ロシアワールドカップ


【悲報】ドイツ紙「日本は4年前より弱くなった」←これマジなの?

日本代表
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【悲報】西野監督、ベルギー戦で2-0になった時点で勝ちを確信していた…

1: 名無しさん 2021/01/09(土) 22:03:22.64 ID:CAP_USER9
日本vsベルギー

日本サッカー協会が主催する指導者向けのシンポジウム「第12回フットボールカンファレンス」が9日、オンラインで始まり、日本代表を率いてW杯を戦った岡田武史元監督(64)、西野朗前監督(65)=現・タイ代表監督=がトークセッションで“共演”。自らの経験を振り返り、独自の指導論を展開した。

本大会限定で指揮を執った2018年W杯ロシア大会について、西野前監督は「体制が変化した中、選手たちが主体的にストロングポイントを結集して戦えた大会」と回顧。その一方で、逆転負けを喫したに関しては「采配、判断の遅さ」と自らのベンチワークを課題に挙げた。

後半3、7分の連続得点で先行すると、主将だった長谷部(フランクフルト)から「戦い方をはっきりしてくれ、と。2ー0をどう戦うべきか求められた」という。ただ、西野前監督は「このままで行くと3回、言った」と詳細に振り返り、「方向性を示す戦いをさせないといけなかった。2ー0は危ないと伝えているのに、『これでベスト8だ』と感じている自分がいた」と心残りを口にした。

日本協会は「2030年までにW杯でベスト4に入る」という目標を掲げている。岡田元監督は普及・育成段階で指導者の多様な取り組みの必要性を指摘。
西野前監督は「選手の主体性がおのずと生まれるよう、指導者がアプローチして引き出していくことが必要」と提言した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/07ef45c65c763e1cecfc50a37a6bc796cd1ac473
この記事の続きを読む

今更だがベルギー戦で2-0から守備に徹していれば絶対ベスト8行けてたと思うんだが

乾
この記事の続きを読む

今更だけど、ベルギー戦って仮に延長行ってても間違いなく負けてたよな?

ベルギー戦後サポーターにあいさつする日本代表の選手達
この記事の続きを読む

中島翔哉がロシアW杯に選出されていたらどうなってたと思う?

中島
この記事の続きを読む

2018年視聴率ランクでW杯が紅白越えの1位きたあああああああ!!

1: Egg ★ 2019/01/02(水) 21:29:27.81 ID:CAP_USER9
コロンビア戦でゴールを決めた大迫2018年の高視聴率番組が2日に判明し、年間1位は「2018FIFAワールドカップ・日本×コロンビア」(6月19日後9・53〜11・00、NHK総合)の48・7%だった。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)また、6月28日に放送されたサッカーW杯日本―ポーランド戦(後10・40〜深夜1・10、フジ)も関東地区で44・2%を記録している。

「第69回NHK紅白歌合戦 後半」(12月31日後9・00〜11・45)は41・5%で及ばなかった。

前回のW杯イヤー、2014年も「2014FIFAワールドカップ 日本×コートジボワール」(6月15日前10・59〜11・03、NHK総合)の46・6%に対し、「第65回NHK紅白歌合戦 後半」(12月31日後9・00〜11・45)は42・2%で年間1位を逃した。

◆2018年視聴率トップ5◆
1、48・7% FIFAワールドカップ・日本×コロンビア(6月19日、NHK)
2、44・2% FIFAワールドカップ・日本×ポーランド(6月28日、フジ)
3、41・5% 第69回NHK紅白歌合戦 後半(12月31日、NHK)
4、37・7% 第69回NHK紅白歌合戦 後半(12月31日、NHK)
5、33・9% 平昌五輪・フィギュアスケート男子フリー(2月17日、NHK)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000100-spnannex-ent
この記事の続きを読む

【悲報】槙野、JFAから事情聴取へwwwwwwwwww

1: pathos ★ 2018/12/27(木) 19:07:58.66 ID:CAP_USER9
JFAサッカー日本代表DF槙野智章(31=浦和)の“暴露発言”が森保ジャパンを直撃した。NHKの番組に出演した槙野がロシアW杯で日本代表を率いた西野朗前監督(63)への個人的な見解を披露したことに、ともにW杯を戦ったFW岡崎慎司(32=レスター)が苦言を呈し、日本協会も問題視するなど、波紋が広がっている。来年1月5日開幕のアジアカップ(UAE)に向けて26日から始動した日本代表イレブンの反応とは――。

槙野は25日に放送されたNHK「グッと!スポーツ 2018 アスリートが選んだ名場面」に出演した際に、チームに対する指示について「西野監督は何もしなかった」と爆弾発言。代わりにMF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)がイレブンに指示を出していたと主張した。

民放局のバラエティー番組と違い公共放送として信頼度の高いNHKが槙野のコメントを取り上げたことも注目され、インターネットを中心に「これはいろんな人の株を下げる発言」「これ本当だとしても、言っていいことなのか」などとファンやサポーターの間から発言を疑問視する声が殺到し“大炎上”した

(中略)

また、日本サッカー協会はこの日、槙野の発言について「編集でどう切り取られたのかなど分からない部分も多い」としながらも「どういう意図でそういうことを言ったのか、確認というか話は聞くことになる」。代表チームを巻き込む騒動となりつつあるだけに、発言の真意や内容について“事情聴取”する方針を示した。

2大会ぶりの優勝を目指す森保ジャパンにも不穏なムードが漂うなど影響を及ぼしかねないが、27日にも代表チームに合流する槙野は、協会や森保監督、チームメートに対し、どんな説明をするのか。


