柴崎よ、スペイン人はこれくらい普通なんだぞ

ぴけぶら

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【正論】セルジオ越後「試合に出てない海外組が代表に呼ばれるのはおかしいだろ」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 11:52:34.17 ID:CAP_USER9
 いつも言っていることだけど、プロの選手は試合にセルジオ越後出てなんぼ。たとえ欧州の名のあるクラブに所属していても、出場機会を得られない状態が続けば、確実に“試合勘”は失われる。そうなったときに新天地を求めるのは当然の判断。そして、その新天地がJリーグのクラブであっても何も悪いことじゃない。

 欧州の冬の移籍市場が閉じた。昨夏に加わったスペインの強豪セビージャで試合に絡めていなかった清武が、古巣のC大阪へ移籍した。欧州から日本に戻ることを“失敗”と見る向きもあるし、本人も悩んだだろうけど、僕はいい決断をしたと思う。大賛成だよ。約7億円の移籍金を支払ったC大阪も頑張ったね。

 C大阪には、以前に欧州から復帰した山口、柿谷もいるし、彼らと共にJリーグを盛り上げてほしい。(中村)俊輔が加入した磐田との今季開幕戦ががぜん楽しみになってきた。

 また、3月下旬にはW杯アジア最終予選の重要な2連戦(UAE、タイ戦)がある。清武はC大阪の入団会見で「Jリーグで結果を残せば、また(日本代表に)呼ばれると思う」と話していたけど、ぜひそうなってほしい。

 これまたいつも言っていることだけど、欧州の有名クラブに所属しているというだけで、試合にあまり出ていなくても日本代表に招集され、コンディションが悪いにもかかわらず、当然のように試合に出られるなんておかしなこと。清武本人もそうした状況に疑問を感じていたんじゃないかな。

 だからこそ、彼のJリーグ復帰には大きな意味がある。本田、岡崎、香川ら所属クラブで苦戦しているほかの欧州組も、清武の決断には感じるところがあったはずだ。

(以下、略)

週プレNEWS 2/16(木) 11:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170216-00080215-playboyz-socc
この記事の続きを読む

サッカーってキーパーが3mくらいあれば点入らなくね?

ゴール

この記事の続きを読む

どうしたメッシ!?CLでの酷いパフォーマンスっぷりが話題に

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 20:58:53.81 ID:CAP_USER9
良いところがなく メッシ

 試合前は相性の良いウナイ・エメリ率いるチーム相手に何点奪うのかと期待されていたバルセロナFWリオネル・メッシだが、今回は何もできなかった。

 試合前は相性の良いウナイ・エメリ率いるチーム相手に何点奪うのかと期待されていたバルセロナFWリオネル・メッシだが、今回は何もできなかった。

 バルセロナは14日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGと対戦し、まさかの0-4で大敗した。中でもメッシのパフォーマンスは酷いもので、英『Daily Mirror』はメッシの信じられないデータを取り上げている。

 この試合でメッシはやや下がった位置でボールを受ける機会もあったが、指揮官のルイス・エンリケはこの判断について「メッシが上手くボールに絡めていないと思ったからシステムを変えた」とコメントしている。しかしその効果は発揮されず、メッシはこの試合で28本しかパスを出していない。これはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンよりも少ない数字だ。

 さらにメッシはこの試合で1度もペナルティエリア内でボールに触れていない。同メディアも信じられないスタッツと伝えており、これまでの監督キャリアでバルセロナ相手に勝率4・3%だったエメリ率いるチーム相手に大敗したことも含めて驚いている。

 メッシはボールに絡む機会が少なかっただけでなく、中盤でのボールロストからPSGの2点目に深く関わってしまった。これほどボールをあっさり奪われるメッシも珍しく、それに合わせるかのようにルイス・スアレスも元気がなかった。

 2ndレグで奇跡の逆転劇を起こすにはメッシが全く違うパフォーマンスを見せる必要があるが、史上最高の選手とも言われる男はホームで復活できるか。

theWORLD(ザ・ワールド) 2/15(水) 20:50配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010030-theworld-socc
この記事の続きを読む

