リーガエスパニョーラ


仮に久保君の代わりにメッシがマジョルカでプレーしてたら降格避けられたと思う?

メッシ
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【悲報】マジョルカ、セビージャに0-2で敗れ降格濃厚…久保君は何も出来ず

1: 名無しさん 2020/07/13(月) 07:03:10.33 ID:A4A9bt4U9
久保君

12日のラ・リーガ第36節、マジョルカは本拠地ソン・モッシュでのセビージャ戦を0-2で落とした。

ヨーロッパリーグ出場権を確保して、チャンピオンズリーグ出場を目指すセビージャをソン・モッシュに迎えたマジョルカ。久保は12試合連続の先発出場を果たし、セビージャ同様のシステムである4-3-3の右ウィングに据えられている。

試合は、互いに消耗が感じられ、ところどころで雑さが見える試合に。その中で主導権を握ったのは地力で勝るセビージャで、一方でマジョルカの久保にはほとんどボールが回ってこず、パスを受けても疲労の影響で前節同様かそれ以上にプレーの精彩を欠いていた。

先制点を決めたのは、セビージャ。39分にペナルティーエリア内でポソのハンドによってPKを獲得し、キッカーのオカンポスがこれをきっちりと決め切った。マジョルカはビハインドを負っても依然低調で、ほとんど存在感がない久保はアディショナルタイム5分にペナルティーエリア内右で頭でボールを折り返したが、これはGKボノにキャッチされている。

後半、マジョルカは51分にこの試合初の決定機を迎える。久保も少し絡んだ左サイドの展開からクチョがヘディングシュートを放ったが、これはボノのファインセーブに遭った。その後には前半と同じくセビージャのゲーム支配が始まり、久保も守備に追われ続ける。

マジョルカは選手交代とともに少しずつ攻勢を見せるようになるが、それでも同点弾を獲得するまでには至らない。そして84分、GKのロングキックからエン=ネシリにシュートを決められて、セビージャにリードを広げられた。

マジョルカのビセンテ・モレノ監督は86分、チャバリアとの交代で、最近の輝かしい存在感をついに発揮出来なかった久保をピッチから下げる。結局マジョルカは、一矢を報いることも出来ぬまま試合終了のホイッスルを迎えて、残留争いで厳しい状況に立たされた。

連勝ならなかったマジョルカは勝ち点を32から伸ばせず、同日に勝利したレガネスに抜かれて19位に順位を落とした。残留圏16位セルタとの勝ち点差は4、翌日にヘタフェ戦に臨む17位アラベスとの差は暫定3となっている。4位セビージャは5位ビジャレアルとの勝ち点差を暫定で9に広げている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/77b43593fbf76f7def6760af460c560277578398
この記事の続きを読む

メッシがリーガ史上初の20G20A達成したけど別に凄くないよな、周りのおかげだろ

メッシ2
この記事の続きを読む

【画像】久保君、遂にリーガ公式ツイッターのヘッダー画像に!しかも独占www

久保君
この記事の続きを読む

久保君、ドリブル突破から今季4ゴール目!マジョルカの残留へ望みを繋ぐ勝利に貢献!

1: 名無しさん 2020/07/10(金) 04:28:02.67 ID:sU/05J1z9
久保君

【マジョルカ 2-0 レバンテ リーガエスパニョーラ第35節】

リーガエスパニョーラ第35節のマジョルカ対レバンテが現地時間9日に行われた。試合は2-0でホームのマジョルカが勝利した。マジョルカの久保建英は先発出場し、今季4点目を記録している。

18位マジョルカは、残留のために勝たなければいけない状況が続く。久保はこの日ももちろん先発。マジョルカはホームで勝ち点3を目指す。

マジョルカは開始早々の2分、久保が右サイドから左足でクロスを入れる。クチョ・エルナンデスの頭にピタリと合うが、シュートは枠の上に外れた。得点には至らなかったが、いい入り方を見せる。

29分には久保が自らゴールを狙う。ペナルティーエリア右手前から左足を鋭く振り抜いた。シュートは枠内に飛んだが、GKにセーブされる。

マジョルカは40分に先制点。右サイドのポソにボールが入ると、久保はエリア右のスペースに顔を出す。ポソのクロスは久保を越えてファー再度へ。クチョ・エルナンデスがヘディングで合わせて1-0となった。

後半は1点差が続くが、終盤に久保が大きな仕事をする。84分、敵陣最前線でボールを持った久保は、味方の上がりをうかがいながら、ボールをキープ。自ら勝負することを選んで縦に運んで右足でシュートを放つと、これはGKがワンハンドでセーブ。こぼれたボールをマジョルカが拾うと、サルバ・セビージャが放ったシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球を久保が左足で押し込み、マジョルカのリードは2点に広がった。

