セレッソ大阪


【悲報】セレッソのACL軽視に海外記者がブチ切れ「追放されろ!」

1: Egg ★ 2018/04/18(水) 18:39:01.14 ID:CAP_USER9
セレッソJ1・セレッソ大阪が、アジア最強クラブを決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)広州恒大戦に、直前のJリーグの試合から先発を10人入れ替えて臨んだことが賛否を呼んでいる。

C大阪は広州恒大に敗れ、他の試合の結果から敗退が決定した。メンバー大幅入れ替えが「ACLの軽視」と映った海外のジャーナリストから「追放されるべき」と非難が飛んだ。一方で、過密日程などを考慮して理解を示す声もある。

C大阪は2018年4月17日ACLグループステージG組第6節、広州恒大(中国)とのアウェー戦に1-3で敗戦。ACLは4チームのリーグ戦(ホーム&アウェーの総当たりで6試合ずつ)を行い勝ち点上位2チームが次のステージに進める方式をとる。G組はもう1試合の結果次第では進出の可能性があったが、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)が済州ユナイテッド(韓国)を破ったことで、広州とブリーラムの進出が決定。C大阪は敗退することとなった。

広州戦のC大阪はメンバーを大幅に入れ替えて臨んだ。直前の試合、14日のJ1第8節・FC東京戦から、不動の守護神GKキム・ジョンヒョンをはじめ、先発10人を変更した。FW柿谷曜一朗やFW高木俊幸ら、主力の多くはベンチにも入らなかった。結果的に、今季Jから3クラブしか出場していないアジア最高峰の大会から早々と姿を消すことになった。

そもそもなぜメンバーを大幅に変えたか。スポーツニッポンの18日付の報道によればユン・ジョンファン監督は「ACLよりJリーグを優先しているのか?」と聞かれ、「今年、ACLよりJリーグに重点を置いているのは事実です」と明言した。主力を休ませたというわけだ。

メンバーを落としたC大阪に、オーストラリアのサッカージャーナリスト、スコット・マッキンタイヤー氏から厳しい批判が飛んだ。ツイッターで17日、「セレッソ大阪はACLを完全に嘲笑している。突破を確実にするためには勝たなければならない試合にもかかわらず、全くのリザーブチームで試合を始めた。大会規約に反しているのになぜ許容されるのか、何度も尋ねた。だが、何の応答もなかった。彼らは追放されるべきだ」(英文を編集部で和訳。以下同)と投稿したのだ。

「選手起用はクラブの自由だろう」という意見には、「いや、それは違う。これはACLの規約だ」と反論し、主催のアジアサッカー連盟(AFC)の大会規約を提示した。そこには、「大会を通して最強のチームで試合をすること」という項目がある。

マッキンタイアー氏は「他のJリーグクラブへの影響」も指摘した。「大会結果は、その国の将来のACL出場枠に大きく関わる」として、「私がACL出場を念願としているJリーグクラブの人間であれば、今の出場クラブがしていることに激怒するだろう」と不満を募らせた。なおオーストラリアはAFCの加盟国だ。

(以下、略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000008-jct-ent
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

鳥栖のフィッカデンティ監督、試合に敗れ日本の審判を批判

1: たんぽぽ ★ 2018/04/07(土) 18:35:37.59 ID:CAP_USER9
柿谷ゴール鳥栖のフィッカデンティ監督が、アウェーでのC大阪戦後に判定に対して怒りをぶちまけた。1―2で敗れた一戦では、後半31分に相手ペナルティーエリア内でハンドと思われるプレーがありながら、PKは与えられず。そのほかにも納得できない判定があった模様で、試合後には通訳を交えてマッチコミッショナーに意見をし続けた。

それもあって、通常ならアウェーチームが先に行われる監督会見はホームのC大阪から始まり、フィッカデンティ監督の会見は約30分遅れで始まった。不満を抱く指揮官は、会見で思っていることを明かした。

