ワールドカップ


日本がW杯で決勝T進出したら相手はイングランドかベルギーだと思うけどさ

GL

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

4年前の「ブラジルW杯GL組み合わせ抽選会」の時の2chねらーの反応wwww

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/12/07(土) 02:16:46.40 ID:???0
GL組み合わせFIFAワールドカップ ブラジル2014
グループステージ組み合わせ

◆ A組
ブラジル、クロアチア、メキシコ、カメルーン

◆ B組
スペイン、オランダ、チリ、オーストラリア

◆ C組
コロンビア、ギリシャ、コートジボワール、日本

◆ D組
ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア

◆ E組
スイス、エクアドル、フランス、ホンジュラス

◆ F組
アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア

◆ G組
ドイツ、ポルトガル、ガーナ、アメリカ

◆ H組
ベルギー、アルジェリア、ロシア、韓国

大会開催期間 2014年6月12日(木)〜7月13日(日)
http://www.fifa.com/worldcup/final-draw/draw.html
この記事の続きを読む

リッピ氏「強豪国は予選免除でW杯に出場させるべき、欧州8チームと南米8チームだ」

1: Egg ★ 2017/12/04(月) 22:05:28.38 ID:CAP_USER9
リッピ中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督は、母国のイタリア代表がロシア・ワールドカップ(W杯)で予選敗退に終わったのは異常事態であるとして、伝統国は予選なしで本大会に出場できることが望ましいという主張を展開した。

中国『PPTV』に語ったとして、英メディア『フォー・フォー・ツー』などが伝えている。

リッピ監督が率いた2006年大会も含め、W杯で4度の優勝を誇る伝統国イタリアだが、ロシア大会予選ではまさかの敗退。スペインと同居したグループを2位で終えたことでプレーオフに回り、そこでスウェーデンに敗れての敗退となった。

欧州ではイタリアのほか、オランダも予選敗退に終わった。「イタリアとオランダがW杯予選突破を逃すというのは、きわめてあり得ないはずのことだ」とリッピ監督は話している。

「そういう事態を避けるという意味で、FIFAが計画している48チームへのW杯拡大は道理にかなっている」と同監督は述べ、「欧州の8チームと南米の8チームは自動的にW杯に出場できるようにするべきだと思う」と主張した。

「そういった強いチームがいないW杯は不完全なものだ。伝統的な強豪国がW杯の歴史を築いてきたという事実は尊重しなければならない。アルゼンチンも最終節で予選突破だった。(リオネル・)メッシのいないW杯が想像できるだろうか」

W杯は2026年大会より出場国が48チームに拡大されることが決定している。2002年大会以降予選を突破できていない中国代表については「2026年には出場できることを願っている。私はその時82歳だ。だが予選突破が2030年になったとしても、杖をついてでも祝福するつもりだ」とリッピ監督は話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00244687-footballc-socc
この記事の続きを読む

【おそロシア】日本vsセネガルのスタジアムがヤバ過ぎる・・・

1: pathos ★ 2017/12/04(月) 19:18:08.18 ID:CAP_USER9
エカテリンブルク・アリーナ2018年夏に開催されるサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)で、日本対セネガル戦などが行われるエカテリンブルク・アリーナ(Yekaterinburg Arena)は、両ゴール裏で観戦する観客が、スタジアムの外の空き地に張り出した仮設スタンドから試合を見つめることになる。

収容人数が国際サッカー連盟(FIFA)の基準を満たしていなかったため、仮設スタンドが建設されることになったのだが、増設部分はピッチから遠い上、屋根もないため直射日光や雨には無防備。さらに、不幸にも仮設スタンドの最上段のチケットしか入手できなかった観客は、円形の屋根の外側から直接外を見下ろすことになる。

英紙ガーディアン(Guardian)は困ったようにスタジアムそのものが「宇宙」から来たようだと表現。米紙USAトゥデー(USA Today)は「こんなに恐ろしいものは見たことがない」と悲鳴を上げている。

ところが、建設を請け負った会社には、この42メートルの高さの仮設スタンドがなぜか魅力的に見えているようだ。会社の総責任者は「大きな国際大会を開催するスポーツ施設では、ごく当たり前のやり方です。それに、スタジアムは市の中心部にありますから、エカテリンブルク(Yekaterinburg)を一望する絶景が楽しめますよ」と話している。

さらにこの責任者は、仮設スタンドは「高い柵」で囲うので落下の心配はまったくないとしている。スタジアムはW杯に合わせて3万5000人規模に拡大されるが、大会が終わった後は仮設スタンドが撤去され、2万7000人収容に戻るという。

(中略)

建設会社によれば、スタジアムは11月末時点で「90パーセント」出来上がっていて、2017年中には工事が完了するという。

エカテリンブルク・アリーナで開催されるのは、以下の4試合となっている。

6月15日 エジプト対ウルグアイ

6月21日 フランス対ペルー

6月24日 日本対セネガル

6月27日 メキシコ対スウェーデン

http://www.afpbb.com/articles/-/3153961?cx_part=topstory
この記事の続きを読む

ポット1ってブラジルドイツみたいな"3勝が堅いチーム"が来た方が良かったんじゃね?

