サッカー部のハシゴでステップ踏む練習wwwwwww

ラダートレーニング

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

長友、マジックワード満載のツイートをして叩かれる

長友

この記事の続きを読む

Jリーグ「家本主審の誤審を訂正したよ」→2ch「家本も処分しろや!」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 18:50:36.11 ID:CAP_USER9
家本主審Jリーグは18日、規律委員会の結果、16日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節・町田―名古屋戦(町田)で退場処分を受けたMF平戸太貴(20=町田)の退場は「人違い」であったと判断し、平戸に対して退場処分と出場停止は科さずに本来であれば退場処分を受けるはずだったDF深津康太(33=町田)に退場処分を付け替え、深津を1試合の出場停止処分とすると発表した。

サッカー競技規則第5条〔主審〕主審の決定「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」により、公式記録は変更しない。

平戸は3―3で迎えた名古屋戦の後半44分に相手の得点機会を阻止したとして、家本政明主審(44)から退場処分を受けていたが、実際にはゴール前へ飛び出した名古屋MF青木亮太(21)を深津とDF奥村政幸(24)が挟み込んで倒していた。試合はロスタイム突入後の後半48分に名古屋が決勝点を入れて4―3で勝利している。

退場処分「付け替え」となった深津は20日の第29節・愛媛戦(ニンスタ)が出場停止となる。

http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/08/18/kiji/20170818s00002180233000c.html
この記事の続きを読む

サッカーの授業でボールをパスしあって鬼に取られたら鬼と交代のゲームあるじゃん

鳥かご

この記事の続きを読む

ボランチに重要なのは「安全策のポゼッション」か「果敢な縦パス」か

遠藤憲剛

この記事の続きを読む

ヴィッセル神戸、ネルシーニョ監督解任!大補強実らず三木谷会長決断

1: 首しめ坂 ★@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 04:55:55.60 ID:CAP_USER9
ネルシーニョJ1で11位と不振の神戸がネルシーニョ監督(67)を解任することが15日、分かった。16日に発表される予定。後任は未定で、吉田孝行ヘッドコーチ(40)が16日から暫定的に指揮を執る。今後は欧州人監督を中心に人選を進めるとみられる。今季J1での監督交代は鹿島、浦和などに続いて6例目となった。

13日のF東京戦(味スタ)で今季3度目の3連敗を喫した神戸が、ネルシーニョ監督の解任を決めた。関係者は「チーム全体の規律をつくってきた監督だが、それが崩れ始めている。同じ戦い方でやられている。ズルズル行き過ぎて、歯止めが利かない状態」と指摘。この日までに三木谷浩史会長(52)らクラブ幹部が総合的に判断し、吉田ヘッドコーチが暫定的に指揮を執ることが決まった。

ネルシーニョ体制3年目の今季は初のリーグ制覇を目標に掲げて、オフに元日本代表クラスを積極的に補強した。開幕4連勝を飾り、J1第3節から第6節までは首位に立った。 だが昨季得点王のFWレアンドロ(32)が2月25日の清水との開幕戦で全治約6か月の重傷を負うなどけが人が続出した。

得点力不足を解消するため、今夏に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)と元日本代表FWハーフナー・マイク(30)を補強した。ポドルスキはJ1デビューした7月29日の大宮戦(ノエスタ)で2得点を決めたものの、その後は3試合連続で無得点。2試合続けて試合後の取材に応じず、スター選手らしからぬ振る舞いが目立ってきた。ネルシーニョ監督は4試合連続で2014年ブラジルW杯優勝メンバーを先発で起用したが、1勝3敗と結果に表れず、皮肉にも解任につながった。

ルヴァン杯は8強、天皇杯は16強入りを決めているが、リーグ戦は最近10試合で3勝7敗。アジア・チャンピオンズリーグ出場圏の3位・横浜Mとは勝ち点14差で、J2降格圏の16位・大宮とは勝ち点10差。5年ぶりに降格する危機も迫ってきた。今後は欧州人監督を中心に新監督を探すことになりそうだが、初のタイトル獲得を目指す神戸が苦境に立たされた。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170815-OHT1T50156.html
この記事の続きを読む

ガチで興奮した日本代表の試合ってもちろんあの試合だよな?

