ワールドカップ


川口能活「W杯に俊輔を呼んでくれ!」←実際呼んだらどうなるの?

1: Egg ★ 2018/04/21(土) 13:06:52.21 ID:CAP_USER9
川口日本サッカー界最多となる4度のW杯を経験した元日本代表GK川口能活(42=J3相模原)が本紙の直撃に応じ、バヒド・ハリルホジッチ氏(65)の電撃解任で発足した西野ジャパンについて激白した。ブラジルを破り「マイアミの奇跡」と呼ばれた1996年アトランタ五輪で直接指導を受けた西野朗監督(63)の“勝ち運”に期待するとともに、超ビッグネームも含む自身が熱望するサプライズ選手まで明かした。

――ロシアW杯直前でハリルホジッチ氏が監督を解任されて西野監督が就任した

川口:日本サッカー協会はロシアW杯出場を決めた後の成績とかパフォーマンスなどを考え本番を戦う上での展望が見えないということで解任に踏み切ったと思う。チームに何かしらの刺激を与えてチームをよくするために選手を大幅に変更するとか、いろいろな選択肢がある中で監督を代える決断をしたのではないか。

――西野監督とは“神セーブ”を連発したブラジル戦などを戦ったアトランタ五輪では、選手と監督の関係だった

川口:西野さんは(スペイン1部)バルセロナのようなつなぐサッカーというか、美しく勝つサッカーを理想として持っていると思うけど、そればかりに固執しないリアリストの一面を持っている。(理想を捨ててでも)勝つためのプランがあって、そのためにシビアな決断でもできる方。何か勝負運も持っているような感じもする。

――どんな監督力を期待するか

川口:短期間でやるべきことが多いだろうし、難しいタイミングで監督になったと思うのでこればっかりはやってみないとわからない。(W杯に出場する)ほかの国は何年もかけてチームをつくり上げてきているけど、日本はハリルホジッチさんの3年間が一度リセットされた状態になっている。ただ西野さんも勝つために考えていることがあると思うし、状況がよくなってほしい。

――新監督就任でGKの勢力図も変わるか

川口:川島永嗣(35=メス)、中村航輔(23=柏)、西川周作(31=浦和)、東口順昭(31=G大阪)あたりが中心になってくる。そこで誰が出るかは西野さんの判断だけど本番まで時間がない。GK以外のポジションも含めて競争というよりある程度メンバーを決めていかに連係を高めていけるかも大事だと思う。

――自身は2010年南アフリカW杯でサプライズ招集。今回は元チームメートの元日本代表MF中村俊輔(39=磐田)の選出を熱望する

川口:彼とは(横浜Mや日本代表で)ずっとやっていたし、W杯で俊は自分の納得のいくものを得られていないと思うので(もう一度W杯に)出てほしい気持ちはある。

――ほかにも気になる選手はいるか

川口:Jリーグの活躍でいったら札幌のFW都倉賢(31)は勢いを感じる。彼がポンと入ってどこまでできるかわからないけど、そういう選手が選ばれるのも一つの刺激になる。GKだったら林卓人(35=広島)もいい。今は抜群のパフォーマンスを見せてJ1首位の力になっている。僕の希望だけど、Jリーグで活躍している選手が入ってもらいたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000003-tospoweb-socc
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

ブラジルW杯の惨敗、予言されていた・・・

ブラジルワールドカップ

この記事の続きを読む

NHKのロシアW杯テーマソング担当はSuchmosに決定!幅広く支持されるとの評価

1: ちょこぼΨ ★ 2018/04/18(水) 15:26:20.26 ID:CAP_USER9
サチモスNHKは18日、同局の2018年のサッカーテーマソングを担当するアーティストが「Suchmos(サチモス)」に決まったと発表した。

Suchmosは13年に神奈川県で結成された6人組バンド。15年にCDデビューし、2016年に発表した「STAYTUNE」で世間に名を広めた。17年には「THE KIDS」で「第59回輝く!日本レコード大賞」で最優秀アルバム賞を受賞した。

