【悲報】日テレ「ACL決勝、地上波は録画のみ」とツイート→ツイッター民から批判殺到

1: ラッコ ★ 2017/11/13(月) 17:06:17.16 ID:CAP_USER9
ACL浦和レッズがアジア王者への挑戦権を手にした。ACL決勝でサウジアラビアのアル・ヒラルを下せば、日本のクラブにとっては2008年のガンバ大阪以来9年ぶりの優勝。浦和レッズにとっては2007年以来10年ぶり2度目の優勝である。

先日行われた日本代表メンバー発表以降は、サッカーファンの意識が「代表戦」にシフトしていっている感はあるが、ACL決勝は日本サッカー界にとっても紛れもないビッグイベントだ。

しかし、その裏で大きな問題が起きていることはご存知だろうか。それは、この試合における「TV放送問題」だ。

ACLは『日本テレビ』が放映権を持っており、今大会も主にCSの『日テレジータス』と『日テレNEWS24』にて放送。準決勝は浦和レッズが勝ち進んだこともあり、『BS日テレ』でも放送したが、基本的にはCSがメインだった。つまり、各チャンネルを契約している「課金者のみに向けて」の放送スタイルを取ってきたわけである。

そこで、「決勝はどのような形式になるか」に注目が集まっていたのだが、彼らは以下のように発表した。

■浦和×アルヒラル【ACL決勝放送予定】
2017/11/18(土)1stレグ
・BS日テレ&日テレジータス→深夜25時〜生中継
・地上波(日本テレビ)→深夜27時10分〜録画放送

2017/11/25(土)2ndレグ
・BS日テレ&日テレジータス 夜7時〜生中継
・地上波(日本テレビ)→深夜25時41分〜録画放送

日テレサッカー(@ntv_football)さん | Twitter
https://twitter.com/ntv_football/status/925209460817010689

簡単に言うと、BSとCSが生中継。地上波は深夜の録画放送ということだ。

少なくともBSでの放送が決定したこともあり、「見られない」という層は格段に減ったが、多くのサッカーファンはこれに黙っていなかった。
「地上波は録画放送のみ」と決定した姿勢そのものが批判対象となり、上記のツイートに対しても否定的なコメントが集中。

「なぜ、日本チームが決勝進出したのに地上波生放送しないのでしょうか?」
「地上波しか見られない人には決勝を見る資格が無いんですか?」

と疑問を呈する声も続出し、『テレビ朝日』が、2007年に浦和レッズの決勝進出に伴い緊急で地上波生中継を敢行した事実を持ち出し、「放映権をテレ朝に譲れ」という辛辣な意見も寄せられた。

(以下、略)

http://qoly.jp/2017/11/06/column-acl-tv-cullen-1
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

ブラジル戦の平均視聴率16・3%!瞬間最高は20%越え!シンゴジラに勝利!

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/13(月) 09:19:16.58 ID:CAP_USER9
TVテレビ朝日系で10日に生中継された「サッカー国際親善試合・日本―ブラジル」(金曜後8・54)の平均視聴率は16・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

試合は、FIFAランク44位の日本に対し、南米予選を首位通過した同2位の強豪ブラジルが、立ち上がりから得意の速いカウンターで何度も日本のゴールに迫るなど、ハリルジャパンが防戦一方となる展開。前半7分に先制PKを与えたのをはじめ前半だけで3点を失い、1−3で力負けした。

瞬間最高視聴率は午後9時33分の20・4%だった。

https://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/13/kiji/20171112s00041000221000c.html

【関連スレ】
【テレビ】「シン・ゴジラ」視聴率15・2%!地上波初放送で大反響
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510531889/
この記事の続きを読む

【悲報】サッカー選手、30歳でベテラン扱い

俊さん

この記事の続きを読む

【驚愕】川島、実はPKに強かった!最近の阻止率は世界トップの80%越え

1: Egg ★ 2017/11/12(日) 18:15:46.21 ID:CAP_USER9
川島バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日にフランスのリールで行われた国際親善試合ブラジル戦に1-3と敗れた。

試合序盤にDF吉田麻也(サウサンプトン)がブラジル代表MFフェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)を倒したと、VAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)によって判定されPKを献上してしまう。このPKをFWネイマール(パリ・サンジェルマン)に決められ、先制点を許した。

一般的に「PKによって得点される」のは、GKにとって不自然なことではない。ただ、近年の日本代表GK川島永嗣(メス)にとっては珍しいことだった。

2015年の浪人期を経てスコットランドのダンディー・ユナイテッドに所属した後、16年6月3日のブルガリア戦で日本代表に復帰するが、それ以降、クラブ・代表の公式戦で川島が直面したPKは以下の通り、約1年半の間に6回あった。

【代表戦】2016年6月3日/vsブルガリア
【代表戦】2017年3月28日/vsタイ
【クラブ】2017年5月4日/vsトゥールーズ
【クラブ】2017年10月15日/vsサンテティエンヌ
【代表戦】2017年11月10日/vsブラジル
【代表戦】2017年11月10日/vsブラジル

この中でPKを決められたのは、冒頭に記したブラジル戦の前半10分、ネイマールの1本だけだ。PK阻止率はじつに「83.3%」という驚異的な数値を誇っている。

16年10月に英衛星放送「スカイ・スポーツ」が、欧州5大リーグでプレーするGKを対象に「PK阻止率トップ50」のランキングを作成しており、川島も30.0%で34位タイにランクインしていた。1位はジエゴ・アウベス(バレンシア/現・フラメンゴ)で48.84%、2位アルフレッド・ゴミス(ボローニャ/現・SPAL)で45.83%、3位ケビン・トラップ(PSG)で41.94%となっているが、直近1年半ならば、川島のPK阻止率は世界トップクラスに匹敵すると言っていいだろう。

