたら有利になっていて、そのポジションをカレンミロティックポジション。略してカレポジと呼んでいる。
 あさはかなjra職員は、どの馬にも平等で公平なレースをさせれるよう目指しているので、リニューアルした時はカレポジは無くなっている可能性が高い。
 最後のカレポジ馬券を狙いたいところなのだが、小幡先生の予想を見ると、サウンドキアラとかダイナトニックとかカレポジ狙いになっているじゃ無いですか。
 ということは内枠は織り込み済みなので、外枠のような気もしてきた。が、ここは敢えてイン狙いで石川のエメラルファイトの2着を狙う。56キロは重目なので2着で勝負。
Posted by めんそ at 2020年01月04日 21:17
アメリカで金利さえ払えないゾンビ企業が13%。
日本は1%
金利が上がるとアメリカは更に増える
Posted by あ at 2020年01月04日 21:28
財務省の次官が2人も読売グループに天下りしてる。村尾までいる。
「そこまで言って委員会」で高橋洋一の発言がカットされまくりの理由。
Posted by い at 2020年01月05日 04:36
金利
米国はそれだけ信用創造が機能している証。
日本は資本主義が死んでる証し。

当たり前だが現金とゴールドに金利はつかない、金利が付くのは国債、社債などなど。

国債金利が上がっても日銀は金利収入を国庫返上するから無問題、
とよく言われるが、これは間違いではないが一押し足らない。

財務省などのネガキャンでは金利上昇=財政破綻の図式だが、これは大ウソ、
なぜなら金利上昇で金利収入増の恩恵をあずかるのは国民に他ならないからだ。
Posted by への字 at 2020年01月05日 06:56
イランの報復とは何か、

報復は必ずやる、
トランプも数百人程度の米軍犠牲者は覚悟の上、というより歓迎、反撃の反撃に対する正当性が高まる。

イランはホルムズ海峡封鎖はしない、いまさら米国のエネルギー自給率を知らないバカはいない、
あるとすれば日本などの世論喚起だが、生ぬるい、
故にピンポイントの艦船が標的か。

個人的には9.11並みのヤラセではないガチの大規模テロが想像される。

だがそれさえもトランプの想定内に違いはない。
それほどイスラエルにとってイランはいらない国なのである。
トランプは死んでもイスラエルに逆らえないからだ。
Posted by への字 at 2020年01月05日 07:09
【速報】イラクで米大使館と米軍基地がミサイル攻撃受ける 負傷者5名 スレイマニ司令官殺害の報復か★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578160389/-50

せこい
Posted by への字 at 2020年01月05日 07:19
東京五輪までの日本経済は景気刺激策で株価が高止まりするだろう
五輪後から円高の兆候が出始め、株価も下落する可能性が高い
Posted by ニトリHDの会長の予測 at 2020年01月05日 10:26
おはようございま〜す!眠っている間の降雨のお陰でしっとりとした冬の朝・・Gooood Day〜!

    ≪これが日本の次期リーダー???≫
「日経 4日」-自民党の岸田文雄政調会長は4日、カルロス・ゴーン被告が保釈条件に違反して海外逃亡した事件について批判した。
「法律を蔑ろにされた。忌々しき問題だ。日本の司法のあり方について説明し、国際社会の理解を得るべく努力しなければならない」
⇒年は明けたが、然し、狭隘で罔い脳味噌が明かるくなることには無関係だと証明している。下らん!w
⇒Accountabilityとは、そもそも定められた規範を確っりと守り離反しない‥智的で健全な資質能力を指す。
世界の真っ当な規範を離反した ≪極東島国の人定法、司法≫が蔑ろにされるのが21世紀なのである。
逆に、21世紀の社会をそのように♪仕立て直す♪のが21世紀を生きる人たちの使命Missionなのですよ。
Posted by ん at 2020年01月05日 10:31
((*´_●`☆゚+.Gооd Могйiйg.+゚☆´●_`*))
Posted by さい at 2020年01月05日 11:13
Mr.Kazuhiko Togo on Ghosn's exodus story https://bit.ly/2QpXwMO
1. Ghosn's exodus was an action organized by him and his own team against the will and practice of Japanese authority, notably that of the whole family of ministry of Justice, prosecution, police, judicial system all inclusive, dating back from the pre-war ministry of interior. To see there even a slight possibility of "conspiracy theory" where the Japanese government is involved is, in my view, just a none-sense.

