最も「玄人ぶれる好きなサッカー選手」あげたやつ優勝

ルベンバラハ

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

ルーニー外したマンU、3戦ぶり勝利!チームの癌だったんだな

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/09/24(土) 22:26:05.58 ID:CAP_USER9
プレミアリーグ 第6節ポグバ

【スコア】
マンチェスター・U 4−1 レスター

【得点者】
1−0 22分 クリス・スモーリング(マンチェスター・U)
2−0 37分 フアン・マタ(マンチェスター・U)
3−0 40分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
4−0 42分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
4−1 59分 デマライ・グレイ(レスター)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160924-00496800-soccerk-socc
この記事の続きを読む

サッカー日本代表どうするんだよ・・・

ベンチ

この記事の続きを読む

日本人サッカー選手で今1番期待できる選手って誰?

あっさーの

この記事の続きを読む

U-16日本代表が強過ぎると話題に!アジア選手権GLを21得点0失点で突破

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 21:22:06.33 ID:CAP_USER9
 17年U-17W杯(インド)への出場チケット4枚U-16を懸けたAFC U-16選手権インド2016は22日にグループリーグ最終節を行い、すでに2戦2勝で決勝トーナメント進出を決めているU-16日本代表はFW上月壮一郎(京都U-18)の2ゴールなどによってオーストラリアに6-0で快勝。グループリーグBグループを3連勝で終えた日本は25日の準々決勝でUAEに勝つと、2大会ぶりとなるU-17W杯出場が決まる。

 日本は19日のキルギス戦から先発8人をチェンジ。4-4-2システムのGKは青木心(JFAアカデミー福島U18)で4バックは右SB桂陸人(広島ユース)、CB瀬古歩夢(C大阪U-18)、CB監物拓歩(清水ユース)、左SB菊地健太(JFAアカデミー福島U18)。中盤は瀬畠義成(JFAアカデミー福島U18)と松本凪生(C大阪U-15)のダブルボランチで右MF鈴木冬一(C大阪U-18)、左MF谷本駿介(C大阪U-18)。2トップは上月壮一郎(京都U-18)と宮代大聖(川崎F U-18)がコンビを組んだ。

(中略)

 各選手が準々決勝出場へアピール続ける日本は41分にも強引にDFを抜き去った棚橋が左足シュートをねじ込んで6-0。グループリーグ3試合を7-0、8-0、6-0というスコアで制した日本が次戦、世界切符を懸けて難敵・UAEと戦う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-01631482-gekisaka-socc
この記事の続きを読む

Bリーグ開幕戦の実況スレでサッカーを貶しバスケを持ち上げる輩

バスケ

この記事の続きを読む

サッカー日本代表の前線ってこれでいいだろ

むさこ

この記事の続きを読む

久保君、森本に次ぐ史上2人目の“中学生Jリーガー”になるか!?

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 15:22:43.42 ID:CAP_USER9
 インドで開催中のAFC・U-16(16歳以下)アジア久保君選手権で、2試合連続で2ゴールをマーク。連勝スタートを切ったU-16日本代表をけん引している15歳のFW久保建英(たけふさ)に注がれる視線が、ピッチの内外でますます熱気を帯びてきている。

 FC東京U-18に所属しながら、トップチームの公式戦に出場できる「2種登録選手」として追加登録されたのが今月16日。その数日前からメディアで報じられていたこともあり、スペインの名門バルセロナの下部組織で育った逸材に関して、FC東京にはこんな問い合わせが数多く寄せられている。

「いつJ1でデビューさせるのか」

 久保の生年月日は2001年6月4日。終盤戦に入った今シーズンのリーグ戦のピッチに立った時点で、FW森本貴幸(当時東京ヴェルディ)がもつ15歳10ヶ月6日のJリーグ最年少出場記録を大幅に更新し、森本に次ぐ史上2人目の“中学生Jリーガー”となる。

 4年後の東京五輪でのメダルを託されるエース、さらには将来のA代表へとつながる新たなステップを踏み出すことになるが、予想を上回る反響の大きさにFC東京の立石敬之ゼネラルマネージャー(GM)は苦笑いを隠せない。

