237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/31(火) 10:31:52 ID:+IA2lYrr0
実力的に中村俊輔が本田に劣っているとは俺は全く思わない
特に中村俊輔の経験、キックの精度、FKは本田を陵駕していると思う

ただ、本田はフィジカルを活かして自分からPA内に入って勝負出来るが
中村はフィジカルが弱く自分ではPA内に入ってシュートを打てない

このプレイスタイルの差が、同格以上が相手で攻撃にあまり多くの人数を掛けられないW杯では
戦術的な面で決定的な差を生じさせることになる

中村俊輔を守備免除で使っている限り、攻撃の枚数、PA内に入っていく選手の枚数が足りなくなる
かと言って中村に守備的なタスクを課してしまうと、競り合いで勝てず寄せが遅く守備の穴になる
特に主導権を握られる同格以上が相手の試合では、その守備の穴を徹底的に突かれてしまう
また、機動力の乏しい中村の場合、守備をしながら攻撃にも参加するという攻守の切り替えが出来ない

だが、同格以下が相手のアジアでは、中村俊輔は武器になる
アジア内なら中村俊輔の個人技も通じるし、中村に守備免除させつつ攻撃に人数を掛ける余裕がある
そして、何と言っても、中村俊輔のアジアでの圧倒的な経験と実績、これは間違いなく本田にはない武器だ

本田や長谷部中心ではアジアを勝ちきれず、中村俊輔が代表に復帰して
アジア予選の救世主になる可能性は高いと思う