三大観ててワクワクしたサッカー選手 「ロナウジーニョ」「イブラヒモビッチ」

ロナウジーニョとイブラヒモビッチ

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

金子達仁「攻撃時に"シュートで終わったからOK"はおかしい」

1: Egg ★ 2018/09/25(火) 23:29:00.67 ID:CAP_USER9
シュートを放つ渡辺前日付のスポニチに載っていた柔道・井上康生監督の言葉が印象的だった。

「柔道は常に期待され、常勝軍団であることが求められる。(中略)そういう期待があるからこそ、我々は強い気持ちで戦うことができる」

期待は、時に重圧にもなる。選手にとっては必ずしも愉快な状況ではない。だが、世界で最も柔道選手に過酷なこの国の空気が、肉体接触を伴う競技でありながら、日本の柔道に国際競争力をもたらしている。わたしは、そう理解している。

その空気をサッカーに、と言いたいわけではない。簡単なことではないし、時間もかかる。ただ、ヒントにすることはできるし、長く患ってきた病への対処法にもなるのではないか。そんな気がしたのだ。決定力不足、という病に対しての。

テレビでサッカー中継を見て、解説者のこんなフレーズを聞いたことはないだろうか。

「シュートで終わったからいいですねえ」

解説者に限ったことではない。日本のサッカー関係者のほとんどは、そう考えている気がする。子供や学生のサッカーを見ていても、チャンスになると「打っとけ!」と叫ぶ仲間やコーチの何と多いことか。

恥ずかしながら、わたし自身、何の疑いも持たずにそう叫び続けてきた人間の一人である。ただ、冷静に考えてみると、これはおかしい。相当におかしい。 サッカーにおけるフィニッシュは、シュートを打つことではない。得点を決めることなのだから。だが、なぜか日本人は「決めろ!」とは叫ばない。「打て!」「打っとけ!」と叫び、それがどんな結果に終わろうとも、ひとまずは肯定される。

つまり、打つ選手は、決めることを期待されていないのである。少なくとも、五輪に臨む日本の柔道選手や、欧米のストライカーたちほどには。誤解を恐れずに言いきってしまえば、世界で最も甘やかされ、期待されずに育っていくのが、日本のシューターたちなのだ。

先週のブンデスリーガで興味深い場面があった。デュッセルドルフ対ホッフェンハイム。圧倒的に攻めたのはアウェーのホッフェンハイムだったが、クロアチア代表のクラマリッチが超決定機を逃したこともあり、1―2で敗れた。するとどうなったか。試合後のテレビではクラマリッチにマイクが突きつけられたのである。

日本人の感覚からすれば、死者に鞭(むち)打つというか、水に落ちた犬を叩くにも似た行為だが、見方を変えれば、それだけクラマリッチは決めることを期待されていた、ということにもなる。

期待されるストライカーとされないストライカー。「決めるしかない」との思いでシュートを打つ選手と、「打っとくか」の選手。照準器のついた銃で狙う選手と、「あのあたり」へ打つ選手。両者の決定率には、何の違いも出てこないだろうか。

いよいよ欧州CLが開幕し、ファンは日本と海外のサッカーを両方愉(たの)しめる時期になった。わたしが痛感するのは、Jリーガーたちの決定機に対する思いの薄さである。(金子達仁氏=スポーツライター)

https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20180920s000023CF239000c.html
この記事の続きを読む

2001年前後のサッカーの視聴環境を巡ってしょうもない争いを展開する輩達

日本vsフランス

この記事の続きを読む

【悲報】イニエスタ嫁、やらかす

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/25(火) 06:41:41.31 ID:CAP_USER9
水族館で楽しむイニエスタと家族神戸は24日、元スペイン代表MFイニエスタとDF高橋をめぐる一連のSNS騒動について、調査中であることを明かした。

23日の浦和戦(埼玉)のスタメン発表前後に、欠場したイニエスタの妻のアンナさんが、神戸市内の水族館で子どもと過ごす背番号8の写真を自身のインスタグラムに投稿。

クラブではこの写真が23日に撮影されたものと確認した上で、投稿のタイミングや今後の対応も含めて「事実関係を調査中」と話すにとどめた。イニエスタはこの日、神戸市内で非公開練習に参加した。

浦和戦までにスタメンを第三者に漏らしたDF高橋についても、これから調査が行われる。高橋は浦和戦に先発出場したが、クラブ側は試合中に一連の騒動を把握したという。情報を教えた同級生とのやりとりも含めて調べる方針。浦和戦はtotoの対象試合でもあり、内部情報を部外者へ開示することはJリーグの規約違反にもなる。漏えいが事実なら、厳しい処分が下る可能性もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000276-sph-socc
この記事の続きを読む

