中田英寿、指導者・解説者には興味なし!「そういうのは好きじゃない」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 21:32:23.63 ID:CAP_USER9
 元サッカー日本代表の中田英寿氏(39)が18日、中田英寿都内で行われた「シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2017 Presented by GOETHE」の授賞式に出席した。

(中略)

 中田氏といえば先日、国際サッカー連盟(FIFA)の評議機関であるIFAB(国際サッカー評議会)でサッカー諮問委員を務めることが明らかになったばかりだ。そのことをMCから問われると、うれしそうにこう語った。

 「IFABではサッカーのルールを決めるんですが、面白い。この間もビデオジャッジを導入する話が出たんですが、カメラ設置にもコストがかかる。どのレベルで入れるのか。1部なのか2部なのか。あるいはレフェリーの権限とどっちが上なのかなどが議論されていて面白い。サッカーのことをやっているのにサッカーと関係ないことまで勉強していますから」

 だが指導者や解説者などについてはまるで興味なし。「僕はサッカーやるのは好きだけど、コメントしたり、教えたりするのは好きじゃない」とキッパリ。

 「今後、サッカー界をこうしたいという考えはありますか」と問われても「全くないです」と“中田節”は相変わらずだった。

東スポWeb 1/18(水) 21:18配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000059-tospoweb-ent
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

韓国メディア、中国の外国人枠削減を非難「韓国選手が出場出来なくなるだろ!」

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:13:39.82 ID:CAP_USER9
 2017年1月17日、中国サッカー協会はこのほど、CSL中国スーパーリーグ(1部)で1試合に出場できる外国籍選手の人数を2017年シーズンから削減すると突然発表した。このルール変更の影響を最も受けるとみられるのが韓国人選手で、一部の韓国メディアからは非難の声が聞かれている。中国メディアの毎日足球報が伝えた。

 昨シーズンまでの外国人出場枠はアジアサッカー連盟(AFC)加盟国の選手1人を含む4人が上限だった。これが3月に始まる新シーズンからはアジア枠が撤廃されて3人に減らされる。昨シーズン、同リーグのクラブには11人の韓国人選手が所属し、国籍別で最も多かった。

 ソウルの一部スポーツメディアは、韓国代表のキム・ヒョンイル(広州恒大)やホン・ジョンホ(江蘇蘇寧)らが、欧州からの助っ人との競争に破れ出場機会を奪われる可能性があるとし、中国サッカー協会の突然のルール変更を「まるでならず者だ」などと口汚い言葉でののしっている。(翻訳・編集/柳川)

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-161289/
この記事の続きを読む

ガラタサライサポ「ポドルスキ日本に行かないで!神戸牛よりいい肉あるぞ!」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 12:25:53.07 ID:CAP_USER9
 J1ヴィッセル神戸移籍の可能性が浮上しているポドルスキガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは現地時間17日、国内カップ戦のグループステージ第5戦・敵地エラズール戦に先発出場し、2得点を決める活躍で4-1の勝利に貢献した。

 ポドルスキは自身のツイッターで勝利の喜びを伝えると。コメント欄には「イケメンのポルディ、ガラタサライに残って」「神戸牛よりいい肉はあるぞ」とポルディ王子の残留を願う声が殺到している。

(中略)

 2015年7月にアーセナルから完全移籍で加入したポドルスキは2017年6月まで契約を残している。政情不安のトルコから移籍を切望しているという報道もあるが、ガラタサライのサポーターから熱烈な愛情を受けているポルディは慰留の声を振り切り、日本に上陸するのだろうか。

Football ZONE web 1/18(水) 11:10配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00010005-soccermzw-socc
この記事の続きを読む

【超悲報】俺のユーヴェの新エンブレムがだせぇ・・・

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 19:33:52.47 ID:CAP_USER9
 16日、ユヴェントスは"Black and White andエンブレム More"というイベントを開催。

 そのなかで、新エンブレムを発表した。新エンブレムは「J」をイメージしたスタイリッシュかつシンプルなデザインに。これまでのものと比較するとその差は一目瞭然。驚きの変更と言っていい。

 ユヴェントスのジャンニ・アニェッリは「新しいロゴは、ユヴェントスの生き方のシンボルだ」と話しており、新時代の幕開けとして新たなエンブレム作成に踏み切ったようだ。

 なお、新エンブレムは2017-18シーズンから採用される。

http://qoly.jp/2017/01/17/juventus-new-crest-kwm-1
この記事の続きを読む

サッカーのアンチフットボールという批判

シャビ

この記事の続きを読む

サッカーは強豪チームのファンしか楽しめないよな

優勝

この記事の続きを読む

【朗報】ポドルスキ、遂に神戸移籍へ!年俸10億の3年契約!