勝利に大きく近づいて安堵するマジョルカ陣営は歓喜。久保はベンチにかけつけてお辞儀パフォーマンスをみせ、仲間と大きなゴールを喜んだ。

久保の3月7日エイバル戦以来となる今季4得点が決まり、マジョルカは2-0で勝利。残留に望みをつなぐ、貴重な勝ち点3を手にした。

【得点者】
40分 1-0 クチョ・エルナンデス(マジョルカ)
84分 2-0 久保建英(マジョルカ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b204e73699eb474679ad7eee9b56e3807fe2c1e
この記事の続きを読む

【朗報】久保君、リーガ直近10試合のドリブル数と成功率でメッシに次ぐ2位を記録

1: 名無しさん 2020/07/08(水) 07:09:08.36 ID:XAwfA+339
久保君

現地時間7月3日に開催されたラ・リーガ第34節で、マジョルカの久保建英は強豪アトレティコ・マドリーとのアウェーゲームに先発フル出場。過密スケジュールが続いているにもかかわらず、これでコロナ中断を挟んで10試合連続のスタメンとなった。

チームは0-3で完敗を喫したものの、日本代表MFは随所に持ち味を発揮。現地メディアから高い評価を受けた。

公式スタッツなどを集計している『Opta』の日本語版ツイッターは7月7日、リーガの直近10試合における、ドリブル数とその成功率を示したランキングを紹介。やはりというべきか、1位はどちらもバルセロナのリオネル・メッシ(ドリブル数102回/成功率54.9%)だった。
 
そして、ともに2位だったのが、他でもない久保だ。ドリブル数は64回とメッシと大きな開きがあるものの、成功率は48.4%(31回)と、世界的名手と比較しても遜色ない数字を残している。

セビージャを牽引する絶好調のルーカス・オカンポスや、久保と同じくレアル・マドリーが保有するヴィニシウス・ジュニオールらのスタッツと比べてみると、この日本の至宝の凄さが分かるだろう。

ドリブルの数だけでなく、成功数でも際立っている久保。とりわけこの10試合は、19歳とは思えないパフォーマンスを披露し続けている。残り4試合で、1部残留に向けて崖っぷちのチームを救うことが出来るか。

『Opta』が紹介したドリブルランキング 
1位:リオネル・メッシ(ドリブル数102回/成功率54.9%)
2位:久保建英(ドリブル数64回/成功率48.4%)
3位:ルーカス・オカンポス(ドリブル数47回/成功率34.0%)
4位:ヴィニシウス・ジュニオール(ドリブル数44回/成功率36.4%)
4位:ファビアン・オレジャーナ(ドリブル数44回/成功率38.6%)
※数字はラ・リーガの直近10試合。順位はドリブル数

https://news.yahoo.co.jp/articles/e9e8a452ce1be0d2bb3914ebf14d20177512a01f
この記事の続きを読む

【朗報】久保君、チームが大敗しても両チーム通じて最高の評価を受けてしまうwww

1: 名無しさん 2020/07/04(土) 09:14:41.25 ID:XExkNR6j9
久保君

ビッグクラブを相手に確かな爪痕を残した。18位マジョルカは3日、リーガ・エスパニョーラ第34節で3位アトレティコ・マドリーとのアウェー戦に臨み、0-3で完敗。その中でMF久保建英は得意のドリブルで相手を苦しめるなど、90分を通して存在感を示した。

リーガ再開後、全試合でスタメン起用されている久保。この日は右サイドでキレのあるプレーを見せ、マッチアップしたDFマヌ・サンチェスを翻弄し続けた。後半17分にはそのサンチェスをベンチに追いやり、代わってDFレナン・ロディが投入された後も右サイドからチャンスを量産。チームは0-3で敗れたが、傑出した個の力で気を吐いた。

スペイン『マルカ』は試合後の採点で久保に対し、両チームを通じて最高タイとなる星3つをつけている。久保とともに星3つを与えられたのは、FWアルバロ・モラタの追加点をアシストしたMFマルコス・ジョレンテだけだった。同じく『アス』も「久保が(アトレティコの本拠地)ワンダで圧倒的なデビュー」と絶賛している。

2試合ぶりの黒星を喫したマジョルカは、残り4試合で残留圏内17位セルタと勝ち点5差の18位。4日に試合を行うセルタの結果次第では、さらに差が開くことになる。久保は好パフォーマンスを維持し、マジョルカの救世主になることは出来るだろうか。


厳しい展開となった一戦だったが、10試合連続先発出場を果たした久保は随所に輝きを放った。42分には、タッチライン際での緩急をつけたドリブルでサウールとホセ・ヒメネスを翻弄。ヒメネスはボールを叩きつけて苛立ちを露わにしている。

そんな久保に対し、『マルカ』は最高評価となる「★3つ」を与えている。マジョルカの他の選手はすべて「★1つ」以下であり、またアトレティコ側でも「★3つ」はマルコス・ジョレンテのみ。いかに19歳の日本代表が高く評価されたかを物語っている。

