日本代表


名波浩「日本サッカーの天才は俊輔・憲剛・小野・遠藤の4人だけ、久保は天才ではない」

1: 名無しさん 2021/02/22(月) 17:38:00.33 ID:CAP_USER9
名波

1990年代後半から2000年代前半にかけてジュビロ磐田の黄金期を支え、1998年フランス・ワールドカップ(W杯)に“10番”を背負って出場した元日本代表MF名波浩氏は、これまで選手としてはもちろん、監督としても数多くの名選手のプレーを間近で見てきた。

そんな“一流”を知る名波氏の目に、19歳でスペイン1部の舞台で戦う日本代表MF久保建英(ヘタフェ)のプレーはどのように映っているのか。「サッカーの色気がまだ足りない」と語った名波氏は、日本サッカー「歴代の天才4人」の名前を引き合いに出しながら、久保に“結果”を求めた。

10歳でスペインの名門バルセロナの下部組織“ラ・マシア”に入団し、世界トップレベルの育成環境のなかで成長した久保は、Jリーグや年代別代表で数々の史上最年少記録を塗り替えながら階段を駆け上がってきた。名波氏はそんな久保の凄さについて、FC東京でプロ契約をしてJ1リーグデビューを果たした16歳の時点で、「大人のサッカーを熟知していたこと」と語る。

「16歳や17歳の選手は普通、ボールを持ったら2人、3人とドリブルで抜きたくなる。だけど久保は、ここで行ったら自分が(ボールを)ロストする可能性が高いと思ったら、あっさりとボールを離す。さらに何が凄いと言えば、離した後にプレーエリアを変えること。その距離が2メートル、3メートルの時もあれば、15メートルくらいパーっと走っていく時もあって、そのアイデアは僕が16歳か17歳くらいの時にはなかった。高校生の頃の自分は『いいパスを出したい』『トリッキーなことをしたい』がファーストチョイスで、離れたセカンドチョイスで人に任せるというところがあったけど、久保は当時からそのジャッジが素晴らしいし、サッカーIQはだいぶ高いと思います」

(中略)

18歳にして、そんな影響力をチームにもたらしていた久保。スペインに戻り、リーガ・エスパニョーラの舞台で戦うようになった現在のプレーに関して、名波氏は「この年齢で、スペインリーグでプレーしていること自体が凄い」としたうえで、「サッカーの色気がまだ足りない」と独特な表現で課題を指摘した。

「僕は今、日本における『歴代の天才』は4人しかいないと思っています。中村俊輔(現・横浜FC)、中村憲剛、小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)、遠藤保仁(現・ジュビロ磐田)。ここに久保が入らないのはなぜか、それはやはり自分がチームを勝たせたという結果がついてきてないからです。単発での試合で勝利に貢献しても、年間を通してタイトルを獲れたのか、あるいは日本代表の勝利にどれくらい還元出来たのかというと、Aマッチに11試合出場してまだ得点もアシストもない。先ほど挙げた4人は、ピッチに立てばどんどんボールが回ってくる。一方で久保は、チームメートが完全に“久保頼み”にはなっていないから、選手としての色気がまだ出ていないと感じるんです」

https://www.football-zone.net/archives/308995
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

内田篤人「会見で長友さんが熱く語ってたから『話長かったですね』って言ったら真剣な顔で殴られた」

1: 名無しさん 2021/02/15(月) 18:15:07.38 ID:CAP_USER9
内田と長友

元日本代表DF内田篤人が、DAZN(ダゾーン)の番組『やべっちスタジアム』の中で日本代表の元チームメイトとの裏話を語った。

内田は『やべっちスタジアム』の中でMCのお笑い芸人・矢部浩之とSP対談を実施。現役時代の裏話について語り、長友佑都や本田圭佑との逸話を明かしている。

矢部に「長友選手と殴り合った?」と聞かれた内田は「いや、殴られたんですよ(笑)」と回答。その理由について「僕が100%悪い」と前置きしつつ、このように説明している。

「会見で長友さんとか本田さんが熱く語っていたんですよ。その後、僕がインタビューで『みんな長かったですね』と答えたんですよ。それを長友さんが聞いて、真剣な顔で『言いたいことがあるなら俺に言ってこいよ』と。長友さんだからちゃんと言いにきたし、その後も普通に終わりました」

また、本田とは「サッカーに関して言い合うことはあまりない」としつつ、「仲が悪いイメージがありますけど、全然そんなことはない」と不仲を否定した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aec6dafbe1050e8d49040a849fb7cfa5ca9cf9d7
この記事の続きを読む

長谷部って何が凄いの?ビッグクラブ在籍経験ないしゴールもアシストもないし

長谷部
この記事の続きを読む

現在のサッカー日本代表の重要選手格付けをしてみたから意見くれ

日本代表
この記事の続きを読む

【悲報】手越祐也、日本と世界のサッカーの差について正論を言うも、叩かれてしまう…

1: 名無しさん 2021/01/28(木) 22:46:27.77 ID:CAP_USER9
手越

昨年6月、17年半所属したジャニーズ事務所を退所し、新たな道を歩み始めた手越祐也さん。大のサッカー好きとしても知られ、FIFAワールドカップやFIFAクラブワールドカップのメインキャスターも務めた。

自身も4歳からサッカーを始めたという手越さんは、世界のサッカーを直接その目で見た中で、何を感じてきたのだろうか?そこには、サッカー界にも芸能界にも通じる、日本の問題点があった――。

(中略)

日本と世界のサッカーは、全てにおいて差がある
――実際に海外にサッカーを見に行って感じたことは?

