チビリンのブロック予選2日目もチームの不調は続き、結局2年連続のブロック予選敗退となってしまいました。


初戦の西脇JSCさんとの試合は先制したものの、その後に同点に追いつかれ、なんとか3ピリオドで決勝ゴールを奪って2-1で勝つことができましたが、試合中の動きは悪く、チーム全体が上手く連携できていないような印象でした。


2試合目の紀伊JFCさんとの試合も、上手くゲームに入れないまま先制点を許してしまいました。

3ピリオドになってようやくチームの調子も戻ってきて同点に追いつくも、決勝点は奪えず引き分けとなりました。


最後の河北、貴志、有功東合同チームとの試合は開始10秒で先制点を奪い、いよいよ本調子かと思いましたが、その後同点に追いつかれて結局引き分けに。

3試合ともスッキリしない内容でした。


今回の予選で唯一良かったと思えた事は、ボーイがトップに入った時に意識的にマークをつけられる事が出てきた事です。

最近のU-11ホップリーグでの絶好調のおかげだと思います。

今回はマークを振り切るアイデアも技術も発揮できなかったため完全に抑えられ、2日間通して無得点でしたが、1学年上の子を相手に突破しようとチャレンジして上達していくことを期待します。


チビリンはブロック予選で終わってしまいましたが、年明けに行われる新人戦予選では絶対に県大会の切符を手にしてもらいたいと思います。


ブログランキング1位を目指しています!
皆さんの応援のクリックよろしくお願いします!!

   ↓↓クリックお願いします↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ

過去のおすすめ記事

・ ホップリーグU-11後期 第5節、第6節
・ ガンバ大阪スーパーエリートセレクション

・ セレッソエリートセレクション(1次)