メディア「久保が欧州で日本人初の20得点!」→実は先に達成していた選手がいた件

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/04/26(水) 19:38:48.32 ID:CAP_USER9
久保優勝プレーオフのズルテ=ワレヘム戦で、またしてもゴールをあげたヘントFW久保裕也。

これで移籍後の成績は12試合8得点となり、今シーズンにあげたゴール数はヤングボーイズ時代のものと合わせ大台の「20」となった。

(中略)

37試合20得点という成績は立派であり、リオ五輪の欠場という悔しさをこうした形で晴らしているという点はまさにプロフェッショナルの鑑と言えるだろう。

さて、そんな久保について各メディアは「日本人初の欧州1部シーズン20ゴール達成」といった文言を用い、センセーショナルに取り上げた。

久保の偉業は確かに素晴らしいものだが、実はこの情報は正確でない。欧州1部リーグで20ゴールを達成した選手は、過去に存在したのだ。

その一人が、エストニア1部リーグで長くプレーするMF和久井秀俊だ。

和久井は1983年2月12日生まれの34歳。栃木県出身でアルビレックス新潟にも所属したが、Jリーグでの出場機会には恵まれず。スロベニアやオーストリア、ベラルーシといった国々のクラブを渡り歩き、2011年からはエストニア1部「マイストリリーガ」のノーンメ・カリュに所属している。

そんな和久井はMFでありながら高い得点力を誇り、近年のリーグ戦では二桁得点を複数回にわたってマーク。なかでも2013-14シーズンは33試合に出場し21ゴールをあげており、得点ランキングでも5位に入っている。

そう、欧州1部リーグで20ゴールを記録したのは久保が最初ではなかったのだ。

「僕みたいのが無視されるのは全然構わないけど、主要欧州一部って書いてくれると、僕みたいにメディアに注目されない人間も浮かばれると思う。 」

この件について、和久井は先日Twitterでこんなことを綴っていた。海外でプレーする先駆者的な存在だからこそ、仲間を思う気持ちもいっそう強いのだろう。久保の20得点はもちろん賞賛に値するが、欧州には50以上もの1部リーグが存在し、そのいたる所で日本人が奮闘しているという事実を忘れてはならない。

久保の20ゴールが日本人初であるのは、あくまで「欧州主要1部リーグ」に限った話である。

http://qoly.jp/2017/04/26/who-is-hidetoshi-wakui-kwm-1?part=2
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【ACL】浦和、シドニーに6発快勝で決勝T進出!強過ぎワロタ

1: にゃーん ★@\(^o^)/ 2017/04/26(水) 21:23:11.52 ID:CAP_USER9
浦和AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第5節が26日に行われ、浦和レッズはウェスタン・シドニー(オーストラリア)と対戦した。

(中略)

この結果、浦和の勝ち点は12に。試合開始前の時点で3位・FCソウル(韓国)との勝ち点差が6あったため、残り1試合でFCソウルが浦和の勝ち点差を上回ることができなくなり、浦和の決勝トーナメント進出が決定した。

なお、この試合では53分に関根が、62分にはズラタンがそれぞれ負傷のため交代を余儀なくされており、今後の戦いに向けてやや不安を残している。

次節、浦和は5月10日にアウェイでFCソウルと対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 6−1 ウェスタン・シドニー

【得点者】
1−0 14分 関根貴大(浦和レッズ)
2−0 18分 ズラタン(浦和レッズ)
3−0 43分 李忠成(浦和レッズ)
3−1 66分 楠神順平(ウェスタン・シドニー)
4−1 71分 ラファエル・シルバ(浦和レッズ)
5−1 80分 ラファエル・シルバ(浦和レッズ)
6−1 90+5分 興梠慎三(浦和レッズ)

SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00580638-soccerk-socc
この記事の続きを読む

ACLで川崎サポが旭日旗で応援→韓国人が激怒し観客席の出口をふさぐ騒動に

1: ひろし ★@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 23:50:24.18 ID:CAP_USER9
旭日旗25日に韓国の水原で行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原―川崎で、川崎サポーターの男性2人組が旭日旗を掲げ、これに反応した水原サポーターが試合後に川崎側の観客席の出口をふさぐ騒動があった。

事実確認した川崎によると、男性2人組は試合中に旗を没収され、両クラブから事情を聴かれた。観客席から出られなくなった他のサポーターは川崎のスタッフらの誘導で帰路に就いた。