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 01:50:12.90 ID:CAP_USER9
 Jリーグにスーパースターがやってくる。 ポドルスキ

独紙『ビルト』など複数メディアは16日、ガラタサライに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが日本へ移籍すると一斉に報じた。

 中国1部の北京国安からオファーを受けたことなどが伝えられていたポドルスキだが、その可能性は消滅し、移籍先はヴィッセル神戸になるという。独紙『エクスプレス』は3年契約で年俸はボーナス込みで800万ユーロ(約9億6000万円)にもなると記している。

 ポドルスキはドイツ代表の一員として2014年のブラジルW杯優勝に貢献し、代表通算129試合48得点という実績を誇る。クラブレベルではケルンやバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、インテルなどで活躍した。

 昨季から在籍するガラタサライでは主力として活躍していたもの、今季は負傷などもあってリーグ戦では10試合の出場、そして3ゴールを挙げるにとどまっていた。6月に32歳を迎えるベテランストライカーは現所属クラブとの契約を1年残して環境を変えることを決断したようだ。

 Jリーグは今季から外国人枠の拡大を決定しており、各クラブは国籍に関係なく5人の外国人選手を保有できる(ベンチ入りできるのは従来と変わらず、出場枠3人+アジア枠または提携国枠の1名)。

 このルールに照らし合わせると神戸は外国人枠を1つ余らせており、ポドルスキの登録に障害はない。

 昨季Jリーグ得点王のレアンドロ、ブラジルで実績十分のニウトンとウエスクレイ、韓国代表の正GKキム・スンギュを擁するチームはW杯王者の加入でさらに強さを増し、J屈指の破壊力を誇る陣容を完成させようとしている。

フットボールチャンネル 1/17(火) 1:40配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010001-footballc-socc
この記事の続きを読む

【急募】ケルン大迫のこの発言の意味が分かる奴、教えてくれ

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 18:54:04.17 ID:CAP_USER9
 ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也がドイツ大迫『キッカー』のインタビューに応じ、今シーズン好調の要因について語っている。

 大迫は現在、膝のケガで戦線を離脱しているものの、今週には練習に復帰すると見られている。昨シーズンは年間で1ゴールという不本意な結果に終わったが、今シーズンはここまでリーグ戦で2ゴールを挙げるなど見事な“カムバック”を見せた。大迫は、昨シーズンは難しい立ち位置に置かれていたとしつつ、今シーズンの好調の要因について明かしている。

(中略)

 また、日本とドイツの違いについても触れ「日本人はよりテクニックに長けていて、ドイツ人はフィジカルという感じですね」と話しながら、文化的な差異についても言及している。

 「日本では年長者がより尊敬されます。ドイツでは異なりますね。日本では若手が結局先輩のようになる可能性が高い。ここではそんなことありません」

 ユースではなく、高校サッカーからプロの道へと進んだ大迫。それだけに、部活の縦社会は身体に染み込んでいるはずだが、ドイツではそういったことはなく、衝撃を受けたようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000016-goal-socc
この記事の続きを読む

乾貴士はなぜリーガで成功できたのか?

