ブログネタ
☆☆ お肌のお話 ☆☆ に参加中!

草花木果のトライアルを購入した時に、「量がこれで足りるのか!?」と
一番心配したのが、この保湿液です。

だって、大きさが手のひらに乗るサイズ。
内容量は13mlです。

他に保湿アイテムが入っている訳ではなく、
化粧水の後で使うものはこの保湿液だけ。

しかも油分の多いクリームや機能的な美容液ではありません。

これだけで乾燥しないのか・・?と思いました。

使い方にある量は一円玉の大きさの量を出す、とあります。
ちょっと不安だったので多めに出すことにして使ってみました(笑)

s10


実際に使ってみると・・・



想像以上に伸びがいい。そしてスッとしみこみます。
「うるおいが足りない!!」という感じがしてきません。
実はそれがスゴイ!!と思いました。


乾燥肌も大変な時は、少しくらい油分や潤いを補ったところで
砂漠に水をたらすみたいな感じで、すぐに吸収してしまってまだ足りない!!
という状態になることが多いんですね。


でも、これはその「足りない感」が少ないんです。

もちろん完全にない、という訳ではありませんが、
この量で、これだけでその状態にまでいく、というのはスゴイです。



「乳液」でもなく「クリーム」でもなく「保湿液」。
水分のようにスッと肌にしみこむけれど保湿されて潤っている。
まさにこの名前の通り、なんです。


使う前は「なんで保湿液って言うんだろう??」と思ってたんですが、
使ってみて納得です。腑に落ちました。



足りない部分は化粧水と同様、顔全体につけ終わった後に
部分的につけています。ちょっと多めに付けると潤います。

油分じゃなくて、水分が足りないな、という時は、保湿液を付けたうえから
少しだけ化粧水を足します。そうするとかなりいい具合に潤います。



この量で潤うなら、コスパがいいなぁ~と保湿液のパッケージを見て思います(笑)


>>