手越:海外でサッカーの取材をするたびに、やっぱ日本との差は感じる。全てにおいて。全然まだまだだなって思う。

――具体的にはどんなところが違うと感じますか?

手越:まずは、サポーターの反応するところが違う。

――スタジアムで?

手越:はい。やっぱり、全然目立ったプレーじゃないんだけど、例えばFWが前から凄くプレスをかけて、ボランチとかがボールをカットしたとき。(FWの選手に対して)日本だと拍手は起きないけど、海外だと拍手が起きる。みんな分かってるんですよね。直接ボールを取ったわけじゃないんだけど、誰のおかげでマイボールになったかというのが。俺も自分でサッカーやってて「そこいけないよね」と思うようなときでも、前プレスを一生懸命かけて、追い回して。(ルイス・)スアレス(アトレチコ・マドリード)とかがよくやるけど。そういうときに、ここで拍手が起きたら選手はもう一回いけるモチベーションになるよなと思う。

あと、目が厳しい。自分が応援するチームだろうが、甘いプレーとか気持ちがこもってないプレーをしたら容赦なくブーイングする。それも日本だとない。やっぱりギリギリのピリピリした環境で選手は戦ってるから、一試合に懸ける思いも、一個のボールロストに対しても、日本とは比べ物にならないなとは思う。まぁ、これはサッカーだけじゃなくて、きっと芸能とかもそうなんだろうけど。

――日本の芸能界は厳しいんじゃないですか?

手越:コンプライアンスは厳しいけど、結果に対しては厳しくないかなと思います。日本の芸能界は、過程には厳しいけど、結果を見ないから。だからきっとヨーロッパ、アメリカ、アジアにも勝てないんだろうなって思います。

――クオリティーへのこだわりが低いと。

手越:低い。やっぱり海外は、サッカー選手もそうですけど、言い方は悪いけど、どんなに練習をサボろうが点を取ってたら文句を言われないですよね。でも日本は点を取ってても、練習サボったら文句を言われるみたいなところ。その時点で勝てないですよね。スポーツも芸能も見てもらえるのは結果。だから甘いなと思いますね。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/0f79181a1b34aa01e0de0834a2b410dce8e963eb
この記事の続きを読む

鈴木優磨(今季12ゴール、得点ランク3位、ポストも出来る)←こいつが代表に呼ばれないのは残念過ぎるよな

鈴木優磨
この記事の続きを読む

【悲報】西野監督、ベルギー戦で2-0になった時点で勝ちを確信していた…

1: 名無しさん 2021/01/09(土) 22:03:22.64 ID:CAP_USER9
日本vsベルギー

日本サッカー協会が主催する指導者向けのシンポジウム「第12回フットボールカンファレンス」が9日、オンラインで始まり、日本代表を率いてW杯を戦った岡田武史元監督(64)、西野朗前監督(65)=現・タイ代表監督=がトークセッションで“共演”。自らの経験を振り返り、独自の指導論を展開した。

本大会限定で指揮を執った2018年W杯ロシア大会について、西野前監督は「体制が変化した中、選手たちが主体的にストロングポイントを結集して戦えた大会」と回顧。その一方で、逆転負けを喫したに関しては「采配、判断の遅さ」と自らのベンチワークを課題に挙げた。

後半3、7分の連続得点で先行すると、主将だった長谷部(フランクフルト)から「戦い方をはっきりしてくれ、と。2ー0をどう戦うべきか求められた」という。ただ、西野前監督は「このままで行くと3回、言った」と詳細に振り返り、「方向性を示す戦いをさせないといけなかった。2ー0は危ないと伝えているのに、『これでベスト8だ』と感じている自分がいた」と心残りを口にした。

日本協会は「2030年までにW杯でベスト4に入る」という目標を掲げている。岡田元監督は普及・育成段階で指導者の多様な取り組みの必要性を指摘。
西野前監督は「選手の主体性がおのずと生まれるよう、指導者がアプローチして引き出していくことが必要」と提言した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/07ef45c65c763e1cecfc50a37a6bc796cd1ac473
この記事の続きを読む

スターシステムは駄目って言うけど、今の代表って視聴率取れる選手一人もいないからそれはそれで寂しいよな

香川、本田、岡崎
この記事の続きを読む

本田圭佑って歴代日本代表のベストイレブンに入ると思う?

本田
この記事の続きを読む

最近のサッカー日本代表のオワコン感は異常だよな…誰も輝けてないし

日本代表
この記事の続きを読む

カテゴリ
月別記事
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索