2. All related organizations inside Japan is now busy pinning down facts, who did what to let Ghosn escape from Japan. Depending on the outcome, there will be a unified and coordinated approach to do their best to take Ghosn back, through inter-pole or diplomatic negotiations or whatever. But to everyone's knowledge, once he is outside Japanese jurisdiction, taking him back is almost an impossibility. So at some point I think views would split inside the government, whether it is more advantageous to drag on this issue or let it close quietly. We would see the outcome in a not too distant future.
Posted by nn at 2020年01月05日 11:38
3. There is one more areas where views may split, or possibly views are already split. In comparing to other legal and judiciary system of other democratic countries, the system in Japan, as said, has preserved gigantic power basis from prewar ministry of interior. The result is that top officials of ministry of Justice and top officials of prosecutors decide cases of "national importance" and once a direction is set and this juggernaut starts to move, there is practically no way of escaping from it. Those who consider that the Japanese system is the best, or at least it befits well to our country would maintain that at all costs Ghosn should be taken back. In fact most of the social media postings that I glimpsed over just indicates that it was so shameful to have let this criminal escape. But there are also views that this state-centrist autocratic way of dictating justice has to be moderated,
and Ghosn's case could be utilized to bring-in that change. Insisting on his extradition will not help this cause.

4.In addition, various reportings about the atrocious treatment of refugees from Turkey in the containment camp under the Ministry of Justice, total neglect and indifference of perishing "apprentice" workers by local authority (police) and society make a part of civil society in Japan and NPOs mad, letting them assert that something need to be done to correct the situation. Ghosn's case might be seen as a show case of injustice originating from the Japanese system of "order preservation".
Posted by nn at 2020年01月05日 11:38
(↑)ハイライト
焦眉:gigantic power basis from ”prewar ministry of interior(戦前”内務省”の巨大な権力基盤)”
白眉:賢人は深遠な歴史に学び 愚者は狭隘な経験に学ぶ。
Posted by ん at 2020年01月05日 11:58
↑ だから、その歴史とやらに学んで未来予測してみろ、ジジイ
Posted by www at 2020年01月05日 12:23
the WSJ “Japan’s Lost 30 Years Give Pause to those Looking at the U.S.”
https://www.wsj.com/articles/lessons-from-japans-lost-decades-11577874601
The review concludes: There are no easy fixes in sight. As other countries around the world get progressively older, some money managers worry that Japan is a case study in what could go wrong. Japan is what happens if we don’t do structural reform.
世界の賢人にとって「学ぶべき歴史」とは一瞬前の事象を含み、同時Real Time進行の事象も含む、
それは20世紀半ば以前には技術的に不可能なことだったから、学びの対象も時代と共に変幻する。
⇒極東島国は世界の賢人からネガティブで熱い注目関心を集めているが、慶べるものでは決してない。
Posted by ん at 2020年01月05日 12:57

ここはいつから毛頭に占拠せれたん?

出てってくれんかの〜

byイングリッシュ拒否オ
Posted by への字 at 2020年01月05日 17:03
BAGHDAD/WASHINGTON (Reuters) - U.S. President Donald Trump on Saturday threatened to hit 52 Iranian sites “very hard” if Iran attacks Americans or U.S. assets after a drone strike that killed Iranian military commander Qassem Soleimani and an Iraqi militia leader.
「習うより慣れろ」
Practice makes perfect. 練習+継続が完全への王道。
Custom makes things easy.慣れが万事を平易にする。
Posted by at 2020年01月05日 17:44
小幡先生凄すぎです!来週から先生の予想に乗らせて下さいね!
Posted by めんそ at 2020年01月05日 17:45
[東京 5日 ロイター]中島厚志RIETI理事長
世界経済の成長鈍化や保護主義に走る時代から脱却するには「第4次産業革命」が期待の一つとみている。ただ、人材への投資や研究開発投資を怠っている日本企業は、このままでは「勝ち残ることはできない」。
1ドル=100円を割り込むと企業から「厳しい」という声が出る状況が何年も前から変わっていない。「企業の競争力がまるで上がっていない。王道は、研究開発によって付加価値を付け、値上げを可能にすることだ。
⇒AmongOthers、円安弊害論に止まらず♪円高有益論と人財投資論♪に踏み込んで真っ当な政策論を
打ち上げておられる慶応の ♪天邪鬼で優れた先生♪がおられるが‥どなたでしたっけ?(微笑)
Posted by ん at 2020年01月05日 19:22