「日本という国は全てのことについてルールがリスペクトされている国だと思っていた。全てのルールが適用されていたなら、逆転する展開もあったかもしれない。それとも、日本という国に対する私のイメージが違っていたのかな、と。毎週毎週、我々の試合じゃないところでも判定の問題が起きている。後ろから蹴ったらファウルで、ペナルティーエリアで手を使ったらPK。サッカーのルールは、どのチームに対しても同じルール。私はサッカーの監督をしているが、違うスポーツなんじゃないか、と。選手たちには“今日は自分たちのミスで負けた”と言いました。これが、鳥栖が受ける扱いなら、その中で勝たないといけない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000144-spnannex-socc
この記事の続きを読む

【悲報/定期】清武、スペる・・・開幕戦は絶望

清武

この記事の続きを読む

セレッソ、日本勢唯一のACL白星スタート!水沼が土壇場決勝弾!

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/14(水) 21:41:09.96 ID:CAP_USER9
水沼アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ1節グループG・済州ユナイテッド対セレッソ大阪の一戦が2月14日済州ワールドカップスタジアムで行なわれ、C大阪が1-0で勝利を収め、白星スタートを切った。

C大阪はゼロックス・スーパーカップを欠場したソウザがスタメンに復帰。GKは韓国代表GKのキム・ジンヒョン、DFは右から松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介と入り中盤はボランチに日本代表の山口蛍とソウザ。左MFに清武弘嗣、右MFに水沼宏太、2トップは柿谷曜一朗と杉本健勇の新旧日本代表コンビとなった。

試合は、C大阪が圧倒的にボールを支配。前半途中で70%を超えるポゼッションを誇ったが、済州も堅い守りでゴールを許さない。

試合終盤には、プレーの流れのなかで清武と相手選手がもつれ、両軍が入り乱れて熱くなるシーンも。このプレーで清武と済州のパク・ジンポにはイエローカードが提示された。結局前半は0-0で終了。

後半もボールを支配するC大阪に対して、済州はロングフィードでディフェンスラインの裏に大きく放り込んでくる展開に終始。61分には、C大阪ゴール前に際どいクロスが入ると、飛び込んだGKキム・ジンヒョンに対して、警告を受けているパク・ジンポがアフター気味に足の裏を見せて激突。しかし、このプレーにはイエローカードは提示されず、C大阪のユン・ジョンファン監督も激昂して第4審判に詰め寄るシーンも。

さらにその直後には、柿谷のポストプレーに対して、相手DFが身体ごと掴みかかるようなタックルでファウル。再びユン・ジョンファン監督が声を荒げてアピールすると、バーレーン人主審にたしなめられる一幕もあった。

C大阪は65分すぎ、左サイドでボールを奪うと、杉本、柿谷のパス交換から清武が右足で強烈なシュートを放つ。しかし、これは相手GKの好守に阻まれ、ゴールネットを揺らすには至らない。

終盤に入ると、C大阪のペースも落ち、済州に攻勢を許す時間帯も見られたが、後半アディショナルタイムの93分、途中出場の高木俊幸のシュートのこぼれ球を水沼が押し込み、これが決勝点。C大阪が土壇場で飛び出したゴールで白星スタートを切った。

C大阪は次節(21日)、ホームのヤンマースタジアム長居で広州恒大と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00035690-sdigestw-socc
この記事の続きを読む

【祝】セレッソ大阪、延長を制して天皇杯初優勝!水沼の決勝点で2冠を達成!

1: Egg ★ 2018/01/01(月) 17:20:09.32 ID:CAP_USER9
水沼ゴール天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝

【スコア】
セレッソ大阪 2−1 横浜F・マリノス

【得点者】
0−1 8分 伊藤翔(横浜FM)
1−1 65分 山村和也(C大阪)
2−1 95分 水沼宏太(C大阪)

https://www.jleague.jp/sp/match/emperor/2018/010101/live/#live
この記事の続きを読む

セビージャがセレッソに3発快勝!ボール支配率7割越えで格の違いを見せつける

1: pathos ★@\(^o^)/ 2017/07/17(月) 20:09:40.62 ID:CAP_USER9
セビージャStubHub ワールドマッチ2017