試合は川崎が1―0で勝った。

朝日をかたどった旭日旗は、戦前は日本の陸海軍旗として使用された。

https://this.kiji.is/229614871486268925?c=39550187727945729
この記事の続きを読む

ハーフナーって代表にオプションとして呼んでもいいと思うけど何で呼ばれないんだろう

ハーフナー

この記事の続きを読む

サッカー部から引退する時、後輩からシューズくださいって言われたんだけど

ソックス

この記事の続きを読む

J復帰報道の本田、移籍先候補は神戸と鳥栖!ミラン関係者が明言

1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 05:44:12.25 ID:CAP_USER9
本田今季限りでのACミラン(イタリア1部)退団が確実な日本代表FW本田圭佑(30)が、今夏Jリーグに復帰する可能性が24日、浮上した。

ACミラン関係者がスポーツ報知の取材に対し「Jに行く可能性がある」と明かし、候補として神戸、鳥栖などを挙げた。本田はチームで出場機会を失い、今季で契約が満了。欧州、米国、中国リーグが獲得に乗り出しているとされる。国内復帰が実現すれば2007年の名古屋以来10年ぶり。国内外での争奪戦が予想され、本田の決断が注目される。

本田がJリーグのピッチに戻ってくる可能性が出てきた。ACミラン関係者が、背番号10の去就について「Jリーグに行く可能性がある。複数のクラブが興味を示しているようだ」と明言し、J1神戸、鳥栖などを候補に挙げた。本田は08年1月、J1名古屋からオランダ1部VVVフェンロに移籍して海外挑戦を開始した。国内復帰となれば10年ぶりで話題性は十分だ。

(中略)

Jリーグで出場し続ければ輝きを取り戻すことも可能。また、国内での代表活動の際には、海外組にとって負担となる時差ぼけ、長時間移動による疲労もなくなる。スポーツ報知の取材に対し、神戸は現段階でのオファーは否定したが、ACミランとの契約満了で移籍金がかからない本田の獲得は、チームを問わずJクラブにとって魅力だ。推定3億円とされる年俸の問題だけ解決できれば、集客面で大きな波及効果を期待できる。退団に伴い、本格的に獲得に乗り出すJクラブも出てきそうだ。本人は海外志向が強いとみられるが、今後のサッカー人生を考慮すれば、国内復帰も選択肢として十分考えられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000016-sph-socc
この記事の続きを読む

【悲報】北朝鮮のサッカー選手、給料の70%を政府に送金しないといけないらしい

北朝鮮

この記事の続きを読む

お前らクラシコでよくここまで熱く語れるな、日本人関係ないのに

クラシコ

この記事の続きを読む

【悲報】柴崎、テネリフェ退団へ・・・鹿島「受け入れる用意はある」

1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 07:50:43.94 ID:CAP_USER9
柴崎スペインリーグ2部(23日、ソリアほか)スペイン2部、テネリフェの元日本代表MF柴崎岳(24)がJリーグに復帰する可能性が急浮上していることが23日、複数の関係者への取材で分かった。

契約が満了となる今夏で退団し、新天地へ移る見通し。2月にJ1鹿島から移籍したが、 体調不良により出遅れるなど出場機会に恵まれていない。敵地で行われたヌマンシア戦も後半20分からの途中出場で、見せ場はなかった。

“急転直下”の欧州移籍から約3カ月。再びの急転直下で、Jリーグ復帰の可能性が出てきた。

柴崎はこの冬、念願のスペイン移籍を実現させた。しかし加入直後に胃腸炎や不安障害を患い、出遅れた。チームはリーグ戦残り7試合で1部昇格争いの渦中にあり、加入間もない柴崎をホセ・ルイス・マルティ監督も思い切って起用できずにいる。23日、1−1で引き分けたヌマンシア戦でも後半20分から出場するにとどまった。

(中略)

J復帰の場合、古巣鹿島が最有力となる。チームは昨年のリーグ制覇や12月のクラブW杯準優勝の活躍など、これまでの実績を評価。オフに大型補強をしたが、真価を発揮できていない。クラブ側も「まだ話はないが、受け入れる用意はある」としており、空き番号となっている「背番号10」の復帰に好意的な姿勢を見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000500-sanspo-socc
この記事の続きを読む

【クラシコ】メッシのロスタイム劇的弾でバルサが勝利!逆転勝利に望みを繋ぐ

1: にゃーん ★@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 05:38:58.52 ID:CAP_USER9
メッシ第33節 4/23(日) ベルナベウ

レアル・マドリード 2-3 FCバルセロナ

■試合経過
1-0 カゼミーロ(前半28分)
1-1 リオネル・メッシ(前半33分)
1-2 イヴァン・ラキティッチ(後半28分)
2-2 ハメス・ロドリゲス(後半40分)
2-3 リオネル・メッシ(後半45分+2分)

※セルヒオ・ラモス退場(後半32分)→ハメス・ロドリゲスin(後半37分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10930690
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索