また、キッカーはナチュラルサイド(右利きならば向かって左、左利きならば向かって右)に蹴る確率がやや高いと言われているが、その説に倣ってか、川島はセーブした5本すべてがキッカーのナチュラルサイドへと飛んでいる。逆に言えば、ブラジル戦のネイマールだけが1本目で逆をつくことに成功していた。

日本代表史上で指折りのPKストッパーとなっている川島の能力は、来年のロシアW杯本大会でも生きてきそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171112-00010009-soccermzw-socc
この記事の続きを読む

ブラジル紙「日本は今のままじゃGL敗退だな」←ぐぬぬ・・・

1: Egg ★ 2017/11/12(日) 06:00:32.32 ID:CAP_USER9
ブラジル戦FIFAランク44位の日本代表は、親善試合で同2位のブラジル代表に1―3で敗れた。ビデオ判定で与えたPKをFWネイマール(25)=パリSG=に決められるなど前半の3失点で勝負あり。

後半にDF槙野智章(30)=浦和=が1点を返したが実力差を見せつけられた。現地で取材したブラジル日刊紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」のセルジオ・ハンジェル記者(46)が観戦記を寄せ「日本は今のままではW杯1次リーグで敗退する」と語った。

【観戦記】

6人の控え選手が入ったブラジル代表が、さしたる困難なく日本代表を下した試合だった。後半のブラジル選手は、まるで練習試合のように気楽にプレーしていた。

日本には、サッカーにおいて最も重要な要素のひとつである創造性が欠如していた。この試合を見る限りFW本田圭佑、MF香川真司、FW岡崎慎司といった実績のあるベテランが日本にはまだまだ必要なのだ、と思わざるを得ない。

ブラジルも多くの控え選手を試したが、チームの根幹となる部分は変えていない。ハリルホジッチ監督の意図がどこにあったのかよく分からないが、貴重な欧州での強化試合にチームの柱となるべき選手を招集しなかったのは理解に苦しむ。

記者会見でハリルホジッチ監督は「最初のPKで選手が精神的なダメージを受けた」と語りビデオ判定によってPKを取られたことを大きな敗因に挙げた。しかし、これはもちろん言い訳に過ぎない。

あのプレーは明らかにDF吉田の反則だったし、主審がブラジルにPKを与えていなくても試合内容と結果に大きな違いはなかったはずだ。

日本選手で目立ったのはGK川島だ。ネイマールのPKをストップしたセーブは見事だったし、3失点はいずれも彼の責任ではなかった。DF酒井宏はネイマールをかなり抑えたし、攻撃にも参加していた。

他には、良くも悪くも目立ったのがセンターバックの吉田だ。全く無駄なファウルでPKを与えたが、FKのチャンスにほぼ完璧なキックを放った。攻撃陣では、違いを作り出せた選手は見当たらなかった。

今のままでは、日本は来年のW杯で1次リーグ敗退するだろう。細心の注意を払って失点を抑え中盤でのパスミスを減らし、少ないチャンスをモノにするのが1次Lを突破する唯一の方策ではないか。

◆セルジオ・ハンジェル 1971年5月21日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。46歳。93年に日刊紙「オ・エスタード・デ・サンパウロ」に入社し、97年から日刊紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」運動部に勤務。

W杯は02年日韓から4大会連続で、五輪は12年ロンドン、16年リオを取材。

11/12(日) 5:56配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000220-sph-socc
この記事の続きを読む

槙野、"ブラジル代表から得点した英雄リスト"に名を刻む

槙野

この記事の続きを読む

サッカーのビデオ判定っていらんだろ、ゴミシステムだわ

ビデオ判定

この記事の続きを読む

シュート外してヘラヘラ笑う浅野←これ見て思ったわ

浅野

この記事の続きを読む

【悲報】ハリル「後半は我々がブラジルに勝っていた」

1: Egg ★ 2017/11/10(金) 23:10:40.84 ID:CAP_USER9
ハリル日本代表は10日に国際親善試合でブラジル代表と対戦し、1−3で敗れた。

試合後のインタビューに応じたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「残念な前半だった」と3失点を喫した前半の戦いに悔しさをにじませた。

一方で、槙野智章のゴールで1点を返すなど、流れを取り戻した後半については手応えを感じている。

「後半勇気づけられた。後半だけを見れば我々が勝っていた。そう考えなければいけない」

日本代表は14日にベルギー代表と対戦する。

サッカーキング 11/10(金) 23:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00667247-soccerk-socc
この記事の続きを読む

日本、ブラジルに1-3で完敗・・・槙野が意地のヘディング弾

1: 豆次郎 ★ 2017/11/10(金) 22:56:48.32 ID:CAP_USER9
槙野ゴール国際親善試合
フランス/スタッド・ピエール・モーロワ

【結果】
日本 1−3 ブラジル

【得点者】
10分 0-1 ネイマール(ブラジル)
17分 0-2 マルセロ(ブラジル)
36分 0-3 ガブリエルジェズス(ブラジル)
63分 1-3 槙野智章 (日本)

先発
GK 1 川島永嗣
DF 5 長友佑都(Cap)
DF 20 槙野智章
DF 22 吉田麻也
DF 19 酒井宏樹
MF 17 長谷部誠 → 森岡亮太
MF 16 山口蛍
MF 2 井手口陽介 → 遠藤航
FW 15 大迫勇也 → 杉本健勇
FW 8 原口元気 → 乾貴士
FW 11 久保裕也 → 浅野拓磨

https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/score/2017/2017111001_m.html
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索