選考ポイントは世代や性別を超え、幅広く支持されるアーティストであり、サッカーの魅力や感動を独特の表現で伝えることができること。彼らの手掛ける楽曲は6月に開幕するサッカーW杯ロシア大会で使用される。楽曲は現在制作中で、5月に発表予定。ボーカルのYONCEは「世界中の視線を集めるピッチはどんな景色だろう。11人とサポーターが燃え上がるボルテージといかしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる。心揺らすチャンスメイクを期待しています」とコメントを寄せた。

近年の同局のサッカーテーマソングは10年「タマシイレボリューション」(Superfly)、11〜12年「君と羊と青」(RADWINPS)、13年「Aoi」(サカナクション)、14〜16年「NIPPON」(椎名林檎)、17年「Weare」(ONE OK ROCK」。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000111-spnannex-ent
この記事の続きを読む

ハリルが解任されたから俺がW杯日本代表23人を選んでみた

日本代表

この記事の続きを読む

もうすぐW杯開幕するのに何でこんなに盛り上がってないの?毎回こんなもんなん?

ロシアワールドカップ

この記事の続きを読む

これ見たらW杯で3ゴール決めてる本田がどれだけ凄いかがよく分かる

本田

この記事の続きを読む

【悲報】日本のW杯対戦国のエース達が揃って絶好調・・・サッカーファンからは悲観の声

1: 豆次郎 ★ 2018/04/02(月) 14:03:40.07 ID:CAP_USER9
レヴァンドフスキサッカー日本代表が2018年3月の欧州遠征で不安を露呈するなかロシア・ワールドカップ(W杯)で戦う3か国のエースがそろってクラブで得点をあげ、3か月後に迫る本番へ絶好調ぶりを見せつけた。

特にバイエルン・ミュンヘン(ドイツ・ブンデスリーガ)のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムント相手にハットトリック。日本からは悲壮感に近い声がもれる。

リーグ1位のバイエルンは2018年4月1日未明(日本時間)に行われた第28節で、ケガのため香川を欠く同3位のドルトムントと対戦し、前半だけで5対0、最終的に6対0で勝利するという一方的な試合を展開した。

エースのレヴァンドフスキは前半5分、スルーパスに抜け出すと難なく流し込んで先制点。前半44分には、左サイドのMFフランク・リベリがゴール前までドリブルでえぐってシュートを打ったこぼれ球に反応。相手DF2人に囲まれながら押し込んだ。後半42分には右サイドからのグラウンダーのクロスに対し、中央で相手の背後をとる動きをしてフリーになり、きっちりゴール。ブンデスリーガを牽引する両クラブの伝統の一戦「デア・クラシカー」で、ハットトリックを記録する大爆発となった。今季は26試合出場26得点という驚異のペースでゴールを量産している。

バイエルンはW杯で日本と戦うコロンビア代表のFWハメス・ロドリゲスもマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍だった。前半14分に左サイドからのマイナスのクロスに2列目からノーマークで飛び出し、正確なシュートでゴール。前半24分は、左サイドに流れてスルーパスを受けると、ダイレクトで正確なクロス。FWトーマス・ミュラーの得点を演出した。さらに前半アディショナルタイムには、ペナルティエリア前で相手DFを引きつけ、ゴール前のスペースに走り込んだリベリの得点をお膳立て。バリエーションの豊富さを物語るように、まったく異なる形で1ゴール2アシストを記録した。

W杯で戦うもう1か国、セネガル代表のエースFWサディオ・マネも調子は上向きだ。所属のリバプール(イングランド・プレミアリーグ)で3月31日の32節、クリスタル・パレス戦に出場。後半4分、ゴール前でスルスルと相手DFのマークを外すと、絶妙のタイミングで左サイドからのクロスを受け、ダイレクトでゴールに流し込んだ。

ライバル国の点取り屋が同時期にゴールを決めたため、日本のインターネット掲示板では、

「今節 マネ大活躍 レヴァ大活躍 ハメス大活躍 日本がボコボコにされる未来しか見えん」
「こんな化け物をWCで抑え込めるイメージがわかないw やばすぎる」
「まさかハメスとレヴァンドフスキと同時に当たる不運な国なんてないやろ ないやろ...」

といった溜め息が漏れていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000004-jct-ent
この記事の続きを読む

W杯で日本応援しないで海外のチームにしか興味ない奴っている?

