koage_big
 弊店はお陰様で多くの雑誌等で紹介を頂いている。
 紹介を頂いてるのにと思われる方々もいらっしゃるのは重々承知で書くのですが、「いい店」というのは「とにかく美味しい」とか、「品揃えが抜群だ」や「雰囲気が最高」と取材のライターさんがそれぞれ理由や裏付けをしてくれる。
 が、そういった「店」だけに焦点をあてた観点は、「カタログ・スペック」を言っているにすぎないのではないか、と常々思ってきました。
 それより、その店がある街の「街そのものの存在を突き出している店」こそが、「いい店」なんじゃないか、と思いたがっている蕎麦屋親爺です。
 その「店」の板長はどこそこで修業し、内装はこんな風で、食器は何々製で、カトラリーは何製で、メインメニューの食材は○○産で、ソースはラフランスを隠し味に・・、なんて店を「腑分け」みたいに微分取材してくれても、データ的情報としての意味はあってもそれ以上のことはない。

 「その街ならではのその店」を目指し、貫きたい。

 例えば、「小揚」
 その小揚を使い、思いが行き着いて出来たメニューが弊店にある。
 「小揚」をメイン具材にした「揚げ力そば・うどん」というメニュー。
 熱烈な「揚げ力そば・うどん」ファンがいてくださる。
 東京から定期的に出張で来樽されお立ち寄り頂き、涙を浮かべ(^^)、いえ汗を浮かべかぶりつくように「揚げ力うどん」を召し上がって頂くお客様もおられる。

 まったり甘くしっとりした中に歯ごたえのあるしっかりした食感の弊店味付けの小揚2枚に
サトウの切り餅じゃない(^^)、街のお餅屋さんの丸子餅を2個、それが蕎麦つゆと絶妙に丁々発止する。
 蕎麦屋のメニューろしてはあっさり系だが、この「揚げ力そば・うどん」はボリュームあるメニュー。

menu_h_agechikara
 この「小揚」の仕入れが、今、極めて難しい。
 なんだ、小揚くらいスーパーでいくらでも売っている、といわれるでしょう。
 が、正直スーパーで売られている「小揚」、この「揚げ力そば・うどん」のメイン食材には適さない。
 そもそも、スカスカで少し煮ただけでクタクタになる。
 鍋に満杯にした水に小揚を浸し火をかけ、何時間も何回も「油抜き」し、最後に味付けするのに耐えられない軟弱な小揚でしかない。
 味付け前にこの「油抜き」だけでクタクタになってしまうのだから。
 小揚に歯を立てればジュワーと煮込んだ味が口中にしみ出て、まったりとした食感と歯ごたえを感じながら食する「小揚」に、ならないのです。
 それは、街のあちこちにあった豆腐屋さんがまだ暗い時から手作りで肉厚に作られる、そう、「街の豆腐屋さんの小揚」でしか出せない味なのです。
 この「街の豆腐屋さん」の小揚は勿論、木綿豆腐、焼き豆腐を一度食したら、スーパーで売ってるものは無味でしかない。
 その「街の豆腐屋さん」の「小揚」が買えない時代になっている。
 買えないというより、その「街の豆腐屋さん」自体が激減している。
 高齢で、深夜早朝の激しい仕事で、後継者がいなく、次々廃業されていく。
 つい最近も弊店が長年小揚を仕入れていた豆腐屋さんが・・廃業された。
 永年使用してきたボイラーが壊れ、豆腐屋さんにはボイラーは命、新品は数百万もし、後継がいれば張り切って借金してでも購入設置するが、その後継もいなければ・・・となって廃業された。
 同情する。
 ・・が、当方も大慌て。
 町中探し、同業仲間に紹介を頼むが見つからず、焦りに焦る日々が続いたのです。
 おいおい、同業はあんなスーパーのスカスカ小揚をつかっているのかい?、あんな味も素っ気もない木綿豆腐を使っているのかい、と。
 しかし、やっと見つけた「その街の豆腐屋さん」も高齢で豆腐を作るので精一杯で小揚までは作っていない、と。
 板場で、「小揚」が入手できないなら、スーパーで売っている小揚を使うくらいなら、もう「揚げ力そば・うどん」はメニューから降ろすよりないな、と。
 が、やっと弊店の意に適いそうな「小揚」を作っている豆腐屋さんを知人が紹介してくれて。
 それが画像の「小揚」なんです。

koage_small

 もう、そういう豆腐屋さんがわが街に、わがエリアにあることに感謝。
 自店のメニューにこそ、
  「その街ならではのその店」
を表現できなくて、何の蕎麦屋かと。

 ご安心ください、籔半の「揚げ力そば・うどん」は続けられそうです。
 豆腐もそうですが、その街ならではの「小揚」をお楽しみください。