フランクフルト


【速報】鎌田、アーセナルの監督を解任させるwwwwwwwww

鎌田とエメリ監督
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【動画】鎌田、なんと敵地アーセナル戦で2ゴール!チームの逆転勝利に貢献!

1: 名無しさん 2019/11/29(金) 06:59:17.24 ID:FYIcTOFD9
アーセナル戦で2ゴールの鎌田

ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が28日に行われ、アーセナルとフランクフルトが対戦した。フランクフルトのDF長谷部誠とMF鎌田大地は揃って先発フル出場を果たした。

引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるアーセナルは、16分にガブリエル・マルティネッリに2度の決定機が到来。相手のクリアボールをダイレクトで撃ち返したシュートは相手Gkに弾かれ、続くコーナーキックではヘディングが枠を捉えるも、相手DFにライン上でクリアされた。

攻勢を続けるアーセナルは、前半終了間際に先制点を獲得する。後半アディショナルタイム1分、ピエール・エメリク・オーバメヤンが、マルティネッリのグラウンダークロスにダイレクトで合わせると、シュートは相手GKとクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。

後半開始から2人を投入して巻き上げを図ったフランクフルトは、55分に鎌田のEL初ゴールでに同点に追いつく。鎌田は右サイドのダニー・ダ・コスタからのパスを正面で受け取ると、ファーストタッチでゴール方向に反転。コースを塞ぎに行った相手DFをフェイントでいなし、左足一閃、強烈なシュートをゴール左下隅へと突き刺した。

すると64分、鎌田が2ゴール目を挙げ、フランクフルトが逆転に成功する。コーナーキックのこぼれ球を拾った鎌田は、巧みなトラップから右足を振り抜き、ゴール左下隅へと冷静に流し込んだ。

試合はこのまま終了。フランクフルトは0−3で敗れた初戦の借りを返し、勝ち点を「9」に伸ばして単独2位に浮上した。一方、敗れたアーセナルは今節での決勝T進出を逃すことになった。12月12日に行われるGS最終節では、アーセナルはスタンダール・リエージュと敵地で、フランクフルトはホームでギマランイスと対戦する。

【スコア】
アーセナル 1−2 フランクフルト

【得点者】
1−0 45+1分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
1−1 55分 鎌田大地(フランクフルト)
1−2 64分 鎌田大地(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-01003453-soccerk-socc
この記事の続きを読む

長谷部のフランクフルトが大逆転でELベスト4進出きたああああああ!!

1: オレンジモンキー ★ 2019/04/19(金) 06:05:00.00 ID:BLOG_USER
ゴールしたローデを祝福する選手達ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグが18日に行われフランクフルトとベンフィカが対戦した。

11日に行われたアウェイのファーストレグで2−4の敗戦を喫したフランクフルトは36分、ミヤト・ガチノヴィッチが放ったシュートのこぼれ球にフィリップ・コスティッチが反応。左足で冷静に押し込んで先制点を決めた。

後半に入ると67分、エリア前でアンテ・レビッチのパスからセバスティアン・ローデのシュートが決まり、2点目を手にした。

その後、ベンフィカの猛攻を凌いだフランクフルトが2−0で勝利。2戦合計スコアを4−4とし、アウェイゴール2点を奪ったフランクフルトがベスト4進出を果たした。

準決勝ファーストレグは5月、フランクフルトはスラヴィア・プラハに勝利したチェルシーとホームで対戦する。

【スコア】
フランクフルト 2−0(2試合合計:4−4) ベンフィカ
※アウェイゴール数によりフランクフルトが準決勝進出

【得点者】
1−0 36分 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
2−0 67分 セバスティアン・ローデ(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00929457-soccerk-socc
この記事の続きを読む

キャプテン長谷部のフランクフルト、インテルを1-0で下しELベスト8きあああ!!