【悲報】柴崎、ホテルの部屋に引きこもる

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 14:55:34.21 ID:CAP_USER9
 テネリフェに移籍したMF柴崎岳には「不安障害」の柴崎報道が出るなど、チームのトレーニングに参加できない状況が続いている。地元ラジオ局「ラジオ・マルカ・テネリフェ」は、クラブのゼネラル・ディレクターを務めるビクトル・ペレス・ボレゴ氏が、柴崎の適応について展望が立っていないことを明かしたと報じている。

 同局の取材によると、コンディションが整わない柴崎は生活拠点となっているホテルの部屋からほとんど出ない状況で、現在もトレーニングに参加できていないという。こうした状況を受けて、ボレゴ氏が報道陣の取材に応じた模様だ。

 「ガクにとって文化、食事面、1日のスケジュールなどの変化は過酷なものになっている。また言語の問題でも、良くない影響を及ぼしている」

 自身にとって初の海外移籍、それもテネリフェの本拠地はアフリカ大陸近くのカナリア諸島ということもあり、日本とは大きく異なる環境への適応に苦しんでいることをボレゴ氏も認め、「誰もが適応までどれくらいかかるか、知ることはできない」とした。「我々は適応に向けて難しい状況に直面している」としつつ、クラブと柴崎双方にとって良い方向へ向かうことを期待しているという。

 クラブ幹部も心配する柴崎の状況。とにかく今はコンディションを回復させ、練習場に立つ段階を目指すことが、新天地デビューに向けた第一歩となるのは間違いない。

Football ZONE web 2/15(水) 11:25配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00010007-soccermzw-socc
この記事の続きを読む

欅坂46影山さん「サンフレのベストイレブン選んだよ!」→叩かれる

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:18:45.80 ID:CAP_USER9
 私のサッカーのルーツは両親です。父は昔から景山さん日本代表の試合になると、アウェーゲームまで応援しに行くほどのサッカー好きでした。母も一緒に試合についていくうちに好きになったそうで、物心ついた時から影山家にはサッカーがありました。どんなことがあっても、サッカーの話をすればみんなが笑顔になる――。私や家族にとって、サッカーは本当に大きな存在です。

(以下、略)

 今回、この場をお借りして、大好きなサンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを私なりに選ばせて頂きました。

【影山優佳さん選出のサンフレッチェ広島歴代ベストイレブン】
(システム:3-4-2-1)
GK:西川周作(2010〜13)
DF:田中マルクス闘莉王(2001〜02)、千葉和彦(2012〜)、森脇良太(2004〜05、08〜12)
ボランチ:サンパイオ(2003〜04)、青山敏弘(2004〜)
ウイングバック:槙野智章(2006〜10)、ミキッチ(2009〜)
シャドー:久保竜彦(1995〜2002、08〜09)、佐藤寿人(2005〜16)
センターフォワード:浅野拓磨(2013〜16)

 GKは絶対的な守護神の西川選手です。スーパーセーブに加えて、ロングフィードで攻撃の起点にもなっていて、チームプレーの中でも重要な役割を担ってくれるんじゃないかなと。一般的に、GKは手でボールを掴むイメージのポジションですが、足もとの技術も高くて、全身を使ってプレーする姿が凄いなと思います。

 3バックはリベロに闘莉王選手、ストッパーに千葉選手と森脇選手を選びました。闘莉王選手は在籍期間は長くなかったですが、空中戦に強くて、ロングボールもしっかりと撥ね返してくれる。溢れんばかりの闘志で、最終ラインを統率してくれると思います。千葉選手と森脇選手は、実は私がサンフレッチェ広島を好きになるきっかけとなったふたりです。『やべっちF.C.』の「デジっちが行く!」のコーナーで、一発芸をしたりしてチームを盛り上げていたのが印象的でした。とても面白くて大好きなんですが、キャラクターだけではなく、ふたりには得意のビルドアップでも活躍してほしいです。

 ウイングバックは左が槙野選手、右はミキッチ選手です。槙野選手はサイドを駆け上がる攻撃参加と、守備でも仕掛けてきた相手を前線で止めているイメージがあるので、ディフェンダーですが、サイド(ウイングバック)に置きました。ミキッチ選手はスプリント能力が素晴らしくて、突破からクロスという確固たる攻撃の形があります。ぜひ、私が選んだチームでも、サイドの攻防を制して、攻撃の中心になってくれると信じています。

http://news.livedoor.com/article/detail/12674807/
この記事の続きを読む

サッカーとかスポーツを録画する奴なんているの?何のために録画してんの?