【スコア】
セレッソ大阪 1−3 セビージャ

【得点者】
0−1 42分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)
0−2 55分 ウィサム・ベン・イェデル(PK)(セビージャ)
1−2 80分 福満隆貴(セレッソ大阪)
1−3 90+1分 ルイス・ムリエル(セビージャ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00613951-soccerk-socc
この記事の続きを読む

【悲報】セレッソ清武、今季3度目の離脱・・・2chでは"終わった人"扱いされる

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/06/03(土) 12:38:38.92 ID:CAP_USER9
清武ロシアW杯アジア最終予選イラク戦の日本代表メンバーから外れたC大阪のMF清武弘嗣(27)が右太もも裏の故障のため、4日の新潟戦(金鳥スタ)を欠場することが3日、分かった。

清武はJ1開幕前の2月中旬に右でん部、3月末に左太ももを痛めて戦列を離れており、離脱は今季3度目。5月14日の広島戦と20日の大宮戦で連続ゴールを決めるなど上り調子だったが、またも故障に見舞われた。

清武は2日のチーム練習開始直後に右太もも裏を痛めたとみられこの日の練習は全休。「話すことはないです」と険しい表情で引き揚げた。尹晶煥監督(44)は「大きなけがではないが、明日(の新潟戦)プレーすると大きなけがにつながるかもしれない」と説明。アジア最終予選でJ1は16日まで中断するため、「17日の試合でプレーできるように明日は休ませる」と慎重を期した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000095-sph-socc
この記事の続きを読む

セレッソ快勝に芸スポでは「山村を代表に呼べ」の声多発!

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 17:59:57.13 ID:CAP_USER9
山村◆大宮アルディージャ 0-3 セレッソ大阪
[NACK5スタジアム大宮]

[C]清武弘嗣(63分)
[C]山村和也(76分)
[C]杉本健勇(86分)

https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052006/preview/#live
この記事の続きを読む

セレッソ大阪が鹿島に完封勝利www決勝弾は山村wwwwww

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 17:04:29.02 ID:CAP_USER9
山村[4.8 J1第6節2日目]

◼鹿島アントラーズ 0-1 セレッソ大阪 [カシマ]

[C]山村和也(46分)

8日に明治安田生命J1リーグ第6節が行われ、鹿島アントラーズとセレッソ大阪が対戦した。

雨が降りしきる中キックオフの笛が吹かれた一戦は、両チームとも激しい入りを見せ、得点が簡単に生まれないことを示唆させる展開に。先に攻撃面で顔をのぞかせ始めたのはC大阪。杉本健勇のポストプレーから山村和也がクロスバー直撃のシュートを放ち、スタジアムを沸かせる。

それでも勝者のメンタリティがピッチに立つ11人に染み込む鹿島は、しっかりと受けきり、見せ場も作っていく。しかし、45分間でゴールは生まれることなく、前半はスコアレスで折り返す。

ハーフタイム前からチャンスを生み出し続けていたC大阪の努力は後半開始早々に実る。関口訓充が右サイド深い位置からクロスを上げると、マークを外し、ニアへ飛び出してきた山村が頭で合わせる。ボールはポストに当たりながら、ラインを越えて、ついに試合が動く。

反撃に出たい鹿島だが、ユン・ジョンファン監督仕込みのハードワークで、C大阪の激しいプレスとカウンターに苦しむ。C大阪は72分に丸橋祐介が競り合いで、頭から出血するアクシデントが発生するが、包帯を巻いてピッチに戻ってきて、なおも高い集中力を見せ続ける。

終盤は鹿島がハーフコートゲームを展開し、C大阪を自陣に押し込むが、身体を張った守備の前に決定的なシーンは生み出せず。C大阪が1−0で逃げ切り、3連勝。一方、鹿島の連勝は4で止まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000022-goal-socc
この記事の続きを読む

【悲報】セレッソ清武、J復帰で活躍するかと思ったら大したことなかった

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 17:05:26.31 ID:CAP_USER9
J1第3節清武

札幌 1(終了)1 C大阪 [札幌ド]

[札]都倉賢(73分)
[C]マテイ・ヨニッチ(13分)

http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2764-2764-lv
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索