ワールドカップ

この記事の続きを読む

ハリルジャパンは組織力が糞だからタレント重視で23人選んでみたらいいんじゃね?

1: Egg ★ 2018/03/29(木) 07:00:23.67 ID:CAP_USER9
フォーメーション3月のベルギー遠征で明らかになったのは、今回の招集メンバーではワールドカップ本大会を勝ち抜けないという事実だ。内容も結果もいまひとつで、本田曰く「日本サッカーには(スタイル的に)立ち返れる場所もない」。

縦への速さ、デュエルの強さを求めるハリルホジッチ監督のサッカーがそこまで機能していない以上組織ありきの選手選考は意味がなさそうだ。ならば、タレント重視のメンバー構成で臨むのもひとつの手だろう。以下が予想というより願望に近い23人だ。

GK(3人):川島永嗣、中村航輔、東口順昭
DF(8人):酒井宏樹、内田篤人、吉田麻也、昌子源、槙野智章、植田直通、長友佑都、酒井高徳
MF(6人):香川真司、柴崎岳、長谷部誠、山口蛍、大島僚太、井手口陽介
FW(6人):中島翔哉、清武弘嗣、大迫勇也、本田圭佑、原口元気、乾貴士

もちろん闇雲ではなく、少なくとも経験がある選手を各セクションに配置したい。本田、長谷部、内田、長友、川島のように雰囲気的にどっしりとしたタイプはピッチの内外を問わずチームの混乱時に不可欠だ。

そのうえで、前線4枚には局面打開力に優れたアタッカーを選んだ。今回の遠征で活躍した中島は当然ながら、エイバルで主力の乾、やはりそのシュートセンスは魅力の香川、足もとのテクニックは抜群の清武(コンディション次第だが)あたりは期待感を抱かせてくれる。

このベルギー遠征に限れば、杉本と小林は厳しいと言わざるを得ない。彼らよりもむしろ、マインツでプレーする武藤、レスターの岡崎のほうが戦力として計算できるのではないだろうか。それほど杉本と小林の今回の出来は良くなかったように見えた。

なお、本田はキープ力を買って大迫勇也の控えとした。ワールドカップのアジア最終予選のオーストラリア戦(アウェー)ではCFで先発して、見事なポストプレーから原口の先制ゴールを演出している。よって、非現実的な起用法ではない。

清武を右ウイングの控えにしたのは、ワールドカップのアジア最終予選でウイングをやっていたから。トップ下もこなせる清武は選手層に厚みをもたらす意味でも価値の高いタレントだ。

ポリバレントという点では酒井高も左右のサイドバックに加えてボランチをこなすだけに、その能力は見逃せない。右サイドバックを務めたウクライナ戦のパフォーマンスは確かに酷かったが、では、代わりにSBの控えに相応しい選手は誰になるかと言えば見当たらない。今回出番がなかった車屋にしてもウクライナ戦のような強度の高い試合でどこまでできるかは未知数だ。

どこかルカ・モドリッチ(レアル・マドリ―)を彷彿とさせる大島は中盤で最大のキーマンと見る。マリ戦では負傷交代するまで、最終ラインからボールを引き出し、さらにタイミングのいい縦パスで攻撃にリズムを生み出していた。怪我さえなければ、いずれ日本代表を背負って立つMFになれるはずだ。

今回未招集だった井手口も攻守両面にフル稼働できる能力を見込んでエントリーしたい。G大阪の今野泰幸もその経験と安定感は魅力的だが 若い分伸びしろがあると期待して井手口とした。ボランチに関しては、場合によってはインテリジェンスかつテクニカルな柴崎もボランチで使えるだろう。

