2020年01月11日

シンザン記念

もはやシンザンを生で観たことがある人はごく少数派になってしまっただろうが、私も、ミホシンザンがシンボリルドルフに有馬記念で負けたのを競馬場で観たのがせいぜいだ。

シンザン記念とはいうものの、シンザンのような大物が出る気配が昔はなかったが、近年大物続出で、注目レースとなった。

今年も大物ルーツドールが出てきた。新馬戦のみだが、勝ちっぷりも素晴らしくフィエールマンの下という良血で断然人気になっている。二番人気も、彼がいなければ断然人気になると思われたサンクテュエール。二戦目はリアアメリアという怪物に負けたものの僅差で、実力十分か。ただ、リアアメリアは阪神JFを断然人気で惨敗したので評価が難しいところである。

馬券を買わないのが一番だが、ギャンブルするならタガノビューティー。血統も悪くないが地味で騎手も素晴らしい和田だが人気にはならない騎手妙味あり。ただ、現在は単勝7倍で、それほどおいしくもないので見送りか。

今日のレースは、淀短距離は、大穴でラブカンプー。斤量が不利だが、復調気配で複勝。

迎春の方は、大物シルヴァーソニックは仕上がり途上と見て、サトノエルドール。

明日のポルックスはハヤヤッコ。

月曜日、フェアリーSは、良血ダイワクンナナ。父ノヴェリストを二年連続つけた勝負に賭けたい。

これら3頭は奇しくも国枝厩舎。

すばるはヴァニラアイス。



この記事へのコメント
ワークマン 7564

10年前3万円のボロ株

現在100万円の出世株。


センセのご感想はいかに。

先見の目の無さを嘆くばかりか。

Posted by への字 at 2020年01月11日 16:32
昨年はスティッフェリオをはじめ、アウトブリードの馬を応援したが、今年は辞めようと思う。
時代は完全に変わったと思う。ネアルコ万歳だ。
シンザン記念の本命はコルテジアだ。
今回は複勝の穴馬がいそうな気配。前走、レベルの高いレースでしっかり逃げれたコルテジアが今回は楽そうなので、狙ってみたい。
Posted by めんそ at 2020年01月11日 21:52

「『消費税ゼロ』で日本は甦る」れいわ新選組・山本太郎が本気の「政策論文」を寄稿
「文藝春秋」編集部
https://bunshun.jp/articles/-/25282

今年最大の政策課題になる、否ならねばならない。
地上波も今まで通りのように無視はできなくなるだろう。
Posted by への字 at 2020年01月12日 06:56
シンザン記念、ルーツドールに大物感を抱きたくなる気持ちはわかるが、地味な藤岡厩舎にそこまでの期待を抱くのは無謀。

それに前走鞍上はルメールであった。

ところが今回乗り代わり、.汽鵐テュエールに浮気された。
いかに‘B厩舎だとはいえ、がそれほどの大物なら、ルメールが手放すはずがない。

ゆえにオッズ妙味を考えて、´きΓ穫∧29.8倍(笑)

Posted by カニ太郎 at 2020年01月12日 12:23