はたはた これは 弊店のメニュウの話ではありません。
 2005年の、ハタハタの季節がやってきました。
 女将がお店のテーブル回りを工夫したいと色内川下の竹材店に行った帰り、中央市場でハタハタの新ものを見つけ喜々として買って帰ってきました。

 まだスーパーには姿をみせてない、やっぱり市場でないと、と言いながらです。

 ハタハタは初雪が降る頃には卵(ブリコ)が締まり、卵の皮も固さが増します。
 煮ても焼いてもトロトロのブリコを食べるのは出回り初めだけがチャンスです。

 家内のハタハタの煮付けはハタハタ自身と長葱だけ。
 シンプルですが、これが一番ハタハタの旨さを引き出します。

 残ったハタハタは、煮こごりで翌日!

 このハタハタの煮付けの煮こごりをやるには、腰の強い純米酒が一番。 
 食べるのを待ちかね、頑張って働き、やっと閉店。
 さて、とにんまりする私に、電話で会議なんてきたらもうその会議では機嫌悪い私です。