1: オレンジモンキー ★ 2019/03/15(金) 06:55:00.00 ID:BLOG_USER
ゴールを決めたヨヴィッチと祝福する選手達ヨーロッパリーグ・ラウンド16セカンドレグが14日に行われ、インテルとフランクフルトが対戦した。

ファーストレグはスコアレスドローに終わった一戦。インテルはマウロ・イカルディが招集外、ラウタロ・マルティネスが出場停止で、ケイタ・バルデが先発した。一方のフランクフルトはアンテ・レビッチが欠場したことを除けばベストメンバーに。2トップはセバスティアン・アレ、ルカ・ヨヴィッチが組み、最終ラインにはアームバンドを巻いた長谷部誠が入った。

試合は開始早々からアウェーのフランクフルトが押し込み、フィリップ・コスティッチがシュートを放ち、こぼれ球がバーに当たるなど決定機を作る。すると5分、ヨヴィッチが相手DFのミスを見逃さず、抜け出してループシュートを沈める。

アウェーゴールを奪ったことで重心をやや後ろに置いたフランクフルトだが、それでもミヤト・ガチノビッチがサミル・ハンダノビッチとの1対1を迎えるなど依然として好機が続く。

前半はホームとアウェーが逆転したかのような試合展開で終える。

前半途中に3バックへと変更していたインテルだが、再び4バックに戻して前に出る。攻撃に枚数をかけられるようになったものの、逆に後方に広大なスペースが空き、ヨヴィッチやコスティッチにシュートチャンスが生まれる。

インテルが押し込みながら決定機を作るのはフランクフルト。数的優位でインテルのペナルティーエリアまで迫るも、疲れからか最終局面でミスが目立ち、勝負を決する2点目を決められない。

それでも、インテルの攻撃を押し返して試合終了。敵地で1-0と勝利し、フランクフルトがベスト8入りを決めた。これで公式戦12試合負けなしとし、優勝候補に名乗り出ている。なお、フランクフルトが欧州のカップ戦でベスト8入りするのは94-95シーズン以来となる。

■試合結果
インテル 0-1 フランクフルト

■得点者
フランクフルト:ヨヴィッチ(5分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00010003-goal-socc
この記事の続きを読む

【驚愕】長谷部、遂に今季のキッカー平均点ランキングで全選手トップに浮上

1: 久太郎 ★ 2019/03/04(月) 22:46:26.57 ID:sHcYH4Bo9
長谷部フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は、ドイツ誌『キッカー』のブンデスリーガ全フィールドプレーヤーを対象とする今季平均点ランキングで1位に躍り出た。

2日に行われたブンデスリーガ第24節のフランクフルト対ホッフェンハイムは、ホームのフランクフルトが劇的な形で3−2の逆転勝利を収めた。この試合でキャプテンマークを巻いた長谷部はMFでフル出場。アディショナルタイムにFWゴンサロ・パシエンシアが決めたチーム3点目の起点になるなど、白星獲得に貢献している。

そんな長谷部のパフォーマンスを『キッカー』はチーム3位タイの「2.5」と高く評価。それぞれ「2」とチーム最高タイのFWセバスティアン・アレール、MFセバスティアン・ローデに次ぐ点数で、MFフィリップ・コスティッチやFWルカ・ヨヴィッチと並んだ。またローデはこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに、コスティッチは第24節ベスト11に選出された。

この評価によって同誌での長谷部の今季平均点は「2.72」に。ボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが1日のニュルンベルク戦で「4」をつけられ、平均点が「2.78」となったため2位に後退。長谷部が、ブンデスリーガで半数以上のリーグ戦に出場した全フィールドプレーヤーを対象とするランキングで1位に躍り出た。

今年1月に35歳の誕生日を迎えた長谷部。今冬にはブンデスリーガにおける“今季前半戦のベストCB”に選ばれたベテランだが、直近のリーグ戦3試合ではリベロではなくボランチでプレーしながら、評価を高め続けている。


【関連記事】
長谷部、ブンデス前半戦のDFランキングで1位にwwwww
この記事の続きを読む

【GIF】キャプテン長谷部がホッフェンハイム戦で魅せた一連の行動が凄過ぎると話題に

1: Egg ★ 2019/03/03(日) 19:52:47.58 ID:ONqeuCu/9
ナーゲルスマン監督と会話する長谷部試合の終盤30分間を、数的不利のなかでフランクフルトの重圧に立ち向かったTSGホッフェンハイム。だがその奮闘も終了間際に力尽き、2失点を喫して逆転負け。

