ブンデスリーガ


【悲報】現在のシャルケが想像以上に悲惨過ぎると話題に…

シャルケ
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【悲報】室屋に「寿司の国」発言でクビになった解説者、何が悪かったのか全く分かってない模様

1: 名無しさん 2021/03/15(月) 01:06:26.16 ID:CAP_USER9
室屋

ドイツ2部のハノーファーに所属するDF室屋成に対するコメントが人種差別的ではないかとして騒ぎになった解説者のヨルグ・ダールマン氏は、ドイツ『スカイ』の解説の仕事から降ろされることが決まった。本人は不当な決定であるとして抗議を行っている。

ダールマン氏の発言が物議をかもしたのは、今月6日に行われたエルツゲビルゲ・アウエ対ハノーファー戦の解説を行っていた時のこと。室屋が決定機を逃したあとに発した、「ハノーファーでの最初の得点になるはずだった。彼の最後のゴールは寿司の国でのことだ」というコメントだった。

日本を「寿司の国」と表現したことに対し、SNS上の一部ファンからは人種差別にあたるのではないかとの声も上がった。ダールマン氏がSNSで反論したことも火に油を注いで騒ぎを大きくし、『スカイ』に対して同氏をクビにするよう求める意見もあった。

ダールマン氏は過去にも選手に対する侮辱的発言などで炎上したことがあり、いずれにしても今季で契約は打ち切られると予想されていた。だが『スカイ』は今季末までとなっていた残りの契約期間にも同氏を起用しないという決断を下した。

ダールマン氏は13日に自身のインスタグラム公式アカウントでメッセージを投稿。「残念ながら終了を受け入れた。スカイは6月の契約満了まで待つことを望まなかった」と、不本意ではあるが決定を受け入れたことを表明している。

だが同氏は、「寿司の国」発言に人種差別的意図がなかったことも改めて主張。「寿司の国というのは日本の別名でしかない。ノルウェーをフィヨルドの国と言うのと同じだ。一部の人がそこに人種差別的背景があることにした。自由なジャーナリズムに対する“ソーシャルヘイター”の勝利だ」と述べている。

ダールマン氏はさらに、「寿司の国」という表現は「数え切れないほど多くの日本人が認めてくれたが、彼ら自身も誇りを込めて使っている。全く人種差別だとは考えていない」と説明。この発言を理由に『スカイ』を離れざるを得なくなるのは「全く良くもないしフェアでもない」としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/548ebcd8a1d3455075b9bde498854194bb4153c7
この記事の続きを読む

長谷部って何が凄いの?ビッグクラブ在籍経験ないしゴールもアシストもないし

長谷部
この記事の続きを読む

【朗報】左足しか使えないと馬鹿にされてた堂安、ブンデスに来て右足も使えるようになる

堂安
この記事の続きを読む

バイエルンって今世界一のクラブでめっちゃ強いのに、人気ないのはなんでなん?

バイエルン
この記事の続きを読む

【動画】堂安、バイエルン相手にブンデス初ゴール!技あり逆足弾でインパクト残す

1: 名無しさん 2020/10/18(日) 03:52:38.22 ID:CAP_USER9
堂安

ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、堂安律が所属するビーレフェルトとバイエルンが対戦した。堂安は3トップの左で開幕4試合連続となる先発出場を果たした。

前節のブレーメン戦に敗れたビーレフェルトは勝ち点4ポイントで暫定12位に位置。対するバイエルンはヘルタ・ベルリン戦に劇的な勝利を収め、勝ち点6ポイントで暫定7位に位置している。昇格組のビーレフェルトが王者バイエルンをホームに迎えた。

試合序盤から圧倒的に主導権を握るバイエルンは8分、スルーパスを受けたトーマス・ミュラーが中央へ折り返すと、一度相手ディフェンダーにカットされるが、こぼれ球を自ら押し込んで先制点を奪った。

ビーレフェルトは堂安が前線で体を張ってボールを収めるが、なかなかバイエルンの守備を崩すことは出来ない。バイエルンは25分、レオン・ゴレツカのパスをゴール前で受けたロベルト・レヴァンドフスキが右足の狙いすましたシュートで2点目を奪った。

ビーレフェルトは43分、右サイドでボールを受けた堂安がカットインから左足でシュート。しかし、GKマヌエル・ノイアーにキャッチされた。バイエルンは前半アディショナルタイム1分、ペナルティエリア内でボールを受けたレヴァンドフスキが右足のシュートで3点目を奪った。

3点リードで後半へ折り返したバイエルンは51分、右サイドのクロスにミュラーが右足で合わせ、4点目を奪った。ビーレフェルトは58分、右サイドのペナルティエリア内に侵入した堂安がフェイントから右足を振りぬき、ゴール左にシュートを決めた。ビーレフェルトはさらに70分、ペナルティエリア手前でボールを受けた堂安が左足で強烈なシュートを放つが、ボールは枠を越えた。

