ミャンマー代表


【悲報】セルジオ越後「ミャンマー相手に2-0は物足りない!決定力不足だ!」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 05:55:45.69 ID:sxK1LQXT9
セルジオ越後

ワールドカップ・アジア予選の初戦となったミャンマー戦は2対0で勝ったものの、パッとする試合ではなかったね。開始15分で中島がゴールを決めて、南野が追加点を奪ったところまでは良かったけど、内容的には期待されたようなものでなかったことは確かだ。

今回、日本は明らかに格下の相手に対して、現状のベストメンバーで臨んだ。本来ならスコア的にも内容的にも圧倒して勝利を手にしてほしかったが……。悪天候や濡れたピッチ、長い芝生など、いろいろ理由を挙げたらキリがないけど、シュート数や支配率、CK数で見たら、2-0はまったく物足りないスコアだ。

まぁ、日本にしてみれば淡々と勝利だけを積み上げて行けば1位になる確率の高い戦いだから、そこまで無理はしなくてもいいんだろう。相変わらず決定力という課題は先送りにされたままだが、最低限の勝点3だけは手にした試合になった。

違う見方をすれば、ミャンマーは引いた割には、パラグアイよりも激しいチームだったし、そうした面が日本の選手たちをてこずらせたとも言えるかもしれない。最後の局面ではなかなかフリーでは撃たせてくれなかったからね。CKもかなりの数を獲得したのに、1本も入らなかった。日本のアイデア不足もさることながら、後半はミャンマーの粘りが上回ったのかな。
 
日本代表はパラグアイ戦とミャンマー戦の2試合を通して、本当にシュートが入らなかった。相手の4倍も5倍もシュートを放っているのに入らない。今に始まったことではないけど、ちょっとこの決定力不足はこの先の最終予選を考えたら危険だよ。

もちろん、チャンスはたくさん作ったし、クロスバーやポストに嫌われたりした場面も一度や二度じゃなかった。あと一歩……。何が足りのないのか。

ひとつ言いたいのは、サイドからだけじゃなく、中央突破や真ん中から打っていく姿勢をもっと見せてほしいということ。日本の攻撃はスピードダウンすると、外へ外へと逃げるような感じになってしまう。これでは相手の脅威にはなりにくい。ミャンマー戦の2点目は、堂安がゴール前で大迫との連係からシュートに持ち込んだプレーが突破口になって、最終的に南野が決めた。やはりゴール前の危険なエリアにボールを送り込んでこそ、相手の脅威になるし、こうした中央からの攻撃もあるなかで外も活きてくるんだ。

ただ一方で、日本の選手のシュートはしっかりコースに置きにいっていないようにも見える。2試合続けて数多くのシュートを放ちながら、枠を捉え切れていないのは、何よりの証拠。もう少しきっちりコースを狙って打たないと。

(一部省略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00063984-sdigestw-socc
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

日本、ミャンマーに2-0で勝利し初戦勝ち点3ゲット!中島&南野がゴール!

1: 豆次郎 ★ 2019/09/10(火) 23:15:21.41 ID:AxcDPmnx9
先制ゴールを決め喜ぶ中島ら日本代表の選手

2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が10日に行われ、日本代表とミャンマー代表が対戦した。

立ち上がり、日本は雨でぬかるんだピッチへの適応に苦労する。それでも4分、南野拓実がペナルティーエリア内から左足で際どいシュートを放った。

16分、日本が先制する。中島翔哉が左サイドからカットインすると、ペナルティーエリアの際から右足を振り抜く。強烈な弾道のボールは、ゴールに突き刺さった。26分には日本が追加点を決める。一度はシュートをストップされた堂安律が左足で入れたクロスに、南野がヘディングで合わせた。

後半に入り、ミャンマーも盛り返す。54分にはアウン・トゥがペナルティアーク手前から右足を一閃。権田修一がパンチングで難を逃れた。

80分には、中島との交代で久保建英が出場。18歳98日での予選出場は、1980年のスペインW杯アジア予選における風間八宏氏の19歳67日を更新する最年少出場記録となった。

その後も試合は日本のペースで進むものの、3点目は奪えず。日本が2−0でミャンマーを下した。

日本は10月10日に2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でモンゴル代表と対戦する。

【スコア】
ミャンマー代表 0−2 日本代表

【得点者】
0−1 16分 中島翔哉(日本)
0−2 26分 南野拓実(日本)

【スターティングメンバー】
■日本代表(4−2−3−1)
権田修一
酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都
橋本拳人、柴崎岳
堂安律(66分 伊東純也)、南野拓実(76分 鈴木武蔵)、中島翔哉(80分 久保建英)
大迫勇也
この記事の続きを読む

ミャンマー戦のスタメン発表!1トップ大迫にNMD!ベスメンで初戦へ

1: 名無しさん 2019/09/10(火) 20:08:30.78 ID:orn55fpS0
日本代表

日本代表は10日、2022 FIFAワールドカップ カタール アジア2次予選でミャンマー代表と対戦するスターティングメンバーを発表した。
先発は5日のパラグアイ戦と同じ11人がラインナップ。この試合に出場すれば、日本代表としてW杯アジア予選最年少出場記録を更新する久保建英はベンチスタートとなった。

試合は21時20分にキックオフ。日本テレビ系列にて生中継される。

■日本代表 ミャンマー戦スタメン

▼GK
12.権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)

▼DF
19.酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
16.冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
22.吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
5.長友佑都(ガラタサライ/トルコ)

▼MF
13.橋本拳人(FC東京)
7.柴崎岳(デポルティーボ/スペイン)
21.堂安律(PSV/オランダ)
9.南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
10.中島翔哉(ポルト/ポルトガル)

▼FW
15.大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00978078-soccerk-socc
この記事の続きを読む

今夜のミャンマー戦の展開予想wwwwwwww

日本代表
この記事の続きを読む

【悲報】長友、ミャンマーの環境にショックを受け意識高いツイートをしてしまう

日本代表
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索