スポーツディレクターを務めるアレクサンダー・ローゼン氏は試合後にインタビューに応じ、敗戦への悔しさと同時に、相手チームで主将を務めた選手に対して批判の言葉を浴びせた。

「サッカーの世界でも大切にされていることがある。私はリスペクトとキャラクターというものを非常に重要にしているのだが、しかし今日は一人の相手選手がもっていなかったようだったね」とコメント。

特に名前をあげるようなことはしなかったが、しかしそれが長谷部誠を指していることは明白だった。「彼はうちの医療スタッフを侮辱していたんだ」

いったい何があったのだろうか?問題の場面は後半80分、ホッフェンハイムのMFナディーム・アミリが数分間に渡ってピッチで治療を受けており、おそらく長谷部はそれが実際には負傷したものではないと思ったのであろう、ブーイングを浴びせるファンと共に、強い苛立ちを示していた。ただアミリは実際に負傷しておりそのまま交代を余儀なくされている。

だがそれだけではない。逆転弾が決まったロスタイム6分では、長谷部はホッフェンハイムのベンチの前で歓喜を表現していたのだ。「みなさんも、3?2となった時のことはご覧になっていただろう」とローゼン氏。

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、スカイに対して「長谷部を知っている者ならば、彼がトップレベルのプロであることは知られていることだ。だがもしもそういったことがあったのであれば、長谷部誠に代わって私が謝罪したいと思う。サッカーで感情的になってしまうのはつきものだ」と語った。

またホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は、「彼はおそらく今晩、ベッドに入って、そして自分がしたことが本当に正しいことなのか考えるだろう。私はキャプテンを務めていたのだから、正しい振る舞いを心がけて欲しかったと思う。しかしそれを彼はなんども見せていないところがあった」と説明。

なお長谷部自身は、試合終了後は通常はミックスゾーンにて、日本のジャーナリストたちとの質疑応答に応じる姿がみられるのだが、しかしこの日はインタビューを受けることなく後にしている。

https://kicker.town/hoffenheim/2019/03/109582.html
この記事の続きを読む

長谷部、ブンデス前半戦のDFランキングで1位にwwwww

1: Egg ★ 2019/01/05(土) 16:42:37.21 ID:CAP_USER9
長谷部元日本代表MFでフランクフルトでは主にリベロとして活躍する長谷部誠。ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が2018-19シーズン前半戦の「ランキング・リスト」を発表し、DF部門でトップに選出している。

34歳にしてますます意気軒高だ。今やチームになくてはならない存在となった長谷部に、下された評価は実に高かった。「キング・ハセベ―フンメルスとボアテングは(ランク)後退」と題して、長谷部の活躍をクローズアップしている。

同誌は、GK、CB、両SB、守備的MF、攻撃的MF、サイドアタッカー、FWの7部門に分けてランキングを発表。評価対象はブンデスリーガだけでなく、CLやEL、代表戦も含まれる。また、ブンデスリーガの試合ごとにも採点も行っており、平均点で長谷部は「2.73」(ドイツの評定は1が最高、6が最低)で見事にDF部門のトップの評価となっている。

記事では「ブンデスリーガ最高のセンターバックはフランクフルトのマコト・ハセベとなった。開幕当初はどちらかというと厳しい状況だった。34歳の日本人選手は、フィジカルに問題を抱えたままW杯ロシア大会からチームに合流。アディ・ヒュッター新監督の新しいシステムの中で居場所を見つけられずにいた」と長谷部が当初置かれていた状況にまず言及。

その上でヒュッター新監督が4バックから3バックにシステムを切り替えたことで、ブンデスリーガで調子を上げ、さらに欧州リーグのグループステージで6戦全勝の快進撃で首位通過したことを伝え、そして長谷部がリベロとして地位を徐々に確立していったことを紹介している。

「そこに大きく貢献したのが、視野の広さ、読みの深さ、適格なポジショニングを見せつけたこの思慮深いベテランだった。こうして、冬のキッカーランキングリストのセンターバック部門でトップにつけることになった」と活躍に拍手を送っている。