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 15:26:05.16 ID:CAP_USER9
 日本人選手はリーガ・エスパニョーラで成功できない。乾ずっと、そう言われ続けてきた。

 城彰二(バジャドリー)、西澤明訓(エスパニョール)、大久保嘉人(マジョルカ)、中村俊輔(エスパニョール)、家長昭博(マジョルカ)、ハーフナー・マイク(コルドバ)……。これまで何人もの猛者がスペインに活躍の場を求めた。だが、どの選手も激しい競争に身をさらされ、ある者は母国、またある者は他国リーグに去っていった。

 日本人選手はリーガの1部で2シーズンと持たない。スペインではそんな声も聞こえていた。そんな中、人口2万7000人の小さな街エイバルにやって来たのが乾貴士である。

 ボーフムで1年、フランクフルトで3年と、ドイツで4年を過ごしてから念願のスペイン移籍を実現させた乾は、昨季エイバルでリーガ27試合に出場した。今シーズンも第18節を終了した時点で11試合に出場している。よほどの変化がない限り、出場機会を確保したまま2シーズン目を終えるのは間違いないだろう。

 では、乾はなぜスペインで成功をつかめたのか。最も気になるのは、言葉の問題である。

 乾の獲得を決めたのはエイバルの敏腕スポーツディレクター、フラン・ガルガルサだった。さらに、獲得に際してホセ・ルイス・メンディリバル監督の厚い信頼を受けるアシスタントコーチのイニャキ・ベアの進言も大きな後押しとなった。乾は当初、そのベアと頻繁にコミュニケーションを取っていた。ベアがドイツ語に堪能だったからである。

 さらにエイバルは通訳を付けるため、迅速な動きを見せた。海外に渡りUEFAプロライセンスを取り、現在バスクでユースチームの監督をしている岡崎篤氏に白羽の矢を立てたのだ。クラブは乾に最高のパートナーを用意したかった。ガルガルサSD直々にスペインで監督として闘う岡崎氏に電話をかけ、「(乾の通訳として)君に来てほしい」と口説いたのだ。

 岡崎氏は乾の移籍当初をこう振り返る。「ドイツでやっていたからヨーロッパの雰囲気には慣れていました。けど、最初はポジティブな驚きがあったと話していましたね。『スペインはレベルが高い』と」

 乾が感じたレベルの高さとは、どういうものだったのか。「タカシは最初から『すごく練習が面白い』と言っていたんです。ポゼッションの練習でもすごくボールが回るし、どの選手も巧くて速い。とにかく『純粋に練習のレベルが高くて面白い』とよく言っていました」

 新たな環境、レベルの高い選手たちに刺激を受けたこともあり、乾は加入当初から練習で凄まじい集中力を発揮していたという。岡崎氏は「選手に複雑な動きを要求する練習でも、スペイン語の指示を聞いて(言葉を完璧に理解していないにもかかわらず)スムーズに動けていましたね」と回想する。その学習能力にはメンディリバル監督をはじめ、スタッフ陣も舌を巻いたようだ。

(以下、略)

GOAL 1/16(月) 11:35配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000003-goal-socc
この記事の続きを読む

バルサ幹部、メッシ批判で更迭!さすがにやり過ぎだろ・・・

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 10:29:53.75 ID:CAP_USER9
 正論か否かは問題ではない。重要なのはフットメッシボール史上最高の10番がどのように感じるかだ。スペインのバルセロナは13日、リオネル・メッシに関する“個人的な見解”を述べた渉外担当責任者に更迭という罰を施している。

 「バルセロナはメッシのためだけに存在している訳ではない。彼がバルセロナの重要な選手であることは事実だが、勝利を収めるのはメッシではなく、チームなんだよ。ネイマールやルイス・スアレス、イニエスタ、ピケ、それに他の重要なプレイヤーがいなければそれほど良いプレイヤーにはなっていなかっただろう」

 英『Four Four Two』によれば、これがペレ・ガラタコス氏のアルゼンチン代表FWに対する見識だ。一見すれば、さほど騒ぎ立てるほどの発言とは思えないが、ことバルセロナにおいてはとんでもない失言となってしまう。もちろん2018年までとなっている王様との契約を延長すべく奔走するクラブ幹部陣からすれば、このタイミングでの“グレイな発言”は避けたいというのが本音だろう。

 バルセロナは、自らの本能の許すままに弁舌を振ったガラタコス氏への処分がスポーツ部門のディレクターであるアルベルト・ソレル氏によって下されたものだと発表。また同時に、“失言者”が今後も育成に関するプロジェクト「マシア360」には参加を続けることになるとも併せて伝えている。

heWORLD(ザ・ワールド) 1/15(日) 10:01配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00010008-theworld-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索