バイエルンは76分、コランタン・トリッソが危険なスライディングタックルでレッドカードを受け、一発退場となる。10人になったバイエルンはペースダウン。終盤に得点は生まれず、バイエルンがビーレフェルトを下した。バイエルンは勝ち点を9ポイントに伸ばし、暫定2位に浮上。ビーレフェルトは暫定13位に後退した。

次節、ビーレフェルトは25日にアウェーでヴォルフスブルクと、バイエルンは24日にホームでフランクフルトと対戦する。

【スコア】
ビーレフェルト 1−4 バイエルン

【得点者】
0−1 8分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
0−2 25分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0−3 45+1分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0−4 51分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
1−4 58分 堂安率(ビーレフェルト)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5953466578c7dc3f0c23ec331e12dbec763a620b
この記事の続きを読む

【朗報】堂安、ブンデスでインサイドハーフに配置され覚醒した模様

堂安
この記事の続きを読む

レヴァンドフスキって凄いんだけど、一昔前のFWと比べてショボく見えるの俺だけ?

レヴァンドフスキ
この記事の続きを読む

【朗報】ブレーメン、無事残留!リーグ終盤の大迫のゴールラッシュが効いたな

1: 名無しさん 2020/07/07(火) 05:43:59.31 ID:vkFu3BZU9
ブレーメン

現地時間6日、ドイツ・ブンデスリーガは残留と昇格を懸けたプレーオフ第2戦が行われ、大迫勇也の所属するブレーメンは2部のハイデンハイムと敵地ヴォイト・アレーナと対戦した。

第1戦ではハイデンハイムの前からのプレッシングに悩まされたブレーメンだが、この日はアウェーながらも立ち上がりから積極的な入り方を見せる。開始わずか1分、左サイドを抜けたアウグスティンソンの折り返しを大迫が頭で押し込もうとするも合わせられず、流れたボールにザルゲントが反応するも押し込めない。

さらに3分、カウンターから大迫が前を向いてエッゲシュタイン、ラシカ、ザルゲントがゴール前で絡むと、戻ったトイエルカウフのクリアがそのままゴール左へと吸い込まれ、オウンゴールによりブレーメンが先制する。

思わぬ形でアウェーゴールを奪ったブレーメンは、その後も第1戦での苦戦が嘘のようにしっかりとボールを保持しながら試合をコントロール。8分には、大迫がボールを奪い返し、パスを受けたラシカが右足を振り抜くと、強烈なシュートが枠を捉えるもGKミュラーがかろうじてはじいた。

球際の激しさは第1戦と変わらないが、この日のブレーメンは出足が鋭く、ハイデンハイムよりもルーズボールへの反応が一歩早い。ハイデンハイムにチャンスらしいチャンスを与えず、試合の入り方に成功したブレーメンが1点をリードして試合を折り返した。

後半に入ってもブレーメンのペースは変わらず、大迫もよくボールが収まって攻撃の起点に。58分には大迫のポストプレーからラシクが決定機を得るも、渾身のボレーはDFがブロック。さらには大迫とのワンツーからザルゲントが抜け出すも、GKミュラーのファインセーブに防がれてしまう。

60分を過ぎたあたりから、徐々にハイデンハイムが盛り返し、ブレーメンは第1戦のようになかなかボールキープが出来なくなってしまう。すると68分、大迫とヴェリコヴィッチを下げてバーテルスとラングカンプを投入する。

大迫が下がったことでブレーメンはさらにボールの収まりどころを失うこととなったが、より守備的な布陣にシフトして逃げ切りを図る。しかし迎えた85分、モーアの強烈なミドルシュートがクロスバーを直撃し、こぼれ球がゴール前にいたクラインディーンストに当たってそのままゴールへ。ここに来てハイデンハイムが同点に追いつく。

しかし、トータルスコアは1-1でも、このままではアウェーゴールを奪っているブレーメンの残留が決まる。ハイデンハイムはアディショナルタイムの5分間も含めて必死の猛攻を仕掛けるが、ブレーメンも全員守備で守りつつ、攻めは無理をしないで時間を使う。

すると終了間際、時間を使うと見せかけて突破を図ったバーテルスの折り返しをアウグスティンソンが流し込み、ブレーメンが試合を決定づける追加点をゲット。試合はこれだけでは終わらず、ハイデンハイムがPKを決めて2-2とするも、アウェーゴールの差でブレーメンがブンデスリーガ残留を果たした。

■試合結果
ハイデンハイム 2-2 ブレーメン
2試合合計2-2、アウェーゴール差でブレーメンが残留

■得点者
ハイデンハイム:クラインディーンスト(85分、90+7分PK)
ブレーメン:OG(3分)、アウグスティンソン(90+3分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d867efae636837a89f6bf5739a90d0d810cb5f1
この記事の続きを読む

【朗報】ブレーメン大迫、何だかんだでブンデスキャリアハイの数字を残す

大迫
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
月別記事
最新コメント
記事検索