【急募】本田の敬称

本田

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

GL敗退のポーランド、「日本戦はサポのために戦う」とやる気満々

1: 3倍理論 ★ 2018/06/25(月) 11:41:44.91 ID:CAP_USER9
コロンビアvsポーランド第2節が終わったワールドカップ。日本代表が戦うグループHでは、2連敗となったポーランドの敗退が決まった。はたして日本と戦う第3戦に向けたモチベーションはあるのか…。

『wPolityce.pl』によれば、ポーランド代表FWダヴィド・コフナツキは日本戦についてこう述べたそう。

ダヴィド・コフナツキ(ポーランド代表FW)

「応援してくれたサポーターのために、僕らは立ち直って日本と戦わなくてはいけないよ。彼ら(サポーター)はそれに値する。(下を向くのではなく)頭を上げて、この大会を終わりたい」

サンプドリアに所属する21歳のFWは、サポーターのために戦うと誓っていたようだ。

また、2013年から代表監督を務めてきたアダム・ナヴァウカ氏にとって日本戦がラストマッチになる可能性も伝えられている。

そういう意味でもポーランドとしては、最後の意地を見せてきそうだ。

https://qoly.jp/2018/06/25/poland-kownacki-on-japan-iks-1
この記事の続きを読む

【朗報】日本vsセネガル、「楽しい試合」として世界中を魅了した模様

1: ゴアマガラ ★ 2018/06/25(月) 03:32:18.94 ID:CAP_USER9
本田ゴール24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2節、セネガル対日本は2−2のドローに終わった。スコアが何度も動く一進一退の攻防が繰り広げられたこの試合に、世界中が魅了された模様。世界中の有識者が、この試合が興奮するものであったとの見解を述べている。

スペインの有名ジャーナリスト、ルベン・ウリア氏は『ツイッター』で、この試合を「ジェットコースターのような試合」であったと形容。目一杯楽しめたとの感想を記した。

「ジェットコースターのような試合で、息つく暇がなかった。攻守が激しく入れかわり、プレーミス、プレーの的中、ゴールに満たされた一戦だったね。用心せず、計算もなし。二つの異なるスタイルを持つ良チームは、野心にあふれていた。無秩序で、クレイジーで、楽しい試合だった」

また『ESPN』の記者エティアン・ベネスラ氏もウリア氏と同じ見解を示し、「グループステージで最も楽しい試合」とつぶやいている。

「日本対セネガルはグループステージで最も楽しい試合の一つだ。私たち全員が待ち望んでいた類のものだよ」

その一方でスペインのスポーツ紙『アス』の記者アリツ・ガビロンド氏は、二度にわたってビハインドを追いながらも追いついた日本を賞賛した。

「日本は好ましかった。根性があり、2点のビハインドを克服したね。長谷部は戦術というものを教示し、乾のプレーは詩的だった」

加えて、『アス』でモトGPなどモータースポーツを取材する記者メラ・チェルコレス氏は、有名バイクメーカー、ホンダと同姓の本田圭佑がゴールを決めたことを喜んでいる。

「日本対セネガルは、なんて素晴らしいんだ!!! ホンダが78分に日本にとって二度目の同点ゴールを決めた。そう、ホンダであるべきだったんだ」

最後に、元アルゼンチン代表DFで、現解説者のフアン・パブロ・ソリン氏は、この試合を見なかった人たちが極上のスペクタクルを見逃したとの感想を述べている。

「日本がホンダのゴールで追いついたぞ!! もし、古い臭い考えや判断でこの試合を見ていなかったとしたら……フットボールのじつに興味深い一戦を見逃したことになるよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000055-goal-socc
この記事の続きを読む

コロンビアが3発快勝で生き残り!ポーランドは日本戦前にGL敗退決定

1: 豆次郎 ★ 2018/06/25(月) 04:56:01.02 ID:CAP_USER9
クアドラゴールW杯ロシア大会▽1次リーグH組

コロンビア 3ー0 ポーランド(24日、カザニ)

初戦で日本に敗れたコロンビアは、ポーランドに3得点の快勝で勝ち点3を獲得した。コロンビアはセネガル戦に勝てば無条件で決勝トーナメント進出が決まる。敗れたポーランドは1次リーグ敗退が決まった。