ここまで読んで、「こんなメンバーはありえない」という見方もあるはずだ。ただ、どんなメンバーが選ばれるのかさえ分からないのが実情ということだけは強調しておく。とにかくなかなか希望を見出しにくい現状だからこそ、せめてメンバーの顔ぶれだけでもワクワク感を出したい。4年に一度のワールドカップなのだからこの面子で負けたら仕方ないという23人で臨んでもらいたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00037852-sdigestw-socc
この記事の続きを読む

杉山茂樹「ハリルに南アの再現は無理!1週間以内に解任しろ」

1: Egg ★ 2018/03/28(水) 17:46:35.11 ID:CAP_USER9
日本代表ウクライナ戦は1−2に終わった。マリ、ウクライナを仮想セネガル、仮想ポーランドに見立てて戦った2試合を1分け1敗で終えた日本。この両チームはあくまでも”仮想”で、実際の相手はこれ以上に強い。このまま本大会に突入すれば、大苦戦必至。だが、このあと本番出発前に国内で行なわれる準備の試合は、壮行試合を兼ねたガーナ戦(5月30日)に限られる。

これほど希望の光が見えない代表チームも珍しい。試合後のインタビューでハリルホジッチは「マリ戦よりよかった。もう2、3点決めるチャンスがあった」と、強気を装ったが、日本が2、3点決めるチャンスがあったとすれば、ウクライナは5、6点決めるチャンスがあった。

無理のある理屈だ。そうした客観性に乏しい分析を恥も外聞もなく口にするハリルホジッチそのものに、なにより無理を感じる。日本代表監督への信頼感は,本番に向けて失墜した状態にある。

思い起こしたくなるのは2010年南アフリカW杯を戦った岡田ジャパンだ。現在のムードは、その時と同じ。本番に向けて、期待が持てない真っ暗な状態にあるという点で一致する。だが岡田ジャパンは本番で結果を残した。ベスト16入りを果たし、世界のファン以上に日本のファンを驚かせた。

岡田ジャパンは本番直前に、それまでの”脈絡”を無視するかのような大手術を敢行。中村俊輔を外し、本田圭佑を0トップ(1トップ)に据えるなど、布陣を変え、選手を入れ替えることで、チームを土壇場で蘇らせることに成功した。

しかし、ハリルジャパンが岡田ジャパンと同じ道を辿れそうかといえば、答えはノーだ。

岡田武史監督(当時)は、その数か月前に、解任騒動を起こしていた。代表監督をいったん「辞める」といいながら、翌日、「あれは冗談でした」と撤回。
岡田さんへの信頼は、この一件で一気に失われた。岡田さんもまた、針のむしろ状態に自分が置かれていることを強く認識していた。最悪の状況に追い込まれるなかで、南アに向けて旅立っていった。

このままではマズい。なんとかしなければエラいことになる。そんな切迫感が、火事場の馬鹿力(失礼)に繋がったと言ってもいい。

いまのハリルホジッチが当時の岡田さんのような気持ちになれるか。その可能性があるかと言えばノーだ。自分の置かれた状況を客観的に分析する冷静さはないと見る。プライドの高さも災いする。記者会見等で見せる居丈高な態度を見れば、自分を客観視できていないことは一目瞭然。岡田さんのような、恥も外聞もない改革はできないと考える。

(中略)

いま大切なのは、巨大迷路から抜け出すことだ。カオス状態に陥っている現在の混乱を整えることが先決。監督のクビをすげ替えることが、その一番の方策になる。

そのタイミングはいま、この瞬間に限られる。最長でも1週間以内。半月後ではもう遅いとサッカー協会をけしかけたい気分でいっぱいだ。岡田さんは続投して成功を収めたが、ハリルホジッチには無理。2匹目のドジョウは存在しない。サッカー協会の即断こそが唯一の希望。このままでは、日本代表史に汚点として残る、最悪の道を辿ることになるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00010006-sportiva-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索