63年の歴史を誇るという同誌のポジション別ランキングでNO1評価を勝ち取った長谷部。日本が世界に誇る“キャプテン”が34歳にして、再び大きな輝きを放っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00048127-theanswer-socc
この記事の続きを読む

【驚愕】長谷部、ブンデスNo.1ディフェンダーになっていた

長谷部

この記事の続きを読む

代表引退した長谷部が今一番活躍してる海外組という事実

長谷部

この記事の続きを読む

フランクフルトが30年ぶりのドイツ杯制覇!長谷部はフル出場でバイエルン撃破に貢献!

1: Egg ★ 2018/05/20(日) 05:39:59.43 ID:CAP_USER9
フランクフルト優勝DFBポカール決勝が19日に行われ、バイエルンとフランクフルトが対戦した。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はアンカーの位置で先発出場し、MF鎌田大地はメンバー外。なお、長谷部は、ひじ打ちで出場停止処分を受けていたため、公式戦4試合ぶりの出場となった。

2年ぶりの優勝を狙うバイエルンは、シーズン途中に復帰したユップ・ハインケス監督のラストマッチ。チームを見事に立て直し、ブンデスリーガ6連覇に導いた指揮官を、2冠達成の花道で送り出したいところ。一方のフランクフルトも、ニコ・コヴァチ監督がバイエルンの次期監督に決まっており、これが最後の試合。指揮官を引き抜いた相手を倒しての30年ぶりの大会制覇を目指す。

バイエルンは開始8分、エリア手前のFKでロベルト・レヴァンドフスキが直接狙うが、強烈なシュートはクロスバーに嫌われた。難を逃れたフランクフルトは11分、アンテ・レビッチが敵陣でハメス・ロドリゲスからボールをカットすると、こぼれ球を拾ったケヴィン・プリンス・ボアテングが素早く前線へスルーパス。そのまま走り上がったレビッチがシュートをゴール左隅に決めて、先制点を奪った。

先制を許したバイエルンは25分、レヴァンドフスキがエリア内左に抜け出してシュートを放ったが、これは枠を捉えられず。フランクフルトは44分、マリウス・ヴォルフがヘディングシュートで追加点を狙うが、これは枠の左に外れた。

試合が再び動いたのは後半の53分。ジョシュア・キミッヒがニクラス・ズーレのスルーパスでエリア内右に抜け出し、マイナスに折り返す。これに反応した中央のレヴァンドフスキがゴール右隅に流し込み、バイエルンが同点に追い付いた。

その後も攻勢を続けるバイエルンは69分、キミッヒの鋭いグラウンダークロスを、エリア内中央に走り込んだコランタン・トリソがフリーで受けるが、ここは長谷部の懸命のスライディングに阻まれる。80分にはCKでマッツ・フンメルスがヘディングシュートを放ったが、これもクロスバーに直撃した。

一方のフランクフルトはカウンターで相手ゴールを狙う。80分にはボアテングのスルーパスでレビッチが抜け出しエリア手前からミドルシュートを打つが、わずかに枠の右に外れる。すると直後の82分には、ダニー・ダ・コスタのクリアボールに、レビッチが反応。一気にエリア内へ抜け出し、GKとの1対1で冷静に右足シュートを沈めた。バイエルンはハンドを主張したが、ビデオ判定の結果、ゴールが認められ、フランクフルトが勝ち越しに成功した。

さらにフランクフルトは終了間際、相手CKのこぼれ球を拾ったミヤト・ガチノヴィッチが独走で持ち上がり、無人のゴールに流し込んで勝負あり。フランクフルトが3−1でバイエルンを破り、30年ぶり5度目の優勝で、さらに来シーズンのヨーロッパリーグ本戦出場権も獲得した。なお、長谷部はフル出場で勝利に貢献し、ヴォルスブルク時代にリーグ優勝をした2008−09シーズン以来、9年ぶりのタイトル獲得となった。

【スコア】
バイエルン 1−3 フランクフルト

【得点者】
0−1 11分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1−1 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1−2 82分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1−3 90+6分 ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00760861-soccerk-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索