この日負ければ敗退だったコロンビアは、前半40分にDFミナのゴールで先制。後半25分にFWファルカオが追加点を挙げると、5分後にMFクアドラードが試合を決定づける3点目を入れた。

コロンビアは、勝ち点4で2位のセネガルとの次戦で勝てば、1次リーグ突破が決まる。引き分けの場合、日本がポーランドに敗れれば、2位で突破が決まる。敗れた場合は敗退が決まる。

日本は次戦でポーランドに敗れても、コロンビアがセネガルに勝てば、日本とセネガルの得失点差次第で日本の1次リーグ突破が決まることになる。

この記事の続きを読む

川島「失点は完全に自分のミス、切り替えていく」

1: ひかり ★ 2018/06/25(月) 02:08:03.48 ID:CAP_USER9
川島ミス日本代表は24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でセネガルに2−2で引き分けた。試合後、GK川島永嗣がフラッシュインタビューに応じた。

コロンビア戦で白星スタートを切った日本は、セネガル戦で11分に川島のパンチングが甘くなったところをサディオ・マネに決められて先制されるも、34分にボックス左から乾貴士がファーサイドに決めて同点とする。後半も好勝負を演じた日本は、70分にムサ・ワゲにネットを揺らされるも、78分に
本田圭佑が同点弾を記録し、2−2で試合を終えた。

試合後、この試合で先発した川島は、「自分のミスから厳しい状況になってしまった。引き分けにできた良かった」とコメントし、以下のように続けた。

「完全に自分のミスです。目の前が気になりすぎた。コロンビア戦もそうですけど、チーム一丸となって厳しい状況の中でも結果が出てチームメイトに
感謝しています。試合の内容については自信も得られた。次は結果も大事なので切り替えたいです」

なお日本は今後、ロシアW杯グループH最終節でポーランドと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010012-goal-socc
この記事の続きを読む

日本、セネガルと2-2ドロー!乾と本田のゴールで2度追いつき勝ち点1ゲット!

1: 豆次郎 ★ 2018/06/25(月) 01:51:09.87 ID:CAP_USER9
本田ゴールワールドカップ ロシア大会 グループH
エカテリンブルクアリーナ

【結果】
日本代表 2−2 セネガル

【得点者】
サディオ マネ (前半11分)
乾貴士 (前半34分)
ムサ ワゲ (後半26分)
本田圭佑 (後半33分)

https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018062401/
この記事の続きを読む

【速報】セネガル戦のスタメン発表!初戦コロンビア戦と同じ11人!

1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 22:52:48.24 ID:CAP_USER9
スタメン現地時間24日(日本時間25日)に行われるロシア・ワールドカップグループH第2戦、セネガル戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

22日に合宿地のカザンからチャーター機で第2戦の地エカテリンブルクに到着した日本代表。コロンビアとの激闘から中4日で臨むセネガル戦は、勝てばグループリーグ突破が決まる大一番だ。

前日会見で西野朗監督は「3戦目(ポーランド戦)は敗者復活のゲームであって、2戦目で決めなければいけない。多少リスクがあっても勝負をかける2戦目でなければならない」と、セネガル戦に必勝態勢で臨むことを明言。仮にセネガル戦を引き分けても、最終節のポーランド戦は敗れなければグループリーグ突破となるが、この試合で突破を決めるべく、連勝を目指す一線となる。先発はコロンビア戦と「ベースは同じ」であることを明かしていた。

2010年の南アフリカW杯以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出へ連勝したい日本。セネガル戦は、コロンビア戦と同じく4-2-3-1で臨むことが予想される。

スターティングメンバーには、GKには川島永嗣が入り、最終ラインは昌子源と吉田麻也がセンターバックを組み、長友佑都と酒井宏樹がサイドバックを務める。中盤は柴崎岳と長谷部誠のダブルボランチで、2列目は右に原口元気、左に乾貴士が入り、トップ下にはコロンビア戦で先制点を決めた香川真司を配置。1トップには初戦で値千金の決勝弾を決めた大迫勇也が入った。一方で大迫の決勝点をアシストした本田圭佑、岡崎慎司らはベンチスタートとなった。

