ワールドカップ


黄金世代って何でドイツW杯で1勝もできなかったんだろうな、人材豊富だったのに

中田

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

カタールって一度もW杯に出場せずに開催国になるとか、史上初だろ

カタール

この記事の続きを読む

今更だけど、何で日本人ってW杯の後ゴミ拾いしてたの?

ゴミ拾い

この記事の続きを読む

【悲報】日本代表、プレーオフに回る可能性が高まる

イラク戦

この記事の続きを読む

【謎采配】ハリルはなぜイラク戦で乾を使わなかったのか?

乾

この記事の続きを読む

セルジオ越後「直接対決を残す日本は追い込まれた状況だな、メンバー編成も問題ありだ」

1: ラッコ ★@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 07:30:17.59 ID:CAP_USER9
セルジオ越後2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選が13日に行われ、イラク代表と日本代表が対戦。8分に大迫勇也のゴールで日本が先制したが72分に失点を喫し、1−1のドローに終わった。

試合後、『サッカーキング』ではサッカー解説者のセルジオ越後氏に話を聞き、試合を振り返ってもらった。

「残り2戦がホームのオーストラリアとアウェーのサウジアラビアということを考えれば、この2チームへの優位性を持つために、イラク戦は大一番だった。その大一番に向けて、なぜ使うつもりのない選手を呼んだのか。加藤(恒平)は中盤の選手。中盤にケガ人が続出していたのに、結局ベンチメンバーにも入れず、レベルが足りないと判断したのなら、なぜ連れて行ったのか。山口(蛍)はケガを抱え、今野(泰幸)は病み上がりで本来のパフォーマンスではない状態だったのに、計算できなかったのか。代表というものは試しに呼んでみる、という場ではないはずだ。それをこの大一番でやったということは理解しかねるね」

「今回のメンバー編成には監督の甘さが出たのではないか。ケガ人が多発したが、代表にはつきもので言い訳にならない。何とかやり繰りをしたようだが、果たして海外チームの選手たちは早めに合宿も組んだ中で、コンディション調整の部分でうまくやれていたのか。これは監督に加えてスタッフの責任でもある。例えば久保(裕也)はシリア戦でいいプレーができていなかったし、この試合の前半もらしくないプレーだった。なぜ乾(貴士)を使わないのか。結局、久保は足を痛めて無理した状態のまま、最後までピッチに残さざるをえなくなってしまった。采配も後手でクエスチョンマークだね。監督が何をしたいのか、どうしたいのかがますます見えなくなったよ」

「日本は首位だが、次のオーストラリア戦はむしろなんとしても勝たないといけない試合となった。最終戦は敵地のサウジ戦で厳しい試合になる。相手は日本戦ではない、もう1つの試合で勝ち点を計算できる状況にあるわけだから、この2チームとの試合を残している日本は追い込まれたとも言える状況になった。8月の試合は海外でプレーする選手はシーズンが始まって少し経過した段階で本田(圭佑)や原口(元気)などがどこでプレーしているか、適応できているのか不透明。国内でプレーする選手は夏のJリーグを戦い抜いた上での試合になる。コンディションや状況が不安定な中で迎えるオーストラリア戦も厳しい試合になるよ。監督の判断が大切になる」

サッカーキング 2017年6月14日(セルジオ越後=日本サッカー界のご意見番)
https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20170614/600290.html
この記事の続きを読む

【悲報】ハリル、放心状態「何が起きたかちょっとまだ分かっていない」

1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 23:47:57.76 ID:CAP_USER9
ハリル先制しながらも追いつかれ、すでに予選敗退の決まっているイラクとまさかのドロー決着。日本代表のハリルホジッチ監督は試合後、「ふぅ〜っ」と大きく息を吐くと、「私にとってはちょっとがっかりです」と第一声を発した。

気温37度を超える中、給水タイムも設けられた消耗戦。この日31歳の誕生日を迎え、5試合ぶりの先発となったFW本田の右CKからFW大迫がバックヘッドで決めて前半8分に幸先良く先制した。だが、後半27分にペナルティーエリア内へ持ち込まれたボールをDF吉田がGK川島にキャッチさせようとしたところを詰められ、最後はこぼれ球を叩き込まれて痛恨の同点弾となった。

失点シーンについて「ちょっと混乱があって、何が起きたかちょっとまだ分かっていない」と振り返ったハリルホジッチ監督。「イラクにそこまでチャンスを与えなかったにもかかわらず引き分けに持ち込まれてしまった」と唇をかんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000162-spnannex-socc
この記事の続きを読む

日本、イラクと痛恨の1-1ドロー!大迫先制弾も、後半追いつかれ痛み分け

1: 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 23:19:02.83 ID:CAP_USER9
同点FIFA W杯アジア最終予選第8節 (アウェー)