 「(Jリーグに)登録しただけなんですけど、マスコミの方はちょっと加熱しているところがあるので。ただ、そういうタレントではありますよね。日本サッカーの将来を背負って立つというね」

 登録上ではJ1でプレーすることが可能になった久保だが、今回はトップチームへの「昇格」ではなく、あくまでも「2種登録選手」となる。インドから帰国後も基本的にはFC東京U-18の一員として日々の練習に打ち込み週末の試合に備えるサイクルはこれまでと変わらない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00000002-wordleafs-socc&p=1
この記事の続きを読む

ロナウジーニョの元同僚「彼は1日たりとも練習をしてなかった」

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 20:19:52.06 ID:CAP_USER9
ロマーリオへの憧れか ロニー

 リオネル・メッシがまだ幼い時代、バルセロナの名誉を高めていたのは元ブラジル代表のスーパースター、ロナウジーニョに他ならない。かつてこの怪物とフランスのパリ・サンジェルマンで共に過ごしていたジェローム・ルロワ氏が、ブラジル人MFとの日々を回想している。

 2002年の日韓W杯で世界的な評価を高めたロナウジーニョはその翌年に名門バルセロナへ入団すると、以降のカタルーニャにおける英雄として君臨。目を疑うほどの高次元なテクニックやゴールの数々は、レアル・マドリードのサポーターからも拍手喝采を浴びたほどだ。しかしルロワ氏いわく、ロナウジーニョの生活スタイルは決して“ノーマルなもの”ではなかったという。仏『SFR Sport』が41歳のフランス人によるコメントを伝えた。

 「ロナウジーニョは1週間の内、1日たりとも練習をしてなかったよ。金曜日に突然現れて、土曜日には試合へ出る準備をしてた。それがロナウジーニョだ。思うに、彼はロマーリオの足跡を辿っていたんだろうね。彼も毎晩のように出かけていた。でもロナウジーニョはロマーリオのような成功を収めることはなかったね」

 さらにルロワ氏は少し前に仏雑誌『So Foot』でも次のように話していた。

 「毎朝必ずサングラス姿で現れると、ユニフォームに着替えてすぐにマッサージルームへ直行し眠っていた。彼のような天才は少し変人だよ。意味不明だった」

 奇想天外な舞台裏を明かしたルロワ氏だが、ロナウジーニョが表舞台でやってのけた魔法のような偉業にはタネも仕掛けもない。彼が“ロマーリオ以上”なのか、それとも以下なのかは分からないが、いずれにせよ名門バルセロナにおけるスーパーなカリスマプレイヤーであることは疑いの余地がない。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月21日(水)18時1分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00010019-theworld-socc
この記事の続きを読む

【悲報】ミラン本田、「ストッパー」と評され芸スポ民の失笑を買う

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 07:25:47.89 ID:CAP_USER9
 セリエAは20日、第5節を行った。日本代表MF本田本田圭佑の所属するミランはホームでラツィオと対戦し、2-0で勝利した。ミランは今季初の2連勝。本田は後半37分から途中出場した。

 ミランの先制点は前半37分、MFユライ・クツカの縦パスで抜け出したFWカルロス・バッカが落ち着いてゴールに流し込み、スコアを動かすことに成功。バッカは2試合連続となる今季5得点目。

 後半に入り、なかなか追加点を奪えずにいたミランだが、ボールを支配しながらゲームを進めた。

 すると29分、勝利を決定づける得点が生まれる。右サイドから折り返したFWエムベイェ・ニアンが相手のハンドを誘発。PKを獲得すると、ニアン自らが蹴り込んだ。

 後半37分からミランはMFジャコモ・ボナベントゥーラに変えて本田を投入。本田は右MFに入ると、前線からの守備で存在感を見せていく。

 ミドルレンジからの右足シュートも見られるなど今季2試合目の出場、短い出場時間でも精一杯のアピールを続けた。“ストッパー”本田の貢献もあり、ミランは今季初の連勝を飾った。 

ゲキサカ 9月21日(水)5時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-01631428-gekisaka-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
お知らせ
記事検索