いよいよ迎える運命の第2戦は、25日日本時間0時にキックオフを迎える。

【日本代表 スターティングメンバー】

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)

DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(ベティス/スペイン)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

この記事の続きを読む

イングランドがパナマに6発圧勝で決勝T進出!パナマは歴史的なW杯初ゴール

1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 22:54:07.17 ID:CAP_USER9
ケインゴール[W杯G組第2節 イングランド6-1パナマ ニジニ・ノブゴロド]

ロシアW杯は24日、グループリーグ第2節6日目を行った。G組のイングランド代表はパナマ代表と対戦し、6-1で勝利。2連勝でベルギー代表とともに決勝トーナメント進出を決めた。

初戦はチュニジアに苦戦しながらも、FWハリー・ケインの2ゴールにより勝利を手にしたイングランド。スタメンは前節から1人を入れ替え、太腿を負傷したMFデレ・アリに代わってMFルベン・ロフタス・チークを起用した。対するパナマは初めての大舞台でベルギーと対戦。前半こそ無失点で乗り切ったが、0-3で敗れた。この試合はスタメンを変えず、歴史的1勝を目指した。

試合は開始早々に動いた。イングランドは前半8分、右CKを獲得すると、DFキーラン・トリッピアーが右足でアウトスイングのボールを蹴り込む。MFジョーダン・ヘンダーソンが相手をニアに引きつけ、中央の空いたスペースに走り込んだDFジョン・ストーンズがヘディングシュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。

今大会全得点がCKから生まれているイングランドは前半20分、PA右へ抜け出したMFジェシー・リンガードがDFフィデル・エスコバルに倒され、PKを獲得する。キッカーはもちろんエース、FWハリー・ケイン。蹴る前に相手のプレッシャーを受けながらも、豪快な右足シュートをゴール左上に突き刺し、2-0とリードを広げた。

イングランドの勢いが止まらない。前半36分、左サイドから切れ込んだリンガードがMFラヒーム・スターリングのリターンパスをペナルティーアーク手前で受け、右足を一閃。カーブを描いたシュートがゴール右隅に突き刺さり、3-0とする。

さらにイングランドは前半40分、敵陣中央でFKを獲得すると、トリッピアーのサインプレーからヘンダーソンがダイレクトでゴール前に入れ、ケインが中央へ折り返したボールをスターリングがヘッド。GKハイメ・ペネドが弾いたボールをストーンズが頭で押し込み、リードを広げた。43分には、右CKからケインがMFアニバル・ゴドイに倒され、2度目のPKを獲得。ケイン自らゴール左に沈め、5-0で前半を終えた。

堅守速攻が売りのパナマは、前半に得意の形を作ることができず、厳しい状況となった。後半は敵陣でパスを回す時間帯もあったが、イングランドの守りを崩すことができない。すると、イングランドは17分にPA右手前からロフタス・チークが左足を振り抜く。これがケインに当たってゴールに吸い込まれ、6-0。エースがラッキーな形でハットトリックを達成した。

直後にケインはお役御免。リンガードとともにピッチを後にし、代わってFWジェイミー・バーディとDFファビアン・デルフが入った。25分にはトリッピアーを下げ、DFダニー・ローズを投入した。30分には、CKからパナマのDFロマン・トーレスに決定的なシュートを許したが相手の精度の助けられた。

だが、パナマは後半33分、左サイドで獲得したFKからMFリカルド・アビラがゴール前に蹴り込むと、DFフェリペ・バロイが滑り込みながら合わせ、1-6。W杯初出場のパナマが歴史的ゴールを叩き込んだ。

試合はそのまま6-1でイングランドが勝利。勝ち点を『6』に伸ばし、ベルギー(勝ち点6)とともにグループリーグ突破を決めた。なお、28日に行われる第3節でイングランドはベルギーと首位突破をかけて対戦。敗退が決まったパナマはW杯初勝利を目指してチュニジアと戦う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-01655496-gekisaka-socc
この記事の続きを読む

セネガル戦の予想書いてけ

セネガル代表

この記事の続きを読む

【悲報】韓国大統領、急にロッカールームを訪問しやらかす

文在寅

この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索