【関連記事】
槙野「W杯で西野監督は何もせず、本田が指示を出していた」
http://blog.livedoor.jp/soccerkusoyarou/archives/2095835.html

【悲報】岡崎、槙野のW杯逸話に嫌悪感「話を盛る癖がある」
http://blog.livedoor.jp/soccerkusoyarou/archives/2095836.html
この記事の続きを読む

【悲報】岡崎、槙野のW杯逸話に嫌悪感「話を盛る癖がある」

1: ひかり ★ 2018/12/26(水) 09:58:53.34 ID:CAP_USER9
岡崎レスター・シティのFW岡崎慎司が26日に自身のツイッター(@okazakiofficial)を更新し、浦和レッズDF槙野智章の“暴露話”について反論している。

発端となったのは、25日にNHKで放送された『グッと!スポーツ「2018 アスリートが選んだ名場面」』。同番組に出演した槙野は今夏のロシア・ワールドカップの裏話として、日本代表チームに指示を出していたのは前監督の西野朗氏ではなくメルボルン・ビクトリーMF本田圭佑だったと明かした。

この発言がネット上などで話題になると、槙野とともにW杯を戦った岡崎も反応。ツイッターで「ワールドカップをこんな風に話にされるのは俺は嫌やなー」と嫌悪感を示し、「実際に監督は西野さんだし、圭佑は選手。槙野は好きだけど、話を盛る癖がある。そしてメディアはその面白い所を取り上げる」と指摘した。

日本のグループリーグ突破に貢献した岡崎は「番組は観てないけど、もっとワールドカップでの重要な話は他にあると思うけどなー」と、違ったエピソードも取り上げるべきだったと主張している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-12357354-gekisaka-socc

【関連記事】
槙野「W杯で西野監督は何もせず、本田が指示を出していた」
この記事の続きを読む

槙野「W杯で西野監督は何もせず、本田が指示を出していた」

1: 豆次郎 ★ 2018/12/26(水) 01:11:30.55 ID:CAP_USER9
グッと!スポーツに出演した槙野ロシアW杯でベスト16に進出したサッカー日本代表のDF槙野智章(31)=浦和=が25日放送のNHK「グッと!スポーツ 2018 アスリートが選んだ名場面」に出演。ベスト16入りした日本代表の戦術をFW本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=が指示していたと衝撃告白した。

メンバーだからこそ知る舞台裏を明かすと登場した槙野。通常のチームでは監督が指示を出すと言いながらも、「西野監督は何もしなかった」と振り返る。これは西野監督ならではのマネジメントで、大会直前に解任されたハリルホジッチ前監督が選手に何も言わせず強制するスタイルだったことを踏まえ、選手が主導権を握るミーティングを促し、停滞したチームの流れを変えたという。

それでは誰が指示を出していたのか。これに対し、槙野は「本田選手です」と明言した。

1次リーグ第2戦のセネガル戦でMF乾貴士が決めた同点ゴールの場面では、ベンチから乾を呼び、「ここでボールをもらえ」とMF柴崎岳のロングパスからの展開を“予言”していたという。本田の指示から2分後、乾のゴールが本当に決まったため、同じくベンチにいた槙野は思わず本田に「監督!」と声をかけてしまったと明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000108-dal-socc
この記事の続きを読む

槙野智章「ポーランド戦は俺達控え組が戦犯になる怖さがあった」

1: Egg ★ 2018/12/22(土) 12:20:32.01 ID:CAP_USER9
ポーランド戦でプレーする槙野―ポーランド戦は勝ち点などで日本が有利な状況ではありましたがそれでもグループリーグ突破はまだ決まっていませんでした。プレッシャーもあった中で大会初先発したメンバーたちはもっと評価されるべきだと思います。

「西野さんは1、2戦目から先発6人を代えたのですが、この6人の選手たちで実はちょっとしたコミュニケーションがあったんです。『やらなきゃいけないね』というのもそうなんですが一方で『まさかここで俺たちを使うか』という声もあった。『俺たちがここで結果を残さなければ戦犯扱いされる』という怖さもあった。最終的に6人で話したのは『俺たちが今できる最大限のことをなんとしてでもやり遂げよう』ということ。そのコミュニケーションがあって、6人の結束力はより深まっていました」

―槙野選手、酒井高徳選手、山口蛍選手、宇佐美貴史選手、岡崎慎司選手、武藤嘉紀選手の6人ですね。

「ポーランド戦の3日前ぐらいの練習から、西野さんから『次の試合は大幅にメンバーを変更する』という話をチーム全体で聞かされていましたし、実際に練習の中でもそういう選手がチョイスされていました。ですから6人の中では次はそういうチャンスがあるなということは分かっていました。普段とポジションの違っていた酒井高徳選手や、(久々の先発となる)宇佐美選手も出ましたし正直に言うと『このタイミングで俺らかよ』という思いもありました。でも、考えたのはやっぱり『この舞台を楽しもう』とか、『こういうタイミングでチョイスされた俺たちが結果を残して先のステージに行くほうがよっぽど難しい。だからこれは凄いチャンスだよ』ということです」

―難局を任された6人の結束が目に浮かぶようです。

「6人じゃなくて、1人や2人だったら逆に難しかったかもしれません。同じ状況にいたそれだけの選手が同じピッチに立てたことは、ある意味、強い絆で結ばれることにつながったと思います」

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15777712/
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
月別記事
記事検索