高原

この記事の続きを読む

体育のサッカーにて サッカー部A「ニヤニヤw」 俺「やれやれ…」

サッカー

この記事の続きを読む

柏MFのIJこと伊藤純也、遂に”代表待望論”が記事になる

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 21:55:56.94 ID:CAP_USER9
伊藤純也J1第22節は13日、柏が清水戦(アイスタ)に4-1で快勝し、5位をキープした。ゴールラッシュとなった一戦で、24歳のイケメンMFが驚異の70メートルドリブルでごぼう抜きゴールを演じ、インパクトを残した。Jリーグ公式Youtubeチャンネルでも紹介され、大きな反響を呼んでいる。

仰天のゴールを決めたのは、柏のMF伊東純也だ。0-0で迎えた前半アディショナルタイム。相手コーナーキックから自陣中盤で自らボールを奪うと一気にカウンターに転じた。ドリブルを開始すると、驚異のスピードで加速。敵陣中央で巧みなフェイントで1人を交わすと、2人目も体をぶつけながら抜き去り、ペナルティエリアに侵入。さらに相手DFを抜いた後、ゴール右から右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

ドリブルを開始してから約70メートルを1人でゴールまで持ち込み、わずか9秒で先制ゴールを奪取。イケメンとして人気の高い甘いマスクに笑みがこぼれた。

今節屈指のファインゴールを紹介したJリーグ公式Youtubeチャンネルでも「日本最速説」「ただ速いだけじゃない」と速さと決定力を備えた伊東に称賛の声が上がり、日本代表に推す声も見られた。

柏が誇る24歳は近い将来、サムライブルーのユニホームをまとう日が来るのか、楽しみな逸材であることは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170814-00010008-theanswer-socc
この記事の続きを読む

【悲報】神戸FWポドルスキのイライラがピークに・・・原因はチームの中盤

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 18:41:45.70 ID:CAP_USER9
ポドルスキ鳴り物入りで入団した大物助っ人のイライラがピークに達している。J1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が、13日のFC東京戦(味スタ)でJデビュー後4試合連続となる先発出場。

前半3分に直接FKでゴールを狙うも壁に当ててしまい、後半36分のチャンスには大きくふかすシュートミス。この日は見せ場なく、3試合連続で無得点となった。

チームも泥沼の3連敗で自身が“戦犯”になりつつあるからか、試合後は不機嫌モード全開。取材エリアにいったん姿を見せたものの、すぐさま動線を外れて部屋を仕切るついたてをわざわざどかして“逃走”した。2試合連続の取材拒否だ。

ポドルスキがストレスをためている理由は結果以上に現在のチームに光が見えないからだ。移籍後初戦の7月29日の大宮戦こそ2ゴールの衝撃デビューを飾ったが、その後は不発。原因は中盤に攻守の起点となれる選手がいないことだ。

FWハーフナー・マイク(30)は「彼が高い位置でボールを入れていかないと。もうちょっとゴールに近い位置で仕事をしてもらえるように。(自分とも)もっと近くでプレーしたほうがお互いが生きる」と指摘する。

神戸は前線にポドルスキに加え、ハーフナー、FW渡辺千真(31)と代表級のストライカーを擁する一方で、中盤が明らかな駒不足。そのためこの日はポドルスキが中盤の底までプレー位置を下げて組み立てをするはめになるなど、自慢の決定力を生かせない展開になっているのだ。

世界的ストライカーが偏ったチーム編成のしわ寄せを受けた形。このままではいつ怒りが爆発してもおかしくない。

8/14(月) 16:34配信 東スポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000019-tospoweb-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索