FIFA年間最優秀選手、遂にメッシクリロナ以外の選手が受賞!なんと11年ぶり

1: Egg ★ 2018/09/25(火) 06:06:49.38 ID:CAP_USER9
モドリッチ9月24日(現地時間)、2018年の年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」がイングランドのロンドンで開催され、最優秀選手にレアル・マドリーに所属するクロアチア代表の司令塔、ルカ・モドリッチが選出された。

今月3日の時点で候補がクリスチアーノ・ロナウド、モハメド・サラーを含めた3名に絞られていた同賞だが、最終的にモドリッチが初の栄冠を手にした。

昨シーズンにレアル・マドリーで前人未到の欧州3連覇の原動力となったモドリッチは、先のロシア・ワールドカップでも母国クロアチア代表を史上初の決勝戦まで導き、自身は大会MVPにも選出されるなど、今回は受賞候補の筆頭と見る者も多かった。

クラブと代表の両方で功労者となったモドリッチはセレモニーに登壇。そこで受賞の喜びを薄っすらと涙を浮かべながら語った。

「とても光栄です。晴れやかな気持ちのなかで、この賞を手に出来たことを嬉しく思う。同時に偉大なシーズンを送ったサラーとクリスチアーノにも賛辞を贈りたい。彼らがこの賞を手にしていてもおかしくはなかった。

この賞は僕だけのものじゃない。レアル・マドリーとクロアチアの全てのチームメイトのもので、彼らの素晴らしいサポートのおかげだと思っている。それから愛をくれたファンにも感謝したい……。全ての献身性と努力が実って夢が実現したんだ」

「FIFAバロンドール」と銘打っていた時代を含め、2008年から10年間に渡ってC・ロナウドとリオネル・メッシが手にし続けてきた同賞。一部では「もはや二人のどちらかのモノだ」などと揶揄されていたが、ついにその“2強時代”に終止符が打たれることとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00047727-sdigestw-socc
この記事の続きを読む

【悲報】神戸、うっかり4連敗してしまい降格の可能性

1: Egg ★ 2018/09/24(月) 00:46:27.18 ID:CAP_USER9
大敗した神戸「明治安田生命J1、浦和 4−0 神戸」(23日、埼玉スタジアム)

神戸が4失点大敗しリーグ戦4連敗を喫した。神戸の4連敗は2015年第2ステージ第10節から14節まで5連敗して以来。

この試合は、神戸の元スペイン代表MFイニエスタ目当ての観客も多く、試合チケットは前売り段階で早々と完売した。しかし前節G大阪戦(15日・ノエスタ)で自ら途中交代を申し出るなど右脚付け根付近を痛めていたイニエスタの回復は思わしくなく、出場は見送られた。

前節終了後の17日には吉田孝行監督を事実上の解任。フアンマヌエル・リージョ新監督の就任を発表した。リージョ監督の就労ビザ取得など環境が整うまでは林健太郎氏が暫定監督を務め、この試合でも指揮を執った。しかし状況は良化しない。

神戸は順位も浦和と入れ替わり9位に転落。勝ち点36は降格圏16位・柏の勝ち点30と6ポイント差しかなく、不安も立ちこめてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000112-dal-socc
この記事の続きを読む

【驚愕】ピケ、ユーモアと称して同僚の大事なスパイクを燃やす

1: pathos ★ 2018/09/24(月) 17:01:22.75 ID:CAP_USER9
ピケとエブラ現地時間9月20日、英衛星テレビ「Sky One」のサッカートーク番組『A League Of Own』に出演したエブラは、司会者から「君はドレッシングルームでどんなイタズラをしてきたの?」と聞かれ、何かを思い出したかのようにフーっと一息つくと、「彼らが先にやってきたんだよ」と前置きをしたうえで、マンチェスター・ユナイテッド時代のことを静かに語り出した。

「ある日、彼らは僕のトレーナーと靴を焼いたんだ。あれは笑えなかったよ。だって、靴は何か月もナイキに頼み込んで子どもの名前を入れてもらっていたものだったからね。実際にやったのが、ジェラール・ピケだってことは分かっていた」

痛快なのはここからだ。エブラはピケへの仕返しに打って出る。

「だから、俺は彼にやってやったのさ。ピケのスパイクをトイレに持っていって、その中にクソを垂れてやったんだ。ソーリー。悪かったとは思ってるよ(笑)」

この衝撃的な告白に番組は爆笑の渦に包まれたわけだが、一連の経緯については、現在バルセロナに所属するピケもスペイン・メディア「TV3」で、次のように語っている。

「僕はブリティッシュ・ユーモアの大ファンなんだ。からかっても誰も怒らないんだよね。やり返そうとはするけど、グチグチ言ったりはしないんだ。バルサでは僕のユーモアは常に誰からも歓迎されるわけじゃない。チームメイトたちの愛車のタイヤの空気を抜いたりしたけど、ユナイテッド時代に起きたこととは比べ物にならないよ。

