3月は別れの季節ということで、チームを辞める子がでてきたりといったことがあるかもしれません。

今回はそのことに対する自分の考えを纏めたいと思います。


チームを辞める理由は人それぞれだと思います。

引っ越しなどの家庭の事情の場合もあれば、チーム内で問題が発生した場合もあるでしょうし、子供のステップアップを目指してよりレベルの高いチームに移籍することもあるでしょう。

どんな理由であっても、当事者である親子が下した決断に他の保護者がどうこう言うべきではないと思いますし、レベルの高いチームを目指して移籍していくような場合は応援する気持ちで快く送り出すべきだと自分は思っています。

また、チームを辞めていった子が他の環境を試したうえでやっぱり戻って来たいと思った時は、遠慮無く戻ってきたらいいとも思います。

ジュニアサッカーはプロ契約をしている訳では無いので、きちんと手続きを踏んでいればチームを辞める事、元のチームに戻る事は基本的に自由であるべきだからです。


ただ、これまで一緒にサッカーをしていた子がチームを辞めるとなると、寂しい気持ちは当然あります。


こういった事を書くと、チームを移籍するつもりなのかと思われるかもしれません。

過去にも何度かそういった事を聞かれたことがありますが、ボーイは小学生の間はチームを変わるつもりは無いようです。

今のチームVIVOにかなりの愛着を持っており、このチームを変わるなんてありえないといつも言っています。

また、これはあくまで自分の考えで、移籍を否定する訳ではありませんが、色々な事を乗り越えて卒業まで同じチームでサッカーを続ける事によって得られるものもあると思っています。


ボーイには後3年間、今のチームでしっかり頑張って色々な経験をしてもらいたいです。


ブログランキング1位を目指しています!
皆さんの応援のクリックよろしくお願いします!!

   ↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ

過去のおすすめ記事

・ J下部の実力
・ KSA(コーディサッカーアカデミー)
・ 子供のサッカー上達のため、親がしてはいけない3つのコト〜その1〜