この記事の続きを読む

久保君、アトレティコ相手に無双!ドリブルで魅せまくる!チームは0-3で敗戦

1: 名無しさん 2020/07/04(土) 06:58:51.08 ID:X4/Q6QFh9
久保君

【アトレティコ・マドリード 3-0 マジョルカ リーガ・エスパニョーラ第34節】

リーガ・エスパニョーラ第34節、アトレティコ・マドリード対マジョルカが現地時間3日に行われた。試合はアウェイのマジョルカが0-3の敗戦を喫した。

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英はこの日も先発に名を連ね、10試合連続の先発出場となった。得点こそなかったものの、得意のドリブル突破でサンチェスやコケを交わすなど好プレーを連発した。

先制したのはアトレティコ。25分、ペナルティエリア右で受けたモラタがセドラルに後ろから倒され、PKを獲得。モラタ自らがPKキッカーを務めるも、レイナがビッグセーブ。最後はセドラルがクリアし、難を逃れた。しかし、VARの介入でPKはやり直し。今度はモラタがきっちり決め、アトレティコが先制に成功した。

1点ビハインドのマジョルカは久保にボールを集める。42分、久保は右サイドでボールを受けると、サンチェスとコケの二人を交わし、右サイドを突破。中央にパスを供給したが、ヒメネスが最後クリア。右CKを獲得するも、得点には繋がらなかった。

前半AT、フェリックスのミスでボールを奪われたアトレティコだったが、ペナルティエリア内でボールを奪い返し、最後はジョレンテのグラウンダーのクロスにモラタがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

後半に入ると、アトレティコのロディ投入により、守備に回る時間が多くなり久保は中々自由にプレーさせてもらえない。すると79分、飲水タイム直後にコケが右足で決め、アトレティコがリードを3点に広げた。

試合はこのまま終了し、マジョルカは0-3の敗戦を喫した。敗れたマジョルカは連勝を逃した。

【得点者】
29分 1-0 モラタ(アトレティコ・マドリード)
45+4分 2-0 モラタ(アトレティコ・マドリード)
79分 3-0 コケ(アトレティコ・マドリード)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9b6b5434d777558b86cf27e25d90ecec20ef83d
この記事の続きを読む

【朗報】久保君、同じ歳の頃のメッシやロナウドと比較しても劣らない事が判明

久保君、メッシ、ロナウド
この記事の続きを読む

久保君、マジョルカの奇跡の残留へ望みを繋ぐ2アシストで5発大勝に貢献

1: 名無しさん 2020/07/01(水) 04:33:07.60 ID:jCQaZX+D9
久保君

現地時間6月30日に開催されたラ・リーガ第33節で、久保建英を擁する18位のマジョルカが8ポイント差で17位のセルタとの残留争い直接対決に臨んだ。

注目の久保は、過密日程にもかかわらず、4-3-3の右ウイングで9試合連続のスタメン出場を果たした。

開始7分、いきなり物議を醸すプレーが起きる。サンティ・ミナに足を掛けられたとして、マジョルカのMFダニ・ロドリゲスが倒れ、レフェリーがPKを宣告。微妙なシーンだったが、5分あまりのVAR検証の末、判定は変わらず。このPKを主砲ブディミルが落ち着いて決めて、幸先よく先制する。

リードを奪ったホームチームは19分、敵MFブルダリッチに持ち込まれ、強烈なシュートを浴びるも、GKレイナが好セーブで防ぐ。この後のCKでもムリージョのヘッドでピンチを招くが、再び守護神が間一髪でかき出した。

24分には、カウンターからクチョのパスを受けた久保がエリア内に持ち込み、DF2人の間からシュート。しかし、GKに正面でキャッチされる。

27分、今度は左サイドの久保からいいタイミングでパスを受けたクチョがエリア内で仕掛け、一度DFに当ったボールを右足一閃。鮮やかなシュートでネットを揺らす。

このシーンではアシストは付かなかったが、迎えた40分だった。右サイドでボールをキープした久保が、オーバーラップしてきたポソに絶妙のパス。これを受けた右SBが左足でゴラッソを叩き込み、3点目を挙げる。
 
後半に入って50分に、アスパスのPKで1点を返されたマジョルカはその2分後、久保→セビージャ→プディミルと渡って4点をゲット。再びリードを3点に広げる。

さらに、60分にも久保のパスを受けたセビージャが強烈なミドル弾を叩きこみ、5点目を決める。5ゴールは今季のチーム最多ゴール。日本代表MFは、これがシーズン4アシスト目(1PK奪取を含めると5アシスト)となった。

83分でお役御免となった久保の4点に絡む活躍もあり、“裏天王山”に5-1の大勝を飾ったマジョルカ。セルタとの差を5ポイントに詰め、奇跡の残留に望みをつなげた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bb49eb0a70be2cc97629701216eb9d506c70c8c
この記事の続きを読む

カテゴリ
月別記事
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索