一番面白かったのは、パトリス・エブラが何か月もナイキにお願いしていた靴を持ってやってきた時だね。その靴は彼の子供の名前が入っていたり、とにかく装飾が凄いものだった。それで彼がシャワーに行った時に、僕らはちょっとした焚火をして、燃やしたんだ。それを撮影して、ビデオを彼に送ってやったよ」

ピケの過激なイタズラを受けたエブラからすれば、目には目を歯には歯を、ということだったのかもしれない。しかし、その仕返しとして、サッカー選手の商売道具でもあるスパイクに脱糞するとは……もはや、驚きでしかない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00047714-sdigestw-socc
この記事の続きを読む

中島が2G1Aの大活躍で今季初勝利に貢献!サポーターは「天才」と絶賛

1: Egg ★ 2018/09/24(月) 08:11:04.75 ID:CAP_USER9
中島ゴール国際Aマッチウイークを経て、ポルトガル・リーグ1部が再開。日本代表MF中島翔哉が所属するポルティモネンセはホームでのギマラエス戦に臨んだ。

その開始5分だった。いきなり、日本代表の新10番が魅せる。後方から供給されたロングボールを、つま先でピタッと足下に止めるスーパートラップを披露。そこからDFふたりを細かいフェイントで翻弄して左足を振り抜き、ゴールの右隅に先制点を突き刺さしたのだ。

その後も、ポルティモネンセは圧倒的なポゼッションで相手チームを圧倒。中島は30分にも味方のパスを絶妙なトラップで収めてシュートを放つが、これは相手GKに阻まれた。後半も中島は前線で躍動し、仲間と息の合ったプレーを披露する。

チームは守備のミスから64分にオウンゴールを献上。その4分後に中島のアシストからラザロニがゴールを決めて勝ち越しに成功するも、ふたたび82分に追いつかれてしまう。

ここで大仕事をやってのけたのが、中島だ。86分、敵のクリアミスを奪うや、相手GKをあざ笑うかのような芸術的なループシュートを決め、本拠地のサポーターを狂喜させたのだ。

試合は3-2で終了。中島は2ゴール・1アシストと全てのゴールに絡む活躍ぶりで、チームの今季初勝利に貢献した。

ポルトガル地元紙の『Regiao Sul』は「ショウヤ・ナカジマがポルティモネンセの勝利を演出!」と絶賛。同じく『O Jogo』も「素晴らしいポジショニングからのゴール!」と日本人MFのハイパフォーマンスをトップで報じている。

ポルティモネンセのサポーターも、中島が魅せた数々のテクニックに感服。ツイッター上では「2点目、なんてスウィートなロブなんだ」「天才でしかない」「現代のフットボール界における最大の疑問は、ナカジマがまだポルティモネンセにいることだ」と唸っている。

まさに中島の独壇場となったギマラエス戦。ここからチームとともに、一気に波に乗りそうな気配だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00047697-sdigestw-socc
この記事の続きを読む

日本代表ってすんなり世代交代に成功したよな

日本代表

この記事の続きを読む

【朗報】日本と対戦するウルグアイ代表、ガチメンバーを招集!

1: ゴアマガラ ★ 2018/09/23(日) 09:50:34.58 ID:CAP_USER9
ウルグアイ代表ウルグアイ代表は来月行われる日本、韓国との親善試合に向けた25人の招集メンバーを発表した。

GK:
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/TUR)
マルティン・シルバ(ヴァスコ・ダ・ガマ/BRA)
マルティン・カンパーニャ(インデペンディエンテ/ARG)

DF:
ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ESP)
セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/POR)
ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/ESP)
ガストン・シルバ(インデペンディエンテ/ARG)
マルティン・カセレス(ラツィオ/ITA)
マルセロ・サラッチ(RBライプツィヒ/GER)

MF:
ディエゴ・ラクサルト(ミラン/ITA)
ナイタン・ナンデス(ボカ・ジュニオルス/ARG)
ルーカス・トレイラ(アーセナル/ENG)
マティアス・ベシノ(インテル/ITA)
ロドリゴ・ベンタンクール(ユヴェントス/ITA)
カルロス・サンチェス(サントス/BRA)
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース/USA)
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/ESP)
カミロ・マジャダ(リーベル・プレート/ARG)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ/BRA)

FW:
ジョナタン・ロドリゲス(サントス・ラグーナ/MEX)
ガストン・ペレイロ(PSV/END)
マクシ・ゴメス(セルタ/ESP)
クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ/ESP)
エディンソン・カバーニ(PSG/FRA)
ルイス・スアレス(バルセロナ/ESP)

サラッチが初招集となったが、多くがワールドカップにも出場したガチのメンバーだ。日本とウルグアイは10月16日(火)に埼玉スタジアム2002で対戦する。

https://qoly.jp/2018/09/23/uruguay-national-team-squad-20180922-iks-1
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索