日本 1−1イラク

▼GK
1 川島永嗣

▼DF
19 酒井宏樹 →21 酒井高徳(76分IN)
22 吉田麻也
3 昌子源
5 長友佑都

▼MF
6 遠藤航
14 井手口陽介 →17 今野泰幸(62分IN)
8 原口元気 →7 倉田秋(70分IN)

▼FW
4 本田圭佑
11 久保裕也
15 大迫勇也

【得点者】
1-0 大迫勇也
1-1 マハディ

https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/score/2017/2017061301_m.html
この記事の続きを読む

オーストラリア「日本負けろ!イラク頑張れ!香川不在でイラクはチャンスあるぞ!」

1: @Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/12(月) 20:05:35.10 ID:CAP_USER9
オーストラリア代表2018ロシアワールドカップアジア最終予選グループBは大混戦となっている。先日オーストラリア代表とサウジアラビア代表の上位対決がおこなわれ、オーストラリアが3−2で勝利。これによって、現在オーストラリア、サウジアラビア、そして日本代表の3チームが勝ち点16で並ぶ結果となっている。

日本は1試合消化が少ない状態だが、大混戦であることに変わりはなく、日本も油断できない状態だ。

その日本は13日にイラク代表と対戦することになっているのだが、その試合を前に豪『The Sydney Morning Herald』は「サッカールーズは日本がスリップしてくれることを期待している」と報じ、イラクとの一戦にオーストラリアとサウジアラビアの両国が注目していることを伝えている。

仮に日本が敗れるようなことがあれば、3チームが勝ち点16で並んだまま最後の2試合を迎えることになる。しかも日本の残り2試合は8月にホームでオーストラリア、最終戦はアウェイでのサウジアラビア戦とライバルとの直接対決になっている。両チームとしては今回イラク相手に日本が躓き、直接対決で叩くというシナリオを描いていることだろう。

同メディアは、「親善試合のシリア戦でドルトムントの香川真司が怪我をしたため、イラク戦には出ない。ハリルホジッチ監督はテヘランでタフな 時間を過ごすことになることが予想される」と伝えており、日本の10番不在がオーストラリアにチャンスを与えることになるかもしれないと見ている。

実際イラクとの戦いは苦しいものになるはずで、楽に勝てるとは考えにくい。オーストラリアやサウジアラビアの想定するシナリオも十分に実現する可能性があるだろう。

日本は彼らとの戦いを有利に運ぶためにもイラク相手に絶対勝たなくてはならないが、 勝ち点を19に伸ばした状態でオーストラリアと戦うことができるのか。ワールドカップ出場へイラク戦は重要なカギを握るものとなる。

6/12(月) 19:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00010025-theworld-socc
この記事の続きを読む

【朗報】2022年W杯が日本開催の可能性!カタールがやらかし開催地変更へ

1: 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/06/11(日) 18:22:50.93 ID:CAP_USER9
ワールドカップサウジアラビアやアラブ首長国連邦など中東6カ国が、テロ組織を支援しているという理由でカタールとの国交を断絶したと発表した。サウジやエジプトなど4カ国はすでにカタールとの交通を遮断し、一部の航空会社はカタールの首都ドーハを発着する便を取りやめている。国際社会を騒然とさせているこのニュースが、サッカー界まで揺るがしている。スポーツ紙記者が言う。

「2022年ワールドカップがカタールで開催されることが決まっているためです。この状態が2022年まで続くとは思えないので、問題なさそうですが、会場となるスタジアムを改修したり新規で建設している最中。国交断絶が続けば資材や労働力の問題で完成が遅れる可能性もあります。また、他にも前々から準備をしなければならないことは山ほどあり、国交断絶が長引けば開催に影響が出てくるはずです」(スポーツ紙サッカー記者)

W杯を開催する国際サッカー連盟はすでにカタールの組織委員会と連絡を取り合っているそうで、中東の行く末を注視しているのは間違いない。ドイツ・サッカー連盟の会長は「テロを支援する国で国際大会を開くべきではない」と表明したとも報じられている。開催地がカタールから変更される可能性はゼロではないのだ。

「カタールがW杯の開催候補地になった時暑すぎてサッカーに向かないと批判されました。視察団レポートでは立候補した予定地の中で最低の評価だったんです。ところがカタールに決まったため、今度は賄賂などの不正があったんじゃないかと疑われました。そんな経緯もあるので開催地が変更される可能性は十分あります。もしそうなった場合、日本で開催されるかもしれませんよ」(スポーツライター)

気温問題が取り沙汰された時、当時の日本サッカー協会会長である大仁邦弥会長は「開催地決定の投票がやり直しになるなら立候補する」と話している。今も「開催できるものならしたい」という意見は協会内にあるという。

「2022年まではあと5年。仮にカタール以外の都市で開催することが決まっても、近年W杯を開催した経験がない都市で開催するのは難しい。スタジアムなどの施設がありませんからね。でも日本なら対応できるんです」(前出・スポーツライター)

もちろん1番いいのは問題が平和的に解決し無事カタールで開催されることだが…。

http://www.asagei.com/82717
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索