ブラジルドイツ

この記事の続きを読む

コロンビア監督「俺は日本知ってるぜ!遠藤!香川!長友!岡崎!そして本田だ!」

1: 動物園φ ★ 2017/12/03(日) 21:10:10.85 ID:CAP_USER9
ペケルマン監督日本代表は来年6月19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で、南米の強豪コロンビア代表と対戦することになった。同代表を率いるホセ・ペケルマン監督は、グループHについて「均衡したグループ」と分析する一方、日本代表で挙げた要注意人物の大半が最近の代表チームから落選しており、ノーマークぶりを露呈した。コロンビア紙「エル・エスペクタドール」が報じている。

かつて日本代表の監督候補にも名前が挙がった知将は、ライバルについての考察も述べている。

「ポーランドは久しぶりにW杯に戻ってきた。レバンドフスキ、ジエリンスキという選手もいる」と語り、バイエルンのエースFWロベルト・レバンドフスキ、ナポリMFピオトル・ジエリンスキの名前を挙げた。

そして、2014年ブラジルW杯グループリーグ最終戦で4-1と快勝した日本については、真っ先にすでに代表から離れて久しいある司令塔の名前を挙げている。

「日本についてはすでに知っている。エンドウ、カガワ、ナガトモ、オカザキ、そしてホンダだ」

同紙もこのコメントを受けて、ガンバ大阪に所属するMF遠藤保仁と紹介しているが、希代の名司令塔は15年1月のアジアカップを最後に、代表から遠ざかっている。さらにドルトムントMF香川真司、レスターFW岡崎慎司、パチューカFW本田圭佑はいずれも11月の欧州遠征でメンバーから外れており、厳密にはインテルDF長友佑都だけがハリルジャパンの現メンバーとなる。日本代表に関するデータは、14年W杯当時から未更新のままなのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00010018-soccermzw-socc
この記事の続きを読む

小柳ルミ子、日本の対戦国の警戒選手を分析!2chでは絶賛の声

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/02(土) 22:50:05.11 ID:CAP_USER9
小柳ルミ子芸能界有数のサッカー通として知られる歌手小柳ルミ子(65)が、2日放送のテレビ朝日系「サタデーステーション」(土曜・後8時54分)で、ロシアW杯での日本と対戦するポーランド、コロンビアの要注意選手を挙げた。

ポーランドで警戒すべき選手はFWレバンドフスキ(29)=バイエルン=を挙げた。

「フリーにしないこと。『ここから打ってこないだろ』というのは絶対にダメ。シュートレンジが広いんですよ」と指摘した。

またコロンビアからはFWハメス・ロドリゲス(26)=バイエルン=だけでなく、MFクアドラード(29)=ユベントス=を名を挙げた。

「すごいエグいシュートを打つ。うまいし。とにかくエリア付近まで運ばせないというのが大事。まだ大丈夫だろ、ここはパスするだろ、そのうち止めればいいだろ。というのは絶対にダメ」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000291-sph-ent
この記事の続きを読む

【絶望】韓国、死のグループへwwwwwwwwwww

グループF

この記事の続きを読む

ポーランド紙、対戦国分析で日本をまさかの完全スルー・・・眼中にない模様

1: 数の子 ★ 2017/12/02(土) 03:00:38.09 ID:CAP_USER9
ポドルスキロシアW杯のグループリーグ組み合わせ抽選会が現地時間1日に行われ、日本代表はグループHでポーランド、セネガル、コロンビアと同居することになった。

しかし、4ヶ国の中で最もFIFAランキングの高いポーランドにとって、グループ内最弱の日本は眼中にないのかもしれない。イギリスの本拠地を置くポーランド語新聞『ポリッシュ・エクスプレス』はモスクワで行われた抽選会の結果についての記事で、グループのライバルたちに言及した。

同紙はポーランドが「割り当てられた運命」としてセネガル、コロンビア、日本を挙げた。

初戦の対戦相手であるセネガルについて「ワールドクラスのスターが欠けている」と分析。そして「最大のスター選手が守備的MFのシェイク・クヤテ(ウェストハム)である事実が最もいい証拠」と、格下であることを強調した。

第2戦で対戦するコロンビアについては「最も危険なライバル」と警戒している。FIFAランキングが13位て自分たちとそう変わらないこと、近年の南米大陸での好成績、攻撃的なスタイルを理由に挙げている。

さらに「フアン・クアドラード(ユベントス)とラダメル・ファルカオ(モナコ)はヨーロッパの舞台で輝いているが本当のスターはハメス・ロドリゲスだ。ブラジルW杯の得点王はレアル・マドリーへ移籍して少し後退したが、ロベルト・レバンドフスキと同等の選手であることに疑いは全くない」と、ポーランドの絶対的エースストライカーと同じバイエルン・ミュンヘンに所属するスーパースターが鍵になると見ている。

コロンビアについては爆発的な攻撃力を持つチームが揃っているロシアW杯南米予選で18試合19失点だった、卓越した守備力も見逃せないと記されている。

ここまでの2ヶ国は具体的な選手名も挙げて紹介されていた。だがグループリーグ最終戦で対戦する日本についてはまさかの言及なし。記事内では日本について一切触れられていない。現在FIFAランキング7位のポーランドにとって、50位以下、55位の日本は7ヶ月後も眼中にないということかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00244208-footballc-socc
この記事の続きを読む

日本の入ったグループHのFIFAランクをJ順位表換算した結果wwwww

キヅール

この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索