TV

この記事の続きを読む

なんで明石家さんまってサッカーファンに嫌われてんの?

さんま

この記事の続きを読む

【動画あり】アヤックスDF、負傷した味方を囮に使ってドリブル突破し批判殺到www

1: 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 03:02:45.76 ID:CAP_USER9
 アヤックスに所属するオランダ代表DFのヨエル・フェルトフェルトマンマンが試合中に見せた、スポーツマンシップに反する“トリックプレー”に非難の声が集中している。

 本拠地で行なわれたエールディビジ22節のスパルタ・ロッテルダム戦(○2-0)に右サイドバックとして先発したフェルトマンが、その物議を醸すプレーを見せたのは、アヤックスが2点をリードしていた52分のことだった。

 左サイドでボールをキープした味方FWのベルトラン・トラオーレが、前線へ走り込もうとしたところで相手DFと接触。主審の笛は鳴らずプレーは続行されたが、トラオーレは立ち上がることができずにしばらくの間ピッチに倒れ込んだ。

 右サイドの高い位置でボールを受けたフェルトマンはトラオーレを気遣った素振りを見せて動きを緩めると、対峙相手のイバン・カレーロに対して左の手でプレーの制止を要求。しかし、フェルトマンは、カレーロが足を止めてボールから視線を外した次の瞬間にドリブルを再開すると、ゴール前へクロスを供給したのだ。

 結果、クロスボールはDFにクリアされて得点には至らなかったが、チームメートの負傷を「おとり」に使い、相手を騙したプレーに批判が殺到している。

 英国の高級紙『テレグラフ』は、「フェルトマンは史上最もスポーツマンらしくない戦略を生み出した」と酷評。さらに英紙『デイリーメール』もこの前代未聞の“おとり作戦”を「衝撃的なプレー」と綴っている。

 この試合がアヤックスとオランダ代表のレジェンドでヨハン・クライフなどともプレーし、2月11日に他界したピート・カイザーの追悼試合でもあったことからも、さらに悪印象が強まってしまったようだ。

 クラブで副キャプテンを務めるなど人格者としても知られるフェルトマン。地元メディアの『メトロニュース』の取材に対して次のようにコメントし、強気に振る舞っている。

 「あれはトリックさ。ベルトランが倒れているのを見て、これを利用しようと思った。もちろん褒められるようなプレーではないのは分かっているけど、あれはトリック以上の何ものでもないよ。あのクロスからゴールが生まれていたら?ゴールはゴールさ」

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12668346/
この記事の続きを読む

DAZNのジェームズCEO「Jリーグファンを2000万人に増やしたい」→叩かれる

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 20:19:48.39 ID:CAP_USER9
 Jリーグは、2月25日からの開幕に向けたメディア向けジェームズCEOイベント「2017 Jリーグ キックオフカンファレンス」を開催。今季からJリーグの生中継配信を行う映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」のジェームズ・ラシュトンCEOも駆けつけ、サービスの狙いやJリーグの魅力を改めて語った。

 ジェームズCEOのスピーチは、Jリーグの中西大介専務理事とのトークセッションという形で展開。これに先立ちあいさつに立ったJリーグの村井満チェアマンが「(今年で25年目を迎える)Jリーグの次の25年を作る頼もしいパートナー」と述べ、中西氏も、パフォームグループがイギリスの企業であることにかけ「シェイクスピアよりチャーチルよりも大事なパートナー」と、大きな賛辞を持ってジェームズ氏を紹介した。

 そのジェームズ氏は日本のファンはスポーツに対する情熱が高いこと、各チームの戦力が拮抗していて多くのチームに優勝の可能性があることなどがJリーグの魅力だとし、「とても大きなポテンシャルがJリーグにはある」とコメント。パフォームグループとしてJリーグに大きく投資をすることで「現在Jリーグには1,000万人のファンがいるが、それを1,500万人、2,000万人へと広げていきたい」と語る。

(以下、略)

2017年02月13日
http://www.phileweb.com/news/d-av/201702/13/40537.html
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索